人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

「沖縄スパイ戦史」北杜市上映会_f0019247_17565471.jpg

いよいよ、きょうが当日です。
協力を申し出てくださる方も、チケットを取り扱ってくださるお店もたくさんあったのですが、実際どれくらいの方が観に来てくださるのか、ちょっと心配でした。

が・・・!
1回目と監督さんトークの間、それから2回目までの間のロビーは文字通り押すな押すなの大盛況!

会場には若い方、学生さんの姿もかなり見かけてうれしいびっくり。
そういえば教育委員会の後援も頂いているのでした。

三上監督の映画で「沖縄のこと、本当に知らなかったな~」と思わされ続けてきましたが、今回の映画はまたさらに!・・・でした。

苛烈な南部の沖縄戦のことは、いくらかは知ることができたつもりですが、北部での裏戦史ともいうべき歴史の闇は言葉を失うくらいでした。
事実と向き合うことは、傷口をもう一度広げるような痛みをともなうことなのかもしれません。
70年間語ることができなかった事実を語ってくれた方々と、それをしっかり聞き取ったお二人の監督さん。よくぞ今それを伝えてくださったと思います。
今を逃せば、きっと私たちが知ることはなく、同じような歴史を繰り返すことになったかもしれません。
そして今、沖縄の島々で起こっていることも、私たちはほとんど知らない・・・

反芻するようにまた観てみたい、と思わずにはいられません。


三上監督さんのトークで・・・
なんと、映画完成後に撮った「ヒロジさん石垣へ」と「文子おばあ石垣へ」の映像特典がついているというのを聞いたら、前作の「標的の島~風かたか」のDVD買っちゃいました!
「沖縄スパイ戦史」北杜市上映会_f0019247_17525668.jpg

サインを求める長蛇の列!(サイン本に弱いヒト・・・)

2回の上映が無事終わって、かかわったスタッフ(の一部)でお疲れ様会。
「沖縄スパイ戦史」北杜市上映会_f0019247_17544965.jpg

おいしく楽しい充実のひとときでした♪ 監督さんはイケる口?!
by kaze-michi | 2019-06-02 23:29 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

わ~もうあさってです!
三上監督もきてくださいます♪

きょう試写を見ることができました。沖縄戦のこと、70年たっても語れなかったこと・・・
15才位(中学生!)の少年たちの身に起こったこととその家族の思い。
重いけれど、知って良かった! 
そして、決して「過去のこと」ではない、という怖さも感じました。

心に留めておきたいことばもたくさんあったので、もう一度、しっかり見たい!
6月2日に見られるかな? 

「沖縄スパイ戦史」6月2日北杜市で_f0019247_23152168.jpg


●日時 6月2日(日)
   第一回目 12時~
   監督トーク 14時30~16時
   第二回目 16時15分~

●場所 長坂コミュニティホール
●チケット 前売り 1000円 当日1200円 (高校生以下無料)
 
by kaze-michi | 2019-05-31 23:07 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

八重桜満開♪

八重桜満開♪_f0019247_1020484.jpg

きのう犬飼勉さんの作品展を見にいらしたお客様はきょうは清里へ行かれるそうです。
ピクニックバスに乗ってぐるっと回って、吐竜の滝へ行ってみるとのこと。
きっと清里も緑が美しいと思います。


お客様を駅にお送りして、きょうは「八ヶ岳歩こう会」の毎月1回の会議です。
途中、身曾岐神社の下の八重桜の並木が満開♪
6月の総会のこと、甲州街道のことなど話し合いました。

午後は食品衛生協議会のこれも年に1回(?)の総会です。

夜はあと1か月を切った、「沖縄スパイ戦史」の上映会に向けた打ち合わせ。
この映画まだ観ていないのですが、でも必ず観たいと思う。
三上智恵監督の映画に込めた思いもぜひ聞いてみたいです。
チケット北杜市(と甲府)の多くのお店で取り扱っています。
by kaze-michi | 2019-05-08 22:59 | 仕事やあれこれ | Trackback | Comments(0)

三上智恵監督が北杜市へ!_f0019247_17272395.jpg

いよいよ北杜市でも上映されます!「沖縄スパイ戦史」。
まだもう少し先・・・と思っているとあっという間。6月2日(日)です!
なんと!監督の三上智恵さんが来てくださいます♪

三上智恵さんはこれまで「標的の村」「戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)」「標的の島 風(かじ)かたか」と、二度と悲惨な戦争の島にしたくないという沖縄の人々の想いに寄り添った映画を作ってきた方です。(三作とも北杜市で上映しました)
今回の映画では、その戦争中の沖縄で起こったこと、70年以上語られなかったことが、少しずつ明らかになっていくとのこと・・・?

