人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2020年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

花曇り

花曇り_f0019247_1623795.jpg

今年はお花見にも行けてないな~と思いつつ、雪の残る自動車道を行くと、なんと両側に見事な桜並木♪
あっと言う間に通り過ぎてしまいましたが・・・

きょうで3月は終わり。
4月も5月も「八ヶ岳歩こう会」のウォークは中止または延期となりました。

 花曇りじっと我慢の地球かな

幻の「十四代」

きょう「やつねっと関西支部長」の歓迎会。場所は小淵沢に新しくできたPAUSE(ポーズ)です。

この時期、飲食業もたいへんと思うので(宿泊業も・・・)できれば応援に通いたい!
ですが・・・出歩かない方がいいのかな?少人数ならまあいいかな???

ヨーロッパの国では、「休んでください、その期間の収入は国が払います」というところもあるそうです。
それなら安心して休むことができますが、この国ではキビシいですよね。
大好きなお店、ずっと続けていってほしい・・・

それはともかく、美しくもおいしいお料理の数々、そして楽しい仲間との語らいも免疫力あげると思います!? 
席と席の間、しっかり離れているし・・・

ワタシ的には料理やお蕎麦はもちろん
これを頂けたのが!!!
幻の「十四代」_f0019247_1523521.jpg

それほど日本酒には詳しくないし、味の違いもあまりよくわからないんですが、大分前に高尾のお蕎麦屋さんで初めて飲んでから「もう一度飲んでみたいな~」と思い続けてきたお酒です。
ここで出会えてびっくり!運転手は泣いていました!

幻の「十四代」_f0019247_15363967.jpg幻の「十四代」_f0019247_1534392.jpg

幻の「十四代」_f0019247_15342895.jpg

幻の「十四代」_f0019247_15344874.jpg幻の「十四代」_f0019247_15375391.jpg

幻の「十四代」_f0019247_15381058.jpg


どれもみんな(お酒にも良く合って!)おいしかったです、ごちそうさまでした♪

予報通り!

朝起きると・・・銀世界!
予報通り!_f0019247_17105123.jpg

どんどん降っています。積雪10㎝?

予報通り!_f0019247_17111388.jpg

お昼位には止みました。
きのうきょうはお家仕事。(もしかしたら・・・この先ずっとお家仕事!?)

通信は完成しそうですが、印刷はどこでできるかな・・・?

「フィッシャーマンズソング」

「フィッシャーマンズソング」_f0019247_22381857.jpg

塩尻の東座はマスクも用意してくれているし(持参しましたが)、消毒液もあちこちに。
しかし、申し訳ないみたいに、ほぼ貸し切り。

この映画もとっても良かった。海の男たち、かっこいい♪

ある日、旅行中の音楽マネージャーが偶然、漁師たちの歌を聴き、それを売り出そうという上司の命令で彼らに声をかける。
最初は全くとりあわない漁師たち。
マネージャーはその町に滞在して、熱心に彼らを口説き、やっとその気になってきたときに、上司から「あれは冗談」とハシゴをはずされる。今さら無かったことにはできず、自分でプロデュースして売り込みに奔走する。もちろん、世の中そう甘くはない・・・

本当の漁師さんが出ているのかと思った・・・けど、もちろんみんな俳優さん。
そして、この町のパブがすごく居心地が良さそう。パブって町に欠かせないもの、ということがよくわかります。このよそ者のマネージャーの気持ちの変化も。
みんなで酌み交わすビール、最高においしそう♪

この映画も、なんと実話をもとにしているそう!
海の男たちの、生活に根差した歌、何百年も前から歌い継がれた歌の持つ力にしびれました。

シデコブシ・ビフォーアフター

薄桃色の花びらが今にもほころびそう・・・
シデコブシ・ビフォーアフター_f0019247_14553399.jpg


しかし!!!
シデコブシ・ビフォーアフター_f0019247_15254082.jpg
咲けば・・・次々に無惨な姿に・・・

三峰神社

三峰神社_f0019247_16513823.jpg

きょうは「八ヶ岳歩こう会」の秩父札所巡り第1回目の日でした。
やはり苦渋の選択で延期となり、この日が空いたので、担当の数名で三峰神社に行ってみることにしました。
秩父札所巡りが終わったら、そこにお礼参りに行くのかと思っていたら、それは善光寺なのだそうです。
秩父札所と三峰神社は、それほど深い縁というわけではないようです?

