人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:鎌仲ひとみ ( 4 ) タグの人気記事

小さき声のカノン

小さき声のカノン_f0019247_18134966.jpg

須玉のふれあい館で上映された「小さき声のカノン」を見に行ってきました。
夕方、5時30分からの最後の回。
「福島~チェルノブイリ」、 国境を超えて「被ばく」から子供を守りたいと願い行動するお母さんたちのドキュメンタリーです。
この映画は、少しだけカンパをしていて、パンフレットや短い映像なども送っていただいていました。
完成したら、北杜市でも上映会をしたいな~と思っていたところ、「11月に上映会をしますよ」と教えて頂き、「わっ、そうなんだ!」とうれしい驚き。

でも実際には見に行けるかビミョウだったので、チケットは持っていませんでした。
なんと!沖縄ツアーのときに参加された方が上映会にかかわっていて、帰りのバスの中でチケットを頂くことができました。

それを手に、1人で行ってきました。・・・お客様(コックの友人)がいらっしゃったので。

食べ物と保養というのが、とても有効のようです。
映画では北海道の保養のことが多くとりあげられていましたが、北杜市でも毎年2回、被災地の子供たちを保養に招待する活動をしている人たちがいます。

放射線は目に見えないだけに、「不安だ」という声をあげにくくなっている、それが年々強くなっているようです。
でもチェルノブイリ事故のその後を見れば、問題はこれからさらに大きくなっていくのでは、と心配です。小さなお子さんを持つお母さんやお父さんだったら、その不安はいかばかりか、と思わずにはいられません。

小さな命を守っていくこと、それ以上に大事なことはあるのかな?

鎌仲ひとみ監督が原村へ!

鎌仲ひとみ監督が原村へ!_f0019247_16574979.jpgきょうの夜とあしたの午前、原村の中央公民館で鎌仲ひとみ監督の「内部被曝を生き抜く」の上映があります。
そしてなんと明日は鎌仲ひとみさんがいらっしゃるそうです!
昨年5月に「ミツバチの羽音と地球の回転」を北杜市で上映したとき、お話していただけるか問い合わせたら、週末はほとんど全国各地に飛び回っていて難しいということで断念しました。

ぜひ聞きにいきたいところですが、あしたは中部横断自動車道の説明会もあり、こちらもたいへん気になります。(いずみ活性化施設で午前9時から)
映画は多くの方に見ていただきたいので、もしも都合がつく方はぜひ!

【会場】
 原村中央公民館(マップへリンク→ http://goo.gl/maps/xQaV
【プログラム】
 6月 25日(月)開場19:00/上映​19:30
 6月 26日(火)開場 9:30/上映10:00 
監督トーク11:45-12:45 質疑等12:45-13:00
【上映負担金】
 500円
【主催】
 特定非営利活動法人 八ヶ岳ヒューマンエナジー

鎌仲監督さんへのカンパも募るようです(1000円位?)


「ミツバチの羽音と地球の回転」見にきてね

「ミツバチの羽音と地球の回転」見にきてね_f0019247_22241616.jpgいよいよチラシとチケットができあがり、連休明けにはお届けできると思います。
と言うか・・・、買ってね。

これは本当にお薦めの映画です。
今もまだまだ予断を許さない状況の福島第一原発。それ以外にも危険を指摘されている原発がいくつもあるそうです。何しろこの地震国に原発を建てるという選択に無理があったのでは?と思います。

それでもここまできてしまった以上、今さら無くすわけにもいかないんじゃないの?と思っている方も多いのではないでしょうか?私自身も今回の事態の前までは「心配だけど、仕方ないのかな~・・・」という気持ちでした。

でもこの映画を見て、「全然仕方なくない!」と思いました。
こんなところまで自然エネルギーはきていたんだ!と本当に目からウロコでした。
そして「祝島の人たちの暮らしやことばこそ、まっとうなのでは?」と思わずにはいられませんでした。

チケットは手書きでいい感じ。
5月22日、長坂コミュニティホールでお待ちしています♪

ミツバチの羽音と地球の回転
 未来のエネルギーをどうするのか?
 祝島とスウェーデンでエネルギーの自立に取り組む人々の物語

 日時 5月22日(日) 午後1:00~ 4:00~ 7:00~
               (開場は30分前)
 場所 長坂コミュニティホール JR中央線長坂駅前
 料金 前売1000円(当日1200円) 高校生・70才以上700円
     中学生以下無料
 チケット取扱い 清文堂(本店・きらら支店)・蔵屋グリーンズ
           ジャムクラフトとりはた・風路
 お問い合わせ 0551-36-3826

●ミツバチの羽音と地球の回転の公式サイトはこちらです。
●北杜市アルファブログにも、「目からウロコ」というテーマで同名の記事を書いています。

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映します

監督は「六か所村ラプソディー」を撮った鎌仲ひとみさん。

瀬戸内海の祝島で原発に頼らず生きて行こうとしている人々の暮らしと、スウェーデンで自然エネルギーを活かして街づくりをしている自治体の様々な取り組みを紹介しています。
今、日本で起こっている、この不安な事態に対する、一筋の希望とも言える作品だと思います。
「祝の島(ほうりのしま)」もとても良かったですが、この「ミツバチの羽音と地球の回転」もまた違う切り口で、見ごたえがありました。

来月北杜市で上映会をすること、決まりました。
今だからこそ、多くの人に見てほしいです。

ミツバチの羽音と地球の回転
●5月22日(日)
●長坂コミュニティホール
●料金 前売り1000円(当日1200円) 高校生・70才以上700円
      中学生以下無料
●問い合わせ 風路 0551-36-3826

開始時間は今調整中です。決まり次第、お知らせします。