人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

今年初の東座。

ワイン好きなら、きっと食い入るように見てしまうと思います。
 ⇒ 見てしまいました!

フランスブルゴーニュ地方でワイン造りをする家族の物語。
ボルドーに比べ、ブルゴーニュは家族経営の小さな(と言っても広大!)ワイナリーが多いとか。

縛られるのを嫌って家を出てワイン評論家として成功した息子が、家業の危機に悩みながらも自らの手でワイナリーを再建しようと決意する・・・

大地とぶどうの木と人間との間に流れる長い時を感じさせる映画でした。
そして「進歩」は必ずしも人間を幸せにはしない(ワインを美味しくはしない?)かもしれないな~とも。

なにしろ、「見終わった後、大好きな人(たち)と美味しいワインを添えて食卓を囲みたくなる」ことは間違いありません!

この映画は東座と近くのレストラン「メゾン・グルマンディーズ」とのコラボ企画。
見終わった後、ぜひランチをいただきたい!そしてワインをいただきたい!
もう定員いっぱいの時が多いようですが、きょうはなんとか入れてもらえました!ラッキー♪
申し訳ないけれど「ひとりワイン」・・・。

f0019247_22541657.jpg
パンフレットのワイン畑を見ているとカミーノの道を思い出します。
そういえば、「星の旅人たち」も父親と息子の和解の物語でもありました。


●27日(金)まで。ランチとディナーは要予約。(東座に電話して予約していただくシステムのようです。もういっぱいの時も多いそうです)
●他の映画も心惹かれる映画ばかり。「はじまりはヒップホップ」「ミス・シェパードをお手本に」・・・2月末からは「未来を花束にして」も!
by kaze-michi | 2017-01-24 23:03 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)

「愛、アムール」

f0019247_18493233.jpg
毎日素晴らしい晴天の日が続いています。

が、きょうは季刊新聞「風のたより」の版作りの仕事。
もともと多くないスタッフのうち、何名かは用事があり、少数精鋭?でがんばりました。

原稿はみんなしっかり仕上げてくれたので、文章はほぼOK。
あと、見出しと写真イラスト等。残りは日曜日に行います。
印刷は30日。
こちらは予定通り進みます・・・が、
風路のつうしんは???(ー-;)


今月は無理かと思っていましたが、最終日の夜の部に行ってきました。
「愛、アムール」
たくさんの賞をとっている作品です。

う~ん・・・
「老々介護の話ではなく、究極の愛のはなし」と主宰の合木さん。
余分なものを極限までとりさったという感じの脚本。
説明的なセリフ等は一切無くて、「どういうこと?」「どうなるの?」と常に考えながら見ているので、病気が進行していくという状況で、2時間を超える映画にもかかわらず、それほど長さを感じなかったです。
緊迫感があって、感傷に浸る、ということは無かったので、涙無し。
2人の主演の俳優さん、すごいです。
音の効果も、よく考えられていると思いました。蛇口からの水音。窓を開けたとき、閉めたとき。ピアノ曲他。

う~ん・・・心ざわざわ・・・自分たちは?と思わないではないですが・・・。
まあ介護生活は一度体験しましたが、あのときは時間はかかりましたが、少しずつ少しずつ回復していったから全然違うものね。
by kaze-michi | 2013-09-27 23:55 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

「拝啓 愛しています」

f0019247_23374452.jpg6月は行けなかった塩尻東座の「FROM EAST」。
今月は韓国映画「拝啓 愛しています」です。

まずいっ!
ちょっとうるうるしたどころではありません。涙が溢れてとまらない・・・
4人の熟年俳優さんたちがそれぞれいい味を出して、ほんと演技とは思えないくらいに自然です。
認知症の役の女優さんも。
主役のマンソク役のイ・スンジェさん、荒い口調で憎まれ口をたたきながらも、お茶目で笑ってしまう。
字が読めない役のイップンさんに、時計は読めるんだろう、と投げ入れた手紙。
それを開けたときの、イップンさんの表情・・・もうそこから笑いながら涙が出る。
ハンカチを忘れないで良かった。

本当に毎月楽しみな「FROM EAST」。
来月はウッディ・アレンの「恋のロンドン協奏曲」。

主宰者の合木さんにカミーノのおみやげを少々。
ここで1月にみた「星の旅人たち」が、スペイン巡礼の旅のきっかけのようなものですから。


夜は2回目の報告会。
コックは、夏の小淵沢すずらん祭の会議。
by kaze-michi | 2013-07-17 23:50 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)

f0019247_0513640.jpg

空を見上げたらアオダモの花が咲いていました。
3年に1回位、木全体が雲のように見えるほど、ふんわりとたくさんの花をつけます。


きょうは毎月の楽しみ。塩尻東座「FROM EAST」へ。

f0019247_134182.jpg
今月はフランス映画「みんなで一緒に暮らしたら」です。平均年齢75歳の5人の仲間が、老後をパリの一軒家で一緒に暮らすことに。
老いのシビアな問題も多々あるものの、さすがフランス映画?しゃれたセリフやつい笑ってしまう場面もたくさん。それでも最後は切なくほろ苦く、涙がこぼれた・・・



主演はジェーン・フォンダ。74歳。凛として美しかったです。
ジェーン・フォンダの映画いくつか見たうちで、1番印象に残っているのは「ジュリア」かな。
共演のバネッサ・レッドグレイブという女優さんも心に残っています。なんと、きのう東座でもらったチラシの中に彼女が出演する「アンコール」という映画がありました。これも要チェックです!


