人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:韓国旅行 ( 5 ) タグの人気記事

3日目午後 仁寺洞とNANTA

3日目午後 仁寺洞とNANTA_f0019247_22225265.jpg仁寺洞(インサドン)は古美術・骨董などを売っているお店も多い雰囲気のある通りです。
←筆が吊るしてあり、左隣は古美術と書いてあります。
「龍のひげ」という白い飴を売っているお店では若者が3人くらいでリズミカルに口上を述べていて、それが面白くてついつい立ち止まって聞いていました。

3日目午後 仁寺洞とNANTA_f0019247_22352679.jpg手彫りのハンコ屋さんもあり、ここで「ふうろ」とひらがなで彫ってもらいました。30000ウォン。
前回はこの通りの奥の喫茶店で五味茶やゆず茶などを飲んだのですが、その場所がよくわからず、またコーヒー党も多いので今回は「スタバ」でコーヒータイム。

3日目午後 仁寺洞とNANTA_f0019247_22392423.jpg夕方からはNANTA公演。場所がよくわからなかったので、少し早めに到着したまでは良かったのですが・・・・
「リュックは?」と聞かれてハッとしました。
忘れた! 多分スタバに!
ここまではタクシーでかなりありました。それにそこに忘れたかどうかもはっきりしません。

3日目午後 仁寺洞とNANTA_f0019247_22513481.jpg友人がレシートを見つけて、そこに書いてある電話番号にNANTAのグッズ売り場の店員さんが電話してくれました。(こちらは身振り手振りでしたが必死さで伝わったみたいです。少し日本語のわかる人も出てきてくれました)無事あることが確認でき、公演が終わってから取りにいくと連絡してもらいました。
親切でチャーミングな店員さんたちでした。本当にカムサハムニダ!

NANTAは満席。厨房の道具をうまく使って、リズミカルにテンポ良く、客席も巻き込んだ楽しいお芝居でした。

3日目午後 仁寺洞とNANTA_f0019247_231356.jpg無事リュックとも再会でき、最後の夜ば東大門(トンデムン)の庶民的な焼肉屋さんで、韓国の焼肉料理を堪能しました。野菜もたっぷり。冷麺もおいしかったです。(マシッソヨ・・・5つくらいしか知らない韓国語を連発)

夕食のあとは清渓川(チョンゲチョン)のほとりを散歩しました。この川は以前コンクリートでふたをされ、上は道路だったそうですが、近年本来の川として再生し、都市の人々の憩いの場所となっているそうです。
充実の旅行もいよいよフィナーレ、あしたの朝はもう帰国です。


3日目 地下鉄と全州ビビンバ

3日目 地下鉄と全州ビビンバ_f0019247_1912295.jpg初めてソウルの地下鉄に乗りました。
1回乗ってみましょう、とチャレンジ。1回分なので切符を買おうと思って探しても券売機らしいものがありません。なんと、1回でもカードを買うらしいです。機械は日本語でも説明があります。
3日目 地下鉄と全州ビビンバ_f0019247_1913863.jpg1回乗車・4人と押して指定の金額を入れると、めでたくカードが4枚出てきました。
確か1000ウォンと保証金500ウォンだったような気がします。
3日目 地下鉄と全州ビビンバ_f0019247_19132617.jpg

保証金は降りた駅で機械に入れると戻ってきました。ちなみに1000ウォンは85円くらいだったと思います。


3日目 地下鉄と全州ビビンバ_f0019247_19154410.jpg地下鉄で下りたのは明洞(ミョンドン)駅です。ここは新宿のような感じ。賑やかです。あちこちお店を覗いたりしなから、お昼は「古宮」というお店へ。

3日目 地下鉄と全州ビビンバ_f0019247_1916931.jpgここは伝統ある全州ビビンバで有名だそうです。地元の方も多く来ているようでした。このビビンバと石焼ビビンバと海鮮チヂミと春雨サラダを頼みました。さすがおいしかったです。(マシッソヨ!)

午後は仁寺洞(インサドン)とNANTAへ。


2日目午後 景福宮(キョンボックン)

2日目午後 景福宮(キョンボックン)_f0019247_23561916.jpgソウル市の北にある景福宮(キョンボックン)と昌徳宮(チャンドックン)。
4年前に昌徳宮は訪ねているので、今回は景福宮に行きたいな~とリクエスト。昼食を食べたところから地図を頼りに歩いて行くことにしました。途中わからなくなると、誰かに「キョンボックン」と聞くと、みなさん親切に教えてくれました。指さしてもらった方へ行けばOK!
光化門(クァンファムン)も見たかったのですが、今復元工事中なんですね。良くわかりませんでした。

2日目午後 景福宮(キョンボックン)_f0019247_23571464.jpg戦前日本の総督府がこの門を壊そうとしていることを知った柳宗悦さんが、絶対に壊してはいけないと「失われんとする一朝鮮建築のために」という文を書いて内外に訴えたそうです。この文章が多くの人の心を動かして、光化門は破壊を免れ、移転保存されることになったとのこと。
以前朝日新聞に「友情交わす日信じて~民族の美守った柳宗悦と妻」という記事が載っていてこのことを知りました。
写真の門は「興礼門」。衛兵?の方々が立っていて、そばで記念写真を撮らせていただきました。全く表情変えることなく、毅然としていました・・・

その後の朝鮮戦争で壊され、復元したものの本来の木造ではなく一部?コンクリートだったため、本来の木造にするための工事、と聞きました。
2日目午後 景福宮(キョンボックン)_f0019247_031092.jpg

昌徳宮も池のある庭園がありました。「チャングムの誓い」は昌徳宮の方で撮ったみたいです。


2日目 汗蒸幕と韓定食

2日目 汗蒸幕と韓定食_f0019247_20105819.jpgきのう着いたのが夜遅かったので、きょうは幹事さんが考えていた予定を変更。
まずはホテルの近くでおかゆの朝食。松の実・あわび・野菜・鳥肉の4種類のおかゆを頼み、少しずつ味見をしたところ、どれもあっさりとしておなかに優しい感じでした。

2日目 汗蒸幕と韓定食_f0019247_20111378.jpgそして午前中に汗蒸幕(ハンジュンマク)というエステ(マッサージ?)へ。これは前回すご~く良かったので必ず予定に入れてねとリクエストしていたもの。
陶板浴・汗蒸幕という石釜のようなサウナ?・人参風呂・アカスリエステ・オイルマッサージ・・・という基本コースで約2時間。きのうの疲れもとれました。

2日目 汗蒸幕と韓定食_f0019247_20175336.jpgお昼は韓定食。
あっさりとして上品な味付け。量もちょうど良かったです。

2日目 汗蒸幕と韓定食_f0019247_2033174.jpg

写真のごはんの前に前菜が5種。後に果物ときなこのかかった信玄餅風とオコシ風のデザート。お店の雰囲気も良かったですが、名前は忘れました。

午後は景福宮(キョンボックン)へ。


韓国旅行記2010 1日目? 待つわ

韓国旅行記2010 1日目? 待つわ_f0019247_2044582.jpgきょうから、古い友人と4人で同窓会旅行に出かけます。
行先は韓国のソウル。私は2回目です。
予定ではきょうの夕方にはソウル・仁川空港着のはずでした。

韓国旅行記2010 1日目? 待つわ_f0019247_205226.jpgがしかし、飛行機が遅れに遅れ…空港で8時間以上も待機・・・
きょうが1日目になるはずだったのに、ホテルに着いたのはもう次の日になっていました・・・