人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

タグ:沖縄うりずんの雨 ( 2 ) タグの人気記事

「沖縄うりずんの雨」

「沖縄うりずんの雨」_f0019247_23205220.jpg
周りは紅葉真っ只中、向かうは塩尻東座。
「沖縄うりずんの雨」を金曜日まで上映しています。
「沖縄うりずんの雨」_f0019247_23211560.jpg

「標的の村」「戦場ぬ止み(とぅどぅみ)」を見て、沖縄のこと、本当に知らなかったな~と思いました。
きょうのこの映画を見てさらに!

1945年の沖縄戦から現在も続く戦いまで、様々な証言や映像で描いています。
沖縄戦を戦った日米双方の元兵士の証言もあり、米軍が撮った当時の映像も衝撃です。

2時間半という長い映画でしたが、ぐいぐい引き込まれるように見入りました。
沖縄戦のところでは「血の水を飲んで生きてきた」「平和な沖縄を残したい」という文子おばあのことばを思い出さずにはいられなかった。
(家に帰ってもう1つ思い出しました。今年の6月23日沖縄慰霊の日に読まれた高校生知念君の詩です。「みるく世(ゆ)がやゆら」・・・孫のようにかわいがってくれた祖父の姉。今認知症を患い、夫の帰りを待つ妻の歌を歌い続けるという・・・)



「老人と海」「映画日本国憲法」で知られる沖縄在住のアメリカ人ジャン・ユンカーマン監督、渾身のドキュメンタリー。
“うりずん”とは、沖縄の芽吹きの3月から梅雨の5月頃までの”うるおい初め”が変化したこの時期の呼び名。1945年4月の沖縄決戦から70年が経った今も、沖縄の人々は、うりずんの季節になると当時の記憶が甦り、体調を崩す人もいるという。

英語の原題「The Afterburn」が示すように、戦争という炎が消えた今も、沖縄の人々が負った火傷は深まり、今も痛みが続いている。
監督は、1950年代の島ぐるみ闘争から、現在の普天間基地の辺野古移設反対闘争まで、不屈の精神で戦い続ける人々に敬意を表し、尊厳を守るべく、時間をかけ、入念に調査し、様々な立場の歴史の目撃者を取材して、沖縄県民の悲しみと怒り、切なる願いを映し出す。
元米海兵隊、元陸軍、元日本兵のほか、当時、子どもだった女性の視線や主張、かつて忌わしい事件を起こした元アメリカ兵の取材まで実現し、その鮮明な記憶と、日米公文書館所蔵の映像で、沖縄の現実をわれわれに突きつける。
米軍基地を撤退させ、沖縄に真の自由を取り戻し、「戦利品」としての運命から彼らを解放するために、日本国民は、今何をすべきか。映画は静かに熱く問いかける。
(東座のホームページより)


しかし、東座本当にいい映画を上映してくれます。
1月には「顔のないヒトラーたち」も!
by kaze-michi | 2015-11-10 23:50 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

そのファッションが人生

そのファッションが人生_f0019247_1992582.jpg

きょうは「八ヶ岳歩こう会」のウォークがあり、久しぶりで参加するのを楽しみにしていましたが、雨模様のため明日に順延。
であるならば・・・塩尻東座へ!

アドバンスト・スタイル ~そのファッションが人生~」という映画です。
60歳以上のファッショナブルな女性に声をかけ、写真に撮ってブログに発表。それが評判になり、写真集になり、この映画になった・・らしい。

62歳が一番若くて、最年長は95歳!60代はまだまだ若いと思える!?
ファッションもメイクも参考にするのはちょっと全く無理(^^;)。でもその生き方はとてもステキ。今の自分を肯定して、人生を楽しんでいる。新しいチャレンジにもドキドキワクワクしながら。

カメラを向けているのは33才の男性。二人の祖母の影響が大きいのだとか。
彼の、姿勢がとてもいいのだと思う。
自分よりずっと年上の女性に対してリスペクトしている気持ちが伝わってくる。それがこの映画(ブログも写真集も)を成功させたんじゃないかな・・・と思います。

きょうの観客は心なしか、みなさんちょっとおしゃれ。かなり年配と思われる方のスカーフがきれいでした。


きょう頂いたこのあとの東座のラインナップを見ると、10月に「沖縄うりずんの雨」も予定されています!
by kaze-michi | 2015-08-26 19:20 | FROM EAST | Trackback | Comments(0)