人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:フットパス ( 36 ) タグの人気記事

フットパスチームの忘年会

フットパスチームの忘年会_f0019247_2213011.jpg
北杜市にはたくさんのフットパスコースがあります。

最初は4~5人でコツコツと歩いてコースを作ったそうです。
今では、数えきれないくらいの素晴らしいコースができています。
そしてこれからもまだまだたくさんできそうです。

コース作りの中心になった人々が、古民家レストラン「ふらここ食堂」に集まりました。
ここに集ったひとりひとり、そしてひとつひとつのコースが北杜市の財産だと思います。
それぞれができることをやり、お互い刺激を受けあって、さらにいいものができていく・・・となっていったら最高です。

会の最後にそれぞれ思いを語りました。

私たちも話したいことはあれこれあれど・・・
12月4日に歩いた「浅川兄弟ゆかりの道」のことを。
このコースもほんと宝です。
国境も民族の壁もふわりと超えた、伯教さん・巧さんの生き方こそが未来を指し示してくれていると思います。

歩くことってほんとうにすばらしいです♪

民話の里・増富

民話の里・増富_f0019247_1872835.jpg
3月から毎月のように行われた北杜24景フットパスもあと2回。(フットパスは来年も行われます)
毎回好評で定員を越える申し込みがあってウレシイ悲鳴だったとか。
今度の土曜日の「民話の里増富と紅葉の渓谷」も、早々と定員に達したそうです。
「八ヶ岳歩こう会」が毎回協力していますが、本番の日には行くことができないので、きょうの下見に参加。

ここは数年前に小淵沢ペンション振興会の秋のポレポレウォークで歩いたことがあります。でもそのときは「いい道♪」「紅葉きれい♪」と歩いていただけでした。

民話の里・増富_f0019247_17351323.jpg
今回参加してほんと~に良かった・・・と思うのは、きょうはこの方「増富の湯」支配人さんが説明をして下さったからです。
下見にスコップ!・・・?
台風の影響で道が塞がれている可能性があるとのことで、スコップです。
途中何度か、活躍していました。(スコップが)

増富温泉はラジウム温泉ということで有名です。
玉川温泉と三朝温泉と並ぶ三大ラジウム温泉と言われているそうです。

そして、歩いた道にも放射線が・・・ガイガーカウンターの針が揺れ、音がします。
でも自然の放射線と、原発の人工の放射線とは全く違うのだそうです。

民話の里・増富_f0019247_17321956.jpg
それにしても岩を抱くような木のエネルギーにも驚きます。根の力、すごい!

民話の里・増富_f0019247_18111624.jpg
「民話の里」というだけあって、「川っ子」「かまど童」「ディラ坊」・・・不思議な面々が迎えてくれます。
ついついあちこちさすったりしてしまいます。

民話の里・増富_f0019247_18113477.jpg
19日のフットパスは締め切りですが、紅葉はこれからがシーズン!

増富、奥が深いです!

きよさと湖と花の森公園

きよさと湖と花の森公園_f0019247_0331575.jpg
きょうはフットパス。花の森公園では今たくさんの鯉のぼりが泳いでいます。

きよさと湖と花の森公園_f0019247_0334720.jpg
ケーブルカーで上に。名前の通り、色とりどりの花がきれいです。野菜も植えて、摘み取り体験をやったりしているそうです。

きよさと湖と花の森公園_f0019247_0383172.jpgきよさと湖と花の森公園_f0019247_0385848.jpg
石尊神社。以前来たときは紅葉がきれいでした。土俵があったので、土俵入りをせずにいられないヒト。

きよさと湖と花の森公園_f0019247_041451.jpgきよさと湖と花の森公園_f0019247_04209.jpg
この道は「佐久往還」。往時を偲ばせる佇まいです。国道141号を越えて少しいくときれいな八重桜。

きよさと湖と花の森公園_f0019247_0445810.jpg
山々がいろいろな色の緑に染まっていきます。

きよさと湖と花の森公園_f0019247_21552348.jpgきよさと湖と花の森公園_f0019247_21554062.jpg
前回のフットパスの時に教えて頂いた「フジハラセイメン」さん。「にぼしラーメンがおいしい」という「歩こう会」のOさんの薦めに従い買ってみたら大正解!うちの定番メニューになっています。きょうはワタシが推薦します!ほとんど売り切れ!?

