人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:新聞記者 ( 2 ) タグの人気記事

望月衣塑子さん!

きのうの午前中は望月衣塑子さんの講演会へ。
話題の映画「新聞記者」の原作と言われる本を書いた東京新聞の記者さんです。

菅官房長官の記者会見で、他の多くの記者さんは発表されることをただパソコンに打ち込むだけのよう?
そんなときに、果敢に鋭い質問をする、ということで一躍有名になった方です。
時々目にする望月さんの質問は、私も聞いてみたいと思うようなことばかり。
でもほとんど「木で鼻をくくる」ような答弁・・・
そのうえ、なんと妨害までされるようになったそうです。

それでもめげずに、質問を続ける根性!どんな方だろうと思って興味津々・・・

望月衣塑子さん!_f0019247_13475679.jpg

なんと、小柄でかわいらしい!
しかし、お話はパワフル!
身振り手振り、まるで漫談のよう(?)に記者会見の様子を生き生きと語ってくれました。
話したいことが、たくさんありそうで、最後は早口に!
時間があったらもっともっと聴いていたいようでした。


なんと!なんと!映画「新聞記者」の続編(?)が完成したそうです!
そして今度はドキュメンタリー!ご本人を追った作品とのことです。
ぜひ見てみたい。(松坂桃李さんは出ないけど・・・)

「新聞記者」

「新聞記者」_f0019247_12123148.jpg

フェイスブックでも話題の映画、きょうの予定の一つが無くなったので、「それなら!」と行ってきました。
なぜか山梨ではやっていなくて、東京まで行かなくちゃ見られないのかな~と思っていたら、松本イオンシネマがここからは一番近いみたいでした。

100人入るスクリーンで半分位? 年配者ばかり、という感じでも無かったです。
すごくリアルでゾクゾクする怖さはありますが、松坂桃李君のようなナイーブで良心の呵責を感じるような官僚(イケメンの!)の存在はフィクションっぽい!?

終わって、会場全体がふ~っと張り詰めた気持ちがほどけたような・・・
何か話したいけど、何を言っていいのかわからないような・・・
最後はやっぱり権力の壁の大きさと個人の無力さを暗示させているのかな?
実際の記者さんだったら、どんなふうに感じるんだろう?

「日本の青空」で鈴木安蔵を演じていた高橋和也さん、渋く年齢を重ねていてびっくり。