人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:鏝絵 ( 8 ) タグの人気記事

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_946414.jpg

猛暑の都会から帰ったばかりで、ウォーキングに行くのを少し迷いましたが、距離8キロなので、そのくらいなら・・・と参加することにしました。

茅野駅から路線バス!「路線バスの旅もいいね♪」の声あり。
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_9472436.jpg


糸萱(いとがや)という停留所で下車。680円。回数券7枚(1枚90円)と現金50円で支払うよう教えてもらいました。

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_161568.jpg
早速、鏝絵発見。

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1641522.jpg
鶴の首や羽が立体的です。

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1645683.jpg
みなさん興味深そうに眺めています。
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1662468.jpg
大黒様。

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1664822.jpg
これも大黒様。

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1671314.jpg
お蔵の梁も立派です。この両脇の装飾は若葉というらしい。
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1681132.jpg
柱の横の木口。これも鏝絵?
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1685448.jpg
途中の田園風景。晴れていれば、向こうに蓼科山が見えるとのこと。きょうは雲の中。
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1695147.jpg
笹原公民館前の柳の大木の前で集合写真。ここから地元の方がガイドをしてくださるので、一緒に写真に入っていただきました。
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_16193543.jpg
山の神神社。この地区で最初に建てられた神社だそうです。日差しが強かったですが、この境内は木陰で涼しかった。

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1621548.jpg
窓から亀さんがのぞいています。
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1622593.jpg
壁が茶色になっている蔵が多いのは、戦時中、白壁だと目立つため、泥?を塗ったからだそう。
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_16264361.jpg
これは珍しい! ネコの鏝絵。この家のお嫁さんがネコ好きと聞いた左官屋さんの作品。
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1629539.jpg
お昼は岳麓公園で。すぐそばを小川が流れていて、木陰が涼しくお弁当の場所にぴったり♪

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_16325134.jpg
公園内で集合写真。

茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_1634793.jpg
恵比寿さまは珍しいかな?
茅野市笹原周辺の鏝絵巡り_f0019247_16412276.jpg
最後に・・・一番上の鏝絵の大黒様が「踊っているみたい」・・・とみんなが話しているのを聞けば、もちろん踊らずにはいられない?・・・


この地区の鏝絵の半分くらいは小川天香さんの作品だそうです。天香さんは伊豆の長八の孫弟子にあたるとのこと、帰りに茅野駅近くの「鏝絵 天香館」見学しました。
充実の鏝絵シリーズ、まだまだ続きそうです?

原村の鏝絵巡り・下見

原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_22131797.jpg

きょうは原村中新田地区の鏝絵を巡るウォークの下見です。
まずは集合場所のすずらんの里駅からスタート。
そして・・・御射山社への参道を登ります。かなりの急坂・・・!
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_22134237.jpg

到着!
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_2214684.jpg

シロバナエンレイソウが迎えてくれました♪
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_22152744.jpg


津島神社の大藤も見ごたえがあります!
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_2241069.jpg


中新田地区には確かにたくさんの鏝絵がありました。
木の陰になって見えづらいところも・・・
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_2244533.jpg

原村の教育委員会で出している鏝絵のガイドブックを片手に・・・のぞきこむアヤシイ(?)一行。
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_22422636.jpg

大黒様が多いようです?
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_22532120.jpg

こんなところにも鏝絵が。こういう形の鏝絵はあまり見たことがありません。
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_22474229.jpg

お昼の場所をお借りした御射山深叢寺。
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_22485736.jpg


たくさんの鏝絵を見て、またすずらんの里駅まで。帰りは下りなのでちょっとラク♪
すずらんの里駅前。無人駅です。3時12分の電車のあとは1時間半後!
原村の鏝絵巡り・下見_f0019247_22524830.jpg


きょうは原村の新しい魅力をいくつも発見したウォークでした!
本番は5月22日(水)です!
どなたも歓迎です♪詳しくは八ヶ岳歩こう会のホームページをどうぞ。
タグ:

鏝絵のルーツ松崎

鏝絵のルーツ松崎_f0019247_1144798.jpg

1月に下見をした鏝絵のルーツ、伊豆松崎の「長八美術館」を訪ねるウォーク(?)です。
小淵沢からだと片道5時間弱。6時半に出発して11時15分頃到着しました。

バスの中で長八さんの作品集を見せていただいたり、美術館ができたいきさつなどを聞くことができて気持ちがだんだん盛り上がります!

