人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2016年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

会議&ロプチュー

会議&ロプチュー_f0019247_19344758.jpg
きょうも山々は美しいです。

きょうは長坂で今年最後の「八ヶ岳歩こう会」の会議。その後、紅茶のお店ロプチューでランチ♪
ハーフ&ハーフカレーとカツオのタタキ丼です。
どちらもサラダ・デザート・紅茶付き。丼の方はお味噌汁もついていました。

会議&ロプチュー_f0019247_19362254.jpg会議&ロプチュー_f0019247_19365767.jpg

そのあとは、ペンション振興会の新聞風のたより冬号の最終チェックを、振興会のホームページ担当の市川さん宅で。

あしたにはアップできるそうです。

「地給知足」は楽しそう

私のお気に入りのブログの1つが「地給知足がおもしろい!」です。
以前「『地給知足がおもしろい』がおもしろい!」という記事を書いたことがあります。
印象に残っている記事もいくつもあります。

そしてコックの愛読書の1つがこれ!「八ヶ岳ディズ」。
「地給知足」は楽しそう_f0019247_15424385.jpg

年に2回発行される、八ヶ岳大好き人間にはたまらない本です。
これはその9号。
なんと、そこに載っているのが、お気に入りブログを書いているわたなべさん一家です!

きょう、ご縁があって、わたなべ家を訪問させていただきました!

帰りの車の中で、「初めて会ったとは思えない!」・・・と言う1人に大きく頷くもうひとり。
そして、「いい暮らしだよね~」「いい家族だよね~」・・・と言い合いながら帰ってきたのでした。
「地給知足」は楽しそう_f0019247_15462472.jpg


「地給知足」は楽しそう_f0019247_15474263.jpg

↓はご縁を繋いでくれたお酢!
「地給知足」は楽しそう_f0019247_15482147.jpg

森の恵み、おいしくありがたく頂きました♪
「地給知足」は楽しそう_f0019247_15464668.jpg


白州から見る八ヶ岳も美しかったです。

尾鷲ヒノキの音と香り♪

尾鷲ヒノキの音と香り♪_f0019247_1303386.jpg
思わずのけぞった!   ・・・あまりの音の良さに・・・

という(一昨年作った方の)感想を読んで・・・(⇒尾鷲2日目その2

今、我が家のパソコンの隣にやってきました。

We are the world を聴いちゃっています。

S氏は大橋純子さんの「たそがれマイラブ」をうっとりと聴いちゃっています。

なんと、かすかにヒノキの香りが漂ってきます。

3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」

3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_2220943.jpg
きょうは、これも楽しみな熊野古道伊勢路を歩きます。
おととしと同じく「くまの体験企画」の皆さんがガイドして下さいます。
ガイドさんの説明があると、その道が何倍にも興味深く、思い出深いものとなることを一昨年しっかり体験しました。

宿の近くの古里海岸がスタートです。

ガイドのみなさん。「よろしくお願いします!」
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22205083.jpg


きょうのコースはあの山と山の間の低くなったところを行くそうです。
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22225493.jpg


伊勢路は険しい坂が続き、やっとこのあたりが海が見えほっとするところだったそうです。
ということはきょうのコースはゆるやかなのかな?

3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22245489.jpg
大正時代にできたトンネル。煉瓦の積み方が特徴だそうです。(中央線のトンネルにもこういうのがあったかも?)

やっぱり坂はあります!
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22261665.jpg

東屋から見える風景・・・紀伊松島とも言われているとか・・・
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_2227156.jpg


急な坂道を下りて、堤防の上を行きます。海岸に出たら小休止。おやつはみかん。堤防の下にみかんがたくさん生っていました。このあたりは道瀬という地区のようです。
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_2231393.jpg
「道瀬食堂」の看板が面白い。漫画家の方が2人でやっているそうです。原発事故から避難してこられたとか?

