人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:北杜市 ( 109 ) タグの人気記事

甲斐駒せせらぎセンター

甲斐駒せせらぎセンター_f0019247_2050528.jpg

ありがたいことに、風路にも少しずつお客様がいらしてくださいます。
きのうも、「やっと来られた」とうれしいご挨拶。

きょうの朝、まわりを散歩されて、
「やっぱりここはいいですね~」
「今までは1年に一回位だったけど、これからはもう少し来られそうです」
と、これまたうれしいじゃありませんか!

きょうは入笠山に行かれるそうです。お花がきっといい時期と思います。
天気も上々です♪

まだまだ油断はできませんが、風路もこれから少人数のお客様を、蜜にならないようお迎えしていきたいと思っています。よろしくお願いしいます。



私たちは午後からは甲斐駒せせらぎセンターへ。
中に入ったのは初めてです。
この前頂いたチラシの「ふたつの故郷を生きる」というドキュメンタリー映画を見に行きました。
もう東電の原発事故から9年も経つんですね。
子どもたちを守りたいと避難してきたご家族の現状や支える人たちを追っていました。
住宅の補助も打ち切られ、避難している人は数字上ではもうほとんどいないことになっているそうです。土日もなく働いても多くは家賃に消えてしまうとか。福島の自宅の放射性物質を測ると、今でも避難先の6倍もの数値でした。

映画のあとの瀬戸さんの講演では、今のコロナ禍でも住まいを失う人が急激に増えているというお話がありました。仕事を失い、家賃が払えなくなれば、路上に出るしかない、今、毎日そういう人たちに声をかけ、とりあえずの住まいを提供して、生活の立て直しを一緒に考えていく活動をされているそうです。でもあまりに対象が多く、追いつかないとも。講演の間にも電話がかかってくるような状況でした。

困っている人に温かい手を差し伸べる・・・そういう町・そういう国になってほしいけど。
7月5日は東京都知事選挙ですね。東京が変わるとずいぶん違ってくるのではないかな・・・
しかし、テレビも新聞も都知事選挙のこと、ほとんど無視?
前回は小池さんのこと、ガンガンテレビでやっていたような気がしますが・・・???

「主戦場」を見て

「主戦場」を見て_f0019247_1055260.jpg

目が疲れました~
映画を観る時用のメガネを忘れてしまいました!
ただでさえ見づらい字幕を読むのに大苦労!!!
しかし、しっかり見なければ・・・
なんとなんと映画の後のトークに参加要請!
「できれば補欠で・・・。他に適任の方がいたらぜひその方に」とお願いしていましたが・・・
補欠に出番が!⇒ ボ~っと見ているわけにはいかない ⇒ 目が疲れた、というわけ。

でも2回見ると、やっぱり、前回全然印象に残っていなかったこと、こんなにたくさんあったんだ・・・と思いしらされました。いったい何をみていたんだろう・・・?

「慰安婦問題」について、それを事実として向き合っていこうとする人々と、そんな問題は無かったという人々。それぞれの意見を丁寧に聞き取っていきます。それは当然、差別のこと(民族も性も)、歴史のこと、教育のこと、いろいろな問題があります。国家と個人とか・・・

(慰安婦問題など)なかったという人たちの意見も一度しっかり聞いてみたかったので、見られて良かったです。そして今の若い人がほとんど知らないということにびっくり・・・。
(そういえば、ドイツの学生からそのことについて質問を受けた日本の学生が全く答えられなかったという記事を見たことがあります。ドイツでは小学生の頃から「どうしてドイツはあのような戦争を行ってしまったのか」を調べるような学習をしている、ということも書いてあったと思います)

「無かった」という人たちの根拠となっているのが、そんな資料(証拠)は残っていない・・・ということが大きいようでした。それを聞いて、今の政権がやっていることと重なってしまいました。
資料をきちんと残す、ということは後の世代が検証するのになくてはならないことなんですね。

映画の最後のハルモニの証言と95歳になる元兵士の証言が心に残りました。
機会があったら3回目も見てみたい・・・?(良く見えるメガネを持って)


北杜市では自主上映を企画してくれる人たちが何人もいてくれてありがたいです。
6月27日(土)には、武川で「ふたつの故郷を生きる」という原発事故被害者の現状を伝える映画の上映があるそうです。申し込みが必要とのことです。
13:00~  チケット490円 甲斐駒せせらぎセンター 090-2736-7241

「主戦場」地元で再び

「主戦場」地元で再び_f0019247_1032212.jpg

昨年の暮に山梨市で見ました。
その時は監督のミキデザキさんのトークも聞くことができました。

映画は・・・
展開が速くて(!)英語・韓国語・日本語が飛び交い、字幕を追うのも忙しく・・・
とそのときの日記に書いていました。
そして、2回・3回と見てみたい・・・とも。

そういうわけで?あした2回目を見に行く予定ですが、初めて見る気分です!?

