人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:カルチャくん ( 2 ) タグの人気記事

歌声&ウォーク

歌声&ウォーク_f0019247_23432266.jpg
きょうは第3回八ヶ岳・棒道ウォークの第1日目、せっかくウォーク&カルチャー体験の日です。
昨年は3つのコースがあり、その1つ「白磁の人コース」を担当しました。
今回のコースは2つ。まだ行ったことのない歌声&ウォークのコースを歩きます。



歌声&ウォーク_f0019247_171655100.jpg歌声&ウォーク_f0019247_17185778.jpg
きょうはノルディックウォーキングの講習もありました。上半身も使うので全身運動になるようです。
カルチャくんと2ショットで写真を撮るのが人気です。

歌声&ウォーク_f0019247_17205744.jpg
三分一湧水館では「八ケ岳と棒道」と題した講演もありました。八ヶ岳の主峰は赤岳ではなく権現岳!?
また棒道についての興味深い説も聞くことができました。ふ~む。

それでは出発!
歌声&ウォーク_f0019247_1725485.jpg歌声&ウォーク_f0019247_17252630.jpg
「この矢印はきのうワタシが引きました」(ごくろうさま)  三分一湧水脇の見事な紅葉!

歌声&ウォーク_f0019247_172952.jpg歌声&ウォーク_f0019247_1729204.jpg
到着!世界的にも珍しい八ヶ岳リードオルガン美術館で、演奏と童謡唱歌を楽しみます。(歩き始める前から声を張り上げて、ちょっと顰蹙をかっているヒトもいたとか・・・?)
受付前はクリスマスモード。中に入るといろいろな楽器やオルガンが所せましと並んでいます。説明とともに、演奏も聞かせていただきました。後半はオルガンの伴奏でたくさん歌いました。
小海線の歌、全曲(全行程)歌いました♪ これはすごい! 
歩くことと大きな声で歌うこと、どちらもとても健康にいいような!?


歌声&ウォーク_f0019247_17333694.jpg歌声&ウォーク_f0019247_17335066.jpg
美術館を出発する前に人数確認のハイタッチ。 途中の紅葉がすばらしい。

歌声&ウォーク_f0019247_17345721.jpg
ダンコウバイ(壇香梅)がと~ってもきれいなので、一緒に撮りましょう!
歌声&ウォーク_f0019247_17353386.jpg
三分一湧水に行ったことがない、という方が何人もいらっしゃいました。ゴールはすぐそこです。


カルチャくんのストレッチ・・・(^^)。
歌声&ウォーク_f0019247_2348010.jpg歌声&ウォーク_f0019247_23552611.jpg
ひざを回す。 足を前後に開く。

歌声&ウォーク_f0019247_17374373.jpg
深呼吸・・・?!

あしたはいよいよ本番です!一緒に歩きましょう♪

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_23444651.jpg
「八ヶ岳歩こう会」が協力している北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」です。
12キロと20キロの2コース。150人もの方が参加してくださいました。
出発前にコースごとに集合写真を撮りました。まずは20キロ。(上の写真)

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_23462559.jpg北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_2346484.jpg
開会式が始まりました。カルチャくんも来てくれてあいさつしています?
20キロコースは速い組とゆっくり組に分かれました。私たちはモチロン・・・ゆっくり組です。

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_2351287.jpg北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_23512170.jpg
途中でしっかりと安全確認をして誘導してくれる頼もしいスタッフ。

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_23524997.jpg北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_2353619.jpg
雲をまとった甲斐駒が美しい。スペインの話をた~くさん聞いてもらっています。

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15445459.jpg
田んぼの稲が青々と育っています。いい風景だな~。

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15461978.jpg
オオムラサキがよく飛んでいる深沢川の橋に出ました。いるかな?

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15463121.jpg北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15464567.jpg
いるいる♪ たくさん飛んでいますが、動きが速いのでとても写真に撮れません。遠くで止まっているのと、弱って(息絶えて?)地面でじっとしているのと。

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_1549983.jpg
ここもたくさん飛んでいました。リーダーがエノキについて説明しています。「オオムラサキの幼虫はエノキの葉しか食べません」

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15503038.jpg
グリーンヒル八ヶ岳で昼食です。木陰が涼しい。つけものや果物が回ってきます。

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15512978.jpg
最大の難所?(オオムラサキの森への登り)は、付添として車で通過。森まで送ってもらって、逆方向からお迎えに。リーダーがとっとこ登ってきました。さすが登り坂に強い!

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15552785.jpg北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15555399.jpg
オオムラサキの森ではスタッフが冷たいお水やお菓子を用意して待っていてくれました。こういう心遣いが本当にうれしい、という声多々。

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15565014.jpg
雲がステキと空を見上げます。ほんとだ!

北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15582666.jpg北杜24景フットパス「オオムラサキの里ウォーク」_f0019247_15592899.jpg
オオムラサキセンターに帰ってきました。こんな木道ができていました。20キロ・ゆっくり組が最後の到着です。みんなで(正統)一本締め。このあと、テントの撤収や給水用のタンク等々スタッフが黙々と片づけをしていました。
「縁の下の力持ち」という言葉を思い出したけど、縁の下ってもう死語?


きょうはスペイン・巡礼の道(カミーノ)から帰ってきてちょうど10日目。
帰ってきて初めてのウォークです。
カミーノでは毎日平均16~7Km歩いていました。
その時は9Kg近いザックを背負って歩くので、だんだんその重さが肩に食い込んできます。
だから20Kmを超えるとけっこうバテテいました。
荷物さえ無ければ(軽ければ)、20Km位は軽く歩けるハズと思いましたが・・・あれっおかしいぞ・・・?荷物は軽いのに身体が重い~・・・。