人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:脱原発 ( 19 ) タグの人気記事

甲府でもやるじゃん!200回目!

甲府でもやるじゃん!200回目!_f0019247_17342154.jpg

きのうは原発の無い未来を願って毎週金曜日に甲府を歩く「甲府でもやるじゃん!」でした。
なんと!200回目!!!

原発事故は終わった、これからは復興・・・という空気に、被災された人たちも声を上げにくくなっているとか・・・?

でもチェルノブイリの事故を見れば、5年たっても、というより5年目位からが、被爆の影響が多く出てくるという話も聞きます。不安でないはずはありません。今でも汚染水は出ているというし、メルトダウンしていた原子炉の中はまだまだ人が入れるようなところではないそうです。

きのうは先約がキャンセルとなり、甲府へ出かけることにしました。駐車場探しに手間取り、信玄公の前に駆け付けたときにはそれらしい気配なし。
前回参加したときに東電甲府支店の場所は覚えたので、そこまで行ってみたら・・・
会えました~!

帰りはみなさんと一緒に。
コールが優しい・・・「電気は足りてる」「原発止めよう」「甲府でもやるじゃん!」「子供を守ろう」「未来を守ろう」・・・通り過ぎるだけの方も多いですが、手を振ってくれる人、笑顔であいさつしてくれる人もいました♪
なにしろ早く「こういうことで歩かなくてもいい世の中に・・・」というのはみんなの願い。
300回目を迎えないためにも7月の選挙がすごく大事と思います。

そのあとは懇親会!
新参者ながら、懇親会にも参加 (^^♪

6月12日(日)には北杜市ではじめのいっぽパレードがあります。
こちらは21回目。9時大泉総合会館集合で、谷戸城址あたりを歩きます。

地震が起きるたびに心配する原発は、本当にこの地震国では無理!(-"-)・・・と思います。

はじめのいっぽパレードvol.12

はじめのいっぽパレードvol.12_f0019247_17245130.jpg

きのう「4月3日のひろば通信」を届けていただきました。
表紙は3年目の3月11日(火)に行われるはじめのいっぽパレードvol.12のこと、見開きページには被災地の親子を対象とした保養プログラム「わんぱく冬あそび in 北杜 2014」の様子が写真入りで紹介されています。
「4月3日のひろば」には八ヶ岳歩こう会からも2回に渡って寄付させて頂いているので「(きのうの)月例会に間に合えば良かったですね」と、残念そう。
次回の会議のときに、みなさんにお渡しします!
私たち「歩こう会」のささやかな活動が、この写真の中の子どもたちの生き生きした表情と少しでも繋がっているとしたら本当にうれしい、とみなさん思ってくださると思います。
はじめのいっぽパレードvol.12_f0019247_17451440.jpg


原発事故の収束も、被災された方たちの生活再建もまだまだ先が見えません。
微力な私たちでも「忘れない」と意思表示をすることくらいはできる・・・と思う。
確か昨年の9月からもう半年以上、日本の原発は1基も動いていないはず。
それをずっと続けて、原発の不安の無い未来を手渡したい。

●はじめのいっぽパレードvol.12
 2014年3月11日(火) 高根保健センター(たかねの湯となり)
                 1時30分スタート
                 高根環境改善センターまで


3月9日、甲府では「さよなら原発まつり」が行われるそうです。


そうそう、わんぱく冬あそびにはペンション仲間のフィールドさんが、協力していました。「八ヶ岳歩こう会」も「小淵沢ペンション振興会」もほんと、いい仲間たちです。

救世主現る♪

救世主現る♪_f0019247_21435335.jpg
きょうの朝はまず道路までの道作り。

救世主現る♪_f0019247_21453792.jpg
それから、除雪した雪の壁をくずして、2台の車を掘り出します。まずは1台だけでも・・・
しかし、壁が堅いのでなかなかはかどらない・・・と嘆いていたところにさっそうと現れたのは!
救世主現る♪_f0019247_21495840.jpg
お~!ありがたや♪
私たちが100回スコップで運んでも動かせない量を、5~6回、ガガガガグイ~ン、あっという間に1台は動ける状態に。

スペイン巡礼の旅の時に「きっとあの方はヤコブ様」と手を合わせたくなる方がいらっしゃったのですが、今日もまさしく!