会場の須玉ふれあい館は400人は入れますが、今は100人に制限されているそうです。
まだ余裕があり、当日でも大丈夫みたいです。(マスク持参かな?)
13:30~ (開場は13:00)
参加費1000円です。(学生無料)

テイクアウト・「魚ZENZO」さん

テイクアウト・「魚ZENZO」さん_f0019247_15524848.jpg

テイクアウトシリーズ、今回は大泉の魚ZENZOさん。

こちらは電話注文ではなく、実際に行って注文するみたいです。
そして車の中で待機していると持ってきてもらえます。

海鮮丼としめ鯖丼を注文しましたが、他にもいろいろあります。
丼だけでなく、いくつか一品料理も。
今回はイカ墨コロッケ。

おいしいテイクアウトのお店が増えて、新しく始めたところのも気になるし、おいしかったお店のは違う種類も食べてみたいし、もう一度同じものも・・・あ~たいへん!

最後は「HUKU笑i」

きのうは多分最後の研修?
大西つねきさんのお話を聞いて、帰る途中で寄ったのは大泉の「HUKU笑i」

今年の夏?できたばかりなのに、きょうも次々に入って来る方たちで満席!
いろいろ食べてみたいものはありますが、やっぱり2人だけなので・・・

ビールのおつまみにえびせん(写真なし)

最後は「HUKU笑i」_f0019247_11232051.jpg
Today's special!ピータン豆腐。

最後は「HUKU笑i」_f0019247_11233619.jpg
ギョーザは通常は5個ですが、追加注文できます。

最後は「HUKU笑i」_f0019247_11235883.jpg
五目焼きそば!美味しいです。

食べログ?では夜は17:00~となっていましたが、17:30~だそうです。
お店の方が載せたのではなく、訂正もできないのだとか?

民謡を楽しむ集い2019

毎年恒例の「民謡を楽しむ集い」、今年は小淵沢の生涯学習センターで行われます。一人2曲歌うことになっているそうで、このところ家でも大きな声で練習していました。

いよいよきょうが本番です。午前中に歌ったのは「南部牛追い歌」。応援にかけつけたときには終わっていました(T T)
午後の部は「津軽甚句」。こちらはしっかり聴くことができました。
民謡を楽しむ集い2019_f0019247_21581677.jpg

(意外に!)伴奏にも合って、歌えていました!?
「午前中もうまく歌えたから聞いてほしかった」とのこと、それは残念!
津軽甚句の合いの手が「ほーいほい」と入るのが楽しい。

民謡を楽しむ集い2019_f0019247_21572936.jpg
小淵沢民謡会は、歌のほかに三味線と尺八も練習しています。
三味線はどんどん腕を上げているみたいで、聞き応えがありました!

北杜市は浅川兄弟の出身地

北杜市は浅川兄弟の出身地_f0019247_16224353.jpg

きょうの新聞の山梨版によると北杜市と抱川市(ポチョン)市との交流事業が延期になったとのこと。毎年秋に、文化交流団を派遣したり、招待したりしてきたのだそうです。
北杜市は浅川兄弟の出身地_f0019247_16231142.jpg

北杜市は浅川兄弟の出身地。当時植民地としていた朝鮮に渡り、兄の伯教さんは焼き物の美を伝え、弟の巧さんは緑化に尽力したり民芸の研究をしたりしていました。
差別と偏見があたりまえのような時代に、現地の人々とわけへだてなく付き合い、40歳という若さで巧さんが亡くなったときには多くの朝鮮のひとたちが悲しんだ、とのこと。
巧さんのお墓はソウル市の郊外にあり、朝鮮の方たちが大切に守ってきてくださったそうです。
そのお墓には「韓国の山と民芸を愛し、韓国人の心の中に生きた日本人、ここ韓国の土となる」と刻まれています。
(なんと、私たちはこのソウル市郊外の忘憂里(マンウリ)というところにある巧さんのお墓にも行ったことがあります)

・・・今のような状況を、巧さんだったら、伯教さんだったらどう思うだろう・・・

きちんと歴史の事実に向き合って、「草の根交流」を育てていきたいです。
今回延期になった交流事業も、きっと復活してほしい!

