人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:市議選 ( 6 ) タグの人気記事

ポール・スミザーさん

ポール・スミザーさん_f0019247_0261820.jpg
きょうも行っちゃいました!
最後の街頭演説を聞きにひまわり市場へ。
彼の真摯な訴えを「うんうんそうだよね」と共感しながら聞いていました。
最後は感極まって・・・ことばが途切れ・・・こちらも胸がいっぱいになりました。
今のそのままで議員になればきっといっぱい壁にぶつかると思うけど、それもまるごと私たちに伝えて共有させてほしい。
選挙に出てくれて本当にありがとう!

そして夜は長坂駅へ。
長坂の町は熱かった!!!
ポール・スミザーさん_f0019247_03048100.jpg
たくさんの人が集まって、なんといつまでも帰らず、一緒に選挙カーの後をみんなついて歩いていくのです・・・?
もちろん、ついて歩きました!(残念ながら途中まで・・・)

もうあしたが投票日。

造園家のポールスミザーさんの文を紹介して下さった方がいます。それをぜひ読んで頂きたいです。

選挙カーが「お願いします!がんばります!」と賑やかに通ります。のぼりが旗めき、チラシやハガキや広報が届きます。でも、候補者の本当の姿までは誰もよくわからないというのが本当のところではないかと思ってしまいます。名前も肩書きも関係ない、その人間性が知りたいです。

昨年の夏の初めのこと、私がひとりで萌木の村で植栽をしている時、一人の男性から声をかけられました。そして、その人は穏やかな声で、萌木の村がきれいになった、生き物がたくさん来てくれている、自然が戻ってきてうれしいと、言いました。私は一体誰と話しているのかわからなかったけれど、本当にこの庭に興味のある人だということは直感的にわかりました。それで、泥まみれの手を止めて彼にガーデンを案内したのでした。
私は今やっている作業や植物のこと、将来ここで目指している姿について話しました。その人はいろいろと質問しましたが、どの質問も的を得ていて、思慮深さ、温かさを感じました。そして、地域の話しにもなって、ここには素晴らしい自然という財産がある、地元の素材、地元の人材、ここにあるものを磨くだけで、どんなに素晴らし場所になるかと話し合いました。都会の真似をする必要もなく、外国の真似をする必要もなく、なんの飾りもいらない、ただ、バブルの廃墟など不要になってしまったものを掃除して、大切な物は丁寧に手入れをして、必要な看板や構造物は景観を損なわないように統一して、それで、もう、本当に十分だね。と話したのでした。私は私と同じような感覚を持つその人と夕暮れのひとときを過ごしたことで、その日はとても満ち足りた気持ちになったことを今でも覚えています。

それが篠原ますがさんだったということを知ったのは、ずっと後になってからでした。

11月13日北杜市長選挙があります。彼のいうとおり、今地域に必要なものは、市民が参加したくなる市政の仕組み。新しい仕組みができ、市民が活躍できるようになれば、多くの問題や不安は解決できると私は思います。

ポール・スミザー

初ウグイス♪・・・?

初ウグイス♪・・・?_f0019247_21113931.jpg
きょうは栗谷真吾くんの街頭演説の「追っかけ」(!)
まずは13時にキララ。
なんと、また励ましのことばを・・・とマイクが! 何を言ったかよく覚えていません!

それから、人生初のウグイス「嬢?」体験!

須玉のおいしい学校から森の幼稚園ピッコロ方面へ。
選挙カーは寒い!・・・なぜなら、窓を全開にして手を振るから。

最初は真吾君本人がウグイス(男性はカラスとか!?)
そのあと、もう一人のウグイスさんが話したあと、私の番。
全く人も車も通らない道で練習させていただきました(^^;

けっこうムズカシイ・・・

ピッコロでは真吾君は子供たちに大人気。
初ウグイス♪・・・?_f0019247_22263288.jpg
この子どもたちの未来に大人は責任がある・・・というのも真吾君の思い。
初ウグイス♪・・・?_f0019247_22274957.jpg
外で仕事をしていた方とお話したあと、この自然を守りたいね~と。
次はひまわり市場。私たちはここまで。

初ウグイス♪・・・?_f0019247_22354910.jpg
夕方6時からは市長候補の篠原ますがさんのスピーチを聞きにまたひまわり市場へ。
ますがさんの真摯な気持ちがほとばしるような熱いスピーチでした。