おかげさまで、きょうは無理かもと思っていたもう1台の救出も、なんとか夕方には成功。
救世主現る♪_f0019247_21563396.jpg
きっとあしたは全身筋肉痛だ。

夕方の八ヶ岳がきれいでした。
救世主現る♪_f0019247_21584115.jpg




都知事選の結果は・・・空は晴れても心はブルー・・・救世主現る♪_f0019247_225987.gif

「救世主」を待っていてもだめとは思いつつ・・・
脱原発のお二人を合わせた得票はどのくらいだったのだろう?
それにしてもこの投票率!?

「NO NUKE 」バッジ

「NO NUKE 」バッジ_f0019247_15402541.jpg
「inJAPAN」の他に「FUKUSHIMA」 「OI 」 「IKATA」もあるそうです。「in EARTH」もあったらいいかな?

帽子や、バックに。
「NO NUKE 」バッジ_f0019247_1541745.jpg


なんと、このプロジェクトでは「YES NUKE」バッジも作っているそうです。
想いや意見を表そうというのが趣旨みたいです。
無関心こそが一番良くない、との考えだそうです。


しかし・・・海に毎日?300トンの汚染水って・・・!
いのちの海に・・・

お寿司とかお刺身とか、食べてていいのかな?
福島近辺の海に留まっていると思えないし。

輸出なんて言ってる場合じゃないと思うけど。
タグ:

はじめのいっぽパレードvol.9

きょう、玄関のチャイムがなったので、出てみると参議院選挙の候補者でした。
その人の党は「原発推進」なので、「原発は止めてほしいです」とお願いしてみましたが、あいまいに?笑っていらっしゃいました。

もう少し時間があったら、「原発についてどう思っているんですか?」とか「事故の処理や廃棄物処理はどうするつもりですか?」とか聞いてみれば良かったかな?

はじめのいっぽパレードvol.9_f0019247_23443873.jpgきのうの新聞に原発ゼロを願うという一面広告が載ったと聞いて、きょうになって探してみました。
ありました! 多くの人のカンパによって実現したものだそうです。

しかし、きょうの新聞の一面は・・・

成長戦略に「原発活用」・ 再稼働の推進明記っていったい何を考えているんだ!と怒っているヒトがいます。まったくです!
今でも収束には程遠い福島原発のこと、ふるさとに帰れない人たちのことをどう考えているんだろう?


東日本大震災と原発事故からもうすぐ2年と3ヶ月。
6月9日(日)に北杜市で9回目のはじめのいっぽパレードが行われます。
今回は白州町(台ヶ原のあたり?)を歩くようです。
午後1時、白州道の駅駐車場が集合場所です。

「白州町の豊かな自然を体感しながら、未来に生まれてくるすべての『いのち』のために、伝えたい想い、こころを持ち寄って歩きましょう。」(チラシより)

あきらめずに、いっぽいっぽ歩くしかないよね。


「わたしの」声明

きのうのニュースは選挙一色という感じでしたが、福島原発事故の第二次告訴の日でもありました。
第一次の告訴は福島県の方を中心に1324人。
きのうの第二次は13262人。
1万人を越す人が1つの事故に対して告訴するということは今までに無かったことだそうです。ここ甲信越からも多くの人が告訴人になったと聞いています。

この第二次告訴の告訴声明は私の声明でもあるんだな、告訴人一同に私も入っているんだな、と思うと身がきゅっと引き締まる思い・・・
(ほんとに引き締まるともっといいけど)



「福島原発告訴団第二次告訴」告訴声明

今日、私たちは、「福島原発事故の刑事責任を糾す」ため、
6月に立ち上がった1324人の福島の人々に続き、福島地方検察庁に告訴を行いました。

北は北海道、南は沖縄まで、全国から13262人が、
力をひとつに合わせ、怒りの声を上げました。

私たちは、原発事故により、故郷を離れなければならなかった者。
私たちは、変わってしまった故郷で、被曝しながら生きる者。
私たちは、隣人の苦しみを我がこととして苦しむ者。

