人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:春日居町 ( 2 ) タグの人気記事

春日居周辺ウォーク

春日居周辺ウォーク_f0019247_2275650.jpg

春日居町にある小川正子記念館を訪問、その周辺を歩いて石和温泉駅でゴールのウォーク。
今年になって初めての「歩こう会」ウォークです。(訂正=1月7日に武蔵野七福神に行きました!)
本当は代表参加の予定でしたが、きのう大分がんばった(?)ので、なんとか参加できそうです。

春日居町駅に集合。少し歩いて笛吹市春日居郷土館へ。この中に小川正子記念館もあります。
(調べてみたら2006年12月に「歩こう会」の例会で訪れていました)
今回は資料館の方が説明してくださったので、それがとても良かったです。

裏庭には結核にかかって療養していたときの部屋が復元されていて、脇には歌碑が建っています。
春日居周辺ウォーク_f0019247_23175097.jpg

春日居周辺ウォーク_f0019247_23181860.jpg
   夫(せ)と妻が 親とその子が生き別る 悲しき病 世になからしめ

小川正子さんは春日居町出身の女医さんでハンセン病患者の救済に生涯をささげ、彼女が書いた「小島の春」は映画にもなったとのこと。
今は完治する薬もでき、感染力は弱い病気だとわかっていますが、当時は家族から引き離し隔離することが良しとされて、正子さんもそのことに尽力されていたようです。
今の状況からみると惨いことだとわかりますが、当時はそれが正しいとされていたわけで、ちょっとふくざつな気持ちになります。
完治する薬ができても、隔離を正当化する「らい予防法」という法律が改められるまでには長い時間がかかったこと、ずっと知りませんでした。

もう少し詳しく聞いてみたい気もしましたが・・・
お隣の部屋の縄文土器のことなども説明があり、時間が足りない位でした。

記念館で集合写真を撮って、長慶寺へ。
笛吹川の名前の由来となった母親思いの孝行息子・笛吹権三郎のお墓があります。
春日居周辺ウォーク_f0019247_2340206.jpg

春日居周辺ウォーク_f0019247_23404936.jpg


笛吹川沿いを歩いて金川の森で昼食。
春日居周辺ウォーク_f0019247_2334224.jpg

春日居周辺ウォーク_f0019247_23412976.jpg


次はお昼のあとのデザート?桔梗屋の工場へ!
賞味期限が迫ったお菓子が半額とのこと!工場見学もできるそうですが、売店に行く人多数!
春日居周辺ウォーク_f0019247_23462773.jpg


これさえ買えば!?・・・
あとはサイクリングロードをのんびり歩き、仏陀寺に寄り、ゴール!
風もなく天気は最高、白峰三山や富士山、まわりの山々がきれいでした。

御幸(おみゆき)路ウォークその3

御幸(おみゆき)路ウォークその3_f0019247_119481.jpg

「おみゆきさん」とは甲州三大御幸祭りのひとつで、釜無川の信玄堤付近で執り行われる川除けの神事です。毎年4月15日に実施されます。
甲斐一宮浅間(あさま)神社より出発して御坂町の二宮美和神社をすぎて甲府市の三宮玉諸神社より竜王三社神社へと辿る路です。

その御幸の道筋を辿って歩いてみよう、という「八ヶ岳歩こう会」のウォークの3回目。
第1回は1月(欠席)甲斐一宮浅間(かいいちのみやあさま)神社、第2回が二宮美和神社、きょうは甲斐国四宮甲斐奈神社へ。ちなみに三宮は玉諸神社で来月歩く予定です。

御幸(おみゆき)路ウォークその3_f0019247_1110137.jpg
出発は春日居町駅。駅前に足湯があります。反対側にトイレ建設中。桃の絵がありました。あと2週間もしたら、ピンクに染まる地域です。

御幸(おみゆき)路ウォークその3_f0019247_11115727.jpg
この正面は四宮甲斐奈神社。参加者のFさんが甲斐奈神社と甲斐の名の由来について説明してくれました。甲斐の名については3つの説があるそうです。
説明文では「一宮と二宮と三宮が三社神社へ」とありますが、この四宮はどうなのかな?

昔はきょう歩いたあたりが、この地域の中心地と考えられていたそうです。
前回歩いたところも、県庁的なものがあった、との説明がありましたが、大きくは同じ地域かな?

(後で写真を少し足す予定です)