いよいよあさっては選挙の投票日。
今回は本当に自分たちの選挙という感じ。あさってまでワクワク・ドキドキです。

棒道ウォーク&選挙

きょうの朝食後も、きのうの「カミーノ報告を聞く会」の続き。
もっともっと聞きたいし、話したいけど、また次の楽しみに・・・♪

きょうは「八ヶ岳歩こう会」の棒道ウォークの日でもあります。
昨年までは、大会として、チラシも配ったり当日はテントが並んだり・・・と賑やかでしたが、今年は規模を縮小、こじんまりと行うことになりました。

その棒道ウォークに参加されるMさんをスタート地点までお送りし、戻ってきてみなさんをお見送りしたあと、私たちも棒道ウォークに合流。

その前に・・・!
きょうは北杜市市長選と市議選の告示日。
市長候補の1人、篠原ますがさんの出陣式に、手話通訳がつくとのこと!
手話クラブにいらして熱心に話を聞いてくれて、そしてこんなふうにできることはすぐに実行してくれる!すごい!
その場に行くことはできませんでしたが、その後ひまわり市場で行われた栗谷真吾くんの会にはちょっとだけ間に合いました。
行ったとたん、「風路さん、自己紹介と励ましのことばを!」とマイクが・・・!!!

私たちの後、話しているのは中学生!なんだか胸がいっぱいになる。
棒道ウォーク&選挙_f0019247_23233589.jpg


それにしても・・・
今回の選挙ほど身近に感じられる選挙は今までにあったかな?
市長にも応援したい人が出てくれて、市議にも何人か出てくれて・・・
栗谷君の後、すぐ近くに選挙事務所を開いた岡野じゅんさんのところにも応援に。
棒道ウォーク&選挙_f0019247_23243468.jpg
こちらも知り合いが何人も。近所の仲間と会って挨拶。
「選挙でこういう場に来るのは初めてです」「私も!」
・・・初めてのことをいろいろしている今回の選挙。

市民の声が届く議会、市政になっていくといいな~
私たちもできることをがんばりたい。


棒道ウォークはこのあたりから参加・・・(^^ゞ
棒道ウォーク&選挙_f0019247_23391293.jpg

60人も参加してくださったそうです♪

やつねっとに特別ゲスト!

きょうはやつねっとのミーティング。
毎月無料のメルマガを発行しているので、その11月号の相談等です。
きょうは特別ゲストが来てくれます!!

11月13日に行われる、市議選に立候補する予定の若者です。
栗谷真吾君、なんと34歳!
少し前に「どこにでもたとえ一人でも話しに行きます!」と言われたので、ちょうどいいタイミングでした。

今の世の中を少しでもいい方向に変えていきたいという気持ちは同じ。
やつねっとの仲間は、実年齢はともかく(!)気持ちだけ(?)は若い、ホンキで遊ぶ名人ばかり、有意義で楽しい話し合いになったことは言うまでもありません!

やつねっとに特別ゲスト!_f0019247_22433668.jpg

場所は「おれんじきっちん」。

沢内村の深澤村長さんの話も出ました。
「命に格差があってはならない」という生命行政で知られる岩手県旧沢内村の村長さんです。
その生涯を描いた「いのちの山河」、その理念を引き継ぐ今の沢内村(西和賀町)の人々を撮ったドキュメンタリー「いのちの作法」、機会があったらぜひ見てくださいね。
深澤村長の生涯を書いた本「村長ありき」もぜひ!

市民感覚を持って、しっかり市政をチェックできる議員さんが1人でも増えるといいな~

10年後の北杜市を予想する(5年前)

10年後の北杜市を予想する(5年前)_f0019247_1736366.jpg

今、北杜市は熱い!   ・・・かな?
11月に北杜市の市長と市議の選挙があります。

5年前、北杜市の6人が同じテーマで順番に書いていたブログ(Hokuto on our time?)がありました。「10年後の北杜市を予想する」というテーマのときに、書いた文の下書きがこれ。
Aさんのところに〇さん、と入れたい今度の市長選!