キネマ旬報の文化映画ベストテンの第1位。
日本映画ペンクラブ賞の文化映画部門ベストワンに輝いています。

チラシに書かれている大林宣彦さんのことばです。
  
・・・・瞠目しました!
僕ら日本人は、あの日本の戦争について、まだまだ何も知らない、知らされていない。知らぬは罪。これは日本人、否世界の人間にとって、必見の一作!!立派な作業に頭を垂れます。・・・


三上智恵監督が北杜市へ!_f0019247_17481748.jpg

この映画のチケットを取り扱っているお店、こんなにあります。(クリックすると少し大きくなります)
お気に入りのお店も何軒も!
「アイリッシュパブ」も「キッチンハートランド」も「おちゃの時間」も「カフェ・アンティーブ」も「村松食堂」も、きららの中の「清水写真店」も・・・
そして、北杜市も北杜市教育委員会も後援してくれています。

前売りだと1000円、当日は1200円です。高校生以下無料です。
●1回目は12:00~
三上監督のトークは14:30~16:00
●2回目は16:15~

「風路」にもチケットあります。
by kaze-michi | 2019-04-13 22:59 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

6月10日(土)に、北杜市で「標的の島~風(かじ)かたか~」を上映します。

 「風(かじ)かたか」とは、風よけ、防波堤のこと。
 命を守る「風かたか」に
 私たちはなっているのだろうか?


「標的の村」「戦場(いくさば)ぬ止み(とぅどぅみ)」に次ぐ、三上智恵監督の作品です。
北杜市からポレポレ東中野まで観に行った人たちが、さっそく上映委員会を立ち上げてくれました。
私たちも微力ながら応援していきたいと思います。


北杜市内のたくさんのお店でもチケットを取り扱ってくださいます。
小淵沢は、ハートランド・セルクル・蔵屋グリーンズ・笹屋さんなど。
きららの清文堂・清水写真店にもあります。
ブログはこちらです。


「標的の島~風かたか~」_f0019247_2235091.jpg

by kaze-michi | 2017-04-28 18:51 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

高江の今

高江の今_f0019247_10493344.jpg
沖縄本島の北の方に東村・高江という地域があります。
その名前を知ったのは、三上智恵さんのドキュメンタリー映画「標的の村」で。
素晴らしい自然が残るその村を囲むようにヘリパットを作る計画があり、そこで暮らす人々の平和への思いを知りました。
その後、その映画の続編とも言われる「戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)」を見て、本当に沖縄のこと知らなかったな~と、そして知らないということで沖縄に戦後もずっと犠牲を強いていたのだな~と思わずにはいられませんでした。

そして昨年11月、北杜市から沖縄・辺野古ツアーに行く企画を知り、ぜひにと参加させてもらったのでした。
11月でも夏のような日差しと美しい海、美味しい食べ物とお酒!
観光バスのガイドさんが「普通」に語る、沖縄戦の筆舌につくせないような惨禍。
地上戦が行われるとはそういうことなのか・・・
死体を踏まずには道路を歩けなかったとか、一家全滅の家がいくつもありその中には名前さえわからない赤ちゃんもいたとか(名前を知っている人がみんな死んでしまったから?)・・・だから平和の礎には「誰々の子」としか書かれていないそうです。
さとうきび畑の歌詞にある「あの日鉄の雨に打たれ、父は死んでいった・・・」の鉄の雨というのが急にリアルに感じられたのでした。

高江の今_f0019247_11561728.jpg
そして辺野古で500日目の座り込みに1000人が参加したこと、そして高江にいってお話を聞いたこと、もう一度思い出しています。


7月10日の選挙で沖縄の人々は現職の大臣より、基地を作らせないことを公約にした伊波さんを圧倒的に支持しました。その翌日早朝から、高江のヘリパット基地を作る工事が強行されているそうです。
本土ではその様子は全くといっていいほど、報道されていません・・・(少しはあるのかな?)

