人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:八ヶ岳周遊 ( 10 ) タグの人気記事

八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!

八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_236579.jpg
きょうは、昨年9月から始まった八ヶ岳をぐるっと一周するウォークの最終回です。小淵沢駅をスタートして1年間、きょう小淵沢駅でゴールです。
きょうのスタートは前回のゴール「すずらんの里」駅から。

八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_2392026.jpg八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_2395034.jpg
駅前は誰も来ない、と油断(?)していたら、エプソンのバスが次々と到着。場所を変えて、挨拶とストレッチなど。

八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_23114133.jpg八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_23123486.jpg

緑から黄色やオレンジに変わりつつある、林の中が木漏れ日でキラキラと輝いています。
八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_23152975.jpg
こんなバス停もありました。
八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_23163375.jpg
朝のうちは雲の中だった八ヶ岳が姿を現してくれて、気分が盛り上がります。八ヶ岳周遊ですから・・・

八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_23201412.jpg八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_2321627.jpg
大分前に歩いた「稗の底自然歩道」を通り、鹿の湯でお昼です。ここから見る富士見高原・鼻戸屋の紅葉も素晴らしい。

八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_23243752.jpg

昔「銀色の道」という歌がありましたが、ここは「黄金(きん)色の道」!ス・テ・キ♪
八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_2326335.jpg


八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_23264928.jpg八ヶ岳周遊最終回・小淵沢駅へ!_f0019247_2327688.jpg
黄金色の道でサブリーダーのお2人とゴールの小淵沢駅で担当のみなさん。
本当にごくろうさまでした。歩こう会の財産がまた一つ増えました。

八ヶ岳周遊第8回「上諏訪からすずらんの里」

八ヶ岳周遊第8回「上諏訪からすずらんの里」_f0019247_23513691.jpg

八ヶ岳周遊ウォークの8回目。あと1回でぐるりと八ヶ岳の回りを歩いたことになります。
今回は、JR中央線上諏訪駅からすずらんの里まで。以前甲州街道ウォークの最終回(とその前の回の一部)のほぼ逆コースです。
ずいぶん忘れてしまっていますが、ところどころなつかしく思い出しながら歩きました。

八ヶ岳周遊第8回「上諏訪からすずらんの里」_f0019247_2355184.jpg八ヶ岳周遊第8回「上諏訪からすずらんの里」_f0019247_23553649.jpg
きょうは真夏の暑さ。サングラスを忘れてしまったので舗装道路の照り返しがキビシかったです。水分補給をコマメに。
とは言っても、コスモスが風に揺れ、稲穂は黄金色に波打っていて、季節は確実に秋。

八ヶ岳周遊第8回「上諏訪からすずらんの里」_f0019247_23544682.jpg
木々に囲まれた場所でお弁当がうれしい。

八ヶ岳周遊第8回「上諏訪からすずらんの里」_f0019247_23592454.jpg
「すずらんの里」駅にやっとのことでたどりついた会長を介抱する仲間たち・・・ではありません!

一番上の集合写真は神戸(ごうど)の一里塚の大ケヤキですが、イマイチ大きさがわかりませんね。甲州街道のときの写真を載せておきます。このときは4月。まだ葉っぱが全然なかった!
八ヶ岳周遊第8回「上諏訪からすずらんの里」_f0019247_021016.jpg

鷲ヶ峰

鷲ヶ峰_f0019247_14305354.jpg

抜けるような夏空、湧きあがる入道雲。緑いっぱいの草原を歩く。

鷲ヶ峰_f0019247_14353431.jpg
きょうは八ヶ岳歩こう会の「八ヶ岳周遊ウォークの7回目」。前回ゴールした東餅屋から鷲ヶ峰を経て、八島湿原、霧ヶ峰を通り諏訪湖まで下ります。24キロの長丁場。27名の参加者のうち、約3分の一は途中からバスのお世話になりました。(私たちも ^^;)

鷲ヶ峰_f0019247_14385137.jpg
鷲ヶ峰に登ったのは初めてです。アップダウンを繰り返し、送電線の脇を通り、頂上へ!わぉ~!諏訪湖も見えます。まずは記念撮影です。


