人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:はじめのいっぽパレード ( 33 ) タグの人気記事

はじめのいっぽスタンディング

きょうは、Naka-Outdoors(中の外遊び)のスノーシューに参加されるお嬢さんファミリー。きのうからお泊りです。
最初に来てくれたときは小学生になったばかり?
超寒い日だったので、初スノーシューちょっと泣いてしまったのだとか・・・?
きょうはもうそんなに寒くないみたい(?)だし、雪も少し前に降っていてコンディションも良さそうだし?きっと楽しいスノーシューになったのではないかと思います。


お見送りして、後片付けをして・・・

きょうは「はじめのいっぽパレード」の32回目。
原発の無い未来を願って、北杜市のどこかを3か月ごとに歩いています。

今回は北杜市のお隣、韮崎でパレードではなくスタンディングを行うとのこと。
その前には「原発切抜帖」という映画を上映するそうです。

どちらか、少しでも参加したいと思っていましたが、代表1人がスタンディングだけに参加してきました。

買い物の前に少しだけ・・・と言ってでかけたので?
「きょうは地味ですね」と言われたとのこと。
「しまった!」という表情のS氏。
金ぴかの着物や股旅姿で買い物には行けませんよね・・・?

f0019247_23272192.jpg

写真はフェイスブックにアップしてくださった方から。
交差点の両側でスタンディングをしたそうです。

あしたで8年。

もうすぐオープン♪

f0019247_9493052.jpg
きょうは行きたかったイベントが目白押し。

1番は原発のない未来を願って歩く「はじめのいっぽパレード」。2011年3月11日の大震災後、その年の6月から3か月ごとに北杜市の8つの町のどこかで行われてきたパレードです。
それから南アルプス市で上映される「ほたるの川のまもりびと」。見たかった!
それから、風のマルシェ。以前行った時、見ているだけでうれしくなる、おしゃれなかわいいものがたくさんありました!(もちろん見ている「だけ」ではすみませんでした!)それからおいしいものも!

しかし・・・どれもあきらめて、整形外科へ・・・

いい天気。山々は美しい。そういえば、外に出たのも久しぶり。

帰りに、もうすぐオープン予定の「ひな菊」さんへ。楽しみです♪
f0019247_9491761.jpg

はじめのいっぽパレード&スーパーローカルヒーロー

f0019247_084342.jpg
3か月毎に、原発の無い未来を願って歩く「はじめのいっぽパレード」。

今回は我が町小淵沢。生涯学習センターから駅までの道のりを歩きました。
新しくなった小淵沢駅を見学。
f0019247_16193148.jpg


屋上から八ヶ岳を眺め、1300まん円(!)のベンチと屋根を見学しているところに、きょうの映画の監督さんがいらして自己紹介。
f0019247_16214525.jpg


パレードの後はホールで「スーパーローカルヒーロー」上映。
尾道にちょっと変わったおじさんがいます。信恵(のぶえ)さん。苗字です。

3.11の後、尾道に福島から移住してくる人たちを受け入れたり、被災した子供たちを保養に招待したりしています。また若いミュージシャンたちのコンサートを企画したりもしています。

なんと、きょう、この映画を企画した栗谷くん(市議です)も以前、尾道に住んでいたことがあり、信恵さんにお世話になったのだそうです。そしてそこでこの映画の監督の田中トシノリさんにも出会ったのだそうです!
人と人が繋がっていく縁て不思議だな~と思わずにはいられません。
スーパーローカルヒーローは北杜市にもたくさんいそう・・・とは、多くの人の感想のようです。

映画上映後、監督さんのトークのときに感想を求められた19歳の若者たちが話したこともまさしくそれと共鳴しているようで、びっくりしました。

はじめのいっぽパレードと獅子舞

朝、ダイニングの外はオソロシイ(楽しみにしていた?)事態とはなっていませんでした。
積雪1~2㎝位で、日が差すとどんどん融けていきました。

きょうは「はじめのいっぽパレードvol.27」。
高根町の浅川兄弟ゆかりの道を歩くそうです。
今回も気持ちだけの参加です。次回3月11日(?)は歩きたい・・・です。

f0019247_11452659.jpg
(これは今年の3月11日午後2時43分頃、明野です)

きのう来てくださったのは元保育士の方たち。
今はなんと「獅子舞」を、保育園などに届けているとのこと。
段ボールで作ったという獅子頭の写真を見せていただくと、見事な出来栄え!
これでは小さなお子さんには泣かれますね!
1月はあちこちから呼ばれるそうです。

・・・獅子舞か~~・・・
風路のエンターテイナーの目がキラリと光るのをワタシは見逃しませんでした!?

