人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

小梨街道

きょう、R141の野辺山付近を走っていたら両側の木々は白いコナシ(ズミ)の花が満開。

このあたりは「ヤマナシの木」が有名で、歩こう会の例会でも「ヤマナシの木ウォーク」として何度か歩きました。ヤマナシの花はコナシより大きめで白いサクラの花といった印象です。
1番有名なヤマナシの木のそばのペンション「森のふぁみりい」さんが、きのうの総会&懇親会にいらしていたので、今年のヤマナシの花はどうですか?と尋ねてみました。
「う~ん、いいときの半分くらいかな・・・」とのこと。
1度すっかり弱って心配しましたが、まわりに柵を作り根元のアスファルトをはがし手を入れたら少し快復してきたと聞いていました。
でも老木だし、まだまだあまり楽観はできないようです。
八ケ岳をバックに畑の真ん中に1本すっくと立っている様は本当に絵になる素敵な木です。
(歩こう会のプロジェクト八ケ岳八十八景にも選ばれています)
f0019247_201217100.jpg


そうそうきょうの本題はコナシ(ズミ)です!
コナシってどんな花ですか?とよく聞かれます。私も八ケ岳に来るまで知りませんでした。
ヤマナシほど華やかではないかもしれませんが、ツボミのピンク色、半分開きかけのときの薄いピンク色を残した色合い、開いた花の爽やかな白、木に雪が降り積もったような満開のとき。うちの前にもかなり大きなコナシがあり、このところコナシの魅力に目覚めています。
そのコナシの木々が今野辺山から清里の道を飾っています!

f0019247_20183627.jpgf0019247_20132762.jpg









(4日には野辺山で「小梨まつり」というイベントが開かれたそうです。とても良かったのでもっと多くの人に知ってもらいたい、と参加した歩こう会仲間のペアハットさんが言っていました。来年できたら参加してみたいです)

良かったな (八ケ岳)歩こう会に 入ってて

きょう八ケ岳歩こう会の総会と懇親会がありました。
普通「総会」などというものは大抵「つまらない」けど「仕方がないから参加」するものと思いがちではないでしょうか?
それが、上の句(?)!(歩こう会の副会長Tさんの閉会の辞の中から頂いちゃいました)

総会は前年度の事業報告、今年度の事業計画とそれらしくやりましたが、12時近くになり会場で食事の準備が始まる気配がすると「気もそぞろ」になる人多数。早々に会を無理やり終了させ、懇親会に移りました。

f0019247_19495077.jpg懇親会の料理はさすが八ケ岳美術館ホテル。
ランチには十分の華やかさ。
そしてなんと言っても贅沢なのは大沢聡さんのオカリナコンサート付なんです!




f0019247_1950283.jpg
まだ食事が終わっていない頃からコンサートが始まりました。
「アベマリア」をたくあんポリポリ食べながら聴いていいんですか?と申し訳ない気持ちになってしまいます・・・でも食べてしまう(ポリポリ←これは頭をかく音)
お酒も飲みながら、こんなにカジュアルな気取らない雰囲気でもしっかり大沢さんのオカリナのf0019247_19504839.jpg素晴らしさは伝わってきます。

大沢さんのオカリナの音は心の奥にまっすぐに届くという感じがします。
「シューベルトのセレナーデ」「チャールダーシュ」「アメイジング・グレイス」・・・
く~~!! 言葉にできない・・・

本当に 良かったな~八ケ岳歩こう会に 入ってて

美しの森のコナシ(ズミ)

きのうはインターネットで知り合った仲間が風路を訪ねてくれてミニオフ会です♪
到着してまず最初に「蔵やグリーンズ」さんに行き、今年から開校した「風の輪学校・ルン」の話を聞かせてもらいました。この学校がどんな風に育っていくのかすごく興味深いです。大人も一緒に勉強できるようですから、面白そうな講座のときには参加させてもらおうかな?

一緒によく食べ、良く飲み、夜遅くまでおしゃべりに花が咲きました。

きょうは清里美しの森へ。展望台からオオヤマツツジの道に下りて、駐車場まで戻るコースを歩きました。約1時間。さすが1500m付近はまだまだ新緑。コナシはツボミでした。
f0019247_043430.jpg


オオヤマツツジの開花はまだかなり先?のようです。まわりにはツボミがふくらんでいる木もありました。
ミツバツツジが満開で、優しい黄緑色の中に点在する明るい紫色が鮮やかです。そこから下にはたくさんのコナシの木が5分咲きくらいになっていました。ツボミはピンクで花が咲くと白。その色合いがとても可憐です。

f0019247_0432528.jpg
これだけ歩いてカロリーを消費したんだから、その分補給しなくちゃね!
というわけ?で清泉寮へ。目的はもちろん これ! → → →

風路の花?