途中恋人岬に立ち寄り・・・
鏝絵のルーツ松崎_f0019247_11561556.jpg


鏝絵のルーツ松崎_f0019247_11564868.jpg

これは「I Love You」という手話だそうです。全世界共通だとか?
(「あなたに敵意を持っていません」という意味もあるそうです)
手話が世界共通語だったらいいね~という声。
でも7割くらい?は、違う国の手話でもわかる・・・という話も聞いたことがあります?

さて、長八美術館!
鏝絵のルーツ松崎_f0019247_1221545.jpg

モダンな建物です。

中の展示は下見の時も見ていますが、館員の方の説明で、前回とはまた違う視点を教えていただきました。
鏝絵の概念がすっかり変わる、というのは同じです。
どの作品も「職人」ということばと「芸術」ということばの(間にあるように感じる)溝を軽々と超えているように思えます。

鏝絵のルーツ松崎_f0019247_12103918.jpg
40分ほどの時間はあっと言う間で、次は昼食!
美術館に後ろ髪をひかれながらも素直に(!)移動。

こちらも下見の時にちゃんと下「味」をしておいた塩かつおうどん。お刺身や桜海老のかき揚げ、お魚のカマ焼きなど、どれもおいしくて・・・ちょっとアルコールも頂いちゃいました。
鏝絵のルーツ松崎_f0019247_13523823.jpg


このあと、中瀬邸からなまこ壁通り、浄感寺・岩科学校へ。

伊豆松崎は春を通り越して初夏の陽気。
鏝絵のルーツ松崎_f0019247_12182350.jpg

色とりどりの花々は八ヶ岳の高原より2ヶ月は早いように思いました。
鏝絵のルーツ松崎_f0019247_12184112.jpg


日帰りなのがもったいないような充実の松崎訪問でした。
鏝絵のルーツ松崎_f0019247_1364097.jpg

「高根の鏝絵巡り」下見

松崎で入江長八さんの鏝絵作品を見たこともあり、鏝絵に対する興味関心が増しつつある今日この頃!?3月20日に行われる「高根の鏝絵巡り」ウォークの下見に行ってきました。

お天気も上々!きのうの雨は山の上は雪だったようで、八ヶ岳も南アルプスもすっかり白くなっていました。

「高根の鏝絵巡り」下見_f0019247_1126527.jpg

高根町は、昔から栄えていたところらしく、由緒ある神社やお寺が点在し、立派なお屋敷もあり、そのお蔵には様々な鏝絵がありました。
「高根の鏝絵巡り」下見_f0019247_1127243.jpg

「高根の鏝絵巡り」下見_f0019247_11292422.jpg

「高根の鏝絵巡り」下見_f0019247_11294167.jpg


すっかり「鏝絵目」(?)になり、立派な蔵やお屋敷を見ると、立ち止まってじっと屋根の下あたりを眺めている一行は、傍目からみたらちょっと(かなり?)アヤシイかも?

「高根の鏝絵巡り」下見_f0019247_11295993.jpg

「高根の鏝絵巡り」下見_f0019247_11301128.jpg


まだまだたくさんの鏝絵を見ました。
リーダーのOさんが、常日頃このあたりを歩いて探し出してくださったようです。
3月20日の本番の日にはぜひ一緒に歩いて、ごらんになってください♪

伊豆の長八美術館

伊豆の長八美術館_f0019247_16294134.jpg

鏝絵ということばを知ったのは「八ヶ岳歩こう会」で津金を歩いたときだったと思います。
左官職人が鏝を使って描いたということですが、思わず唸るような見事な作品もあって、興味を持ちました。それから何度か「鏝絵を見るウォーク」が行われ、地元小淵沢にもいくつかあることを知りました。
昨年も「津金だけではない!」と須玉の鏝絵ウォークがあり、たいへん好評で、今後原村や茅野など何回かのシリーズになる予定です。

