人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:村長ありき ( 3 ) タグの人気記事

どんな北杜市をつくりたいですか?

朝の短い散歩2日目。
f0019247_21523046.jpg

きょうは小深沢川遊歩道を歩く30分コース。
下の方は赤やオレンジ色が鮮やかになっていますが、こちらはダンコウバイが少し黄色になっている程度。
どんぐりがたくさん落ちています。(「どんぐりと山猫」を思い浮かべてしまいます)


午後は、市長候補「篠原ますが」さんの決起集会へ!
選挙事務所に行くのも(お茶飲んだだけ・・・)、決起集会に行くのも(途中まで・・・)初めてです!

f0019247_22172920.jpg
広い駐車場は満車・・・すごい! 遠くの支所の方に停めました。
会場もいっぱいです。ちょうど会った手話部仲間のMさんと一緒になんとか座ることができました。
推薦者のお話、市議の方のリレートークそして北杜市内の8つの町からひとりずつ応援メッセージ。ますがさんらしい!と思いましたが、他の候補はどうなのかな?
途中までしかいられなかったので、その後のますがさんのお話は聞くことができませんでした。残念!

「市民が実現したいことを後押しする仕組みを作る」。
「市民ひとりひとりが参加したくなる市政に変える」というますがさん。

私たちも「おまかせ」じゃなくて、いいと思うことは後押しをし、おかしいと思うことには声をあげていく、・・・そういうことがきっと大事なんだな~・・・

「市長ありき」と言われる市長には
「市民ありき」と言われる市民にならなくちゃね!
f0019247_22281776.jpg

あなたはどんな北杜市をつくりたいですか? ・・・(私も書いて貼ってもらいました!)

「いのちの山河」上映会

f0019247_2246461.jpg

岩手県旧沢内村の深沢まさ雄村長の生涯を描いた「日本の青空Ⅱ-いのちの山河」が、きょう北杜市高根町の八ヶ岳やまびこホールで上映されました。

私たちはお客様をお見送りして10時半くらいに会場に着きました。
なんと広い駐車場は止めるスペースを探すのがたいへんなほど、ぎっしりです。

ちょうど第1回目の上映が始まったところで、スタッフは配布物を折ったり、半券を数えたり・・・それぞれ作業中。
外は素晴らしい天気。会場正面には富士山が聳え立ち、外へでれば八ヶ岳・金峰もくっきり。
f0019247_2247436.jpg

「映画のパンフレット」「村長ありき」「沢内村奮戦記」等の書籍販売を担当。思ったより多くの方に買っていただくことができました。映画とはまた違う感動があると思います。

f0019247_22474573.jpgf0019247_2248091.jpg

上映会には、3回合わせて730人ほどの方が来て下さったそうです。期間が短かったわりに、これだけの方に来ていただけたのは大成功と言っていいのではないでしょうか?スタッフのみなさんの、熱意・努力のたまものですね。
また、今こういう時代だからこそ沢内村の実践を多くの人に知ってほしい、という思いもきっと共通していたと思います。
「八ヶ岳歩こう会」の仲間や知り合いの方がたくさん来てくれたのもうれしかった。

3回目の上映が終わったのは9時過ぎ。片付けをして家についたのは10時近くになっていました。
ともかく缶○ールで乾杯!


都鳥さんたち来ます!

あしたです!

今回も監督の小池征人さんと音楽担当の森拓治さんが来てくださいます。
こういう大手の映画館にはなかなかかからない映画は、完成したあと上映会を応援することも映画を製作した者の務めなんです・・・とおっしゃってくださっています。

そして今回初めて、プロデューサーの都鳥拓也・伸也兄弟が岩手県からはるばるやってきて挨拶してくださることになりました。

「いのちの作法」が生みだされたのは彼らが古本屋で1冊の本と出会ったことから・・・と聞いています。
その本こそ、「村長ありき」だったと。

それを読んで自分たちの郷里の近くにこのような人がいたことに感銘を受け、映画にできないかと思ったそうです。それが今から5年前? 彼らはそのとき22歳?

f0019247_2321329.jpgそして珠玉の映画ができ、私たちが沢内村や深沢村長さんを知ることとなり、その流れでごく自然に?今回葦牙を上映することとなった・・・という訳です。

あした若い彼らがこの八ヶ岳にやってくる・・・なんだか不思議な気がします。
古本屋さんでその本は彼らに見出されるのを待っていたのかな・・・