風路の名前は高山植物のフウロソウからとりました。また八ケ岳から南アルプスへと吹きぬける風の通り路のような場所だと感じたので、その気持ちも込めました。

花のフウロは漢字では風露。

f0019247_1814128.jpgf0019247_1815616.jpg









庭に植えたフウロソウが2種咲きました。
濃い紫のフウロとクロフウロ。
オダマキも咲きました。
f0019247_1832395.jpg

手縫いのぬくもり・フルーツ(&野菜)バスケット

f0019247_18114798.jpg
↑の作者(風路Sの母)が来ていました。

以前はハイキングも大好きでよく一緒に歩いたのですが、足腰が弱って今は家の周りから離れる時には杖が欠かせません。
駅の階段の上り下りは、エスカレーターやエレベーター無しではかなり厳しい。
だから小淵沢駅は厳しい。
でも小淵沢の新緑をとても喜んでくれて、毎日庭を歩いて木々や草花を見てまわっていました。

きのうは近くのランプスロッジさんのGATSライブに誘ってみました。
けっこう好奇心が強いので、乗ってくれるのではないかと思って。
「行ってみようか」 ・・・やっぱり♪ 
疲れたらすぐ帰れるからね、と言っていたのですが、休憩を挟んで最後まで聞いていました。「ちょっと音が大きいんじゃないかい」 (歌い上げるというか魂の叫びというか、そんな感じ?) 「昔公民館にボニージャックスを聴きに行って以来だね」 (こういうライブはもちろん初めて) 「『朝日の当たる家』なんか歌ってくれないかね」 (この歌は気に入っているみたいです。この日の曲にはありませんでしたが)
・・・手拍子?なんかもしていましたから、結構喜んでくれたようです。

来る時は一緒でしたが、きょうはホームまで見送り、あとは一人でなんとか帰ってもらいます。乗り換え駅がちょっと心配ですが・・・

上の写真の作品は風路ギャラリーへのおみやげです。f0019247_18151588.gif
柔らかくて温かくてこういう手触りってすごくいいな。

おつきゆきえさん6月の小淵沢に来る!

6月になりました。

今月24日(土)・25日(日)におつきゆきえさん朗読会があります。

おつきゆきえさんは「ほんたうのたべものや」というお話の出前やさん。
日本にただ一人という職業だそうです。

24日(土)はペンションたん歩゜歩゜さんで19時30分より 宮沢賢治朗読
25日(日)はペンション風路で 10時30分より 大人のための絵本の会
料金は各回1500円(お茶付)です。

前回は去年の12月に風路の10周年記念イベントとしてゆきえさんの朗読会を行ったところ、大勢の方が来て下さって思い出に残るイベントとなりました。

24日のたんぽぽさんの賢治朗読には、お客様と一緒に聴きに行きます。
半年ぶりのゆきえさん、今回はどんな賢治さんに出会わせてくれるのか楽しみです♪

もちろん絵本の会も!毎回4、5冊朗読してくれますが、これが本当に楽しく愉快!
そして・・・大人になったからこそわかる切なさや愛しさ・・・
どんな絵本を朗読するかはおまかせで、当日までのお楽しみです。
ただ、今回1つ詩のリクエストをしています。(ないしょですが茨木のり子さんの詩です)

本当に楽しい朗読会です。だまされたと思って!?ぜひ一度聴きにいらっしゃいませんか!
きっと、「良かった!」と思っていただけると思います。

クリンソウが咲きました

f0019247_07699.jpg
去年「ちっちゃな造園屋・小松優子さん」に造園をお願いしてから風路の庭は一変。
それまでは今の時期は庭に出るのをためらうような気持ちになるほどでした。
庭に出て見ると、草刈をしなくてはいけなくなるからです!
他の用事もあるから、と見て見ぬ振りをして2、3日でも放っておくと、あっという間に驚くほど背丈が伸びてしまうのです。

ところが!枕木の小路を作ってもらい、大きな木々や若い木々、周りに花壇を作ってもらってからは毎朝庭に出るのが日課となりました。

ペンション仲間の「わっ」さんや「たん歩゜歩゜」さん、大泉の「セドナ」さんから頂いた山野草、そして移植したオダマキやハナイチゴ、フウロソウも咲き出しています。
今年は「森の家」のみこしばさんからいただいたヤナギランも植えました。

