人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:民謡 ( 5 ) タグの人気記事

民謡を楽しむ集い2016

民謡を楽しむ集い2016_f0019247_22135321.jpg

野辺山シクロクロス2日目に行かれるお客様をお見送りした後、コックは小淵沢生涯学習センターで行われる「北杜市民謡を楽しむ集い」へ。

片付けを済ませて、午後の部から観客の1人となるため出かけました。

北杜市の4つの町に民謡会があり、それぞれ1年間の練習の成果を発表します。
全員で合唱する唄、そして1人1人が唄う唄もあります。
かなり高齢と見受けられる方、そのすばらしい声量・艶のある声・見事なこぶしに聴きほれました。

小淵沢民謡会は唄だけでなく、三味線や尺八の演奏も発表、これもまた楽しい。

最後に、先生の三味線の演奏があり、「さすが!」でした!

年々参加者も、観客も減っていくようなのが、もったいないくらいです。


そうそう、司会もとても素晴らしかったです。
良く通る声、さりげない心配り、温かさを感じさせる名司会でした!
(4年後には、ウグイス嬢に推薦しま~す!???)


夜は24日(雪で!)延期となったお楽しみ会へ(^^♪

小淵沢文化祭2016

きのうは職場の仲間だった方たち。
30年ぶり?とのこと、全くブランクを感じさせない和気あいあいのみなさん。
きっといい職場だったんでしょうね、とお尋ねしたら、みなさん口を揃えて「そうなんです!!!」
「いやな人、いばる上司とか、一人もいなかったんです!」

「楽しかったわね~」 みなさん大きく頷く。

であれば!!! 話ははずみ、アルコールも進む、という訳。

そして・・・こうなっちゃいます。
小淵沢文化祭2016_f0019247_2038553.jpg



お昼からは小淵沢町の文化祭へ。
きのうときょうの2日間やっています。
写真や陶芸など、作品の展示もありました。ぼ~っと見ていたら「座ってください」と勧められ、???座っていたら、お菓子が運ばれてきました!
次にお抹茶が! このコーナーは茶道部でした!

ホールでは、3B体操・太極拳・大正琴・・・そして民謡会。
小淵沢文化祭2016_f0019247_20563136.jpg


小淵沢文化祭2016_f0019247_20565024.jpg

小淵沢民謡会とっても良かったです!(約1名除く・・・?)

民謡は「合いの手」がとってもいい。
秋田おばこの合いの手 「ハァ オイサカサッサ オバコダ オバコダ」
絶妙のタイミングで合いの手を入れてもらうと、とても歌いやすいのだそうです。

増富探検♪

増富探検♪_f0019247_104703.jpg
北杜市須玉町にある増富。
温泉郷としても有名です。金峰山・瑞牆山に登るメインルートの入り口でもあります。
25年ほど前、大晦日に金峰山に登り、下山してここで1泊しました・・・ということは元日に泊まったんだ・・・と、今さら思い出しています。

小淵沢でペンションを始めてからは、「八ヶ岳歩こう会」や「ペンション振興会」の仲間と紅葉の美しい時期に何度か訪れています。紅葉・温泉の素晴らしさはそのたびに実感していました。

しかし! きょうの探検コースは、さらにさらに増富の魅力が、溢れるようでした!!!

まずは金鉱跡を目指します!
増富探検♪_f0019247_10513942.jpg
さりげない標識が。

増富探検♪_f0019247_10521473.jpg
ここは「ズリ場」というそうです。穴を掘ったときに出てくる石を投げ捨てたようです。ズリズリと落ちそうになるので、慎重にトラバース。

増富探検♪_f0019247_10532458.jpg
ありました!ここに来るまでもかなりの急登。「きょうはそれほどアップダウンはありません」(by P氏)というのは全くのガセ情報(?)でした。(^^)

次は「金山彦命」の祠探し。・・・諦めて戻ろうとしたときに奇跡の出会い!
増富探検♪_f0019247_1058333.jpg
55年猟師をやっているという89歳の方が、教えてくれたのです。「あの大きな石の後を・・・・灯籠が二つあって・・・」でも「もう台だけで祠は無いよ」・・・とのこと。

その通り行ってみたら、なんと灯篭が二つあるではありませんか!
増富探検♪_f0019247_111915.jpg
その間の急登を、木につかまりながら登ると・・・
増富探検♪_f0019247_1114556.jpg
ここに間違い無いようです!

