人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:飛矢崎雅也 ( 16 ) タグの人気記事

山梨県議選がスタート!

きょうから県議選が始まります。
投票日は4月7日です。あしたから期日前投票もできるらしい。
きょうはひやざき雅也さんの出陣式もあるとのこと、「出陣式って何をするの?」と聞かれても「さぁ?」・・・行ってみなければわかりません!

駅までの送迎を終えて、急いで駆けつけてみると・・・
何やら音楽が・・・ピミエンタというフォルクローレのユニットが演奏をしているのでした♪
まわりを見てみると、知り合い、お友だち、ご近所さんも来ていて心強い!

f0019247_17514495.jpg

まもなくひやざきさん登場です!
ゲストの方のスピーチがあり、後援会長の中山さんのお話があり、本人のお話があり・・・
どのかたのスピーチもとても良かったです。

みんなでたんぽぽの歌を歌ってお見送り。
2列になった支援者の間をハイタッチしながら通り抜けるひやざきさん。

f0019247_1753237.jpg

がんばってほしいです。わたしたちもがんばらないとですね。
動かしましょう!ひとりひとりの力で。

大好きな北杜で・・・

f0019247_23383791.jpg

この前書いておいたので・・・忘れませんでした!
「大好きな北杜で最期まで」上野千鶴子さんと飛矢崎雅也さんの対談です。

始まる15分位前に着いたら通りまで車が溢れています!
駐車場係の人がそれをさばくのがたいへんそう・・・
「他に止められるところありますか?」の質問もはばかれるくらい、誘導に追われているようです。その間にも次々に車がやってきて渋滞中・・・

うちの運転手はさっさと見切りをつけて、図書館あたりで止められるところを探してくる・・・と私たちを降ろしてUターン。

入口もロビーも会場もぎっしり!なんとか3つ席は確保しましたが、まだ15分あるのに、これからくる人たちはどうするんだろう?と心配になるくらいです。

さらにぎっしりとなって・・・始まりました!
みんな、医療や介護、年をとってからどのように生きていくのか、いけるのかは本当に切実な問題なんだな~と思います。

上野千鶴子さんのお話は歯切れよく、ポイントをしっかりつかんでお話してくださるので、わかりやすく、おおいに納得することが多かったです。(時々笑えるツボも押さえています(^^)

北杜市は豊かな自然や山岳風景などにひかれて定年後移住してくる人が多い。
その中の多くが夫婦2人。
1人になったときにはどうするか?

北杜市で高齢者3000人に、何があれば住み続けられるかアンケートをとったそうです。
食事や、見守り、訪問介護、買い物等移動の補助など、どれも頷いてしまうことばかり。
しかし!だから市としてこういう政策を考えている、というのがほとんど無いという指摘も。

1人になっても安心して住み続けられるためには何が必要か、どんな手助けが欲しいか、自分ごととして考え続けていかないと・・・?
医療や介護、という範疇だけでなく、いつでもおしゃべりできるコミュニティとか、楽しみ(コーラスとか、楽器、歌、読書、・・・)も、欲しいですよね。

高齢者が一人でも生きていける社会は若い現役世代にとっても生きやすい社会というのはその通り、と思いました。飛矢崎さんが常日頃訴えていることとも共通していると思います。
飛矢崎さんの奥様は介護職とのこと。現場の声を伝えてくださいました。

書ききれないくらい印象深いことや、共感することがありましたが、どんどん忘れてしまいそう・・・近々動画で見られるようになるとのことなので、もう一度見てみたいです。

そうそう、国が動かないとできないことも多いけど、小さな自治体でも首長のやる気があれば、かなり思い切ったこともできる、というお話もありました。

岩手県の旧沢内村がそうだった、と最近亡くなられた及川和男さんの著書「村長ありき」を思い出しました。

辻立ちの応援♪

f0019247_2331116.jpg
県議選候補の飛矢崎さんが小淵沢の道の駅で午後から辻立ちをするというので、急いで駆けつけました!応援する人たちが「動かそう!市民の力で」という黄色の幟を持ってすでに待っています。
本人は、この前のミニ集会?が少し長引いて遅れるみたいです。
でも待っている間も交代でなぜ応援するのか、とスピーチしています。

なんと、ご近所さんや知り合いのご夫妻など顔見知りも何人も♪
少しして飛矢崎さん登場!
f0019247_2333234.jpg


f0019247_234524.jpg
県議会で何をしたいのか、を熱く語ってくれました。簡潔でわかりやすい。
中央とのパイプではなく市民とのパイプとなりたい!
道路や箱物を作るより人づくり、人を育てることにお金を使いたい!等々・・・
そばで聞いていて、思わずうなづいたり、そうだ!と合いの手を入れたくなったり、拍手したくなったり・・・

選挙のときに、よりマシな(と思われる)人に入れるということが多かったですが、今回「この人にこそ議会に行ってほしい」という思いで投票できることがとてもうれしいです。

