人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:標的の村 ( 10 ) タグの人気記事

沖縄で今何が起きているのか?

沖縄で起きていること、何も知らなかったな~と昨年「標的の村」という映画を見たときに思いました。

「知らないことで、沖縄の人々に犠牲を強いる側に加担したくない」と言う声がたくさん寄せられた、それがこの映画を作るきっかけだった、と言う監督の三上智恵さんのことばに大きく頷いたものです。
本や映像で一端を知る事もできますが、なんと言っても現地の生の声が聞けたら一番いいのでは?

きょうは、なんと18年もの間、辺野古で戦っているという安次富浩さんの講演会が高根町であります。(午後1時30分から)
残念ながら聴きにいくことはできません。
もし行けそうな方がいらしたら、ぜひ様子を聞かせていただきたいです。

フェイスブックのページから転載させていただきます。

民意を無視して、強権的に進められる辺野古新基地建設。
沖縄の人びとは連日、海上で、ゲート前で、体を張って抵抗を続けています。
病気で倒れた山城さんとともに、長年沖縄での平和運動を牽引し、現地で闘ってきた安次富さん。
山梨から辺野古へ、これまで「辺野古リレー」としてキャンプシュワブのゲート前座り込みやカヌーでの海上行動に参加してきました。
そのリレーのバトンがつながり、今度は何と辺野古現地から安次富さんが山梨に来てくれます。
山梨への来訪は初めてです。
今まさに、新基地と直結する「戦争法案」が国会で審議されている中、沖縄で起きていることに耳を傾け、私たちはどのように向き合えばいいのか、一緒に考えてみませんか。

場 所 北杜市役所 高根農村環境改善センターホール
    〒408-0002
     山梨県北杜市高根町村山北割3288
   
第1部  1:30~3:00  安次富さん 講演
3:00~3:30 質疑応答 行動提案 
第2部 3:30~4:30 影山監督DVD「速報/辺野古の
たたかい」上映と安次富さんとの意見交換
参加費:500円



「パレードへようこそ」を見ていたときに、沖縄のことを思いました。
予告編に、以前このブログに書いた場面が出てきます。
「巨大な敵と戦っているとき
どこかで見知らぬ友が応援してくれていると思うと
・・・最高の気分です。

みなさんがくれたのはお金ではなく
友情です」

沖縄・辺野古の話を聞こう

沖縄・辺野古の話を聞こう_f0019247_2050798.jpg
予報で雪のマークがあったのですが、まさかね・・・と油断していました!
なんと朝起きたら、外は真っ白ではないですか!
そのまま降り続いていましたが、さすがにそれほど積もりません。積雪3cm?
その雪の中を、小淵沢ペンション振興会の総会があり、出かけて行きました。
スタッドレスタイヤのままで良かった~!


さて・・・報告会のお知らせです。

知り合いの中島和也さんはアウトドアガイド。  (奥様はカミーノ仲間!)
アラスカが「心のふるさと」(?)らしく、何度も出かけているそうです。
昨年その写真展も行われ、私たちもアラスカの大地に吹く風をちょっぴり感じてきました。

その和也さんが沖縄の辺野古へ行き、新基地建設反対の抗議行動に参加してきたとのこと。
さすがアウトドアガイド、なんとカヌー隊にも参加したそうです。
その辺野古での体験をスライドを見ながら報告してくださいます。

場所は小淵沢の生涯学習センター(近い!)
沖縄で和也さんが感じたこと、ぜひ聞いてみたいです!


フェイスブックのページより。

【沖縄・辺野古報告会】

 場所:小淵沢生涯学習センター 2階 視聴覚室
 スケジュール:19:00〜20:00 スライド&報告
          20:00〜21:00 座談会
 参加費:無料
    *「山梨辺野古リレー」の活動へのカンパのお願いがあります。
      
沖縄・辺野古に新しい米軍海兵隊基地が建設されようとしています。
沖縄県民の80%が反対し、知事選や衆議院選でもその民意を示したにも関わらず、政府は基地建設を強行しようとしています。

最近はようやく本土のでメディアでも取り上げるようになりましたが、この基地建設への反対活動はもう10年も続けられていることを、私たち本土の人間はあまり知らないのではないでしょうか?

私自身、沖縄のドキュメンタリー映画「標的の村」を見るまでは、基地があるがゆえの苦しみを本当には理解していませんでした。
正確には、知っているつもりでいて、それ以上知ろうとしていなかったのです。

そのことにようやく気がつき、昨年12月と今年の3月の2回、辺野古へ行き、抗議活動に参加してきました。
カヌーの経験もありましたので、カヌーチームによる海での抗議活動にも参加させていただきました。

全部で13日間の滞在ですが、その中で体験したこと、感じたことを現地で撮影した写真のスライド上映をしながら報告させていただきたいと思います。

基地や軍隊の意味、そして本当の意味での平和とは何なのか、また民主主義や自由とは何なのか、沖縄から発信されているメッセージに耳を傾け、私たちで考える場となればと思っています。


4月22日(水)小淵沢生涯学習センターへ辺野古の話を聞きに行きましょう!