きよさと湖と花の森公園_f0019247_21593921.jpgきよさと湖と花の森公園_f0019247_21595214.jpg
途中、満開のウワミズサクラ。緑がまぶしいくらいです。


さて! きよさと湖に到着。

きよさと湖と花の森公園_f0019247_2215953.jpgきよさと湖と花の森公園_f0019247_222164.jpg
ヘルメットをかぶって地底まで降りていきます。 まだまだ降りていきます。
・・・・・登りもかなりです!

生還! 壮若「山ボーイ」2ショット。
きよさと湖と花の森公園_f0019247_2244872.jpg



七賢蔵開きで「蔵出し」ゲット!

七賢蔵開きで「蔵出し」ゲット!_f0019247_15545997.jpg

きのう「遊びより」のスノーシューに参加されたお客様は、きょうは清里自然ふれあいセンター界隈でスノーシューをされるそうです。
青空が見えてきて「きょうはきっと山々がきれい」とウキウキした表情でお出かけになりました。

七賢蔵開きで「蔵出し」ゲット!_f0019247_15551682.jpg私たちは、ベッドメイク等を済ませ、山梨銘醸の「酒蔵開放(蔵開き)」へ!

途中雪煙りをたなびかせる甲斐駒と道沿いの雪の花が咲いたような木々を写真に撮りたかったのですが、カメラ間にあわず。
写真は帰りに撮ったもの。反対方向なので両方をうまく納められませんでした。


七賢蔵開きで「蔵出し」ゲット!_f0019247_15562196.jpg台ヶ原の通りに入ると、正面から賑やかな集団が・・・
あちこち興味深そうに覗いています。
やっぱり・・・「国文祭フットパス」のプラカードが見えました!

2つのグループに分かれていました。
「歩こう会」の見知った顔もたくさん。

七賢蔵開きで「蔵出し」ゲット!_f0019247_15563830.jpg「フットパス」についていきたくなるのをぐっとがまんして・・・。

お酒の販売所は、列をなしています。
送る分と、持って帰る分の「蔵出し」を無事購入。
お友達に頼まれた「もろみ酒」を探しましたが見当たりません。係の人に聞いたら「完売です」とのこと。
そう聞けば、自分でも買って飲んでみたかったと思ってしまいました。
来年の楽しみですね・・・。

七賢蔵開きで「蔵出し」ゲット!_f0019247_15565527.jpg

コックはテント内の食堂で塩麹メニューを食べてみたかったようですが、混雑していたのでこちらも来年の楽しみに。

来年は平日にゆっくり行こうっと。


フットパス「台ヶ原宿」下見

フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_2246122.jpg
2月16日(土)に行われる、北杜24景フットパス「甲州街道 台ヶ原宿」の下見です。やまなしフットパスのプラカードが目印。

フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_2248215.jpg
いい地図ができています。

二十二夜塔を写真に撮ろうとしたら・・・
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_22514161.jpg
急に雪をつかんで碑の面をこすり始めたあいちゃん。・・・写真に撮るときに文字が見えやすくなるのだそうです。
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_22533429.jpg
ほんとだ!・・・と、みんなで感心。
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_2255198.jpg
自元寺。馬場信春の菩提寺。
紋に注目です。
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_2257691.jpgフットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_22571853.jpg

ついなでたくなるお掃除小僧?
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_22583468.jpg

ワイナリーのぶどう畑。
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_22593321.jpg

きれいな雪景色の里の集落にも、辛い歴史があったのだとか?
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_23084.jpg

ここで休憩するように?
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_2311538.jpg

そしてもちろん、ここへ寄らなくちゃ・・・ 山梨銘醸!
フットパス「台ヶ原宿」下見_f0019247_234617.jpg
ちょうど本番16日は蔵開きの最中。

みどころいっぱいのコースです♪


311パレードのコースは、まさにフットパス!

311パレードのコースは、まさにフットパス!_f0019247_1285831.jpg

あしたの予定だった下見ですが、雪の予報のため急遽、きょうになりました。
きのう下見の下見をしておいて良かったです。

きょうは山々の眺望も素晴らしい!
気になるところ、コースのバリエーション等、選択枝をいくつか用意して一緒に考えてもらいました。

311パレードのコースは、まさにフットパス!_f0019247_129296.jpg311パレードのコースは、まさにフットパス!_f0019247_1294234.jpg
途中で、お寺の龍の絵のこと、古民家カフェ、六地蔵、丸石の道祖神、嗚呼地水還身碑などを説明(かなりアバウトですが・・・)、好評でした・・・かな?
距離は約3キロ。ゆっくり歩いて1時間ちょっと。
これって、まさしくフットパス!

