人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

<   2013年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

合羽からげて三度笠

きのうのお客様、「レパートリーが増えたんですか?」などと、コックに質問。
どこからかうわさを聞かれたようです。

それを言われちゃあ、黙っていられる訳はありません。
裏(楽屋?)から、旅姿でさっそうと?登場。

とても喜んでくださって(あきれているだけ?)大笑いが止まりません。
カメラを忘れたと残念がっていらっしゃいました。

今度代わりに撮っておきますね・・・えっ、いらない?

しかしこの歌を知っている人はもう本当に少数派・・・三波春夫さんが歌っていたそうです。


by kaze-michi | 2013-03-31 20:57 | お客様 | Trackback | Comments(0)

岩殿山は手強いゾ!

f0019247_1531643.jpg

八ヶ岳歩こう会の例会のタイトルは「猿橋から桜はまだかいな~トレッキング」。
トレッキングとついてはいるものの、前の文言はなんとなくのんびり桜見物の雰囲気・・・
に惑わされてはいけません!!!

なかなかの手強いコースでありました。
実は「歩こう会」では2005年に「岩殿山」に行っていますが、そのときは都合がつかず参加できませんでした。そのときのお話を聞いたり、いろいろな情報では稚児落としという難所があるらしいとのこと、鎖場や岩場もあるらしいし、左側が切り立ったところを渡っている写真など、見るだけでなんだかゾワゾワします。

それでも、怖い気持ち半分、好奇心半分で、行ってきました!
「怖いところ」の写真はほとんどナシです・・・
それ以外でもけっこう急坂を登ったり、下りたり、確かにしっかりトレッキング(というか登山)でした!


集合は猿橋駅。途中春日居町駅や山梨市駅あたりの桃畑がピンク色に染まっています!早い!勝沼駅の桜並木も満開です。

f0019247_9444683.jpgf0019247_9452446.jpg
猿橋駅でストレッチ。きょうはトレッキングなので念いりに。猿橋駅から猿橋までの道は「甲州街道」を歩いた時に通った道でした。あのときは確か7月だったので、アジサイが咲いていたような・・・?(今記録を見て見たら、彼岸花とサルスベリが見事)

f0019247_15314440.jpg
猿橋は「三大奇橋」の一つ。この橋の構造はやはり一見の価値ありです。

f0019247_1118274.jpgf0019247_1118544.jpg
この辺りには桃太郎伝説が残っているとのこと。百蔵山・猿橋・鳥沢・犬目・・・そしてこれは鬼の投げた石の杖。畑の中から出てきたのだとか・・・。 円通寺について書かれた看板がありました。このあたりからいよいよ山道となります。

f0019247_11351643.jpgf0019247_11354378.jpg
かなりの急登が続き、途中自主休憩を何度かとります(^^;)。 七社権現洞窟へ寄りさらに急坂を登ってやっと山頂へ。

お弁当を食べ、集合写真を撮り(一番上の写真)、いよいよ稚児落としのルートへと出発です。最初に垂直の岩が見えてきました。一応巻道もあるようです・・・が、これは行くしかない!?
ずっと昔に登った乾徳山や、北八つの三ツ岳よりは、まだなんとかなりそう?

f0019247_20194314.jpgf0019247_20204816.jpg
最初の岩登りをなんとかクリアしてもまたさらに手強い岩場があります。しかもその前は狭く左側が切れ落ちています。写真を撮る余裕無し。なんとか必死で岩の上までたどりつこうというところでカメラマンが待ち構えているので、ひきつった笑顔を向けます。
これで終わりかと思ったら、稚児落としはまだこの先だと言うじゃありませんか!

すごい岩壁が見えてきました。左側を覗きこむ気にはなれません!4人で写真を撮ってもらいましたが、ズリズリと内側へ寄っていくのは誰?

f0019247_20351477.jpgf0019247_20264638.jpg

ここが稚児落とし? 最後の集合写真を撮って・・・後は下るだけ。

f0019247_15321254.jpg

落ち葉や小さい石が滑りやすいので慎重に・・・やっと下界に着いたときにはほっとしました。岩殿山、いつも中央線の車窓から見ていましたが、なかなかスリルもあり、登りごたえのある山でした。やったぞ!

by kaze-michi | 2013-03-29 23:32 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(0)

風の通り路69号完成!

f0019247_2312656.jpgきょうはかわいいお客様をお見送りしたあと、ペンション振興会の役員会が午前中。

午後から小淵沢のすずらんカード会で風路の通信「風の通り路69号」を印刷。
もちろん「お坊山」です。
歩く植物図鑑はシナノキ。シナノキの語源はアイヌ語にあるのだとか!
オーナー奮戦記は「フリーマーケットは大盛況の巻」。

がんばって早く送りたいと思います。

夜はアイリッシュパブへ♪ 今年の大イベント(?)の相談。


by kaze-michi | 2013-03-28 23:06 | Trackback | Comments(0)

君はツグミか?!

f0019247_2245554.jpg

この時期、地面をチョンチョンと歩いているのは大抵ツグミ。

アカゲラくんがまるでツグミのように歩いているのは珍しい・・・というか、初めてみました。
木に縦にとまるポーズが定番だと思うけど・・・?


by kaze-michi | 2013-03-27 23:50 | リス・鳥・鹿・・など | Trackback | Comments(0)

庭が真っ白!