「浅川兄弟ゆかりの道ウォーク」ひさしぶりに企画しようかな?

「沖縄スパイ戦史」北杜市上映会

「沖縄スパイ戦史」北杜市上映会_f0019247_17565471.jpg

いよいよ、きょうが当日です。
協力を申し出てくださる方も、チケットを取り扱ってくださるお店もたくさんあったのですが、実際どれくらいの方が観に来てくださるのか、ちょっと心配でした。

が・・・!
1回目と監督さんトークの間、それから2回目までの間のロビーは文字通り押すな押すなの大盛況!

会場には若い方、学生さんの姿もかなり見かけてうれしいびっくり。
そういえば教育委員会の後援も頂いているのでした。

三上監督の映画で「沖縄のこと、本当に知らなかったな~」と思わされ続けてきましたが、今回の映画はまたさらに!・・・でした。

苛烈な南部の沖縄戦のことは、いくらかは知ることができたつもりですが、北部での裏戦史ともいうべき歴史の闇は言葉を失うくらいでした。
事実と向き合うことは、傷口をもう一度広げるような痛みをともなうことなのかもしれません。
70年間語ることができなかった事実を語ってくれた方々と、それをしっかり聞き取ったお二人の監督さん。よくぞ今それを伝えてくださったと思います。
今を逃せば、きっと私たちが知ることはなく、同じような歴史を繰り返すことになったかもしれません。
そして今、沖縄の島々で起こっていることも、私たちはほとんど知らない・・・

反芻するようにまた観てみたい、と思わずにはいられません。


三上監督さんのトークで・・・
なんと、映画完成後に撮った「ヒロジさん石垣へ」と「文子おばあ石垣へ」の映像特典がついているというのを聞いたら、前作の「標的の島~風かたか」のDVD買っちゃいました!
「沖縄スパイ戦史」北杜市上映会_f0019247_17525668.jpg

サインを求める長蛇の列!(サイン本に弱いヒト・・・)

2回の上映が無事終わって、かかわったスタッフ(の一部)でお疲れ様会。
「沖縄スパイ戦史」北杜市上映会_f0019247_17544965.jpg

おいしく楽しい充実のひとときでした♪ 監督さんはイケる口?!

「沖縄スパイ戦史」6月2日北杜市で

わ~もうあさってです!
三上監督もきてくださいます♪

きょう試写を見ることができました。沖縄戦のこと、70年たっても語れなかったこと・・・
15才位(中学生!)の少年たちの身に起こったこととその家族の思い。
重いけれど、知って良かった! 
そして、決して「過去のこと」ではない、という怖さも感じました。

心に留めておきたいことばもたくさんあったので、もう一度、しっかり見たい!
6月2日に見られるかな? 

「沖縄スパイ戦史」6月2日北杜市で_f0019247_23152168.jpg


●日時 6月2日(日)
   第一回目 12時~
   監督トーク 14時30~16時
   第二回目 16時15分~

●場所 長坂コミュニティホール
●チケット 前売り 1000円 当日1200円 (高校生以下無料)
 

投票日と選挙割

いよいよきょうは山梨県議会議員選挙の投票日です。

きのう、小淵沢支所へ期日前投票に行ってきました。
投票した、という証明書をくれるということなのですが、もらうのを忘れました。
以前、頼んだ時には「用意がないので、しばらくかかる」と言われた気がします。
そのころから、各地で選挙割ということをやっているお店があり、証明書を持っていくとサービスしてくれる、という話を聞きました。確か中央線の中野とか杉並あたり?

それでうちも選挙から1ヶ月以内に泊まりに来てくださったお客様が投票したことを伝えてくれたら何かサービス、とささやかに書いていたのでした。

今回も地方選、その後の参議院選、ともに1ヶ月の間に来てくださったら「缶ビールまたはソフトドリンク1杯サービス」したいと思います。飲まないひとには1フーロ(300円)分。

北杜市でも今回この選挙割に取り組む人たちがいます!
何軒か、賛同しているお店もあるようです。
今後参議院選挙もあるし、これから、きっと大きく育つ予感 ♪
もちろん、そんなサービスが必要でなくなるのがいいのですけど・・・
半数近くの人が棄権するのですから・・・
きょうの投票率はどのくらいになるのだろう?

4年後の山梨県や北杜市はどうなっているんだろう?
未来を託せる人を しっかり選びたい!
みんな投票に行きましょ~!

夜までドキドキです!

投票日と選挙割_f0019247_1231349.jpg
ヒヨドリに負けずに花開きました♪