人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:小仏峠 ( 4 ) タグの人気記事

甲州街道「小仏峠越え」

3か月ぶりくらいの「本格」ウォークです!
しかも峠越え!スタートから4キロ程の高尾駅ではリタイアできますが、あとは峠を越えるしかない!(よく考えたらバスという手段もありました・・・)

ただ蔵開きウォークの下見と三輪山の経験があったのでなんとか歩けるのでは、と思い切って参加することにしました。
このコースも10年前は私たちが担当したので思い入れのある道です。さらに集合場所の近くには以前通勤していた職場もあるのです!(のぞきにいかなかったけど・・・)

f0019247_1452130.jpg
元職場近くの公園がきょうの集合場所。なつかしいです。
f0019247_14531875.jpg
きょうのリーダーのお二人。スタッフも紹介されました。風路S氏は遊軍です。
f0019247_14544718.jpg
コース説明を聞いています。
f0019247_14552915.jpg
ハイタッチをして人数を確認して出発です。
f0019247_14561259.jpg
Aチーム56名、Bチーム26名、途中参加が4名?
f0019247_145714100.jpg
高尾駅の前。この歩道は初めてです。(多分)
f0019247_14582816.jpg
なつかしの高尾駅。
f0019247_14585366.jpg
バス停。
f0019247_15101242.jpg
小仏関所跡。梅の花がまだきれいに咲いていてくれました。
f0019247_15105784.jpg

f0019247_15113260.jpg
いのはなトンネルの慰霊碑。まだ建ったばかりのようです。このことは数年前、半分ドキュメンタリーのようなテレビドラマで知りました。なんと終戦の年の8月5日のことです。あと10日で戦争が終わるというのに、親が子供だけでも疎開させようと、やっとの思いで切符を手に入れて列車に乗せたのに、姉は死に、妹だけが生き残ったという実話でした。中学生のお姉ちゃんが小学生の妹をかばうようにして亡くなっていたとのこと。親ごさんも妹さんも生涯心の傷をかかえて生きた・・・といいます。

心の中で手を合わせて先へ行きます・・・遅いので・・・

するさしのお豆腐屋さんでおからドーナツをゲット。
梅林に残る梅の花を横目で見ながら歩き続けると・・・
f0019247_15182083.jpg
昼食場所の日影沢キャンプ場です。途中合流組が待っていてくれました。

f0019247_15353055.jpg
いよいよ峠の登りに入ります。
杉林の中をがんばって歩いて・・・峠に到着!
f0019247_153634.jpgf0019247_15373120.jpg

f0019247_15381281.jpg
タヌキと一緒にBチームのみんなで。(タヌキが隠れています!?)
f0019247_15392584.jpg
峠道はここで終わり、舗装道路に出ました・・・が、これでゴールではありません!
f0019247_15404369.jpg
20号に出て、小原宿本陣を遠目で見て(月曜日はお休み)、なんと最後にえんどう坂という坂(忘れていました!)を登って、やっとゴール。なんとか歩けて良かったです。やっぱりBチームのオオトリ?でしたが・・・

お茶壷道中(甲州街道) 小仏峠越え

f0019247_2323219.jpg
下諏訪から歩き始めたお茶壷道中(甲州街道)。
きょうはいよいよ小仏峠を越えて、相模の国からお江戸へ。
相模湖駅から出発です。登りは早いペースで登る組とゆっくり組の2班に分かれるそうです。

f0019247_238173.jpgf0019247_2382116.jpg
相模湖駅前で、きょうのリーダー・ケンさんがコース説明をしています。

f0019247_23152430.jpg
小原宿本陣屋敷は月曜日で閉まっています。
隣の小原の郷もお休み。その前で写真だけ撮りました。(一番上の写真です)

f0019247_23194850.jpgf0019247_2320745.jpg
美女谷鉱泉の看板がありますが、ここはもう閉館だそうです。しばらく行くと道はVの字に曲がり、いよいよここから登山道です。
早い組が先に出発しました。
「気持ち」は前の組だったのですが「足」はゆっくり組がいいようです!?

f0019247_23245932.jpg
気持ちの良い山道をしばらく登って小休止。

f0019247_23271443.jpgf0019247_23272818.jpg
「三度笠で一緒に撮りたかったな~」&「山ボーイスタイルで一緒に撮りたかったな~(残念!)」

f0019247_951490.jpgf0019247_953330.jpg
木の根に支えられる?「中峠」標識。 両手に花(!)の健脚Aさん。

f0019247_985687.jpg
ゆっくり組リーダーのペースが良いせいか、意外に早く峠に着きました!さっそくお弁当です。朝早くてパンとバナナだけ。差し入れいろいろあってうれしいです。

f0019247_9111153.jpg
ここでも集合写真。「小仏峠」の大きな木の標識があったような気がするのですが・・・

f0019247_912576.jpg
これだったかもしれません。前回の甲州街道の時、ここで写真を撮っていました。

さあ、あとはぐんぐん降りるだけ。途中の宝珠寺で休憩です。
f0019247_9444717.jpgf0019247_9451435.jpg
都天然記念物のカゴノキ。大きくて写真では全体像が撮れません。 ここが門です♪

f0019247_947758.jpgf0019247_9472655.jpg
ツリーハウス! するさしの豆腐は売り切れ!