それでも札所巡りの帰途、途中のT字路で、反対方向に「三峰神社」と大きな看板があり、一度は行ってみたいと思っていました。

そしてはるか昔の記憶をたどれば、三峰山に登ったことがあったような・・・?
そのときはロープウェーを使った、簡単(?)ハイキングだったような・・・?

ともあれ、天気は最高です♪

T字路から14キロ。まがりくねった道を登っていきます。
駐車場にはかなりの車が停まっていました。

三峰神社_f0019247_16555794.jpg
写真では小さくてわかりづらいですが、両脇の「狛犬」(?)は狼のようです。
そういえばおみやげ売り場のお酒の名前も「狼山」でした!

三峰神社_f0019247_172119.jpg
遙拝殿。遠くに奥宮が見えます。そこまで行けない人はここからお参りするのだそうです。

三峰神社_f0019247_1772868.jpg
句碑が読めなかったので、調べてみました。
 峰々を伏せ霧中空を飛べりれり 富安風生
「れり」?
三峰神社_f0019247_17544757.jpg

 押しあける老神主や山開 井上山人

さて、昼食に御蕎麦など頂いて、午後のことを相談。奥宮に行くことになりました。
登り徒歩1時間位、最後はクサリのある岩場だそうです!
不安そうなヒトもいましたが、往復するので途中で待っていることもできます。

三峰神社_f0019247_17242569.jpg
鳥居がいくつもあります。これは最初の鳥居(だったと思います)

三峰神社_f0019247_1725810.jpg
両脇には杉の木。

三峰神社_f0019247_17261183.jpg
このあたりから少し急な坂になってきて、おとといの膝痛が、ちょっと違和感。下りが心配になってきます。

三峰神社_f0019247_17273257.jpg
ちょうど半分位のところで休憩。まだ半分・・・

三峰神社_f0019247_17282374.jpg
だんだん道は細く、急に・・・

三峰神社_f0019247_17305260.jpg
ますます道は険しくなって、ふんばりどころ。最後の鳥居?

三峰神社_f0019247_17432465.jpg
鉄の階段をかなり登って下ってまた登って・・・この先は写真撮っている余裕なし。

そして・・・必死にクサリにつかまりながらも・・・
三峰神社_f0019247_17314857.jpg
奥宮到着!完全に山登りでした!
コロナ終息と世界平和、よろしくお願いします<(_ _)>

春かな?冬かな?

武川の神代桜はもう満開との情報!
ひぇ~! 
わに塚も咲き始めたらしい・・・
そういえば、きのうの下部温泉あたりの桜は満開、帰りの中央線から見たら、韮崎、穴山の桜もしっかり咲いていました!

きょうの朝の庭・・・
春かな?冬かな?_f0019247_22243735.jpg
雪でした・・・

きのうはTシャツでもいいくらいの春の山でしたが、きょうはかなり寒いです。
風も冷たいし・・・夜はポトフ。

下部醍醐山トレッキング

ヨーロッパもたいへんですね。
「外出禁止」となっていて、外出すると罰金!という国もあるそうです?
日本では、少しは外に出た方が良い(人混みでなければ?)というお達しもあり、旅行には補助金が出るという話も!
決して収まってきたわけでもないような気もしますが、何が本当にいいのかな???

それはともかく、外に出た方がストレスは減るのは確かと思われます!
「歩こう会」もバスなど乗り物に長く乗ったり、都会に行く例会は延期の方向ですが、きょうはあまり登る人も多くなさそうな(?)トレッキング。
小淵沢からだと、かなり長時間電車に乗りますが、それほど混んではいないと思うので参加することにしました!