「標的の村」上映会

「標的の村」上映会_f0019247_2325950.jpg
きょうは「標的の村」上映会。
本当に大勢の方に来ていただきました。
300人位きてくださったらうれしい・・・と思っていたのを大幅に上回って450人を越えたとか?
前日の甲府での上映会も2回ともほぼ満席だったそうです。

きょうの2回目の上映のときに初めてこの映画を見ました。
(見ていない映画の上映に係わったのは初めて)
見る事ができて本当に良かったです。
会場全体が91分の間、ピンと張り詰めたような感じがしました。
監督さんのインタビューも良かった!

知らなかったこと、本当にたくさんありました。
SLAPP裁判とか・・・
「知らないことで加害者になりたくない」という声がこのドキュメンタリーを作る力になった、と監督の三上智恵さん。
この映画を作ってくれて本当にありがとうと三上さんに伝えたい。

3回目の上映が終わり、片付けをした後、コミュニティホールの外で最後の打ち合わせや報告をして解散。
その後2人打ち上げ。

映画を見て「自分は何ができるのだろうと思ったよ・・・」(コック談)
ほんとうに。

沖縄知事選の結果はうれしかった!これからがたいへんだと思うけど。




☆SLAPP裁判とは・・・

More

「標的の村」上映会あしたです!

「標的の村」上映会あしたです!_f0019247_23162177.jpg
いよいよあしたとなりました。
何人の方が来てくださるかドキドキです!

でも「観たいな~」と思っていた映画を「自分たちの町で上映しよう!」といっぽを踏み出す仲間がたくさんいる・・・いつも思うけど北杜市ってほんとうにすごい!

きょうは、チケット販売協力店のうち、何軒か行ったことのないお店があったので、そのうちの一軒へ。
「標的の村」上映会あしたです!_f0019247_23192232.jpg

武川町のメルローズイタリアーノさん。
本日のランチ(和風ハンバーグセット)とイカとホタテのパスタをいただきました。
「ガトーショコラが今焼きあがりました」という声を小耳にはさんだコックはしっかりとそれも注文。
映画のチラシも貼ってくださっていてうれしかったです。
その後あちこちで最後の宣伝を。

2回目と3回目の間にはトークや監督さんのインタビューのDVD上映もあります。
それも楽しみです。

 ●1回目10時~ 2回目13:30~ トーク15:30~ 3回目15:00~
 ●1回目と2回目の終わりと3日目の前に監督さんのインタビューDVDも上映予定です。

それではあした長坂コミュニティホールです!


あしたは沖縄知事選挙の投票日でもあります!
少しでも希望の光が見える日になりますように。

「ハートランド」さんも協力店です♪

「ハートランド」さんも協力店です♪_f0019247_1345365.jpgきょうは2ヶ月に1回、小淵沢の「キッチンハートランド」さんで開催される歌声喫茶の日です。(第2水曜日)

夕食をいただく場合は午後6時開始。(1500円)
歌声だけなら6時30分から。(1000円)

もちろん夕食をいただきます。近所の「あるびおん」のはるみさんと一緒に出かけました。
夕食はおでんと炊き込みごはん。じゃがいもも大根もゆでたまごもしっかり味がしみて、おいしかったです。
おかわりもあり。

常連の博山先生の「書」が壁に飾られていました。
「笑楽」・・・勢いのある素敵な書です。

参加者がそれぞれリクエスト用紙に歌いたい曲を書いて、リーダーの金野さんに渡します。
私は「今、気持ちは沖縄!」とメッセージに書いて「涙そうそう」を。
メッセージの訳を聞かれたので、ここぞとばかり「今度の日曜日の『標的の村』上映会の宣伝をさせていただいちゃいました!
ハートランドさんもチケット協力店になって頂いているので、「もちろんここで買ってください!」とお願いしました。ママさんも「見た方はみなさん『良かった』とおっしゃっています」と一緒に宣伝してくださいました。

ということできょうも気分良く大きな声でたくさんの歌を歌い、おいしいケーキと紅茶もいただき、最後には笑いヨガでワッハッハ!
いいな~、歌声喫茶。 

(写真は以前の歌声喫茶のときに撮ったもの)

「標的の村」のトーク

「標的の村」のトーク_f0019247_10255826.jpg

きょうは朝からチケット販売人です。
小淵沢界隈の友人宅に押しかけて、熱を込めて宣伝。
ちょうど送ってもらった洋ナシ(ラ・フランス)があったので、「今チケットを買うと洋ナシもつきますよ(^^)」とまるで「じゃぱねっと〇〇」のような手口!?
その積極的な(強引な?)販売により、かなりの成果あり!!!?