八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠

八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_20571881.jpg

八ヶ岳の周りをぐるっとまわろうという八ヶ岳周遊シリーズ。きょうは第6回目。前回のゴール笠取峠までバスで行き、そこから和田峠まで約20キロ歩きます。貸切バスで行くので途中リタイアも可。なので20キロ歩けるか心配という方も、安心して参加することができます。

前回は雨でしたが、きょうはウォーク日和。
八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_212335.jpg八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_21233100.jpg
このバスで行きます。途中、道の駅「あさしな」でストレッチを行いました。
八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_2161117.jpg八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_2164247.jpg
舗装道路から、古道に入っていきます。こういう道こそ大事にしてほしいです。松尾神社で休憩。
八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_2185163.jpg八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_2191738.jpg
中山道・長久保宿。みなさん集まっています?会員のHさんが早起きして草餅を作ってきてくれたのです。ヨモギの香りがふわっ・・・おいしい♪
八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_21134496.jpg八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_21144268.jpg
この白い花はオオバアサガラというそうです。「これより和田宿」の大きな石の碑。
八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_21163279.jpg八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_2117118.jpg
お昼はかあちゃん家(ち)というお蕎麦やさん。向かいの本陣前で。
八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_21204865.jpg八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_21214385.jpg
しばらく続く国道歩きの途中で休憩。一里塚、二つの塚の間の道を行きます。
八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_2125062.jpg八ヶ岳周遊第6回・笠取峠から和田峠_f0019247_2125504.jpg

緑が美しい道が続きます。広原の一里塚が見えたら、きょうのゴールはもうすぐ。東餅屋さんで、名物の力餅ではなく○ールでノドを潤してバスに乗り込みました!

次回は上諏訪まで降りるそうです。
八ヶ岳歩こう会のウォークはどなたも参加できます。普段は予約不要ですが、次回はバス利用なので予約が必要です。

雨でも楽しい八ヶ岳周遊ウォーク

雨でも楽しい八ヶ岳周遊ウォーク_f0019247_15104215.jpg

きのうは八ヶ岳周遊ウォークの第5回目。小海線の佐久平から笠取峠まで約20キロ歩きます。
4回目までは小海線を使っていましたが、これから3回は電車は使えず、貸切バスを使用します。普段のウォークは予約は不要ですが、この3回はバスのため予約が必要です。

と言う訳で、ほぼ確実に雨の予報ですが、みなさんほとんどキャンセルもなく、朝6時45分にスパティオ小淵沢に集合です。
しっかり雨具を着て覚悟の(?)参加!

貸切バスの中は遠足気分でおしゃべりが楽しい。

佐久平で「もう中学生」の写真を撮らせていただいて、出発。

途中からなんだか見覚えのあるような道・・・

まさしく!

2007年の11月に中山道ウォークとして歩いた道じゃあないですか!
このバス停。この酒蔵!
雨でも楽しい八ヶ岳周遊ウォーク_f0019247_2023575.jpg

この昔の街道の雰囲気がそのまま残った佇まい。

この松並木!

こういう日は「もしも晴れていたら・・・」とは言わずに雨に濡れた緑の美しさを愛でるのが一番!この季節の雨のことを「緑雨」とか「翠雨」とか言う・・・と、どこかで読んだような?

雨でも楽しい八ヶ岳周遊ウォーク_f0019247_15123763.jpg

それでも最後笠取峠で待っていてくれるバスを見たときには、心から「うれし~♪」と思うワタシ。

もう中学生

もう中学生_f0019247_11551386.jpg
御存じでしょうか?
お笑い芸人の「もう中学生」さん。

大きな自作の絵を広げながら、1人で会話(?)しながら話を作っていくという芸風です。「きれいだね~」「きれいだよ~」などとうちでもまねすることがあります。

「八ヶ岳歩こう会」の「八ヶ岳周遊ウォーク」で佐久平駅から出発するときに見かけました。何かの取材でしょうか?
歩こう会のメンバーはもう出発しているのに、ちょっと(?)ミーハーなもので、写真を撮らせていただきました。
握手とサインは、あきらめて・・・・

