人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:星の旅人たち ( 5 ) タグの人気記事

監督は・・・エミリオ・エステヴェス?

おととい「聖なる巡礼路を行く」を地上波で放映すると教えてもらいました。
以前3回シリーズで放映したものを1時間にしたのだとか?そのときとは違う場面もあるのかもしれません。一応録画してこれから見ます♪

さて・・・
今、気になっている映画の一つに「パブリック図書館の奇跡」があります。
・・・その監督の名前にちょっと聞き覚えが・・・
エミリオ・エステベス?・・・もしかしたら?
・・・やっぱり!

私たちがスペインに行くきっかけの一つとなった映画「星の旅人たち」(原題The Way)の監督さんです!
監督は・・・エミリオ・エステヴェス?_f0019247_19223186.jpg
これはますます「パブリック図書館の奇跡」観たくなります。
なんと、塩尻の東座で10月に上映してくれるそう! さすがです♪
行かなくちゃ!

今年のベスト1は

今年のベスト1は_f0019247_21533776.jpg今年も毎月1回の塩尻東座通いが楽しみでした。

 1月 星の旅人たち
 2月 あの日あの時愛の記憶
 3月 屋根裏部屋のマリアたち
 4月 桃(タオ)さんのしあわせ
 5月 みんなで一緒に暮らしたら
 7月 拝啓 愛しています
 9月 愛 アムール


行けない月もあったけど、毎月1週間だけの「FROM EAST」以外の日も名画座として、いい映画をたくさん上映してくれました。
「天井桟敷の人々」が映画館で見られるとは思っていなかったので、感激! ずっと以前テレビで見ていただけなので。
「きっとうまくいく」「海洋天堂」もよかったな~
本年惜しまれつつ閉館した茅野の新星劇場で見た「最強のふたり」、甲府で見た「レ・ミゼラブル」も見ごたえがありました。

ということで、ドキュメンタリー映画を除いて、風路の本年度ベスト1は・・・

選べません!

どれも本当によかったので。

それでも、その中で・・・

私たちが今年、海を越えて1ヶ月旅に出るきっかけとなった「星の旅人たち」。
1本の映画が、何かを変えてくれるということを実感しました。


今年のベスト1は_f0019247_21572077.jpgそしてもうひとつ。
二人の意見が一致しました。
拝啓 愛しています
涙腺の蛇口が壊れたかのようにウルウルしっぱなしでした。

もう一度見たい!


来年の東座で、楽しみなのは「もうひとりの息子」。
リクエストしていたのです。

「星の旅人たち」見たら・・・

「星の旅人たち」見たら・・・_f0019247_23565118.jpg

このところ寒さはキビシイですが、山々は本当にきれいです。
上の写真は八ヶ岳。
夕陽を浴びて桃色に輝いている真ん中のゴツゴツした山は権現岳。
この景色を見ているだけで、ここに住んでいる幸せを感じます。


それでも、行ってみたいところもたくさんあって困ります・・・
と言うわけで・・・買っちゃいました ↓ 
「星の旅人たち」見たら、きっと誰でも行きたくなると思います(多分?)
読んでいるだけでも楽しい。

「星の旅人たち」見たら・・・_f0019247_014393.jpg



きょうは歯医者さん。ちょっと遠いけれど以前から通っています。
その待ち時間にずっと読んでいました。
夜はやつねっとの会議。メルマガの2月号や、5月の高原サイクリングについて。


「星の旅人たち」

「星の旅人たち」_f0019247_22494856.jpg塩尻東座の「FROM EAST(フロムイースト)」。
今月は「星の旅人たち」。サンチャゴ巡礼の途中で亡くなった息子に変わって歩き続ける父親の物語。
フロムイーストはオーナー合木こずえさんが、始まる前に短い解説をしてくれて、それが毎回楽しみです。
「2時間6分という少し長い映画ですが、道を一緒に歩いているようで、きっと長く感じないと思います」と言う通り。これはぜひ歩いてみたいな~と思ってしまいました。
800キロ。2ヶ月位はかかるようです・・・。

お昼は初めて「くらすわ」へ。湖が見える大きな窓際の席が気持ちが良かったです。

きのうもきょうも帰ってから暗くなるまでせっせと雪かき。

塩尻東座の通常上映の映画は今は高倉健の「あなたへ」。
次回は「天井桟敷の人々」。


キリマンジャロの雪

今月のフロムイーストは「キリマンジャロの雪」。
フランスのマルセイユを舞台にした映画です。
岩波ホールで上映したときには、連日満員だったとか?
塩尻でやってくれて本当にうれしい。
東京まで行くには片道2時間以上。交通費も高いので、ついでのときでないとなかなか行けません。塩尻までなら高速を使って50分位。せっかく車で行くのだから、近所の友人を誘って総勢5名で行ってきました。

フランスでもリストラがあり、格差があり・・・
家族や同僚との温かな交流もあれば、ある事件後の心の傷や葛藤も・・・
夫と妻、それぞれが内緒でとった行動が泣かせます。
テーマに使われている音楽がステキ。フランスでは誰でも知っている歌なのだそうです。
(ただ画面が白っぽいときに字幕が見づらいのがちょっと残念でした)
来月は「星の旅人たち」。予告篇を見ました。これもぜひ行かなくちゃ!


あしたは小淵沢ペンション振興会主催のキャンドルナイト。
午後7時から月下草舎さんです。
料金は1000円(ケーキ付)

「ネコマチッタ物語」の上映や、振興会ハンドベル部の演奏、小淵沢民謡会有志の歌、オカリナ演奏等をお聞きいただいた後はケーキ&ドリンクタイム、最後は歌声喫茶♪

どなたも歓迎です。
みんなで楽しみましょう♪