「であるならば、伊豆の長八美術館に行かなければ!」という声があがりました。
長八さん?・・・全く知りませんでしたが、鏝絵の世界では名工として有名だそうです。

そして鏝絵シリーズの一環として伊豆の長八美術館を訪ねるウォークが企画され、その下見に誘って頂きました。歩くのは8キロくらいですが、片道5時間位の移動がちょっと心配。
8キロと言っても先日おやなぎさんで3キロ歩いただけなので、こちらも不安がないことはありません。その時は車で待っていればいいよ、とのこと・・・

11時半頃到着。
まずはお昼を、下見の下見をしたPさん推薦のお店で塩鮭ならぬ塩鰹!?うどん。
それにサクラエビのかき揚げをみんなで分け合って・・・美味でした!
伊豆の長八美術館_f0019247_16304437.jpg

そして長八美術館へ。
鏝で描いたとは思えない繊細な絵にびっくり。虫メガネも置いてあります!

伊豆の長八美術館_f0019247_16313332.jpg


そして松崎の町をウォーク。有名ななまこ壁の通り。
伊豆の長八美術館_f0019247_16323327.jpg


13時のある時計台!
伊豆の長八美術館_f0019247_16331166.jpg


岩科学校。ここにも長八の作品があります。
伊豆の長八美術館_f0019247_1634271.jpg


長八さんすごいです!
蔵の壁に描かれている丸い絵という鏝絵の固定(こてえ)観念(?)は見事に覆されました!

須玉の鏝絵

小淵沢に続く鏝絵巡りシリーズ第2弾ですが、第一回目は参加できませんでした。
きょうは、会員Oさんのリーダーデビューということで、これはぜひ参加しなければ!
津金の鏝絵は何度か見ていますが、今回は「津金だけじゃないよ、須玉の鏝絵」とのことです。

須玉の鏝絵_f0019247_2301319.jpg

これは最後の方で見たものです。
今まで見た鏝絵は丸い形のものがほとんどだったと思いますが、このように建物の壁に塗り込まれたものもあるのですね。

須玉の鏝絵_f0019247_2335474.jpg
初リーダーのOさん。

須玉の鏝絵_f0019247_2352849.jpg
このあたりは「松に鷹」
が多いそうです。

須玉の鏝絵_f0019247_23343236.jpg
小さな石の上の大きな大仏様・・・大分前のウォークの時にも「不安定な気がする」と話したような?
となりは安定の(?)ぶんちゃん。

須玉の鏝絵_f0019247_23375666.jpg
これは「月と波と亀」?

須玉の鏝絵_f0019247_23385974.jpg
戦争中、黒く塗るように言われたとか?

須玉の鏝絵_f0019247_23395240.jpg
「題目大宝塔」(と言うらしいです)のところで集合写真。いい天気です♪

須玉の鏝絵_f0019247_12561981.jpg
これは変わっています(と思います)将棋の駒ですね。金将かな?「どうして王将じゃないんだろう?」という声あり。
須玉の鏝絵_f0019247_1257561.jpg
奥の畑の方からこの家の方がやってきます! そのお話が楽しい。

須玉の鏝絵_f0019247_1234185.jpg
これも松と鷹。
須玉の鏝絵_f0019247_1242828.jpg
葉っぱかな?
須玉の鏝絵_f0019247_1255529.jpg
風路周辺より、かなり標高が低いせいか、鮮やかな花々も咲いていました。
須玉の鏝絵_f0019247_1271891.jpg
南アルプス!
須玉の鏝絵_f0019247_1274733.jpg
これは壁に直接描かれた鏝絵。

お昼の後は、小倉という地域へ向かいます。「こげー」と読む?そうです。(地元の方はそう言うとのこと。
須玉の鏝絵_f0019247_12143262.jpg
一番上の写真の大きな看板のある三階建ての立派な建物。
以前はお菓子やさんだったそうです。戦争で砂糖が手に入らなくなり、戦後はパンを作り・・・とお話をしてくださいました。あちこちで、家の方が出てきて、いろいろお話してくださいました。こういう出会いも歩く楽しみです。

須玉の鏝絵_f0019247_12202499.jpg
八ケ岳が美しい。

同じ北杜市でも全く知らない道をたくさん歩きました。
Oさん、見事なリーダーデビュー♪ 次回も期待しています!