「待って~」


八ヶ岳周遊ウォーク第4回・羽黒下から佐久平へ

八ヶ岳周遊ウォーク第4回・羽黒下から佐久平へ_f0019247_15155682.jpg
第4回目の羽黒下駅は初めて行く駅です。
前回は途中リタイアで八千穂駅から帰ったので、八千穂-海瀬-羽黒下間は歩いていません。
「ぐるっと一周」に限らず、街道歩きのような「シリーズ物」に参加していると、どうしても完歩したくなるのが、人情?・・・
抜けたところもいつか歩けたらな~と思います。

ともかく、きょうは羽黒下からです。
途中の小海線の車窓から見える、新雪を被った八ヶ岳や白く輝く木々・・・思わず「わ~っ」と歓声。
八ヶ岳在住の私たちでも毎回感激するのですがら、普段あまり雪に縁の無い、甲府方面から来た参加者は大喜び・・・だったとのこと。
そうでしょう、そうでしょう。

今回はなんと言ってもどんどん大きく見えてくる冠雪した浅間山の雄姿が感動的。
毎回いい道を探し出してくれる、担当者に感謝。素晴らしいコースでした!

八ヶ岳周遊ウォーク第4回・羽黒下から佐久平へ_f0019247_2092657.jpg
新海神社の三重の塔前で記念撮影。
八ヶ岳周遊ウォーク第4回・羽黒下から佐久平へ_f0019247_20105754.jpg
旧中込学校。
現有する国内最古級の洋風学校建築明治8年(1875)建築。
村内の篤志の寄付により建築費用が賄われており、佐久の人々の教育に対する気風がうかがえる。設計・施工はアメリカで建築を学んだ地元出身の市川代治郎。
中央の八角塔から太鼓を吊し時を告げた事から「太鼓楼」と呼ばれ、また当時珍しいガラスを使用したので「ギヤマン学校」とも呼ばれた。
国重要文化財、建物の位置が当初のままなので国史跡にも指定されている。

と佐久市のホームページに書いてありました。

八ヶ岳周遊ウォーク第4回・羽黒下から佐久平へ_f0019247_20151633.jpg
一番上と同じ場所。浅間山が白いです。


八ヶ岳周遊ウォーク第3回・海尻から羽黒下へ

八ヶ岳周遊ウォーク第3回・海尻から羽黒下へ_f0019247_17325759.jpg
前回ゴールした海尻駅から出発です。
このウォークを歩こうというお客様3名と一緒に7:48小淵沢発の小海線に乗りました。
南アルプスはくっきり。八ヶ岳は山頂付近に雲はかかっているものの、紅葉した山肌が美しいです。
小海線沿線の林はカラマツの黄葉が見事。

八ヶ岳周遊ウォーク第3回・海尻から羽黒下へ_f0019247_17335484.jpg
海尻駅からの道も素晴らしかったです。

八ヶ岳周遊ウォーク第3回・海尻から羽黒下へ_f0019247_17343779.jpg
松原湖駅。もちろん?無人駅。トイレ無し。駅舎がかわいいです!?

八ヶ岳周遊ウォーク第3回・海尻から羽黒下へ_f0019247_1736364.jpg
秩父困民党の碑がありました。色川大吉さんが書かれた「猫の手くらぶ物語」の中にも記述がありました。

八ヶ岳周遊ウォーク第3回・海尻から羽黒下へ_f0019247_17384589.jpg
八千穂駅では、奥村土牛美術館や黒沢酒造見学の時間をとっていただき、それぞれ興味・関心のあるところへと散っていきます。私たちが向かっているのは・・・もちろん?!

八ヶ岳周遊ウォーク第3回・海尻から羽黒下へ_f0019247_1741426.jpg八ヶ岳周遊ウォーク第3回・海尻から羽黒下へ_f0019247_1742297.jpgもうほとんど、試飲用のビンは空っぽ?
ここの甘酒がほどよい甘さでおいしかったです。

ねっおいしいでしょう?



