人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:山登り ( 5 ) タグの人気記事

会津磐梯山

会津磐梯山_f0019247_1637359.jpg
きょうは磐梯山登頂を目指します!

青空も見えていますが、雲が多く午後から雨の予報もあります。
いくつか登り口はありますが、一番短い時間で登れる(らしい)八方台までタクシーをお願いしました。

会津磐梯山_f0019247_1638294.jpg会津磐梯山_f0019247_1638456.jpg
最初は見事なブナ林。傾斜もきつくなく、森に優しく抱かれている感じ。東北の山はいいなぁ・・・

会津磐梯山_f0019247_16391151.jpg会津磐梯山_f0019247_16394683.jpg
30分程で「中の湯」着。ここには2軒の小屋がありますが、もう無人になっていて荒れています。

会津磐梯山_f0019247_1640832.jpg会津磐梯山_f0019247_16402328.jpg
いよいよ本格的な登山道が始まります。でもところどころ平坦な道が現れるのがうれしい。

会津磐梯山_f0019247_2314187.jpg
桧原湖が見えます。そのほとりに小さくきょうの宿も見えています。

会津磐梯山_f0019247_23161241.jpg会津磐梯山_f0019247_23162658.jpg
お花畑にはアキノキリンソウやヒヨドリソウ、ヤマハハコなど。イタドリのピンクがかった花もきれい。やっと弘法清水の小屋に到着。

弘法清水を出ると雨になりました。雨具をしっかり着たら、小降りになってきました。
・・・やりました!頂上です!

会津磐梯山_f0019247_23211067.jpg会津磐梯山_f0019247_2321244.jpg
一番高いところには石を積み上げたケルン。標識は5mほど下がったところにありました。風が強いためらしい。握手を求めるヒトと、見向きもせずカメラ目線のヒト。
パンとお菓子と飲み物で簡単な昼食をとって下山します。

会津磐梯山_f0019247_23231176.jpg会津磐梯山_f0019247_2323266.jpg
頂上付近に咲いていたウメバチソウとウスユキソウ。

会津磐梯山_f0019247_23265993.jpg会津磐梯山_f0019247_23271939.jpg
頂上の売店で記念のバッジを購入。弘法清水まで下り、水を補給。甘露です。

下山中にまた雨が降り出しました・・・が!
ブナの森まで下りてきたら、雨が止み、日が差してきました。
見上げると、ブナの葉がキラキラと輝いています。

会津磐梯山_f0019247_23303466.jpg
あの宝石のような輝きは写真では撮れませんでしたが、心の眼に焼きつけました。

会津の山は確かに美しいまま残したい福島の宝、日本の宝だと思いました。


日向山はいいなぁ

日向山はいいなぁ_f0019247_072247.jpg
きょうは久しぶりの日向山。
雨の心配もしていましたが、なんといい天気!

10年?北杜市に住んで初めて登る、というIさんに真っ先に頂上に出ていただきました。ここの頂上は「着いた」というより、「出る」または「飛び出す(!)」という感じ。

前回の飯盛山で「山ボーイスタイル」デビューのコックはきょうももちろんその出で立ち。途中で出会った「山ガール」とパチリ。頂上で出会った「山ガール」とまたパチリ。
日向山はいいなぁ_f0019247_0743100.jpg

最高の日向山登山だね。


そうそう、モミジイチゴおいしかった。「風の通り路」のコラム「歩く植物図鑑」に以前書いていただいたのを読み返してみよう。
日向山はいいなぁ_f0019247_0104827.jpg日向山はいいなぁ_f0019247_0111475.jpg



仙丈ヶ岳のご来光

仙丈ヶ岳のご来光_f0019247_23102064.jpg

まだ太陽は登ってきていません。雲がどんどん赤くなって、日の光が雲に反射している感じです。

仙丈ヶ岳のご来光_f0019247_2311089.jpg
空が明るくなり、雲がバラ色に染まり太陽が昇ってきました・・・
泣きたくなるくらい美しいです。

仙丈ヶ岳のご来光_f0019247_23142732.jpg
小屋に戻って朝ごはんを食べてから、下ります。正面に甲斐駒ヶ岳、その向こうに八ヶ岳。

3000mの頂へ!

3000mの頂へ!_f0019247_2252391.jpg

風路では年に4回「風の通り路」という通信を発行しています。

今回の取材はずうっと憧れていた山へ。その日の朝まで行けるかな・・・とちょっと不安。5時起床・6時出発!天気はGOOD!

3000mの頂へ!_f0019247_2261340.jpg
北沢峠から登り出し。樹林が切れると、富士山と北岳が横にくっきり。振り返れば甲斐駒とその向こうに八ヶ岳。

きょうは小屋泊まりの予定なので、コースタイム4時間のところ6時間位かけてゆっくりゆっくり登りました。あまりにも天気が良く、振り返っては「わぉ~!」左右を見ては「きれい!」と歓声を上げながら・・・

3000mの頂へ!_f0019247_22112423.jpg
やっとたどりついた小仙丈ヶ岳でランチタイム。どこを見ても素晴らしい!

山頂はあした登る予定で、きょうは仙丈小屋までなんとかたどり着きました。まずは生ビール!

夕焼けが美しい・・・
3000mの頂へ!_f0019247_22133151.jpg

北アルプスの稜線もくっきり。
3000mの頂へ!_f0019247_22135782.jpg

あしたの朝、めざします。仙丈ヶ岳の山頂へ!

秋田駒ヶ岳

秋田駒ヶ岳_f0019247_1928406.jpg

次の日はできたら秋田駒に登りたいな~と思っていました。

秋田駒ヶ岳_f0019247_1930393.jpgなにしろ8合目までバスが行っていて、それから先は初心者・ファミリーコースがあるとのこと。お花もそろそろいい時期と聞けば心騒がずにはいられません。
ただこの時期だし、雨が降ったらやめよう、というくらいのつもりで、でもしっかり山靴を履いて山の用意だけはしていきました。

秋田駒ヶ岳_f0019247_19301912.jpgそれで宿はパス停近くの田沢高原ホテルに。ここは建物はちょっと古い(失礼)ですが、宿の方たちはとても感じが良く、値段は安く大満足です。
お昼のおにぎりも用意してくださって、ありがたかった。


朝、空を見ると、秋田駒が「来(こ~)!」と呼んでいるようです?!


秋田駒ヶ岳_f0019247_19345921.jpg秋田駒ヶ岳_f0019247_19351826.jpg

男岳に登る途中で振り返れば阿弥陀池と木道が花々の向こうに広がっています。

秋田駒ヶ岳_f0019247_19363347.jpg

エゾツツジ・イワカカミ・シモツケ・ショウジョウバカマ・コケモモ・チングルマ等々わくわくする花々があちこちに・・・
そして高山植物の女王、コマクサ。
秋田駒ヶ岳_f0019247_21355980.jpg

シャクナゲはツボミが多かったので、まだまだこれから楽しめそう・・・
秋田駒ヶ岳_f0019247_21362268.jpg

そして会いたかったシラネアオイ。このなんともいえない色の美しいこと!

秋田駒ヶ岳_f0019247_21364437.jpg

秋田駒ヶ岳。また行きたい山の一つになりました。