人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

タグ:いのちの作法 ( 18 ) タグの人気記事

「いのちの作法」の蒔いた種

きのうのお客様は寒川町から。

なんと!2014年に「いのちの作法」を上映したのだそうです。
上映まで、そして上映会当日、そして反省会の様子をDVDにして、風路のテレビで「いのちの作法上映会の記録」をみなさんで鑑賞!(私たちもまぜていただきました)

小池監督も登場、森さんがウクレレを会場で演奏している様子もあり、なつかしかったです。
なんと800人入る会場がほぼいっぱいになったとか!
やっぱりあの映画と沢内村の力はすごい・・・と改めて思います。
あっ、もちろん寒川町の人々のパワーがあってこそ!ですね。
f0019247_13383531.jpg
   生命尊重の理念を 町是に掲げた
    日本には稀有の 品格と哲学を持った 町がある

           (うまく撮れていません・・・)   

とても感心したのは、主催者の話や、小池監督の話のときに手話通訳がついていたこと!
北杜市で上映会をしたとき、車椅子の方がいらしたときのことは考えましたが、手話通訳は意識もしていなかったです・・・

寒川ではその後、毎年上映会をやって、今度(来年の4月?)はやはり小池監督の「白神の夢」を上映予定だとか?長い作品ですが、都合が合えば見に行ってみたい!

町づくりの仲間がそこから育っているようなお話もあり、みんなで休耕田を耕して米作りなどもしているそうです。

実はいのちの作法を上映する際、「北杜市でのことを教えてほしい」という要請があり、わかることはお答えしたという経緯があります。「北杜市の上映会があったから」・・・と言っていただいき光栄です!

都鳥兄弟、沖縄を撮る!

f0019247_0393626.jpg
都鳥君からお手紙きました。
11月に北杜市の市長選挙があるということもあって、「村長ありき」をまた読み返してみようかと思っていたところでした。
生命行政で知られる岩手県沢内村の、故・深澤晟雄村長のことを書いた本です。

都鳥兄弟はドキュメンタリー映画「いのちの作法」のプロデューサー。
深澤村長の理念を引き継ぐ、沢内村(現西和賀町)の人々の暮らしを丁寧に描いた作品です。
初めてこの映画を見たとき、お年寄りも障がいを持った人々も、心に傷を受けた子供たちも、村全体で受け入れようとしているこの町の人々の力(優しさとか思いやりといった)に、眼も心もウルウルしっぱなしでした。
(今、このくには、それから逆な方向へと向かっているような気がして心配です・・・)

都鳥兄弟は、その後自分たちで監督をした作品「希望のシグナル」「患者さんと生きる」などを発表しています。どれも「いのちの作法」に繋がるいい作品だと思いました。
「葦牙~あしかび~」も良かったです。

そして・・・!
次回は沖縄の映画を撮る予定なのだそうです!

1枚の写真・・・そこには米兵にひき殺された幼い女の子が横たわっています・・・その写真を撮った嬉野京子さんとの出会いが、それを決意させたのだそうです。

戦争中も、戦後も、そして本土復帰したはずの今もなお、理不尽な状態に置かれている沖縄の人々の、平和への思いと、優しさと明るさ、たくましさを描きたいとのこと。

応援せずにはいられません!

「増田進 患者さんと生きる」

きょうは東京の渋谷へ!何年ぶりだろう!
まさしく「おのぼりさん」! という感じでキョロキョロしながら目的地へ。

初めての場所。
f0019247_018167.jpg
渋谷アップリンク。

ここで試写会があるのです。
f0019247_0193176.jpg
もうすぐ始まります。

f0019247_020818.jpg
2009年7月に北杜市で上映した「いのちの作法」。
その中に出てくる沢内病院の院長だった増田進先生は沢内病院を退職したあと、いくつかの病院勤務を経て、80才を越えた今も旧沢内村で診療を続けているとのこと。

高度な医療機器は全くなく問診・触診、針治療がほとんどのようなのですが、見ていると患者さんと一緒に増田先生の診察を受けて、一緒に話を聞いているような気がしてきます。
そしてほっとした気持ちになります。

この映画は「いのちの作法」をプロデュースした、都鳥兄弟の作品です。「いのちの作法」では描ききれなかった増田先生まるごとのドキュメンタリーを作りたかったそうです。
何十年も沢内村の医療を支えてきた増田先生の仕事を伝えることで、私たちの社会はどうあるのがいいのか、静かに考えさせられる映画となっています。

多くの人に見てほしい映画です。
f0019247_038042.jpg


2月20日(土)から渋谷アップリンクで毎日10:30から上映されます。
初日の20日は増田進先生と都鳥伸也監督のトークもあります!

