人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:3月11日 ( 7 ) タグの人気記事

8年たって・・・

8年たって・・・_f0019247_2338408.jpg
きょうの朝はまた白くなっていました。青空ではなくモノトーンの世界です。


8年の歳月・・・

と書いてから、続きが書けませんでした。
この3月11日は2012年から毎年「はじめのいっぽパレード」に参加していたので、ずっと家にいたのはあの日以来初めて!
(あっちょっとご近所まで行きましたが・・・)

そういえば、あの日は通信送付の仕事をダイニングでやっていました。
(もうできあがっていたのだから、ずいぶん通信完成が早かったのだな~と感心・・・)
突然の揺れ!大きい!長い!テレビが台の上から落ちそう!テーブルの下にもぐった方がいいかな?
ふと見るとコックは2本のワインの瓶を左右の手で抱えてウロウロするばかり。
結局2人とも、とっさの判断で機敏に行動することはできなかったのでした。

その後停電になり、晩ご飯は灯油ストーブの上でスープ?とパンを温めて食べたような気がします。
真っ暗で何もできず山小屋時間(?)で7時過ぎ頃ふとんに入ってラジオを聞いていましたが、伝えられる内容が現実のできごととは思えず、ろくに眠れなかったことを覚えています。

そして2日後にせまっていた「祝の島」の上映会!
なんと3月13日に上映できたのです。
前の日でもそのあとでも無理だったと思われるので本当に奇跡的!
監督の纐纈あやさんと内藤いづみ先生も来てくださったのでした。

あのとき30年近くも原発に反対していた祝島の人たちが、福島がこんなことになってやっと原発の建設が止まるとは・・・と泣いていた、と纐纈さんが話していたことが心に残っています。

8年経って、あれほどの犠牲を払いながら、今私たちはどこにいるんだろう?
「あったことをなかったことにはできない」です・・・よね。
福島の裁判の行方も気になります。

スーパーローカルヒーローがやってくる!

スーパーローカルヒーローがやってくる!_f0019247_12464881.jpg

あの日から7年がたとうとしています。

今年の3月11日(日)に、北杜市小淵沢で上映する映画のお知らせです。
スーパーローカルヒーロー
これから一人ひとりができること・・・

この映画に詩人のアーサービナードさんがメッセージを寄せています。
 何かをしたいけど、
 何から始めたらいいか分からない
 そういう人にこの映画を勧めたい
 ハウツー本のような作品


「瀬戸内で生きるおじさんのチャレンジがいくつもの出会いを作ってきた。音楽と人、人と人・・・」
この映画は見ていませんが、予告編や紹介文を読んでいると、「見てみたい!」という気持ちになります。なんだか、こういうひと、北杜市にもいそうな気が!?

いつだってはじめのいっぽ!
映画の前にパレードあります。(小淵沢生涯学習センター 11時30分集合、45分出発)
我が町小淵沢界隈を歩くそうです。
13時から映画上映。14時46分に黙とう。15時からは監督さんのトークもあります。
場所は小淵沢生涯学習センター大ホール。
チケット風路にもあります。前売り700円!(当日800円)




このチラシを見て・・・
「これはひまわり市場のことか?」
???
「どこかのすごいスーパーの話じゃないの」
!!!

という会話がどこかであったとかなかったとか・・・(^^ゞ

5年目のはじめのいっぽ

5年目のはじめのいっぽ_f0019247_23371084.jpg
朝は雪景色!

ハイキングクラブのみなさん、なんと朝から雪見酒のご注文・・・!
いい景色を見られて良かった、と盛り上がっています!?
棒道はやめて、道の駅までゆっくり歩いてスパティオで温泉に入ってお帰りになるそうです。
きのうは蔵開きを堪能、きょうは雪景色を堪能(雪見酒も?)、・・・良かったです。

「また来年蔵開きに来ます!(キッパリ)」とうれしいご挨拶。待ってま~す。


それから、片付けもそこそこに小淵沢の生涯学習センター駐車場へ。3ヶ月毎に行われる「はじめのいっぽパレードvol.20」です。
5年目のはじめのいっぽ_f0019247_2349465.jpg

100人ほどのみなさん(+わんちゃん2?)と小淵沢の街中を歩きました。歩こう会やフットパスで通いなれた道ですが、小淵沢在住のお友だちは、路地など「知らなかった」そうです。
歩くといろいろ発見があるんだよね?
5年目のはじめのいっぽ_f0019247_23501216.jpg
宮坂自工前を通過。