鏝絵の里・津金周遊

鏝絵の里・津金周遊_f0019247_1643474.jpg
きょうは北杜そろんそろんフットパス。津金を歩きます。
毎回人気できょうも60名近く、八ヶ岳歩こう会も協力しています。
鏝絵の里・津金周遊_f0019247_16442757.jpg鏝絵の里・津金周遊_f0019247_16445852.jpg
集合は三代校舎。明治・大正・昭和に造られた校舎が並んでいます。そのひとつは「おいしい学校」としてイタリアンと和食のレストランになっています。桜の名所でもあります。
その駐車場で受付やコースの説明がありました。八ヶ岳もきれいです。

鏝絵の里・津金周遊_f0019247_17443482.jpg
校庭から出発です。
鏝絵の里・津金周遊_f0019247_17452015.jpg
白壁の立派なこのお宅は昔名主さんだったとか。
鏝絵の里・津金周遊_f0019247_1746361.jpg
南アルプスも美しい。ここからは甲斐駒の左にひときわ白い仙丈ケ岳が見えます。
鏝絵の里・津金周遊_f0019247_17485749.jpg
山梨県で1番大きな道祖神だそうです。いろいろな動物が彫りこまれているらしい。
鏝絵の里・津金周遊_f0019247_17492333.jpg
休憩場所の古民家「なかや」さんに着きました。北杜フットパスでは途中の休憩でお茶とお菓子がふるまわれます。きょうは「おいしい学校」のパンに津金のりんごジャムをぬったもの。
鏝絵の里・津金周遊_f0019247_17513198.jpg鏝絵の里・津金周遊_f0019247_17515197.jpg
おいしくてあっという間に無くなりそう・・・大丈夫1人2コはあります(^^)v
スタッフとしてかいがいしく(?)お茶の準備をする方。
鏝絵の里・津金周遊_f0019247_1754188.jpg
こちらもスタッフとしてパンを配っています。

鏝絵の里・津金周遊_f0019247_1754544.jpg鏝絵の里・津金周遊_f0019247_18172714.jpg
なかやさんの楽しい看板。ひらがなにルビがふってある!なけえさんがネイティブ発音みたいです。 お隣の古民家は遊糸舎。江戸糸あやつり人形が展示されています。(以前須玉ふれあい館で見ました!こちらです)

きょうは鏝絵もたくさん見学。鏝絵とは左官職人がこてで仕上げたレリーフのこと。
火災防止ため水にかかわる絵や文字、福をまねく絵や文字、苗字などが多いそうです。
一番上の鏝絵は波が立体的に浮き上がっています!
鏝絵の里・津金周遊_f0019247_1803215.jpg鏝絵の里・津金周遊_f0019247_1804978.jpg
春らしいのどかな1日、里の道をのんびり(そろんそろん)歩きました。
いろいろな発見もあって楽しかった。津金も奥が深いな~


次回、北杜そろんそろんフットパスは4月6日(日)。私たちの地元小淵沢を歩きます。
(確か鏝絵があるおうちも通るはず。)
詳しくはこちらをどうぞ。

16年の謎が解けた日

16年の謎が解けた日_f0019247_0412925.jpgきょうは「八ヶ岳歩こう会」の会議の後、小淵沢フットパスのコースの下見に行きました。
きょうのコースの大部分は何度か歩いていてわかっているつもりでしたが、甘かった!
「16年住んでいて謎だった橋」を通るコースを教えてもらい、感激。


16年の謎が解けた日_f0019247_0415180.jpg


そうか・・・ここを通るのか・・・
そうか・・・ここに出るのか・・・



16年の謎が解けた日_f0019247_0422610.jpg


いつもは車であっと言う間に通り過ぎてしまうところにあった、こんな「鏝絵」(こてえ)。
知らなかったなぁ・・・


本当にウォーキングは楽しいです。
みぞれまじりの雨だったのですが、なんだかとってもいい気分。
だからウォーキングもコース作りも止められません。

小淵沢にも、たくさんいいコースができそうです。