311パレードのコースは、まさにフットパス!_f0019247_12101581.jpg311パレードのコースは、まさにフットパス!_f0019247_12102716.jpg
大泉のスーパー、図書館、支所、郵便局等、「お町」を通るので、少しはギャラリーもいてくれる・・・と思います?!
いいコースです、一緒に歩きましょう!
 (あれ?・・・これでは歩こう会のお誘いだ・・・)


2年前の3月11日におもいを馳せ、今も進行中の原発事故とその途方もない被害を見つめ、どんな未来を選ぶのか考えていきたいと思います。  2時46分には黙祷を・・・。
●3月11日 午後1時 大泉のひまわり市場集合の予定です。

明野の「おやなぎさん」

明野の「おやなぎさん」_f0019247_23312359.jpg

国文祭の応援事業「北杜フットパスまつり」の第1回は「きよさと湖と花の森公園」コース。きょうは第3回目の「明野道祖神まつり~おやなぎさん~」コースです。

もちろん参加するつもり・・・でしたがきのうの大雪!
きのうのうちに雪かきはしていましたが、きょうの朝、除雪車が道路を除雪してくれて・・・それはありがたいのですが、道路に出るまでに雪の壁ができていました!
それをどかすのにかなり時間がかかり、集合時間には到底間に合わず、なんとか途中で合流することができました。

「おやなぎさん」というのは初めて聞きました。上下の写真を見ていただくとわかるように、竹を細く長く裂いて、飾りをつけて柳のようにたれさがったもの。毎年1月15日に地域毎に飾るそうです。
明野の「おやなぎさん」_f0019247_2338202.jpg

明野の「おやなぎさん」_f0019247_23383486.jpg
青空に映えてとてもきれいです。
明野の「おやなぎさん」_f0019247_23395043.jpg
その下で集合写真も撮りました。
明野の「おやなぎさん」_f0019247_2340654.jpg
この雪でみなさんよくぞ参加してくださいました。(写真はクリックすると少し大きくなります)

明野の「おやなぎさん」_f0019247_2344532.jpg明野の「おやなぎさん」_f0019247_2345971.jpg
明野にもしっかり雪があり、道路は凍ってすべるところも・・・。手前の雪原と南アルプスの山々が美しいです。
明野の「おやなぎさん」_f0019247_23491711.jpg
おやなぎさんの一本を巻いて屋根に置いてあります!
明野の「おやなぎさん」_f0019247_23501220.jpg
正面は茅ヶ岳。いい道です。
明野の「おやなぎさん」_f0019247_23511180.jpg
この地域は馬が多くいて「ここはばけんじょでした」とガイド(道守)の高橋さんが説明しています。「ばけんじょ」って漢字ではどう書くんですか?と質問してしまいました。市の文化財となっているそうです。 (→ more)
明野の「おやなぎさん」_f0019247_23541464.jpg明野の「おやなぎさん」_f0019247_23542974.jpg
石垣を登って上の道路へ。この景色が素晴らしい。最後に山に向かってあいさつ?

フットパスの醍醐味、「素晴らしいお店との出会い」と1回目の時に書きましたが、今回も!
明野の「おやなぎさん」_f0019247_063323.jpg明野の「おやなぎさん」_f0019247_065182.jpg
築200年の古民家を再生したお蕎麦屋「草至庵」さんです。お蕎麦はもちろん、建物も、器も、ご主人のお話もいぶし銀の趣、・・・にわかお手伝いの人がちょっと浮いているかも?

ともかくも、きょう参加できて本当に良かったです。

そう言えばきょうのコースは大雪のため、急遽変更したとのこと。距離は短かったですがとても良かったです。しかし本来のコースは更に見どころが多いとのこと。来年ぜひそちらも歩いてみたいと、道守さんに熱烈リクエストの声多数!


More

オーナーの三つ星話

オーナーの三つ星話_f0019247_23265352.jpg

山頂を覆っていた雲が晴れて、新雪をまとった八ヶ岳が素晴らしくきれいでした。

「風のたより」冬号を印刷するために、小淵沢商工会(すずらんカード会)へ向かう途中、あまりの美しさに息をのみました・・・が、カメラを持っていなかったので、帰ってから近くで。

印刷は最後ちょっと機械の調子が悪く、少し残ってしまいましたが、ほぼ完成。
各ペンションの一押しや、北杜24景フットパス・小淵沢のキャンドルナイト等、今号もたくさんの記事が載っています。

そうそう、オーナーが交替で書いているコラム「オーナーの三つ星話」は今回は風路の番です。「第三の人生」(?)について書いています!