北杜市でも、(ささやかにでも)上映会ができたらいいな~・・・。

高森観音堂の枝垂桜

f0019247_2258010.jpg

きょうは茅野へ行く用事があったので、帰りに高森へ寄ってみました。

ちょうど高森観音堂の枝垂桜が見頃を迎えていました。ここの桜も毎年見に行きたい桜のひとつ。
桜まつりののぼりがあり、臨時の駐車場が近くにできていました。
きょうは平日で静かです。
おまつりはもう終わったのか、と思って調べてみたら4月30日だそうです。それまで咲いていてくれるといいのですが。

f0019247_22514030.jpg


すぐ前のお家の桜も満開です。
f0019247_2315084.jpg



家に帰ったらうれしいメール。
4月19日に神奈川県寒川町で行われた「いのちの作法」の上映会が大盛況だったそうです♪
800人ほど観に来てくださったとか。北杜市の上映会と同じ位です!

上映に尽力されたみなさんの努力のたまものですね。
それと「沢内村」とあの映画の持つ力も改めて感じます。

「いのちの作法」寒川で

f0019247_14364228.jpg

なんと今年の賀状の中に、こんなハガキが!
私たちの友人が自分の町で「いのちの作法」の上映会を開くとのこと。
うれしいな~


私たちが多くの仲間の協力を得て、「いのちの作法」という映画の自主上映を行ってから4年半。
私たちにとって何かが変わり、それからいくつもの映画の上映にかかわらせていただくことにもなりました。
旧沢内村にも出かけ、あの映画の日常がそのままだね、と話し合ったものです。

しかし、その後のこの国はいのちを本当にたいせつにしてくれるようになっているのか・・・と思うと、大震災・原発事故後のあれこれを見聞きするほどに、暗く切ない気持ちになります。

沢内村の故深澤村長が訴えていた「いのちに格差があってはならない」「すこやかに生き、すこやかに育ち、すこやかに老いる」ということばをもう一度かみしめたい。


だから、と~ってもうれしかったです。できれば、駆けつけたい!


ブログの記事を見ると、そのときの気持ちやできごとがよみがえってきます。
ブログはカテゴリーからすぐに見つけられて便利です。

だんらんにっぽん

北杜市アルファブログの今週のテーマは「2012年の○○」。
書いた記事は「2012年の気になる映画」。(→こちらです

そこには浅川巧さんの生涯を描いた「道~白磁の人」と「いのちの作法」「葦牙-あしかび-」のプロデューサー・都鳥兄弟の初監督作品「希望のシグナル」のことを書きました。

しかし、気になる映画が他にもたくさんあります。

f0019247_113437.jpgさらに・・・「いのちの作法」「葦牙」の監督・小池征人さんから年賀状をいただいてしまいました!
だんらんにっぽん-愛知南医療生協の奇跡」という作品が完成し、今年の春から上映されるそうです。
プロデューサーは武重邦夫さん。
公式サイトもできていて、それを読んでいると、「いのちの作法」のテーマと共通するものを感じました。

いろいろな作品を見ていてこの頃特に感じるのは、「地方」から再生するしかないのでは?・・・ということ。「地方に生きる人々」と言ってもいいかもしれません。(大鹿村騒動記も!)
「いのちの作法」の最後の方で、若い太田宣承さんの「(地方にいるこんなに素晴らしい人たちを)切り捨てていいんですか」・・・というようなことばがとても印象に残っています。

石垣りんさんの「地方」という詩も沁みます。





More

いのちの山河・北杜市で

f0019247_21331783.jpg12月5日(日)高根やまびこホールで上映されます。

沢内村繋がりで?微力ながら協力させていただくことになりました。

昭和30年代、岩手県沢内村は豪雪・貧困・多病多死の三重苦を背負った村でした。その状況をなんとかしたいと故深沢村長が立ち上がりました。「いのちに格差があってはならない」と。
その理念が今も沢内村(現西和賀町)に生きる人々の中に確かに受け継がれている・・・それが「いのちの作法」という記録映画に描かれていたと思います。

あの映画を見てくださった方は「いのちの山河」を見ることにより、そのルーツをはっきり知ることができると思います。
及川和男さんの「村長ありき」が原作となっています。

最近、私はやっぱり映画が好きなんだな~と自覚するようになりました。
1年か2年に一回はこの北杜市で、映画の上映をなんらかの形でやっていくことができたら、と思ったりします。来年できたらこれを・・・と温めている映画がありますが、その夢が現実になるかどうかはわかりません。

今はこの「日本の青空Ⅱ-いのちの山河」を多くの方に見ていただいて、日本の小さな村の大きな志を知ってほしいな~と思っています。

チケット、風路でも取り扱っています。
前売り1000円。当日1500円!
ぜ~ったい前売りチケットがお得です!