通りかかる車に手を振って挨拶すると、手を振ってくださる方も何人もいらっしゃってこちらがパワーをもらったようでした。

●25日(月)は「大好きな北杜で最期まで」の対談。14時からいずみ活性化施設。
●26日(火)は14時から小淵沢でミニ集会。
●29日(金)は10時から出陣式だそうです。

ひやざきさんのオフィシャルサイトはこちらです。今後の予定も載っています。

Westside cafe

f0019247_1223563.jpg

きょうは、お客様を駅までお送りした後、何故か?山梨県議選に立候補した飛矢崎雅也さんと一緒に素敵なカフェに!
その名も「West side cafe」 小淵沢の(ということは山梨県の)本当の西のはずれ!
それが名前の由来らしいです。

本当に森の奥。失礼ながら、こんなところで人が来るのかしら・・・と思ってしまいました!
(キツネとかタヌキとかシカさんとかじゃないかと・・・m(_)m)
しかし!オーナーのお人柄か、冬でもいつも誰かが集っているとのこと。
きょうも常連のお客様がいらっしゃっていました。

大きな窓からは陽がサンサンと降り注いで、冬でも暖房要らず!確かに汗をかきそうなくらいでした。丁寧に淹れてくださったコーヒーは本当においしかったです♪

お話も魅力的。地元の方の中に積極的に入って、斬新なアイデアを出しているのだそう。なかなか「従来通り」の壁を破るのは難しそうですが、諦めずに活動していらっしゃるようです。

しかし!そんな活動的な方でも今度の県議選に誰が出るのか知らないとのこと。
それで飛矢崎さんもご自分の想いをアツく語って・・・お互いに共感するところも多々あったようにお見受けしました。

いろいろな方と出会えるのも選挙に立候補した楽しみでもあると前向きの姿勢。
私たちも微力の応援なのに、楽しい想いを一緒にさせていただきました。

うちから西に徒歩25分?ちょうどいい散歩コース!?
お庭も広いのでこれからお花&新緑の季節はガーデンカフェも気持ちがよさそうです♪


●飛矢崎さんのブログはこちら
●オフィシャルサイトはこちらです。

ハートランドでミニ集会。

f0019247_184113.jpg

きょうは立春!確かに春の気配!・・・ちょっと早い?

県会議員選挙に立候補表明した飛矢崎雅也さん。
今、北杜市で小さなミニ集会や、タウンミーティングがいくつも行われているとのこと。
多分、誰かがお話を聞きたいとお願いしたら、2人でも3人でも、スケジュールが合いさえすれば来ていただけそう・・・な感じです。

きょうは小淵沢のお気に入りのお店「キッチン・ハートランド」さんでおいしいお茶やケーキを頂きながら・・・という会があると聞き、行ってきました。
総勢6名の本当にミニ集会!・・・だから?思ったことをざっくばらんに語り合える場でした。

飛矢崎さんの考えも率直に話していただき、こういう人にこそ議会に行って「暮らしや未来のこと、一緒に考えていってほしいな~」という思いを新たにしました。

でも選挙自体はやっぱり知名度、そして地元にどれだけ知り合いがいるか、ということがものすごく大きいとのこと、・・・そうなんだろうな~。

背中を勝手に押したものとしては、微力でも何かやれることはないかな?
県議会選挙、ちょっと楽しみになってきました!


ハートランドさんのガトーショコラ、自家製ジャム入りヨーグルト、美味しかったです♪
写真、撮り忘れ・・・

「種」票?

1月28日に書いた「山梨県知事選挙とリニア」という文に、やつねっと仲間のTさんがフェイスブックでコメントを書いてくださいました。
「私の票は死に票になってしまいました。・・・歯がゆいしすっきりしないし空しいし・・・」
それに対し、同じ仲間のPさんが
「Tさん、死票という考え方はやめませんか。考えて入れた票はみな生きています。その候補の励みになります。捲土重来のステップとなるかも知れません。投票に行かない人の票こそ死票と呼ぶべきです。・・・・」
と返信。

確かに!その通り!

それでは死票と言われていた票のことを何と言ったらいいだろう?
考えて入れた票はみんな生きた票というのはその通りとはいえ・・・?

例えば・・・
当選にはかなり遠いときの票は「種」・・・いつか芽が出るかも。
当選を争って負けてしまった候補に入れた票は「芽」・・・次は花咲くかも。
当選した候補に入れた票は「花」。

そしてどれも大事なのはそれに水をやり育てていくことなんじゃないのかな?
そうしなければ、いつまでも「種」のまま、「芽」から花は咲かない、「花」は咲いても実にならないかもしれないし。
育てていくのは票を入れたひとりひとりのハズ。
本当にその人に入れて良かったのか、もちろんそれも問い続けないとですが。


f0019247_16344548.jpg
種から一緒に育っていけるような候補が身近にいたらどんなにいいだろう・・・
なんて思っていたら・・・

なんと!!!飛矢崎雅也さんが県議選に立候補表明してくれました!
勝手に背中を押した甲斐があったというものです!