そして私たちは、
経済や企業や国の名のもとに人々の犠牲を強いるこの国で繰り返される悲劇の歴史に、
終止符を打とうとする者たちです。

・この事故はどうして引き起こされたのか。
・そしてなぜ被害を拡大するようなことが行われたのか。

私たちは真相を究明し、今も続く原発事故の被害を食い止めなければなりません。

責任を負うべき人々が責任を負い、過ちを償うことができるよう、
民主主義社会のしくみを活かしていかなければなりません。

私たちは、深い憤りと悲しみの中から、
今回の告訴という行為の中に、未来への希望と、人と社会への信頼を見出します。

私たちはもう一度、その意味の深さを思い起こします。

・事故により引き裂かれた私たちが、再びつながり、力と尊厳を取り戻すこと。
・この国に生きるひとりひとりが大切にされず誰かの犠牲を強いる社会を変えること。
・これらを実現することで、子どもたちや若い人たち、未来世代の人たちへの責任を果たすこと。

声を出せない人々や生き物たちと共に在りながら、
決してバラバラにされず、つながりあうことを力とし、
怯むことなくこの事故の責任を問い続けていきます。


2012年11月15日 「福島原発告訴団」第二次告訴 告訴人一同


●12月9日(日)に、北杜市で「はじめのいっぽパレードvol.7」があります。午後1時、長坂駅集合です。

こういうことを大切にしてくれる政党、候補者に未来を託したい。

原発やっちょし!

原発やっちょし!_f0019247_2251498.jpg
6回目の「はじめのいっぽパレード」です。
なんと!ドラム隊に入れてもらいました・・・というか押しかけ?

原発やっちょし!_f0019247_2255983.jpg「コール」(原発いらない、再稼働反対、こどもを守ろう・・・とかマイクでアピールすることをコールというらしい)とドラムがこれくらいバラバラなのも珍しい・・・と変な感心している人がいましたが、その主犯(?)は多分このヒト???

原発やっちょし!_f0019247_2314756.jpg



「原発やっちょし!」「再稼働やっちょし!」とコールした方がいました。肯定なのか否定なのか迷うような感じですが、「やめよう」という意味の甲州弁のようです。お国ことばいいね。

原発やっちょし!_f0019247_2321860.jpg

コスモスが揺れ、稲穂が黄金色に色づきはじめた景色の中、手作りの御神輿も繰り出し、まさしく秋祭といったパレード。
御神輿の上にはかわいらしい丸い石がのっています。丸石神という山梨県独特の道祖神だとか?
沖縄では10万人の人がオスプレイ反対の集会に集まったそうです。根っこはきっと同じような気がします。

原発やっちょし!_f0019247_2342839.jpg

ゴールの高根環境改善センターでは武藤類子さんのお話がありました。

ほんのいっぽでも、あきらめずにできることをやっていきたいと思います。



未来は変えられる?2012.7.16

未来は変えられる?2012.7.16_f0019247_18321954.jpg
行ってきちゃいました!(6月22日(金)と同じタイトル)

代々木公園へ!

着いてすぐにそばを歩いている女性に「どちらから?」と尋ねたら福島からとのこと。暑いなんて言っていられない、と思いつつ・・・
山から下りてきた身にはやっぱり暑かった~!公園隅の木陰に張り付いていました。でも真ん中の炎天下にも多くの人、人、人・・・!

上の写真は瀬戸内寂聴さん。90歳!車椅子から下りて、力強いスピーチをされました。
「冥途のみやげにどのくらい人が集まるか見にきました・・・」(^^)
「澤地久枝さんは、未来のためにここに来ている・・・」と。
武藤類子さんのお話もジーンとしてしまいます。

しかし、すごい人でした。
未来は変えられる?2012.7.16_f0019247_19141926.jpg
ヘリコプターから撮った写真がインターネットや新聞に載っていますが、上からは見えない木立の中の人口密度がすごかったのです。一度そこから出たら、帰ってくるのが困難な程。