歩こう会の友人宅前を通り、またスタート地点に戻って黙祷。
そしてミニ集会。
コンサートや映画や署名や取り組んでいることの紹介やお誘いがありました。

その後、ホールで映画「種まきうさぎ」を見ました。
夜は報道ステーション。

なんだか、ことばではうまく言い表せない気持ちの5年目の3月11日でした。

明野で「はじめのいっぽ」

きょうは「風のたより71号」の印刷を小淵沢の商工会(すずらんカード会)で行いました。
少数精鋭で頑張りましたっ!・・・(コック談)

帰ってくるときはまるで吹雪!
きょうは冬に逆戻りのように寒いです。

午後は、確定申告の指導日。長坂の商工会に行きました。
なんとか、クリア?・・・やっと解放された気分です。

風のたよりの配布はあした以降になります。
明野で「はじめのいっぽ」_f0019247_175882.jpg


あしたは3月11日。
明野に行きます。
「一緒に行く」と言ってくれた友人と4人で参加する予定です。

きょうは3月11日

1名は「八ヶ岳歩こう会」の「川中島への道」ウォークに参加。
出発前に黙祷をしていると思います。

もうひとり(私です)は1時に大泉のひまわり市場へ。

全国の脱原発デモを撮影してインターネットに載せているカメラマン秋山理央さんの記事がWEB版に載っていました。
今はきのうの夜9時50分頃の放映された映像も見られますが、多分記事ごとそのうち削除されると思います。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130310/k10013098531000.html

その中の理央さんのことば。
「日本人は自分の考えについて、声を上げることが少ないと言われるなか、小さな町でも、普通の人たちが町を歩き、自分の意見を訴えている姿に強い関心を持った。原発事故以降、『町にデモがある風景』が当たり前になった日本の姿を記録し、伝えたいと思った」

「小さな町でも、普通の人たちが町を歩き、自分の意見を訴えている姿」

まさしく今日もそれ!
たくさんの小さな町でひとりの人がはじめてのいっぽを踏みだそうとしている・・・のだと思います。

ひまわり市場で会いましょう!

多くの人が福寿草やふきのとうの写真をブログやフェイスブックに載せています。
風路周辺は、若い緑がチラホラ見えてきた位で、花はまだ。

それでも窓を開けていても風が冷たくありません!
日差しもまさしく「春」です。
冬が去っていくのはちょっと寂しい気もしますが、やっぱりこの温もりはうれしい。

2年前も早く早く暖かな春になればいいのに・・・と思っていました。
もう2年 まだ2年。

2年目の3月11日がやってきます。
 ひまわり市場で会いましょう!_f0019247_23373082.jpg

どんな未来を子どもたちやその子どもたちに手渡していけるのか、ひとりひとり考えずにはいられないよね・・・、とあの時は思っていました。
飯野賢治さんのように「日本は変わる やっと大人になる」と。
「今、変われなくて、いつ変われるだろう」と。
まさかこんなに早く再稼働とか、輸出とか、語られるようになるとは思いませんでした。
(今も毎時1000万ベクレルもの放射性物質を放出、汚染水はもう貯めておけなくて海にながすのだとか?)

それでも、やっぱりあきらめないで、いっぽいっぽ。

「はじめのいっぽパレードvol.8」あります。
3月11日(月)大泉ひまわり市場の駐車場に1時集合で3キロほどパレード。
2時46分には黙祷を。

その日「八ヶ岳歩こう会」は「川中島への道」第2回の日。
出発前に黙祷をすることになりました。気持ちは繋がっていますね。

パレードに参加しているやぎさんとわんちゃんは見たことあるけど、ニワトリはまだ。


2012年3月11日

2012年3月11日_f0019247_22272775.jpg
あの日から1年が経ちました。

きょうは地元北杜市で、4回目のパレードがありました。
6月11日、9月11日、12月11日、そして今日です。

何度も思ったことがあります。
もしも、もしも原発事故が無かったら、どれだけの力を地震と津波の災害のほうに向けられたことか、と。人手も時間もお金も・・・。
助けられた命もきっと少なくなかったのではないかと・・・。

というわけで、少し遅れて駆け付けました。途中で同じく参加する予定という方の車に同乗させていただいて無事合流。衣装も着替えて・・・(ー-;)
2012年3月11日_f0019247_22325833.jpg
八ヶ岳に向かって。
2012年3月11日_f0019247_22301498.jpg
後は甲斐駒ヶ岳。

200人以上もの人が集まったそうです。
馴染みのお店の人が手を振ってくれたり、「八ヶ岳歩こう会」の仲間やご近所さんもいてうれしい♪

2012年3月11日_f0019247_22352689.jpg

スパティオ小淵沢に着いて、みんなで黙祷。
「原発はウランを燃やすだけじゃない、未来や夢まで燃やしてしまう・・・」という言葉が心に残りました。