夜は「風のたより」の編集会議。


by kaze-michi | 2013-05-15 23:43 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)

2012年の映画

小淵沢ペンション振興会で年に4回発行している新聞「風のたより」にはオーナーが順番で書くコラムがあります。もう4順目で今のタイトルは「オーナーの三ツ星話」。
この冬号は風路の番で、やっぱり映画が好き!という思いを「夢は八ヶ岳シネマ」という題で書いています。

という訳で・・・

今年見た映画を書いておこうと思います。
ドキュメンタリー以外はほとんど塩尻東座のフロムイーストで。

 2月 あしたのパスタはアルデンテ
 4月 幸せパズル
 7月 昼下がりローマの恋
 9月 サラの鍵 
10月 別離
11月 ミッドナイト・イン・パリ 
12月 キリマンジャロの雪

思いだして書こうとすると忘れているもんだな~と今更ながら感心??
どれも「良かった!」と思ったはずなのに。
1月「黄色い星の子供たち」、3月「ラビットホール」は見に行けませんでした・・・残念!
8月は「ベニスに死す」だったかな?

ドキュメンタリーもことばでは語りつくせないものばかり。
 だんらんにっぽん(ポレポレ東中野)
 希望のシグナル(ポレポレ東中野)
 100000年後の安全(須玉ふれあい館)
 カンタ!ティモール(高根改善センター)
 シェーナウの想い(高根図書館2F)
 月あかりの下で(同上)
 フクシマからの風(同上&富士見町コミュニティプラザ)
 
そして「白磁の人」!
ネコマチッタ物語(月下草舎)もありました。

来年は多分「星の旅人たち」から。
「フタバから遠く離れて」もできたら上映したいですが・・・。

新藤兼人監督の最後の作品「一枚のはがき」は茅野の新星劇場で。

ぜひこの映画館も応援したいです。
来年2月には「最強の2人」を上映するそうです。


by kaze-michi | 2012-12-31 16:55 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

キリマンジャロの雪

今月のフロムイーストは「キリマンジャロの雪」。
フランスのマルセイユを舞台にした映画です。
岩波ホールで上映したときには、連日満員だったとか?
塩尻でやってくれて本当にうれしい。
東京まで行くには片道2時間以上。交通費も高いので、ついでのときでないとなかなか行けません。塩尻までなら高速を使って50分位。せっかく車で行くのだから、近所の友人を誘って総勢5名で行ってきました。

フランスでもリストラがあり、格差があり・・・
家族や同僚との温かな交流もあれば、ある事件後の心の傷や葛藤も・・・
夫と妻、それぞれが内緒でとった行動が泣かせます。
テーマに使われている音楽がステキ。フランスでは誰でも知っている歌なのだそうです。
(ただ画面が白っぽいときに字幕が見づらいのがちょっと残念でした)
来月は「星の旅人たち」。予告篇を見ました。これもぜひ行かなくちゃ!


あしたは小淵沢ペンション振興会主催のキャンドルナイト。
午後7時から月下草舎さんです。
料金は1000円(ケーキ付)

「ネコマチッタ物語」の上映や、振興会ハンドベル部の演奏、小淵沢民謡会有志の歌、オカリナ演奏等をお聞きいただいた後はケーキ&ドリンクタイム、最後は歌声喫茶♪

どなたも歓迎です。
みんなで楽しみましょう♪


by kaze-michi | 2012-12-19 23:36 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)

「別離」

f0019247_10374635.jpg塩尻東座FROM EAST(フロムイースト)の今月の作品はイラン映画の「別離」。
様々な賞をとった話題の作品です。
「FROM EAST」でもこの上映のために6ヶ月間準備を重ねてきたのだそうです。

オープニング(センスが光る!)から2時間、映画の中に引き込まれました。

たとえ政治がどのような状況であっても、その中の人々は日々暮らしを紡ぎ、子どもの教育を心配し、年老いた親の介護に悩み、時には家族のために小さな嘘や隠し事をし、それが波紋を呼ぶこともあり・・・とどこの国の誰にでも起こりうるような出来事・・・それをまるで自分もその場にいるような感じで見ていました。
終わり方もなんともいえません。