(写真は昨年3月に撮ったもの)

タウンミーティング行ってみました!

f0019247_17395348.jpg

「飛矢崎雅也さんと語るハンナアーレント」という自由な語り場が、昨年北杜市の7つの町で行われました。すごく良かったので、一巡で終わりではもったいないな~と思っていたら、今度はタウンミーティングという形でやはり7つ(8つ?)の町で毎週金曜日に行われるそうです。(10時から12時)

きょうは第1回目。大泉です。
途中からの参加でしたが、20名ほどの方が自由に思っていることをお話しされていました。

政治に無関心でいることはできても無関係でいることはできない」ということばの通り、
年をとって車を運転できなくなったときどうするか?
最近多くの方が心を痛めた「いじめ」のこと、教育のこと、
リニアは本当に夢の乗り物?
人口減少に対して・・・
などなど、みんなが自由に意見を言い合える「広場」となっていたのでした。
きょうのキーワード(?)は多様性かな?

次回は長坂、その次は小淵沢です。

ひやざきさん!

f0019247_1574289.jpg

2年前の市議選と市長選から、勝手に「選挙は大事」キャンペーン(?)を始めているワタシ!

市議選では応援した新人候補が見事当選、今、議会で活躍してくれています。
北杜市の市議会は今、たいへんなことになっているみたいで、議員さんのブログやフェイスブックでその報告を読むと、信じられないような内容もあります。

今までなら、きっと多数派の議員さんが数の力で(多くの市民が気づかないうちに?)決めていたことも、きちんと報告してくれる議員さんがいることで、今議会で何が起こっているか少しは見えるようになってきたように思います。
本当に選挙は大事だな~・・・そして選挙の後も、自分が投票した議員さん(や他の議員さん)がどんな発言をしているのか、見守ることも大事なんだな~(常には無理でも、時々は・・・ね)

さて!
2回ほど出席した「近現代史勉強会」、それから北杜市の7つの町で行われた「飛矢崎雅也さんと語るハンナアーレント」の会。
若い政治学者の飛矢崎雅也さんのお話は、(ムズカしいことも多々ありますが)大いに頷けること、気づかされることがたくさんありました。

こういう方が、現実の政治の世界にいてくれたら・・・と思うものの、今まではそういう方に限って固辞されることが多いような気がしていました。

しかし!12月1日の八ヶ岳ジャーナルで、市民から飛矢崎さんに県議選に出馬の要請があったという記事。
そして、きょう実際に応援したい市民が集まって「背中を押す会」(勝手に命名)が開かれるというので、腰痛も大分良くなったので行ってきました!

ぜひ、決断していただきたいな~と思いました。

全日本学生馬術大会2018

全日本学生馬術大会が、県営馬術競技場で行われるそうです。
1週間位続くとのことで、風路にもきのうから学生さんたちが泊まって下さっています。
良い天気が続くので、きっとお馬さんも選手も気持ちよく力を発揮できるのではないかな?
f0019247_2273482.jpg

競技場周りの紅葉も、ドンピシャで見ごろになっています♪


きょうはお掃除などを済ませ、「飛矢崎雅也さんと語るハンナアーレント」の振り返りの会に参加しました。全7回に参加された方のアンケートを見せて頂いて、書かれていることに共感したり、気づかされたり・・・。

ハンナ・アーレント@白州

飛矢崎さんと語るハンナ・アーレント第6回、白州総合会館で行われました。

f0019247_18275823.jpg

今回はまず「飛矢崎先生が政治に関心を持つようになった理由」を子供の頃から振り返ってお話されました。

そのあと、主宰の細川さんとの問答があり、そして参加者が4人ずつのグループに分かれて話し合いました。話し合いの結果を簡単に発表、それに飛矢崎さんが答えます。

この3~5人位の人数で話す、というのがいいですね。
ほとんど初対面の方、中にちょっと知っていた、という方がいてもほとんどお話はしたことがない・・・それが、自己紹介もそこそこに、社会のこと、政治のこと、女性と男性の置かれている立場、・・・等々を語り合う!(語り合うまで行かずに自己紹介で終わる時も?)

ぽつりぽつりとだったり、堰を切ったように(?)だったり・・・
こんなふうに思いを話し、聞く、という場面、普段の生活ではあまり(ほとんど?)ないのでは?

話したり聞いたりするなかで、漠然としていた自分の考えが少しはっきりしてきたり、そういう考えもあるのか、と気づかされたり・・・

上下関係やいろいろなしがらみから自由になって、対等に話し合える場(=広場)が、もっともっと増えて広がっていったらいいのにな・・・と、この会に参加するたびに思います。

そうそう、なんと、今回埼玉県から参加されている方がいらっしゃったと聞いてびっくり!
飛矢崎先生の近現代史講座に参加されたことから知ったのだそうです。

この「広場」も残すところ、あと1回となりました。
再来週、10月19日(金)須玉ふれあい館で 14時からです。
お近くの方はその地の利を活かさない手はありません!?


ハンナ・アーレントの映画、もう一度見たいような・・・。
DVDを買って上映会、というのもいいかな?