と前置きが長い・・・

下部醍醐山トレッキング_f0019247_1538526.jpg

醍醐山。初めて聞きました。
標高634mはスカイツリーと同じ、ということで有名になったらしいです。

と~ってもいい山、いい道でした♪
葉の落ちた林は明るく、芽吹きが始まり、道の脇にはウグイスカグラ・アブラチャン・スミレなど春の花々・・・きっと免疫力も高まったと思われます!?
しかし!下りの急な坂は、膝にかなりきました!!!最後はカクカク、ヨロヨロに。(ストック2本持っていって良かった)
 ・・・・・
集合は身延線の甲斐常葉(ときわ)駅。
下部醍醐山トレッキング_f0019247_1540548.jpg
出発前の元気な写真。マスクの人多し。

下部醍醐山トレッキング_f0019247_15421145.jpg
駅から少し歩くと、すぐに「是より山道」。

下部醍醐山トレッキング_f0019247_15433241.jpg
落ち葉が降り積もった、いい山道です。

下部醍醐山トレッキング_f0019247_15443488.jpg
途中急登もあり、息が上がりますが、いいタイミングで休憩をとってくれるので、そこで少し回復!

下部醍醐山トレッキング_f0019247_15522018.jpg
芽吹きが眩しい!

下部醍醐山トレッキング_f0019247_15531399.jpg
途中林が切れて、見晴らしのいいところがありました。一番高く見えるのが五老峰だそうです。(1619m)

下部醍醐山トレッキング_f0019247_15561696.jpg
また小休止。頂上は近い!?

下部醍醐山トレッキング_f0019247_1557636.jpg
あと0.5キロ!

下部醍醐山トレッキング_f0019247_15584779.jpg
頂上直下。木々を切って、見晴らし台としたようです。写真ではわかりませんが、八ヶ岳が白く霞んで見えました。

下部醍醐山トレッキング_f0019247_161316.jpg
頂上の東屋とその周辺で昼食です。昼食後、有志は展望台まで往復。

下部醍醐山トレッキング_f0019247_1631549.jpg
カメラマン除く全員写真(一番上)の前に、頼もしいダンディトリオ。

下部醍醐山トレッキング_f0019247_1644629.jpg
下りは登りよりもっと急坂が多く、ほとんど写真無し。
1人ずつ渡る、細い橋がいくつか・・・
下部醍醐山トレッキング_f0019247_16135468.jpg


下部醍醐山トレッキング_f0019247_16141217.jpg


下部醍醐山トレッキング_f0019247_16142848.jpg
なんとか無事に下りてきました♪ もうヘロヘロです!?

下部醍醐山トレッキング_f0019247_16152071.jpg
少し歩いて下部温泉駅へ。このあたりはもう満開です♪

下部醍醐山トレッキング_f0019247_1616220.jpg
到着!お疲れ様でした!
足はカクカクですが、やっぱり山はいいですね♪

開業の頃から

きのうは風路開業当時から来てくださっていたファミリー!
うれしいです♪

風路の味のルーツのレストラン「レ・ザンファン」からのお客様。
息子さんも0歳から!
その息子さんが立派に成長して、かっこいい若者になっちゃって、ご両親と一緒にお酒もくみかわし、これもご両親の夢だったらしい「息子に運転してもらって、夫婦でお酒を飲む」も実現!
最高じゃないですか♪
風路のダイニングで、クラリネットでジャズを演奏してくれて、私たちもラッキー♪

都会はいろいろ重苦しいと聞きますが、田舎はまだのんびりしているので(?)リフレッシュできたら良かったです。

★レ・ザンファンは今、豊田駅徒歩3分の「ワイン食堂コーキチ」に。

「イーディ 83歳、はじめての山登り」

「イーディ 83歳、はじめての山登り」_f0019247_22301426.jpg

東座できのうが最後の日。行けて良かった~!

人生を楽しむことに、いつだって”遅すぎる”ことはない!
夫の介護に人生の大半を捧げてきた主婦が、このことばを聞き、亡き父と登るはずだった山に行くことを決意。

夜汽車に乗って、スコットランドに向かうときの場面、20歳で初めての一人旅で夜行列車に乗ったときのドキドキを思い出しました。

現地でガイドになった青年がステキで、これが現実だったら、そりゃあ登りますよね!?
こんな頑固な老婦人を、(最初はビジネスと思っていたにせよ)最後まで気にかけてくれて・・・

なにしろ、スコットランドの景色も素晴らしい・・・
最近、もう高い山登りは無理、せいぜい低山ハイク、と思っていたけど、もう少しがんばってみようかな、と思わせてくれました。・・・低山ハイクも無理じゃない?との声あり・・・(-_-)

次は「フィッシャーマンズソング」行かなくちゃ!