すごい出会いに感激覚めやらず・・・の一行。

でもお腹はすくので、食堂でうどんなどを頂く。そこでうどんを作ってくれていた青年が最近結婚した、という話。 それはおめでたい!・・・そのお相手の名前を聞いてまたびっくり!

午後からも、急登でした・・・が、一番上の景色に出会えたので、文句なし!?

「陽の川」。
増富探検♪_f0019247_11104886.jpg

「陰の川」。
増富探検♪_f0019247_11112032.jpg
ストレスがたまったと感じるとここへ来てしばらくボーっとしているとすっきりするんです。都会の方は病院に行くんでしょうけど、しあわせだと思います・・・と本日の隊長(増富の道守)さん。

最初、アヤシイ探検隊と書こうとしましたが、アヤシクありません!増富は確かにパワースポットであるようだな~と!と「ニブイ軟弱隊員」も感じる、本日のコースでした。


甲州金山節
 ハアー 雁が来るのに 主は金山へ          ハアー 軒のつばくろ 金山ゆかば
     かせぎよいゆうて おでなされた            この子無事だと いうとくれ
 ハアー ひるはひぐらし 夜は夜鳴きどり        ハアー 愛しい心と 金山水車  
     星の数ほど 主を思う                   雪の中でも 止まりゃせぬ
 ハアー 祭り太鼓が 雷さまか              ハアー 御岳の裏道 よく来てくれた
     耳をすませば 胸がなる                  さどやぬれつや 滝しぶき
 ハアー 里を離れて 金山ぐらし             ハアー 吹くな木枯らし ゆするな裏戸
     月が鏡で あればよい                 火の黄金の 粉がとぶ
                          ハアー 小ぶち沢から 金山三里
                              持たせてやりたや 凍豆腐

                               (増富小ホームページより)

「小ぶち沢から」・・・・! 金山に行っていたのかな?三里(12キロ?)ってことはないような・・・?

第6回北杜市民謡を楽しむ集い

第6回北杜市民謡を楽しむ集い_f0019247_20245627.jpg

きょうは「北杜市民謡を楽しむ集い」第6回目だそうです。
会場は須玉の公民館。北杜市には4つの町に民謡会があるようです。

ひいき目かもしれませんが、小淵沢民謡会のパワー、実力は素晴らしいと思います。

第6回北杜市民謡を楽しむ集い_f0019247_2028494.jpg第6回北杜市民謡を楽しむ集い_f0019247_2029165.jpg
尺八でムーンライトメドレー。津軽三味線、聴かせます!

第6回北杜市民謡を楽しむ集い_f0019247_20315422.jpg

「小諸馬子唄」。シャンシャンという鈴の音が沁みます。
「はい~はい」という合いの手、尺八の伴奏とチーム小淵沢で盛り上げます♪

第6回北杜市民謡を楽しむ集い_f0019247_20332643.jpg
小淵沢民謡会全員で「かわさき」と「貝殻節」。

最初と最後に会場全員で、山梨の民謡を歌います。
「甲州金山節」「よっちゃばれ音頭」「富士川音頭」など。

「馬八節」もそうだけど、フットパスとも繋がるかも!?・・・民謡いいね!

北杜市民謡を楽しむ集い

朝の雨はみぞれから雪になりました。それもお昼近くには上がり、すっきりした青空が広がりました。

雲が切れて山々のすそ野が次第に姿を現してくるのを眺めながら、須玉へ向かいます。目的はふれあい館で行われる「民謡を楽しむ集い」。
実はコックはおととしから小淵沢民謡会に入り、入ってすぐにわけもわからないまま発表会に出演。「知り合いが来ていなくて良かった・・・」という結果でした。
今年はそのリベンジ?。曲は「ドンパン節」。「みんながバックコーラスで一緒に歌ってくれる」とのことで一安心。小淵沢民謡会のメンバーはすごく上手な方が多いのです。声量があり、こぶしがまわり、聞きほれてしまいます。
(失礼ながら)民謡なんて全然興味が無かったですが、この発表会で何曲か聞いて、民謡もなかなかいいな~と思うようになってきました。
いろいろな合いの手がいいんです。ことばもいろいろ、うまく入ると、聞いていても楽しい。
中高年がほとんどですが、廃れさせるのはもったいない・・・という気がします。
しかし観客の少ないこと・・・
上手な人もたくさんいるのですが、「聞きにこないで」と言うヒトもいるので、誘うのに躊躇しちゃいます。

取材も兼ねていたのにカメラを忘れてしまいました。残念!