きよさと湖のダムを訪ねて

きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_19433723.jpg

来年、山梨県は国文祭の年。国体の文化版です。
その応援事業の「北杜フットパスまつり」のきょうは第一回目、「きよさと湖と花の森公園」コース。

フットパスは史跡や文化を訪ねて歩くということも多く、距離も5~8キロ位。だから体力にあまり自信が無いという方でもOK・・・のハズなのですが、きょうは「ちょっと体力が必要だった」ということが後でわかりました!

集合は道の駅南清里。風が冷たい~・・・でも山がきれいっ。

きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_19444219.jpgきよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_19453044.jpg
このコースのガイド役「道守(みちもり)」さんと大門ダムの方の紹介の後、ケーブルカーで一気に花の森公園まで上がります。このケーブルカーで一度上から降りたことがあります。かなりの傾斜で、「真下に落ちるよう・・・」と思いました。登る方がマシでした(高所恐怖症のヒト談)

きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_19505066.jpg
ぐんぐん高度を上げていくと八ヶ岳や南アルプスが見えてきて、歓声。「これできょうは帰ってもいい位」という声もありました。

花の森公園をぐるっと歩いて、石尊神社へ。きょうもまだ少し紅葉が残っていましたが、最盛期はそれは見事だそうです。
きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_19534869.jpg

佐久往還を歩くと「鏝絵」や、
きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_19541711.jpg

立派なお家や、 (ここは「道~白磁の人」の撮影でも使われたとか?)
きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_19561831.jpg

丸い石の道祖神等、興味がそそられるものがあちこちに。
そして出ました!通りのお宅で作業中の方に話しかける方々・・・
きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_1959289.jpgきよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_19592172.jpg
こういうのがフットパスの醍醐味!?

さあきょうのハイライト(!)大門ダムです。大門ダムの中(下?)を見学できるとのこと、初めてなので興味津々。
きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_2005951.jpgきよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_2011599.jpg
ヘルメット姿も凛々しく?地底深く降りて行きます・・・かなり降りて行きます。
かなり降りるということは・・・
やっぱり! (心臓破りの)登りが・・・???
無事全員「生還?」してダムカードをいただきました。

フットパスの醍醐味、まだありました!
いいお店との出会い。
きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_20322620.jpg
フジハラセイメンさんです。「おいしいよ」という参加者Oさんの推薦に従い、買ってみました。

きよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_2035545.jpgきよさと湖のダムを訪ねて_f0019247_20352315.jpg
きょうのちょっと遅いお昼は、残り物のローストビーフとおいしいほうれん草入りのにぼしラーメン♪ 

おいしかったですっ。(^^)v


縄文の里・大泉フットパス

縄文の里・大泉フットパス_f0019247_21255081.jpg
きょうは大泉のフットパスのマップ作り。
風は冷たいですが、山々の美しさはため息がでるほど。
甲斐駒ヶ岳も白くなり、その前の林の紅葉とのコントラストが素晴らしい。
秋のフィナーレと冬の序章・・・という感じ。

富士山も・・・。
縄文の里・大泉フットパス_f0019247_21275441.jpg

そして八ヶ岳! 真上には抜けるような青空が広がっています。まさしく八ヶ岳ブルー。
縄文の里・大泉フットパス_f0019247_21293176.jpg

この山々を見ながら歩いているだけで満たされた気持ちになります。
もちろん、コースにはいろいろ興味深いものがたくさん!

縄文の里・大泉フットパス_f0019247_2133275.jpg
ここは金生遺跡。パワースポット(?)です。冬至の日には甲斐駒のてっぺんに夕陽が沈むダイヤモンド甲斐駒が見られます。

途中の安楽寺には、「道~白磁の人」の撮影写真が飾ってありました。
最初の奥さん「みつえ」さんの葬儀のシーンにご住職さんが出演されたとのこと。
天井の龍の絵も見事。

見どころいっぱいのコースです。



3年前の冬至の日に撮ったダイヤモンド甲斐駒。

縄文の里・大泉フットパス_f0019247_21452914.jpg