人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2019年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「無冠、されど至強」ふたたび!

昨年暮れに腰を痛めていたときに読んだ本「無冠、されど至強」。
国境や民族って何だろう? そういうものを軽々と超える人たちがいるんだな・・・
サッカーファンでもないのに、引き込まれるようにして読んだ本。
(元)サッカー少年・サッカー青年だったら、どんな感想を持つのだろう・・・と、そのとき思ったのでした。

歩こう会仲間でやつねっと仲間のPさんが感想を書いてくれて、もう一度読んでみたくなりました。


■「無冠、されど至強」
少年の頃から差別と貧困の中で育った金明植少年の唯一の楽しみは草サッカーだった。
1954年、高校生になった金少年はサッカーの強豪「都立朝鮮高校」に入学。
その年の7月、東日本サッカー選手権でベスト4,翌1955年1月は全国高校サッカー選手権でベスト4の成績をおさめた。
しかし同年4月、政治的な思惑からせっかく入学した高校は「各種学校」扱いになってしまい、「東京朝鮮高校」は「都立」ではないからという理由で、高体連の大会への道が閉ざされてしまった。
この本は、夢までも閉ざされたしまったかに見えた状況の中でサッカーを続ける東京朝高と金明植の物語。
後に当時の金日成首相からスポーツマスターの称号を贈られたほどの金明植の人生とサッカーに対する情熱、そして1966年のワールドカップでベスト8に入った当時の北朝鮮のサッカーの先進性が余すところなく取材されたスポーツノンフィクション。

当時単に「釜本邦茂」が好きだったというだけのミーハーサッカーファンでしかなかった私でもよく知っている「岡野俊一郎」「長沼健」「帝京の古沼監督」東京五輪・メキシコ五輪当時の「八重樫茂生」「宮本正勝」、1970年代の高校サッカーを牽引した「習志野」「清水東」「日大山形」などなどの固有名詞が続々でてくるのも懐かしく嬉しい。
そして出てくるそれらサッカーチームやサッカー界の重鎮すべてが、金明植のお世話になったり、触発されたりして感謝している。
そして実際彼の率いる「在日朝鮮蹴球団」は強かった。
おそらく当時まだJリーグのなかった日本で、どの大学の名門チームよりも、どの社会人チームよりも群を抜いて強かったと思われた。

しかしこの本が訴えたいのはそういうことではない。
「たかが、国籍、民族というもので分断することでいかに社会や文化が停滞するか。
また夢の存在がどれだけ人間を大きく成長させるか」というホンの数行に凝縮されたその言葉だろう。
近頃のLGBTパレードなどでよく見かける「We are already living together」(ぼくらはもう一緒に生きている)というスローガンそのままを、50年以上まえに既に実行していた金明植という一人の人生を通して、著者が強く訴えかけてくるものが熱く読み取れた。
自分だったら多分本屋さんに行っても選択しなかっただろう本に巡り会えました。
おかげで至福の3時間でした(一気に読んでしまった^^)


f0019247_22475640.jpg


こちらこそありがとうです。

あずさ止まる!

f0019247_1643023.jpg

きょうは身内(兄)の見舞いと手術後の経過を聞きに神奈川県まで出かけました。
外の気温は暑いけど、電車内は長く乗っていると冷えてくる・・・という夏のオソれるパターン。

思ったよりも元気で経過もまずまずのようなので、ひと安心。

帰り、八王子からあずさに乗ったところ、石和温泉あたりで止まってしまいました!
岡谷~諏訪(?)あたりが大雨のため、通行止めになっているそう!

20分ほど待って甲府駅へ。
その後、当分動かないとの放送・・・。小淵沢のお友だちに偶然会って、情報交換。
娘さんが迎えに来てくれるとのこと、一緒に乗っていく?といううれしい申し出♪
感謝感激・・・というところで「小淵沢までの各駅電車がもうすぐ動きそうとの放送があった」、と教えていただいたので、あわてて乗車。

結局、1時間半位遅れてなんとか家に帰り着きました。
そして途方にくれているときの親切身に沁みました!