確かにすごい・・・

アスガー・ファルハディ監督はまだ40才という若さ。
アカデミー賞の外国語映画賞も受賞しています。アメリカとイランの関係から受賞は無理だろうというのが大方の予想だったそうです。

その受賞スピーチも素晴らしい。

「いま、世界中の多くのイラン人が喜んでいることと思います。
ただ単にこれが大事な賞だからではありません。
世界では戦争や武力攻撃の話ばかりが政治家の間で交わされています。
政治の重たい塵に埋もれてしまっていた私たちイランの国の名が、その素晴らしい文化、豊かで古い文化を通じて語られるから喜んでいるのです。
私は誇りをもってこの賞を、私の国の人たちに捧げます。
あらゆる文化・文明を尊重し、敵対的な行動を憎むイランの人たちに捧げます」



「これは映画館で見る映画」 と、どこかで読みましたが、確かに。
東座があって本当に良かったな。


by kaze-michi | 2012-10-15 23:55 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)

「サラの鍵」

f0019247_22195460.jpg「風のたより」の作業が午後からとなり、行きたかった映画「サラの鍵」を見に行ってきました。
この映画は予告で見て、ちょっと重いかな、怖いかな・・・と見るのを躊躇する気持ちもありました。(ユダヤ人が一斉に検挙されるとき、少女が弟を助けようと納戸に鍵をかけて隠すのです。そのまま少女も両親も帰れず・・・)

でも見て本当に良かったです。
フランス人がフランスの恥部ともいうべき事実と向き合い、それをきちんと伝えていこう、という意思を感じました。もしも自分がフランス人だったら、きっと「誇りに思う」と思う・・・。

1942年7月パリで実際にあった事実。その時10歳だった少女の辿った苛酷な運命と、それを追う現代の女性ジャーナリストを交互に映しだします。

ジャーナリストのジュリアが、ユダヤ人を迫害した「ヴェルディヴ事件」を記事に取り上げたい、と職場で発言すると、若い同僚は2人ともそのことを知りません。
そして「ドイツ人がやったんだろう」と言う同僚に、「フランスの政府と警察が行ったのよ」とジュリア。
それを聞いたときの若者たちの表情・・・その場面がすごく印象的でした。

シラク大統領が1995年にヴェルディヴで演説し「ホロコーストについてフランスが国家として行ったことの責任は時効の無い負債である」と率直に認めた・・・そのことも知らない若い同僚たち。

「どのような歴史であれ、真実をきちんと受け継いでいこう」という思いを、骨太の映画として見応えのある作品に創り上げたこと、心の底から称賛したいです。

フロムイーストの合木さんの解説によれば、10歳のユダヤの少女を演じたメリュジーヌ・マヤンスちゃんはもう子役ではなく女優だと監督も舌を巻いたとのこと。
監督も38歳という若さ!

パンフレットもしゃれています・・・表紙に鍵穴が開いているのです。


by kaze-michi | 2012-09-21 21:57 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)

きょうはB&B(1泊朝食付)でお泊りのお客様。コックはあしたの朝食の下準備。小淵沢界隈にはおいしいレストランが増えたので、B&Bで利用されるお客様も増えました。


きょうの午後、塩尻東座「FROM EAST」からのチラシが届きました。
そのラインナップがすごいです。
 9月「サラの鍵」
10月「別離」
11月「ミッドナイト・イン・パリ」
12月「キリマンジャロの雪」
 1月「星の旅人たち」
f0019247_054961.jpg


そして、そして・・・なんと!
f0019247_06851.jpg
10月のほぼ1ヶ月、「道~白磁の人」を上映してくれるではありませんか!


by kaze-michi | 2012-08-23 23:56 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)

f0019247_18551950.jpgきょうは朝から雪。
お昼過ぎから食協(食品衛生協議会)の役員の仕事が入っていたのですが、この天気で延期。
そうだったら・・・と、あきらめていた映画「あしたのパスタはアルデンテ」を塩尻東座(フロムイースト)に見にいくことにしました。

保守的な価値観が残るイタリアの町で、パスタ製造の会社を営む一家の物語。
父の期待を背負った大学生の次男は、経済学部と偽り実は文学部に通う小説家志望。その上ゲイであることを隠していたのだが、夏休みに思い切ってカミングアウトしようと決意する。
ところが家族の前で先に告白したのは新社長就任予定の長男の方。


性的マイノリティに対する保守的な人からの圧力はあの陽気な(?)イタリアでさえ重苦しい。でもそこはイタリア、重苦しいだけではない、洒落た味わいがたくさん。音楽、食べ物、街の佇まい・・・しかし、イタリアの食事風景って本当に食欲をそそられます。

長男には『副王家の一族』のアレッサンドロ・プレツィオージ、主人公の弟には『輝ける青春』のリッカルド・スカマルチョというときめきの美形俳優・・・ (FROM EASTのホームページより) と書かれちゃ行かないわけにはいきません!?

by kaze-michi | 2012-02-14 17:53 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)