さあこれから三浦峠道(熊ヶ谷道)へ。
立派な石の標識と看板が建っています。
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22402715.jpg

その先はこんな風です。
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22411323.jpg


峠は切通になっていました。
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22455320.jpg
ゆるやかに下っていくと、
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22465618.jpg
古い石畳が少し4m位?残っています。

立派な木の橋!
3日目「三浦峠道(熊ヶ谷道)」_f0019247_22485231.jpg



昭和19年の津波被害の碑を見学して・・・お昼。
石畳弁当と薬草弁当を食べた後は、岬の突端の展望台下まで車で移動。
この頃から予報通りポツポツ雨が落ちてきました。傘を差して15分ほど登りました。

海と山とを両方味わえる贅沢なコースでした。

ここで尾鷲ツアーは解散、くまの体験企画のみなさん(+ふじけん親子)が、最後まで見送ってくれました。
これからまた6時間かけて八ヶ岳に帰ります。運転手さんよろしくね。

「牡蠣」も、「スピーカー」も、「熊野古道」もそれぞれ「このためだけに来ても良かった!」と思えるのに、それがいくつもあって充実し過ぎの3日間でした!

2日目その2「尾鷲ヒノキのスピーカー」

2日目その2「尾鷲ヒノキのスピーカー」_f0019247_15143625.jpg
さて!

今回のツアーは牡蠣がメインなのではありますが、個人的にはぜひこのスピーカーを作ってみたいものだと思っていました。
一昨年もこのワークショップがありましたが、時間がかかりそうだし、ちょっと遠慮してしまいました・・・しかし作った人たちから絶賛の声・声・・・

そうか~・・・そんなにいい音が出るのだったら、作ってみたいな~できるかな~・・・とおそるおそる希望してみたのでした。

なんと、今回はスピーカー希望者は私たちだけ。他の人たちは鍋敷き作り。(これもまた素敵でした!)
ということで、ここ中井木工の中井さんは、スピーカー班にかなり配慮して(というか、相当手伝わないと終わりそうもない・・・と見抜いて)、丁寧に教えて(手伝って)下さったので、思いのほか速くできあがりました!

最初にはカンナで木を削る体験もさせていただきました。
2日目その2「尾鷲ヒノキのスピーカー」_f0019247_15152065.jpg
先生が削ったものはまるで天女の羽衣です。
生徒も1人1人やってみたものの・・・細かったり太かったり、ちぎれたり・・・
2日目その2「尾鷲ヒノキのスピーカー」_f0019247_15154191.jpg
生徒その1は上手でした!

そして、なんとスピーカーの中にはその羽衣のようなふわふわの木くずを入れるとのこと、前回はシルクを入れたのだそうです。
尾鷲ひのきの木くずが音をどんな風に変えてくれるのでしょう?
2日目その2「尾鷲ヒノキのスピーカー」_f0019247_15182672.jpg

帰ってから聴くのが楽しみでたまりません!

2日目その2「尾鷲ヒノキのスピーカー」_f0019247_15191522.jpg
最近ものづくりは、とんとご無沙汰でしたが、やっぱり楽しい!・・・でも「自分でやったのは、どこ?」と聞かないでね!?

このスピーカーを作っただけでも、来た甲斐がありました!
●中井木工
〒519‐3414 三重県北牟婁(むろ)郡紀北町小浦65-1
TEL&FAX 0597‐32‐1056

夜の宿は「桃太郎」。「正しい日本の旅館」という感じ?お刺身はもちろん、最後のタイ飯とお吸い物もおいしかったです。
2日目その2「尾鷲ヒノキのスピーカー」_f0019247_15385524.jpg
このほか、焼き魚と茶碗蒸しも!

夕飯はムリ~とか言っていたのは誰?

尾鷲「研修」ツアー2016 2日目その1「牡蠣!」

尾鷲「研修」ツアー2016 2日目その1「牡蠣!」_f0019247_13585952.jpg
さて、2日目の朝もまぶしい太陽が昇ってきました!空は抜けるような青空です。
きょうはこのツアーのメイン「牡蠣食べ放題」の日です♪

尾鷲「研修」ツアー2016 2日目その1「牡蠣!」_f0019247_1402114.jpg
お~っ!!!きょうの成功(何の?)は間違い無し!?

