人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:沖縄・辺野古報告会 ( 4 ) タグの人気記事

きのうの宿題?

きのうの沖縄・辺野古報告会には25名位の方が参加してくださいました。
20名くらいかな~と用意していたスリッパが足りなくなりました!

最初に沖縄の若い女性(学生さん?)のスピーチの映像。
中島さんが延べ13日間沖縄に滞在のときのスライドを写しながらのトーク。
参加者の質問や感想。
最後は、今年の1月~2月の抗議行動を撮った40分ほどのDVD上映です。

いくつも印象に残ったことがありました。
辺野古岳という山に登ったら銃弾が飛び交っていて「命の危険を感じ怖かった」・・・という話。
その日は日曜日で一応訓練は休みとなっているのだそうです。
今自分たちが山登りするとき、きょうは訓練が休みで鉄砲の弾に当たる心配はないから登ろう、と考えるだろうか? 猟期というのもあるけれど、そんなレベルじゃないし。

80歳を越えるおばあさんが、体を張って基地建設のトラックを止めようとする話。

沖縄のこどもたちはみんな当たり前のように、戦争のことをおじいさんおばあさんから聞いて育つ。学校でももちろん教える。だからほんとうに戦争はだめ、と思っている子が多いという話。
6才の安里くんが書いた「平和ってすてきだね」という詩はそんな土壌だから生まれたのかな~と思いました。

いろいろなこと、記事としてはどこかで目にしていたかもしれませんが、自分の知っている人が実際に行って、見て、聞いて、感じたことを話してくれると、「どこか遠いところの話」がぐっと近くに感じられます。


中島さんからの質問がありました。

 ―ここに来ている人たちはほとんどこの新基地に反対だと思いますが、賛成の人の中には「近くの国から攻められたらどうするのか」と問う人も多いです。この問いにどう答えますか?

何人もの方が考えを語ってくれました。

私は何と答えるだろう。

そのような事態となる前に、どれだけ外交に力を尽くすのかがまず大事では?
草の根交流とか・・・芸術・スポーツ・文化交流とか。(浅川伯教さんも言っていました)
村上春樹さんが以前書いていた「魂の行き来する道筋」を大事に育てていくこと。

中村哲さんがアフガニスタンでやっているようなこと」それが一番じゃないかと思います。

きょうは「沖縄・辺野古報告会」

午後7時から。小淵沢の生涯学習センター2階視聴覚室です。

JR中央線小淵沢駅から徒歩15分位。上から下りていくと平田家住宅の信号渡ってすぐ左。
駐車場もあります。広いです。
無料です。

後で「報告会の報告」を書きたいと思います・・・?


沖縄で起こっていることの一端を知る事ができたドキュメンタリー映画「標的の村」の続編「戦場ぬ止み」が完成したそうです。
この題が「読めない」と言われたそうですが、監督の三上智恵さんはどうしてもこの題にしたかったとか。

確かになんて読むんだろう・・・と思いました。

いくさばぬ とぅどぅみ」・・・ですね。
北杜市でまた上映会できるかな?

沖縄とライブとアーサービナードさん

ついに標高1000mのこの辺りに桜前線が上ってきました!
しかし! 午後になって、また雨模様・・・写真はおあずけ。
あちこち桜も見に行きたいですが、これからはイベントも盛りだくさん!

4月22日(水) 沖縄・辺野古報告会 19:00~ 
           ・小淵沢生涯学習センター視聴覚室 無料
           ⇒沖縄・辺野古の話を聞こう

4月25日(土) 森からの風・街からの風ジョイントライブ 19:00~ 
            街からやってくる「すちゃらかしゃいにんぐ」
            地元の「ゆめやえいこ」・「KURI」
           ・場所は小淵沢のルーラル・アイニティ・ロッジ(近い!)
           ・チャージ 予約1300円+オーダー
                 当日1500円+オーダー

4月29日(水) アーサービナードさんの講演
            「第五福竜丸とことばの力」 14:00~
            (開場13:00~ ミュージカル「鯨波の声」パフォーマンス13:30~)
            
           ・場所は山梨県立文学館
           ・無料ですが、要予約のようです。
            山梨憲法ミュージカル2015実行委員会
             080-9981-0355
             info@mt74-kpm.com
                                      

5月10日(日)にはおつきゆきえさんの朗読会もあります♪


・・・ベンシャーンの「ここが家だ」、また読んでみよう・・・
   

沖縄・辺野古の話を聞こう

沖縄・辺野古の話を聞こう_f0019247_2050798.jpg
予報で雪のマークがあったのですが、まさかね・・・と油断していました!
なんと朝起きたら、外は真っ白ではないですか!
そのまま降り続いていましたが、さすがにそれほど積もりません。積雪3cm?
その雪の中を、小淵沢ペンション振興会の総会があり、出かけて行きました。
スタッドレスタイヤのままで良かった~!


さて・・・報告会のお知らせです。

知り合いの中島和也さんはアウトドアガイド。  (奥様はカミーノ仲間!)
アラスカが「心のふるさと」(?)らしく、何度も出かけているそうです。
昨年その写真展も行われ、私たちもアラスカの大地に吹く風をちょっぴり感じてきました。

その和也さんが沖縄の辺野古へ行き、新基地建設反対の抗議行動に参加してきたとのこと。
さすがアウトドアガイド、なんとカヌー隊にも参加したそうです。
その辺野古での体験をスライドを見ながら報告してくださいます。

場所は小淵沢の生涯学習センター(近い!)
沖縄で和也さんが感じたこと、ぜひ聞いてみたいです!


フェイスブックのページより。

【沖縄・辺野古報告会】

 場所:小淵沢生涯学習センター 2階 視聴覚室
 スケジュール:19:00〜20:00 スライド&報告
          20:00〜21:00 座談会
 参加費:無料
    *「山梨辺野古リレー」の活動へのカンパのお願いがあります。
      
沖縄・辺野古に新しい米軍海兵隊基地が建設されようとしています。
沖縄県民の80%が反対し、知事選や衆議院選でもその民意を示したにも関わらず、政府は基地建設を強行しようとしています。

最近はようやく本土のでメディアでも取り上げるようになりましたが、この基地建設への反対活動はもう10年も続けられていることを、私たち本土の人間はあまり知らないのではないでしょうか?

私自身、沖縄のドキュメンタリー映画「標的の村」を見るまでは、基地があるがゆえの苦しみを本当には理解していませんでした。
正確には、知っているつもりでいて、それ以上知ろうとしていなかったのです。

そのことにようやく気がつき、昨年12月と今年の3月の2回、辺野古へ行き、抗議活動に参加してきました。
カヌーの経験もありましたので、カヌーチームによる海での抗議活動にも参加させていただきました。

全部で13日間の滞在ですが、その中で体験したこと、感じたことを現地で撮影した写真のスライド上映をしながら報告させていただきたいと思います。

基地や軍隊の意味、そして本当の意味での平和とは何なのか、また民主主義や自由とは何なのか、沖縄から発信されているメッセージに耳を傾け、私たちで考える場となればと思っています。


4月22日(水)小淵沢生涯学習センターへ辺野古の話を聞きに行きましょう!