写真は出かけるときの小淵沢駅前。
使い勝手に少々?難有りの駅ですが、有志の方たちが花々を植えてくださってそこはステキです♪

ひとつの映画から

わたしの人生を変えた!
と言ってもいいくらいの映画の監督さんのご家族がいらしてくださいました。
監督さんの近況のこと、映画のこと、いろいろお聞きしたり、お話させていただきました。

監督さんは今闘病(リハビリ)中とのことですが、蒔かれた種はあちこちでいろいろな芽を出し、花を咲かせていると思います。

f0019247_16275774.jpg

映画の上映会のときの写真を見ながら、そのときのこともお話しました。

秩父札所巡り下見の下見

f0019247_0142273.jpg

台風のおかげ(?)できょう「下見の下見」に出かけられることに!?

途中道の駅「みとみ」で休憩したときには台風の影響か(?)雨がポツポツ・・・そして寒かった!
雁坂トンネルを抜け、小淵沢から3時間半ほどで19番札所龍石寺へ。
車から降りたとたん、ムッとする暑さ!
山ではほとんど感じることのない、湿気を帯びた熱気です!
そして小雨の中歩き始めます。

記録を見たら、2004年に「蓮田市歩こう会」と「湘南ふじさわウォーキング協会」との交流ウォークで歩いているのです。なんともう15年も前!
すっかり忘れているのですが、各お寺に着くと「そういえばこんなところに来たような・・・」そんな気がしないでもありません。

上の写真はスタートの19番龍石寺。リーダーのOさんがその前までは個人で歩いているとのことで、きょうはここから。
そういえば三途の川の脱衣婆・三途婆がまつられているお堂は、印象に残っています!

f0019247_0215529.jpg
15年前、この橋で集合写真を撮りました!

f0019247_0223354.jpg
この階段もなんとなく・・・花いっぱい咲いていたような?

f0019247_0232869.jpg
童子堂。

f0019247_024629.jpg
音楽寺。歌手のヒット祈願や音楽会でしっかり演奏できるように・・・というお願いがたくさん貼ってありました。
歌舞音曲が大好きなヒトも、ここでは特に熱心にお参りしていました!?

f0019247_0262515.jpg
この階段!117段ありました!?

雨はやみ、蒸し暑さマックス!!
「熱中症にならないように、水分しっかりとりましょう」とお互いに注意喚起しつつがんばって歩いています・・・?
しかし、当初の予定を「大幅に短縮」というリーダーの提案に、大きく首をたてに振ったことは言うまでもありません!

こんな暑さでオリンピックできるのか!・・・と心配するシルバーウォーカー。
招致するときには「この季節は温暖な気候で、競技のためには最適」と言ったという話、ほんとかな?

札所巡りの本番は多分来年の3月か4月?位から。6回位のシリーズとなる予定です。きょうよりずっと歩きやすい気候と思います。これはほんと。

8月15日

きょうは台風が西日本に上陸するというニュース。
小淵沢は朝のうちはまだ少し日差しもあります。

棒道を歩きたいというファミリー。
ちょうど出発するころからしっかり降ってきましたが、雨にも負けずお出かけになりました!
他のお客様は、早めにお帰りになるそうです。


きょうは8月15日。
満蒙開拓団も、沖縄戦も、広島・長崎も、おおきな犠牲はみんな1945年のこと。
知れば知るほど、どうしてもっと早く戦争を終わらせることができなかったのか、と思わずにはいられません。一旦始めてしまうと、止めることがどれだけ難しいことなのか・・・とも。

きょうの夜の12時から「ひろしま」という映画が放映されるそうです。
見るのに覚悟がいるくらいの映画、という記事がありました。また、それでも現実はもっともっと酷かったとも・・・。見られるかな?

やつねっとのメルマガ「八ヶ岳通信」も発行されました。
「8月15日の俳句から様々なことを思う」というPさんの記事、なかさんの「スペイン自転車巡礼記」など、読み応えのある記事が満載です。
「見味より情報」は「檻の中のライオン」と「HUKU笑I」です。

写真はHUKU笑I(ふくわらい)のランチ♪
f0019247_23343846.jpg


f0019247_2335029.jpg

台風10号

きょうは、清里テラスなど清里方面や道の駅(スパティオ?)にお出かけになりました。
日中はきょうも暑い!と思っていたら、午後、急に雨、15分ほどで上がりましたが、そのあとはぐっと涼しくなりました。(寒いくらい!)