夜は実行委員会で2回目と3回目の間に行われるトークについて話し合いました。
地元(北杜市や甲府)在住で、
  沖縄に、つい最近行ってきた方
  しばらく住んでいた方
  何度も足を運んでいる方
の3人に「沖縄とわたしたち」というテーマで話していただきます。
きょうはお2人からいろいろなお話を聞き、沖縄の様子が生き生きと伝わってきました。
非暴力で基地を作らせない活動を続けている人たちの、大らかな人間性も感じられました。

トークの前には監督の三上智恵さんのインタビューのDVDも上映する予定です。
お時間のある方はぜひ監督さんインタビューとトークもお聞きください。

持ってきていただいた「やんばるの森の写真」「辺野古の海の中の写真」、息をのむ美しさでした。

八ヶ岳ジャーナルに載っていました!

八ヶ岳ジャーナルに載っていました!_f0019247_2315534.jpg
きょうは11月1日!
毎月1日と15日発行の八ヶ岳のミニコミ(?)紙、「八ヶ岳ジャーナル」。
身近なイベントもたくさん載っているので、重宝しています。

「標的の村」の上映会まで、あと2週間ちょっと。

あちこちでチラシを見ては、誰かが置いてくれたんだな~とうれしくなります。
私たちも近所のお気に入りのお店、「バウハウス」「ぱおぱお」「かっこう」さんに置いてもらいました。
あっ「セルクル」にもありました!入ってすぐのテーブルの上に。(チケット協力店でした)

きのう買い物によった高根の「わたなべ」にも貼ってありました!

八ヶ岳ジャーナルに載っていました!_f0019247_23162370.jpg

北杜市と北杜市教育委員会も後援してくれています。

あの美しい島に今何が起こっているのか、せめて知らないと・・・ね。

「標的の村」と「じんじん」

八ヶ岳通信10月号が発行されました。
八ヶ岳大好き仲間で作っているメールマガジンです。
今号は八ヶ岳のカフェ特集。それぞれのお気に入りのカフェを紹介しています。
まだ行ったことのないカフェも紹介されていたので、ぜひ行ってみたいです。

私たちはカフェはバウハウスさん。
それから八ヶ岳の映画情報として「標的の村」と「じんじん」のことを書きました。

その他にも八ヶ岳界隈の情報が満載です。
ぜひご覧になってください。

八ヶ岳通信2014年10月号

ぴかぴかの朝です♪

ぴかぴかの朝です♪_f0019247_23234460.jpg

北海道から来てくれた学生時代の友人Hさん。
東京や神奈川の友人たちも駆けつけてくれる予定でしたが、この台風!
2日ほど前から次々キャンセル。
次の日に予定がある方は、どうしても無理はできないようです。

ということで、主賓1人と風路スタッフ2名の「少数精鋭」(?)の同窓会となりました。
心配していた台風は拍子抜けするくらい穏やか?に過ぎていきました。

一夜明けてぴかぴかの台風一過です。予報では午前中暴風雨となっていたのですが・・・



午後からは「標的の村」のチケット販売人となって、あちこちへ。
チラシを読んで、関心を持って頂けるだけでもうれしいです。(チケット買って頂けるとなおうれしい ^^;)
市内のいろいろなお店でも取り扱ってくださっています。
(収益があれば、監督の三上智恵さんが今撮影中の続編のために寄付する予定です)

夜は「やつねっと」の会議。

「標的の村」11月16日に北杜市で!

「標的の村」11月16日に北杜市で!_f0019247_23385191.jpg

沖縄のこと、本当に知らないです。
辺野古は今、たいへんな状況だと聞きますが、新聞やテレビもほとんど報道してくれません。
そして高江という村で行われていること、この映画で知ったと何人もの方から聞きました。
「良かったよ~!」「多くの人に見てほしい」とみなさんおっしゃいます。

来月11月16日(日)に3回上映します。
場所は長坂コミュニティホール。

チケットはたくさんのお店で取り扱っています。(多分2~3日中に)
きららの清文堂書店(本店も)・清水写真店、小淵沢のキッチンハートランド・フィリア美術館・セルクル・蔵屋グリーンズ・笹屋、 大泉のジャムクラフトとりはた・インノ、 高根のびーはっぴぃ・ぶうこっこ、 明野のくじら雲、 白州の灯鳥(ぽとり)・おっぽに亭こっこ、 武川のメルローズイタリアーノ・・・それから風路でも!

前売り券は1000円です。(当日は1200円) 高校生以下は無料です。