未来は変えられる?2012.7.16_f0019247_19383686.jpg
集会が終わってデモに出発するにもこの通り。身動きができません。一緒に行った人たちともはぐれそう。

でもいろいろな人の手作りのプラカードやメッセージを読んでいるのも面白いです。
未来は変えられる?2012.7.16_f0019247_19403896.jpg

↑こんな力作もありました。刺繍とアップリケが丁寧。本当に全てのいのちの問題ですよね。

未来は変えられる?2012.7.16_f0019247_16493455.jpg
こういう賑やかな方たちがいると、吸い寄せられるようにそばに行くヒトあり。

沿道の人たちや歩道橋の上にも「同じ想い」を持つ人々がたくさんいて手を振ってくれていました。
未来は変えられる?2012.7.16_f0019247_1943313.jpg

未来は変えられる?2012.7.16_f0019247_1943261.jpg

明治公園までの3キロを3時間(!)位かかって歩きました。時速1キロ・・・

きょうは17万人!とのこと。
でも仕事や、体調や、いろいろな都合で行けなかった人はきっとその何倍もいるハズ・・・と思います。本当にひとりひとりが、いろいろなことを知り、未来をどうしていきたいかを考え、意思表示をしていけば、変えることができるかもしれないと、思い・・・たいデス。


未来は変えられる?

未来は変えられる?_f0019247_19413228.jpg
行ってきちゃいました!

毎週金曜日の夜6時から8時まで原発再稼働反対の集まりをツイッター等で呼びかけていて、先々週は4000人、先週は12000人集まったとのこと、きょうもその呼びかけがありました。
きょうの夜、東京に行く用事があったので、「それならその前に官邸前に行ってみよう、たとえ短時間でも」と地下鉄を乗り継いで国会議事堂前駅へ。
出口をめざして階段を登っているときからなにやら賑やかな声が響いています。
地上に出て見ると・・・すンごい人です!

未来は変えられる?_f0019247_1942331.jpg

スタッフのような人が、「立ち止まらないで」と誘導、それに従って右に行こうとしますが、もう道路はぎっしり。歩道は歩けないので車道にはみだして歩きます。
列の最後に行こうと歩きますが延々と続いているのでいったいどこが最後かわかりません。
同じ方向に歩いている人はほとんど参加しようとしているようで、プラカードを持っている人や「再稼働はんたい!」と声をあげている人も多いです。

未来は変えられる?_f0019247_19422894.jpg

すごい、すごい、どこまで続いているんだろう・・・

若い女性・学生さん・高校生?子連れのお父さんお母さん、中高年、会社帰りのようなスーツスタイルの男性・・・

あっ、山本太郎さんともすれ違いました!

未来は変えられる?_f0019247_1943290.jpg

ともかくも議事堂の周り?を1まわりするくらい歩いて、「最後尾はこちら」と書いてある紙を掲げている人の前に並びました。

未来は変えられる?_f0019247_19493091.jpg

前から数を数えてきた人が〇万人超えています!まだまだどんどん増えています!と興奮したようすで報告。何万人なのか、よく聞き取れなかったのですが、うしろにも次々に人々が並んでいきます。
7時位までそこにいて、後ろ髪を引かれる思いでその場を離れました。

きょうの新聞を見たら、45000人だったとか!
「45000分の2」になれて良かったな。

報道ステーションではしっかり伝えてくれたそうです。「あっぱれ!」をあげたいです。(他のテレビ局には「喝(カツ)!」を・・・)


6月11日にパレード

きょうの夕方から首相官邸前に続々と人々が集まり4000人にもなったそうです。パソコンの動画で見てみたら、福島から来た方、子どもを連れたお父さん、15歳の高校生、19歳の学生さん、川田龍平さん・・・多くの人が再稼働を止めてほしいと訴えていました。

でも野田さんには聞こえないようでした・・・

あしたも集まるそうです。
東京までは行けませんが、北杜市でも原発の無い未来をめざすパレードが6月11日(月)にあります。
今回は須玉で、市役所に要望書を渡す予定です。詳しくはこちらです。

あきらめずにできることをやっていきたいと思います。
シェーナウの想い」も上映します。(今、調整中です)