f0019247_9484946.jpg
高尾の梅林近くで上を見上げれば・・・圏央道が・・・前回は建設中でした。 

f0019247_951545.jpgf0019247_9512291.jpg
駒木野宿の標識。 小仏関所跡の説明看板があります。

さあ、ゴールの高尾駅まではあとわずか!
雨に降られることもなく、カンカン照りでもなく、風もあって、いいウォーク日和でした。


●次回は6月10日(水)、9時45分高尾駅集合です。
八ヶ岳歩こう会のウォークはどなたも歓迎です。
(普段のウォークは参加費500円ですが、このお茶壷道中だけ1000円です)


6年前の甲州街道のときの報告「西八王子から相模湖まで」です。

甲州街道ガイドウォーク・小仏峠越え

f0019247_1749316.jpgガイドの2回目。きょうは小仏峠を越え、いよいよ江戸から相模の国に入ります。
私たちガイド組は6時2分小淵沢発の電車で高尾駅へ。
そこから15分ほど歩いてきょうのスタート地点の陵南公園へ向かいます。
30分ほど待ってみなさんと、合流。
挨拶・ストレッチをして出発です。
まずは気持ちの良い、浅川沿いを歩きます。

f0019247_17495129.jpg小仏の関所跡を見学後、「するさしの豆腐」で有名な峰尾豆腐店にやってきました。

ここでみなさんおからドーナツをおみやげに購入されるようです。バスの中から注文してあったとのことで、思いの他スムーズでした。
甘さ控えめでさっぱりしたおいしさ!お薦めです。

f0019247_17522929.jpg昼食は、私たちが歩いたときと同じく「森の図書館」。
10分ほど脇道に入るのですが、ここはキャンプ場になっていて、ちゃんとしたトイレもある(バイオ式?で100円ほどの募金を呼びかけています)ので、昼食場所として推薦しました。
脇道も小川のほとりの気持ちの良い道で、みなさんに喜んでいただけたと思います。
ツリフネソウやミズヒキがきれいです。

f0019247_17564827.jpgやっと峠に着きました。
お疲れ様!
ここで中休止。集合写真を撮ったり、登りの疲れをとっていただきます。
下りたところにある、小原宿本陣を見学することになっていて、見学時間が4時までなので、そんなにゆっくり休んでいる余裕はありません。
ということで、下りは足元に気をつけながらも、ちょっとペースが速くなってしまいました。

f0019247_180750.jpg3時30分本陣着。ゆっくり見学することができました。中に展示してある駕籠は乗ってみても構わないということで、うれしそうにみなさん交代で写真撮影。お姫さまの気分ですね♪

次回またこの小原の郷でお会いしましょう!



甲州街道下見で東京へ!

f0019247_11531542.jpg私たちが会員になっている「八ヶ岳歩こう会」が10周年記念行事として、甲州街道を15回かけて完歩してからもう1年以上たちました。
なんと小さな旅行会社が、その記録をホームページで見つけて、歩こう会にガイドを頼んできたのだそうです。
2名の会員が手を上げてくれて、彼らを中心にそれぞれの回の担当者が一緒に歩く、という形で今年の4月からスタートしました。
きのうは日野から高尾、高尾から相模湖の5回目と6回目の下見をすることになっていて、担当者としてご案内してきました。

しかし!!!

この1ヶ月以上、ほとんど歩いていない2人、しかも1名はぎっくり腰がやっと良くなってきたところ、もう1名は50肩(少々?サバを読んで・・・)、まだまだ猛暑だという東京へ行って、大丈夫か・・・と、ちょっと弱気。

それでも久し振りの外出は少しわくわく。
「歩こう会」仲間との再会もうれしい。

実際は旅行会社さんのワゴン車でほとんど移動。名所・旧跡に着くと降りて確認、というらくらく下見でした。
それでも「乗ったり下りたりも疲れる」などと贅沢を言っていたヒトは誰?

小仏峠越えだけは歩かなくてはなりませんが、ギリギリのところまで車で運んでもらい、峠から下りれば車で入ってこられるところまでお迎えに来ていただく、という今の私たちの体力にはありがたい(軟弱?)下見でした。(1時間半は歩いたかな?)

最後は相模湖駅前デミタスでピッチャーで生ビールを注文、乾杯したことは言うまでもありません♪

f0019247_11542768.jpgf0019247_11544162.jpg