そう言えば、杉山亮さんが新宿プーク人形劇場で9日間物語ライブをやったときの初日のゲストが獅子舞をやる方。それを見に行ってくださったそうです。
「獅子舞とても良かった!」「杉山さんも楽しくていっぺんにファンになりました」
と言っていただきました。

色づいてきました♪

f0019247_17451575.jpg

きょうの朝は30分程の短い散歩。
できれば毎日、と思いつつ、今までは2日または1日だけで挫折・・・
(3日は続けたい・・・めざせ3日坊主!?)

f0019247_17453186.jpg

歩くといいことありますね♪
畑仕事をしていたまさみさんが、りっぱなパプリカを採ってきてくれました。
小さなカボチャ位の大きさです。

緑一色だった森の中には少しずつ赤やオレンジの色が・・・
ツタウルシの紅葉が始まっていました。


きょうは「はじめのいっぽパレード」でした。
3ヵ月に1度、自分の気持ちを確かめながら歩く日・・・でしたが、6月に続いてきょうも欠席。
12月には歩きたいと思います。

6年の歳月

f0019247_0211048.jpg
きょうは3月11日。
北杜市明野町を50人余の人たちと一緒に歩きました。
明野総合会館の駐車場で、集会をしてはいけないとのこと、建物を出たところで始まりの会。
f0019247_0212969.jpg
風は冷たいですが、まわりの山々は本当に美しい。八ヶ岳も甲斐駒も富士山も茅が岳も!
そこであけみさんが武藤類子さんの「福島からあなたへ」の一節を読み上げました。
f0019247_0215489.jpg

甲斐駒に向かって歩き、富士山方向に曲がり、少し行ったところで2時46分。黙とう。

八代家住宅まで行って集会。そして明野総合会館に戻って映画の上映会です。
「大地を受け継ぐ」。
福島で代々農家を受け継いできた樽川さんのお話を11人の若者が聞く、というドキュメンタリー映画。東京からみんなでバスに乗り込み、樽川さんのおうちでお話を聞き、またバスで帰ってきて別れるまでを撮っています。まるで自分も一緒に聞きに行っているような気持ちになります。

樽川さんは魂を削るように喋っていた」と感想を書いていた若者。
本当にそうだった。

はじめのいっぽパレードvol.23 in白州

きのうは仲の良いご家族。
お父さんの誕生日にサプライズでケーキを用意されていました。

ディナーの最後、デザートの時に出してほしいとのこと。
ろうそくに火をつけ、ダイニングの明かりを暗くして運びました!
お父さん以外はみんなわかっていたようで、同時に沸き起こるハッピーバースディの歌。
私たちももちろん唱和。

しあわせなお父さんとご家族。私たちも幸せのおすそ分けを頂きました。


午後からは白州で行われる「はじめのいっぽパレードvol.23」へ。
風は冷たいですが、空は青く、山々は美しい。
f0019247_19543567.jpg

わんちゃんも参加しています。
f0019247_1955564.jpg

チャリダーも! 七賢と金精軒の道を行くと、観光でいらした?グループの方々。
手を振って応援してくれて、元気づけられました。
f0019247_19573870.jpg


終わってから、「廃炉への道」というDVDを見ました。

気の遠くなるような過程がこれから何十年も続くのだ・・・ということを実感。
今はまだ端緒にもついていない段階で試行錯誤が続けられています。
それでもやり続けるしかないようです。
チェルノブイリのように石棺にしたほうがいいのかもしれません?
どちらにしても膨大な人手と、莫大なお金と、40年・50年(もしかしたらもっともっと?)という年月がかかることは間違いないようです。

イギリスで廃炉に携わっている研究者の方のお話もありました。事故を起こさず寿命で廃炉にする場合でも相当たいへんらしいのに、事故で中がいまだにどうなっているかもわからない状態で作業をしなければならないのですから、その苛酷さは想像を越えています!

どうしてこんなものに手を出してしまったのか・・・と思わずにはいられませんでした。

「絶望的」とか「暗くなる」・・・と感想を述べた方たちもいました。

それでも最後、「北杜市にはこういう本音でいろいろ言い合える場があって良かった・・・」という意見があり、本当にそうだな~・・・と。
「まわりに誰もこういうことを話せる人がいない、でも自分は思いを表したいと参加した・・・」と、以前、清里でのパレードに参加してくださった、若い女性が言っていました。


ちなみに「きょうは地味な格好できてしまいました!次回は明るい着物を忘れないようにしたいと思います」という反省を述べたのは誰?・・・

ベンシャーン「ここが家だ」

あしたは23回目の「はじめのいっぽパレード」です。

午後1時30分に白州支所前に集合です。

5年と9ヶ月を過ぎた今、私たちがパレードを続ける意味は?と、「4月3日のひろば」のお知らせにありました。
何だろう?
やっぱり意思表示をしたいのかな~~?