3回上映です。 10時30分から  14時から  19時から (開場はいずれも30分前)
都合の良い時間にお出かけ下さい。
主催は、「映画『いのちの山河』を北杜市で観る会」です。


いのちの山河

f0019247_0575477.jpg私たちが記録映画「いのちの作法-沢内生命行政を継ぐものたち-」を自主上映してから、1年以上がたちました。
岩手県旧沢内村の村長・深沢晟雄(まさお)さんの「いのちに格差があってはならない」という理念を受け継ぐ現代の沢内村(現西和賀町)の人々を丁寧に追ったドキュメンタリー作品でした。
その深沢村長さんの生涯を描いた映画が「いのちの山河-日本の青空Ⅱ」です。

資金不足のため映画制作が一時中断、寄付を募っていると聞き、私たちの上映会がたくさんの方にチケットを買っていただいたおかげで余剰金が出たので、一部をこの映画制作に寄付しました。
映画が無事に完成し、昨年12月に甲府で上映会があると聞き早速見に行ってきました。
劇映画ではあるけれど、実話の持つ力は大きい。深沢村長の熱意がだんだんまわりの人々を動かしていくところ、志半ばで病に倒れた無念さと村の人々の悲嘆・・・まさしく「いのちの作法」のルーツでした。
(寄付をした多くの団体名が映し出されるエンディングロール中に、「『いのちの作法』北杜上映実行委員会」の名前をしっかり見つけました)

今回この日記を書いたのは、今度茅野市でこの映画の上映会があると聞いたからです。
こういう映画は特に地方にいるとなかなか見る機会がありません。
ペンション仲間でもあり、「いのちの作法」「葦牙-あしかび-」共に実行委員会仲間でもある「あるびおん」さんの知り合いの方がかかわっていらっしゃるとのこと、ぜひ応援したいと思いました。

日にちは9月25日。土曜日です。ちょうどあと1ヶ月後ですね。
ご都合のつくかたはぜひ!

●2010年9月25日(土) 上映時間2時間
●AM10:00  PM2:00  PM6:00 以上3回上映 (開場は30分前)
●茅野市民館コンサートホール
●前売り券 1200円(当日1500円)、70歳以上1000円 中高生500円
●映画『いのちの山河』実行委員会 (連絡先 片木 090-6540-7396)

あるびおんさんにも前売りチケットがあるそうです。


都鳥さんたち来ます!

あしたです!

今回も監督の小池征人さんと音楽担当の森拓治さんが来てくださいます。
こういう大手の映画館にはなかなかかからない映画は、完成したあと上映会を応援することも映画を製作した者の務めなんです・・・とおっしゃってくださっています。

そして今回初めて、プロデューサーの都鳥拓也・伸也兄弟が岩手県からはるばるやってきて挨拶してくださることになりました。

「いのちの作法」が生みだされたのは彼らが古本屋で1冊の本と出会ったことから・・・と聞いています。
その本こそ、「村長ありき」だったと。

それを読んで自分たちの郷里の近くにこのような人がいたことに感銘を受け、映画にできないかと思ったそうです。それが今から5年前? 彼らはそのとき22歳?

f0019247_2321329.jpgそして珠玉の映画ができ、私たちが沢内村や深沢村長さんを知ることとなり、その流れでごく自然に?今回葦牙を上映することとなった・・・という訳です。

あした若い彼らがこの八ヶ岳にやってくる・・・なんだか不思議な気がします。
古本屋さんでその本は彼らに見出されるのを待っていたのかな・・・


増田進先生

きょうの朝、電話が続けて2件・・・
どちらも「テレビ見ている?今沢内村の先生が出ているよ」と教えてくれました。
急いでテレビをつけると、ほんとだ!増田進先生です。
映画「いのちの作法」でもNHKアーカイブでも何度も見ていて、もう他人とは思えません!?

途中から見たのでよくわかりませんが、今先生は保険を使わない診療を選び、東洋医学の鍼を中心に患者さんの話をじっくり聞きながら治療されているそうです。1回3000円とのこと。医療費無料の村の医師がなぜ?というような題がついていました。
今の保険制度が患者さんの立場にたったものとはとても言えない、ということ、鍼でも保険がきくのだけど制約が多すぎる・・・等々。
最初から見たかったです。

でも、沢内村が出てきたら、何人もの友人が関心を持って見てくれている、ということがすごくうれしかったです。