高江の今_f0019247_10501542.jpg


もしも八ヶ岳にオスプレイの基地を作ることを国が強行してきたら・・・?
想像してみようと思っても、無理・・・と思う自分が情けない。

三上智恵の沖縄撮影日記「わずか9時間の歓喜」

by kaze-michi | 2016-07-19 23:29 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

「戦場ぬ止み(とぅどぅみ)」上映会でトーク&ライブ_f0019247_2145438.jpg

9月6日(日)の上映会が近づいてきました。
夏の間、あまり動けなかった「チケット販売人」としては追い込みの時期!

すてきなゲストが来てくださることになりました。辺野古で抗議船「平和丸」の船長をしている相馬由里さんです。
辺野古から日本の未来が見える”と題したお話を15:45~1時間ほど。
そして1回目と3回目の終了後にも10分ほどのミニトークが予定されています。

また南アルプスの若手バンドMiraのミニライブが15:30~15:45。
今年1月に辺野古へ行き、リーダーの山城さんに出会って感銘を受けたそうです。

きのうの国会前の高校生のことばを三上智恵さんがリツイートしていました。
「映画『標的の村』を見た。基地建設に反対して座り込みをする沖縄の人々は警察や防衛局の人たちにどんなに酷いことをされても怒らず、笑顔で歌を歌って抵抗していた。だから僕らもきょうは歌を歌う」
それが「民衆の歌」かな?

会場の長坂コミュニティホールでは写真展も行われる予定。
映画上映は10:00~ 13:00~ 15:00~の3回です。
連絡くださればチケット前売り料金でお取りしておきます。
きららの清文堂他たくさんのお店でも扱っていただいています。


きょうチケット販売に行ったコックが、親しい友人から「行かないよ。辺野古移設に賛成だから」と言われたとかでガックリと帰ってきました。でも良く聞くと、「普天間が固定されたらもっと良くないと思う」というのが理由のようです。

そういう人にこそ見てほしいのですよね。
by kaze-michi | 2015-08-31 22:45 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

「標的の村」上映会

「標的の村」上映会_f0019247_2325950.jpg
きょうは「標的の村」上映会。
本当に大勢の方に来ていただきました。
300人位きてくださったらうれしい・・・と思っていたのを大幅に上回って450人を越えたとか?
前日の甲府での上映会も2回ともほぼ満席だったそうです。

きょうの2回目の上映のときに初めてこの映画を見ました。
(見ていない映画の上映に係わったのは初めて)
見る事ができて本当に良かったです。
会場全体が91分の間、ピンと張り詰めたような感じがしました。
監督さんのインタビューも良かった!

知らなかったこと、本当にたくさんありました。
SLAPP裁判とか・・・
「知らないことで加害者になりたくない」という声がこのドキュメンタリーを作る力になった、と監督の三上智恵さん。
この映画を作ってくれて本当にありがとうと三上さんに伝えたい。

3回目の上映が終わり、片付けをした後、コミュニティホールの外で最後の打ち合わせや報告をして解散。
その後2人打ち上げ。

映画を見て「自分は何ができるのだろうと思ったよ・・・」(コック談)
ほんとうに。

沖縄知事選の結果はうれしかった!これからがたいへんだと思うけど。




☆SLAPP裁判とは・・・

More
by kaze-michi | 2014-11-16 23:00 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

ぴかぴかの朝です♪

ぴかぴかの朝です♪_f0019247_23234460.jpg

北海道から来てくれた学生時代の友人Hさん。
東京や神奈川の友人たちも駆けつけてくれる予定でしたが、この台風!
2日ほど前から次々キャンセル。
次の日に予定がある方は、どうしても無理はできないようです。

ということで、主賓1人と風路スタッフ2名の「少数精鋭」(?)の同窓会となりました。
心配していた台風は拍子抜けするくらい穏やか?に過ぎていきました。

一夜明けてぴかぴかの台風一過です。予報では午前中暴風雨となっていたのですが・・・



午後からは「標的の村」のチケット販売人となって、あちこちへ。
チラシを読んで、関心を持って頂けるだけでもうれしいです。(チケット買って頂けるとなおうれしい ^^;)
市内のいろいろなお店でも取り扱ってくださっています。
(収益があれば、監督の三上智恵さんが今撮影中の続編のために寄付する予定です)

夜は「やつねっと」の会議。
by kaze-michi | 2014-10-14 23:33 | お客様 | Trackback | Comments(0)