原発はダメ!ムリ!
事故で被災した人たちの生活再建をまず考えてほしい!
そして忘れていない人間がいる、と示したい・・・のかな・・・?

f0019247_0115667.jpg

ベンシャーンの第五福竜丸を描いた連作に、詩人のアーサービナードさんがことばを書いた絵本「ここが家だ」。

その中で特に印象に残っていることばがあります。

「久保山さんのことをわすれない」と
ひとびとは いった。
けれど わすれるのを じっと
まっている ひとたちもいる


f0019247_0155624.jpg

わすれたころに
またドドドーーン
みんなの 家に
放射能の 雨がふる


・・・わすれやしない・・・で終わるのだけど。

この本が出版されたのは2006年。
大震災と原発の苛酷事故の5年前。
そして今は大震災から5年9ヶ月。
久保山さんのことも、チェルノブイリのことも、福島のことも・・・わすれやしない・・・つもり・・・?

午後からなので、行けそう・・・と思います。


そういえば、12月のパレードは「おつきゆきえさんの朗読会と重なることが多かったのでした。
最後の方にちょっとだけ駆け付けたり、結局行けないこともありました。
そうか~11年ぶりにゆきえさんの朗読を聴けない12月なんだな~~・・・

5年目のはじめのいっぽ

f0019247_23371084.jpg
朝は雪景色!

ハイキングクラブのみなさん、なんと朝から雪見酒のご注文・・・!
いい景色を見られて良かった、と盛り上がっています!?
棒道はやめて、道の駅までゆっくり歩いてスパティオで温泉に入ってお帰りになるそうです。
きのうは蔵開きを堪能、きょうは雪景色を堪能(雪見酒も?)、・・・良かったです。

「また来年蔵開きに来ます!(キッパリ)」とうれしいご挨拶。待ってま~す。


それから、片付けもそこそこに小淵沢の生涯学習センター駐車場へ。3ヶ月毎に行われる「はじめのいっぽパレードvol.20」です。
f0019247_2349465.jpg

100人ほどのみなさん(+わんちゃん2?)と小淵沢の街中を歩きました。歩こう会やフットパスで通いなれた道ですが、小淵沢在住のお友だちは、路地など「知らなかった」そうです。
歩くといろいろ発見があるんだよね?
f0019247_23501216.jpg
宮坂自工前を通過。

歩こう会の友人宅前を通り、またスタート地点に戻って黙祷。
そしてミニ集会。
コンサートや映画や署名や取り組んでいることの紹介やお誘いがありました。

その後、ホールで映画「種まきうさぎ」を見ました。
夜は報道ステーション。

なんだか、ことばではうまく言い表せない気持ちの5年目の3月11日でした。

2011年の3月10日は・・・

5年前のきょう、3月10日。
被災地の人たちは明日がどんな日になるか・・・なんて思いもせず、いつもと同じように過ごしていたんだろうな・・・お茶碗を洗ったり、掃除をしたり、しかったり、けんかしたり、笑いあったり・・・
明日もあさってもきょうと同じような日が続いていくと、特に意識もせずに思っていたんだろうな・・・
きょうが大切な人と過ごす最後の夜なんて思いもせずに。
天災でも酷いことなのに、ましてや人災で大切な人を失い、大切なふるさとを失うなんて・・・

日々の暮らしが穏やかに過ぎていく、あしたもあさっても。
それが申し訳ないくらいありがたいことなんだと思わずにはいられません。
高浜原発、止まって本当に良かった。
止まっていても安全とは言えない原発が54基もこの地震国にあって、次々に再稼動されようとしているなんて、あの苛酷事故の後には思いも寄らなかった。2年近くも原発を動かすことなしにやってこられたのに。


あしたは「はじめのいっぽパレード」
間に合えば、パレードにも参加して歩きたい。
「種まきうさぎ」も見てみたいです。

5年目の3月11日は小淵沢を歩きます。
小淵沢生涯学習センターで1時30分集合。パレードをしてその後3時と6時から映画上映です。
いつだって「はじめのいっぽ」なんだよね。