庭が落ち着くには3年はかかると言われました。
木々や草花が作る風景がどのように変わっていくのか・・・楽しみです♪

信玄棒道と湧水の里ウォーク

きょうはいよいよ大会当日です。
きのうから雨模様でお天気がちょっと心配ですが、予報では歩く頃には上がっているようです。当たりますように!
2人のお客様は20キロを歩かれるようです。当日参加の元お客様(Fさん)は5キロとのこと。風路は1名参加。5キロを歩くか、給水ポイントのスタッフとなります。
                                  (28日AM1:00)

朝のうちまで雨がかなり残っていたようです。そのせいかキャンセルの方が多かったらしい。実際は集合時間には雨は上がり、歩いているうちに青空が広がって爽やかな天候となりました。
5キロコースの前半のリーダーを務め、棒道の火のみやぐらの給水ポイントで、ZOOMさんと合流。ここで歩く方たちと別れ、しばしスタッフとして働いた・・・かな?
f0019247_23404047.jpg


雨上がりの瑞々しい緑の中を楽しんで歩いて下さいね!

アオダモの花

去年、玄関前の1番目立つところに大きなアオダモの木を植えてもらいました。
今年になって芽吹くのが遅いような気がして気をもんでいましたが、今は涼しげな若い緑の葉が風に揺れています。
掃除をしようと2階に上がり、窓から外を見ると白いものが揺れています。
よくよく見ると、それはアオダモの花のようでした。ちょっと離れているので、双眼鏡を持ってきて覗いてみると白い繊細な花びら?が密生して素敵な花です。
写真をZOOMで撮ったので、良く撮れていたら?あとで載せます。
  まあまあかな?↓
f0019247_0335093.jpg
その窓辺の棚に双眼鏡を置いておきました。
多分下からは良く見えないのではないかと思います。
f0019247_0341641.jpg

アオダモとは別名コバノトネリコというそうです。
トネリコで思い出すのは、「満月をまって」という絵本です。f0019247_038229.jpgこれもおつきゆきえさんが読んでくれた本です。
聞いていて胸がいっぱいになり、このときもやっぱり、
「世の中にこんな素敵な絵本があったのか!」 と思ったのでした。
文ももちろんいいですが、バーバラ・クーニーの絵がとてもいいのです。
この本も置いてあります。良かったらどうぞ!

 
 「この『どうぞ!』とはどういうことだ?うちへ泊まりに来なさいと言っているのか?」
 とそばからツッコミが入りました!(^^;) (ハハハ、バレたか!・・・ うそ!) 
 連絡してくだされば通りがかりにでもOKです!

ケン道は山菜街道?

f0019247_23374672.jpg
きのうは以前も書いた愛知県小原村で天ぷら屋さんをやっている「山ハゲ」さんが泊まってくださった。きょうは快晴で、どこか歩きたいとおっしゃいます。

そういうことならば!

きょうは八ケ岳歩こう会の「ケンとクララの散歩道」という例会があります。
ケンさんとクララさんは歩こう会会員のご夫妻で、普段からご自宅から近い信玄棒道や観音平周辺、大平林道周辺を歩いていて、その一部を案内してくださるとのこと。「できたら行ってみたいな」と思っていたのでお誘いしてみました。 快諾♪

となったらさっそくおにぎりを作り、集合場所の三分一湧水館へ出かけましょう!

f0019247_23381731.jpg
このエリアは私たちもかなり知っているとは思っていたのですが、とんでもない!
けものみちならぬケン道(県道)は縦横無尽。森の恵みもあちこちに。山ウド・タラの芽・わらび・アケビの芽・ヨモギ等など・・・素晴らしい展望の丘を登っているのに、しばらくその展望に気づかなかったという方あり!(曰く、「下ばかり見ていたので・・・」だそうです!)目がわらび目になってしまう方も多数。
「山ハゲ」さんも大モテです!「これは食べられますか?」「天ぷらにしたらおいしいですか?」と質問攻め。的確に答えながらも「私も知らない植物はたくさんあるんです・・・」と謙虚です。
f0019247_23383834.jpg

以前スノーシューで来た防火帯でお弁当。
雪の世界とは一転、緑のカラマツが伸びていくまっすぐな森の道。後は権現岳、正面に光る北岳。青い空。
おにぎりと玉子焼きだけのお弁当が超豪華弁当に感じられましたよね!?

今晩のおかず予報→多くの家でおいしい山菜天ぷらがテーブルに乗るもようです。