朝食は、その響きもなつかしい「純喫茶・磯」でモーニング。
尾鷲「研修」ツアー2016 2日目その1「牡蠣!」_f0019247_1431188.jpg

一昨年の記録を見てみたら、「体調がすぐれず、ミルクだけにした」と書いてありましたが、今回はバッチリ!
尾鷲「研修」ツアー2016 2日目その1「牡蠣!」_f0019247_1433345.jpg

その後、尾鷲イタダキ市で、酢サンマ・酢サバをゲット。
尾鷲「研修」ツアー2016 2日目その1「牡蠣!」_f0019247_1434869.jpg


スーパーで飲み物や調味料を購入、そしていよいよメイン会場へ!(一番上の写真がそのお店)
温かく牡蠣日和!
牡蠣ごはんに牡蠣のお吸い物もGOOD!
尾鷲「研修」ツアー2016 2日目その1「牡蠣!」_f0019247_1444560.jpg

牡蠣フライもたっぷり。牡蠣もたっぷり!ゆず・ポン酢・もみじおろし・白ワイン・・・どれも(^^♪
尾鷲「研修」ツアー2016 2日目その1「牡蠣!」_f0019247_146185.jpg


いや~良かった~!
これじゃあ夜ごはんはいらないね・・・???と、今は思いますが・・・

2日目その2へつづきます。

尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」

尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_12331631.jpg
おととし行った尾鷲ツアー、今年も都合が合って(合わせて!)参加できることに!
「Naka-Outdoors」のなかさんがお迎えに来てくれて、一緒に出発です。
6時間のドライブで、紀伊長島駅にやってきました。
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_12334172.jpg

ここに車を置き、川沿いの道を少し歩きます。
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_12353477.jpg
素晴らしい天気。12月とは思えません。
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_1236735.jpg
お花もいっぱい咲いています!
おととしはとても寒かった印象がありますが、今年は温かいです!

道の駅マンボウでお弁当をゲット、その庭のような河岸で早速ランチタイム。
酢サンマのお寿司他。美味です~♪
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_123631100.jpg

腹ごしらえをした後、出発です。

「いのしかちょう」の看板があるという声・・・ん?花札?
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_12373779.jpg
「猪鹿庁」なのね・・・被害が多いのかな?北杜市にも必要と思われますが・・・?

尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_12391280.jpg
「魚まち」の標識。このあたりから、古道歩きらしい雰囲気になります。
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_12432031.jpg
さすが、いい道です・・・この道は明治道らしいです。
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_12442342.jpg
ところどころ江戸道という標識があるところには、せまい急登の道が交差しています。江戸の旅人は健脚だったようです?
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_1375014.jpg


峠近くに、展望台(沖見平)がありました。50m脇道を登ります。ちょっと迷いましたが、行った甲斐がありました。
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_13101035.jpg


峠からはゆるやかな林道を下り、車道に出てしばらく歩くと梅ヶ谷駅。
尾鷲「研修」ツアー2016 1日目「荷坂峠」_f0019247_13121899.jpg

この駅から1駅乗って、車を置いた紀伊長島駅へ。2時間以上歩いた距離を10分で!(今度来る電車に乗れないと、その後2時間以上待ちます・・・小海線と似たようなもの?)

7.5キロの熊野古道伊勢路・・・いい路でした。

夜はおととしも泊まった和風アルベルゲ(?)へ。超豪華お刺身他が用意されていました!

「トランボ」見に行かなくちゃ!

「トランボ」見に行かなくちゃ!_f0019247_20581179.jpg
きょうから12月!速い!

今「風のたより」冬号を作っていますが、秋号の映画コラムに月下草舎の笹沼さんが、塩尻東座のことを書いてくれています。それを東座に持って行きたいと思いつつ、・・・まだ果たせていません。

そうこうしているうちに東座から、「NEWS」と映画のチラシが送られてきました。
12月のFROM EAST上映は「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」です。

「ローマの休日」「ジョニーは戦場へ行った」などの名作を生んだ脚本家ダルトン・トランボの波瀾万丈の人生。赤狩りの憂き目に会いながら、別の脚本家の名を借りて書き続けた情熱と才気。彼を支える妻と子供たちとの家族愛が丁寧に描かれている・・・
実話だそうです。

12月17日(土)から。見に行かなくちゃ!

それから、見たい映画のひとつ、「この世界の片隅に」。
こうの史代さんの原作だし・・・山梨県でも上映するのかな?