<10年後の北杜市を予想する>あの時から確かに変わってきた
    (2021年9月某日)
― あれは10年前だったよね。
北杜市で初めてのデモがあって、170人も参加して・・・
― そうそう、東日本大震災があって東京電力福島第一原発が大事故を起こして、被災した福島の人々が北杜市に移住するのをサポートしようと、何人もの人が動いたよね。

― 広瀬隆さんの講演会もあったね。
「リニア、まだ間に合う」と言われて、本当かなと思いつつ、いろいろ調べてみたらたいへんだということが少しずつわかってきて・・・

― 「やっぱりひとりひとりが考えて動かないと」と思う人が増えてきている、と実感するようになったのが、確かにあの頃だった。

― 選挙が大事、ということも感じたよね。あの頃の北海道の泊村や佐賀県の玄海町を見ていたら。
― そうそう、あの頃いろいろな映画の自主上映があって、「祝島」の映画」からも「いのちの作法」という映画からも首長を選ぶことの大切さを思った。

― そしてAさんが市長に当選したときは本当にうれしかったな~
初登庁のときのスピーチも忘れられない。

― でも最初は、反市長派の議員さんが多くて苦労していたな。
― それでも、投票した人たちが、自分たちが応援した人だからとしっかりと政策や議会を見守ったのよね。
― そうそう、そして議会が完全に公開されるようになったのが大きいな。それまでは、大事なことが実質決まると言われている全員協議会が非公開で行われていたらしいから。
― そのころは私も議会傍聴なんてほとんど行かなくて、たまに行っても「お役人答弁」の意味がわからず疲れるばっかりだった。

― さらに市民がいろいろな場面に参加して意見を言うことができるようになった。危機的な財政状況も、市民の意見も取り入れて優先順位を考えていく方向がだんだん定着してきたんだよね。

― 中部横断道路もリニアも本当に市民にとって必要なのか、と多くの人が考えて、いらないという結論になって、それをはっきり市長さんが表明してくれたときもうれしかった。

― エネルギーも小水力発電やバイオマスが軌道に乗ってきて、森の間伐材も有効に使えるようになって、森林も随分手入れされてきたよね。やっと国も動いて、送電線が分離され、東京電力以外の会社から自由に買えるようになりそうだ。
― 私は、車の道路の脇に歩道ができるようになってうれしいな。都会から来た人も喜んでくれるし。
― 医療や福祉や・・・課題もまだまだたくさんあるけど、道筋が少し見えてきたような気がする。
― なにより多くの人がこの北杜市の景観や自然いっぱいの環境が大好きでそれを次世代に残していきたいと、はっきり意思表示をしているのだから。

・・・そんな話をしている10年後の某F家。

「みんなで見る夢は現実」・・・になるかもしれません!? (murimuri to iwanaide)


当選したら「本当にうれしい!」と思える人が市長にも市議にも立候補してくれています!

北杜市は18日に選挙です

北杜市は18日に選挙です_f0019247_1635089.jpgウォーク大会も終わり、晩秋の静かな八ヶ岳になりました。
しかし「熱い」こともあるのです!

今度の日曜日が私たちの住む北杜市の選挙!市長選と市議選です。
それで、時折静けさを破って選挙カーが周ってきます。

残念なのは市長が無投票になってしまったこと。

市議は、もちろんこの前の「北杜市民と一緒に考える」会に出席してくださった方の中から選びます。
市民の想いを聞く姿勢を持ち、それを議会に伝えてくれる人。
高速道路や豪華庁舎より、福祉や医療・教育の方に力を入れてくれる人。
もちろん「原発の無い未来を選ぶ人」という条件ははずせません。

この4年の間に何回か議会の傍聴にも行ってみました。
議員さんの生の声、生の態度(?)を見たり聞いたりすると、すご~く感じるものがあります。
「一度は行ってみた方がいいですよ」と言いたいですが、実際行ってみて、本会議ってなんだかすごく疲れるという印象でもありました。そこに何度も何度も通って情報を発信してくれた人には、心から敬意を表したい。

なにしろ「投票して終わり」じゃないんですよね。
世の中が少しでもいい方向に変わるために、一票を投じるのは、はじめのいっぽ。
その後も見守ることが大事と思います。

選挙行きましょう!
確か、もう期日前投票もOKのはず。あれ、でも投票券はまだ来ていない・・・



もうひとつ気になる東京都知事選挙。都民だったら宇都宮けんじさんに投票したいです。