夕方から仕事のため羽黒下までは行かずに、八千穂駅で個人的にゴール。何人かの仲間と一緒に1本早い電車で帰ってきました。


八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ

八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17155355.jpg
八ヶ岳歩こう会が開拓している八ヶ岳をぐるりと一周するコースの第2回目。
前回のゴール清里駅がスタートです。
小淵沢発7:48の小海線に乗ります。
小淵沢駅には中央線の甲府や韮崎からの参加者が、乗り換えて小海線ホームへ。途中、甲斐小泉や甲斐大泉からも次々に乗車してきます。清里駅には総勢40名を越える参加者。八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_1717233.jpg天気も上々です!

清里の町中を通り(有名なグラタンのお店やパンのお店はこの通りにあったのね・・・と発見もしながら)、141を越えて野辺山方向へ。JR最高地点で記念撮影。

野辺山駅で途中参加の5名と合流。

八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17172440.jpg


ここから滝沢牧場へ向かいます。
滝沢牧場では休憩時間がたっぷり。
アイスを食べる人多数。

八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_172724.jpg八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17272182.jpg

遠くからきてくださった蓮田のみなさんも!
八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17291980.jpg

お昼は滝沢牧場から30分ほど歩いた八ヶ岳ふれあい公園で。はじめて行きましたが、気持ちの良い広場でお弁当にはぴったり。
八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17321248.jpg八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17325542.jpg
八ヶ岳に向かって歩いています。振り返れば後ろには男山・天狗山。
八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17375830.jpg

とうもろこし畑でかくれんぼ(逃亡者?)をしてみたり、♪しらかば~あおぞ~ら、み~な~み~か~ぜ・・・の歌碑を見たりしながら、海尻駅へ。海尻駅は無人駅です。トイレもありません。
八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_1740092.jpg八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17401654.jpg

ここで蓮田のみなさんは反対側の佐久方面に向かいます。佐久平から新幹線に乗るのだそうです。一緒に歩けてうれしかった。また次回もきてくださいね!・・・ってたいへんかな~
八ヶ岳周遊ウォーク第2回・清里から海尻へ_f0019247_17443744.jpg


八ヶ岳周遊ウォーク第1回・小淵沢から清里

八ヶ岳周遊ウォーク第1回・小淵沢から清里_f0019247_23585959.jpg

八ヶ岳を1周ぐるりと回ってみたい。
そんな思いを実現させようとFさんを中心とする担当のみなさん。
何度も下見をして9回に分けて1周するコースを考えてくれました。
街道歩きのように既に道が出来ていて、資料もあるようなコースとは違い、全くゼロからコースを作り上げていくのですからたいへんです。しかも公共の交通手段がほとんど使えない部分もあり・・・ということで車2台をスタートとゴール地点に置き・・・というような苦労も重ねたそうです。
これもきっと「八ヶ岳歩こう会」の財産となるのではないでしょうか。

きょうは記念すべき第1回。小淵沢駅に集合です。小雨まじりの天気ですが、40名近く集まりました。

八ヶ岳周遊ウォーク第1回・小淵沢から清里_f0019247_10172676.jpg

今日歩くのはほとんど地元。甲斐小泉駅、甲斐大泉駅、清里までの18キロ。
上の写真は甲斐小泉駅そばの平山郁夫シルクロード記念館。
八ヶ岳周遊ウォーク第1回・小淵沢から清里_f0019247_10175610.jpg

甲斐大泉駅前の小公園で昼食です。ここから4人参加。こういうことも可能なのがうれしいです。
八ヶ岳周遊ウォーク第1回・小淵沢から清里_f0019247_10181995.jpg

いつも車で通る、清里大橋付近。気になっている道でした。晴れていれば左手に雄大な八ヶ岳が見えます。
登りの道も多かったですが、途中から雨も止み、暑くなく、寒くなく、気持ち良く歩くことができました。

清里駅で解散。有志は萌木の村ロックで「反省会」をしたことは言うまでもありません!