到着されたお客様も、途中、雨に会われたようです。早くお風呂に入ってくださいね。

台風が近づいているようで、明日も雨予報。

湘南の風?

きょうは、中学からのお友だち(Cちゃん)ご夫妻と、女子旅のかた。
湘南の風を運んできてくれました!
f0019247_1724631.jpg
江ノ電!・・・じゃなく江ノ猫?
Cちゃんは以前香港に住んでいたことがあり、私たちも訪ねたことがあります。
3泊4日(中2日)の日程にぎゅーっと詰まった充実の旅。コックにとっては初めての海外旅行でした。

気さくなCちゃんは香港に知り合いがたくさんいるとのこと、今の香港の状況に心を痛めているようでした。知っているひと、親しいひとがいれば、遠いところの話ではなくなりますよね・・・

田舎(山)へ里帰り?

f0019247_22175326.jpg

毎年夏に田舎の家に帰ってくるように、風路に来てくれるTさんファミリー。
年々たくましくなっていく子供たち!
都会に戻る前に玄関前で恒例風路一座!
主役の座をすっかり奪われて、脇役になる渡世人?


こちらも毎年会えてうれしいこうじ君ファミリー。
f0019247_22391353.jpg
おめでたい話もありました♪
諏訪大社の春宮のお守り、あげたい人がたくさん!?

東京⇒風路180km 11回目!

油断をしているとあっと言う間に到着してしまいます。

きたよ~の声から・・・

f0019247_12522069.jpg


f0019247_12523980.jpg


f0019247_12525644.jpg


f0019247_12532742.jpg


f0019247_12534588.jpg


f0019247_1257213.jpg

一瞬でここまで! 何と今年で11回目!

第一回目のときのことはよく覚えています。
6時半の夕食の時間ギリギリに到着、ディナーの後に、大垂水峠・笹子峠・甲府からえんえんと続く長い登り(長坂)小淵沢からループ橋、小淵沢駅(旧役場のあたり)から中学校、リゾナーレ・・・そして風路までの行程を聞けば、よくぞ完走した!と称えずにはいられません!
その後毎年のように記録を縮め、今ではすっかりアスリート。

きょうの甲府も相当暑かったと思うけど・・・?

8月9日

f0019247_142478.jpg

八ヶ岳から湧きあがる真夏の入道雲!

きょうは8月9日。今、8月6日も9日も15日も何の日か知らない若者が増えているとか?
ほんとかな?

でも自分でもはるか昔を振り返っても、学校できちんと教えてもらった記憶がありません。
新聞とかテレビとか本とか・・・で知ったような気がします。(覚えていないだけ?)

関西の友達などは8月6日は登校日だった・・・らしいですが、そういう記憶もありません。(覚えていないだけ?)

今、学校ではあまり戦争のことを教えないようになっているという話も聞きます?
子供たちの教わる教科書、どうなっているのかな?私たちの時代の教科書はどうだったのかな?

そんなことを思ったのはドイツの若者がきちんと自国の負の歴史も教えてもらっていて、「どうしてこういう戦争を行ったのか」をテーマに自分でいろいろ調べるような学習もしている、という記事を読んだからです。

ドイツの学生が日本の学生と世界大戦のこと話し合おうとしても、「知らない」と言われることが多くてびっくりする、というような記事でした。

確かに・・・自分を振り返ってみても、「満蒙開拓団のこと」「沖縄戦のこと」その他いろいろ、この数年で知ったこともたくさん!若者だけじゃないです!?

でもやっぱりいくつになっても、本当はどうだったのか、きちんと知りたいと思います。
広島や長崎で被爆された方たちの「こんな体験は私たちだけで終わりにしてほしい」ということばに微力でも応えるにはまず知ることから?・・・

検証できるように資料など廃棄しないでくださいね。

あしただったか、NHKスペシャルで「かくて“自由”は死せり ~ある新聞と戦争への道~.」という番組があるそうです。見られるかな?