なんときのうの夜に雪が降った(!)ため、朝起きたら一面真っ白に\(@@)/
でもあっと言う間に融けてしまいました。

武川の山高神代桜はもう満開に近いようです。
毎年一度は見たい桜なので、ちょっとあせる。

でもまだまだこのあたりは、枯れ草色の中に若い緑が混じっているくらいです。
シデコブシは、今は花はそれだけなので、ヒヨドリに食べられ放題!
  (`0’)コラッ!
by kaze-michi | 2013-03-26 22:43 | 風路の庭・花・室内 | Trackback | Comments(0)

f0019247_170311.jpg

諏訪湖畔にも七福神があるそうです。
全行程32キロ(?)らしい。
「歩中(アルちゅう)おじさん」ことケンさんが2回シリーズとして例会を企画してくれました。

上の集合写真は諏訪大社上社前宮です。本宮には行ったことがありますが、前宮は初めてかもしれません。
それから法華寺(大黒天)-本宮-江音寺(福禄寿)-久保寺(毘沙門天)、そして岡谷駅まで全17キロ。天気は午前中うす曇りで肌寒かったですが、お昼過ぎから青空が広がりました。お昼の場所をお願いしていた江音寺さんでは立派なお部屋(+お茶セット)を用意していただきました。
久保寺でもお茶を勧めて頂き、全員写真も撮って頂き、とっても心温まる接待でした。
お茶を遠慮したら「お茶菓子だけでも」とクッキーの(大きな)缶をおみやげに!
岡谷駅に着いてからみんなでおいしく頂きました♪

出発はJR中央線茅野駅です。

f0019247_1741296.jpgf0019247_17413456.jpg
駅前で、きょうのリーダー・ケンさんの挨拶。ストレッチをして出発。川沿いを歩いて行きます。高速道路越しの景色はこうなるんですね・・・

f0019247_1863093.jpg
これなんと読むかわかりますか?「とりこぼしうえはし」と確か書いてありました。2番目の漢字、こんな字あるのかな?

f0019247_936367.jpgf0019247_937087.jpg
諏訪大社上社前宮着。 大きな木がありました。何の木?

f0019247_9383417.jpg
鎌倉道と書いてあります。どこからどう繋がっているのかな?鎌倉への道もあちこちに残っていますね?

f0019247_9421058.jpgf0019247_9423497.jpg
守矢資料館は月曜日でお休みでした。途中杖突峠への道標あり。

f0019247_1242694.jpgf0019247_1244699.jpg
北斗神社の階段は登りません(残念なような、うれしい?ような・・・)。 古い道祖神。

f0019247_1273967.jpg
七福神の一番目は大黒天の法華寺です。
f0019247_129014.jpg
このお寺の裏に吉良義周さんのお墓がありました。吉良上野介の孫にあたる人で悲運の生涯だったそうです。最後の2年間、高島藩やこのお寺の住職から温かい配慮を受けたことに感謝のことばが書いてありました。今でも吉良町の人が墓参にやってくるそうです。

f0019247_12285895.jpg
諏訪大社上社本宮。

f0019247_12313929.jpgf0019247_12315638.jpg
江音寺。ここでお昼です♪ お庭に福禄寿さん。

f0019247_1234171.jpg
諏訪湖畔を歩いて、久保寺へ。高台にあってとても眺めのいいお寺です。毘沙門天さん。

f0019247_1237773.jpg
諏訪湖畔に戻り、「琵琶湖周航の歌」の碑の前で小休止。ボタンを押すと音楽が流れるので、それに合わせて歌ってくれるぶんちゃん。
岡谷駅はもうすぐです。

後半は5月1日に歩きます。八ヶ岳歩こう会のウォークはどなたも歓迎です。歩きたいと思われた方はぜひホームページをごらんください。


集合写真と一部の写真はクリックすると少し大きくなります。
by kaze-michi | 2013-03-25 22:18 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(0)

神代桜開花宣言!

なかさんのブログを見たら!

なんと、山高神代桜は開花宣言!
わに塚の桜もかなり色づいている感じ・・・一分咲き位?もっとかな・・・
穴山駅の公園の桜はお花見が出来そうとのこと。

韮崎・甲府は満開だそうです!

今年の冬はあんなに寒さが厳しかったのに・・・
うれしいような、戸惑うような・・・

なかさんの桜桃子ツアーも日程を検討・・・と書いてありましたが、小淵沢ペンション振興会・ポレポレクラブの桃の里ウォークの日程も考えなくてはいけないかもしれません。

今年は4月14日(日)に予定しています。
今まで一番早かったとき、4月15日だった予定を一週間早めたことがありました。

今のところ14日か7日、どちらになってもご案内できるようにしておきたいと思います。
花が見ごろなのは7日(日)かな~?
迷っていらっしゃる方はお問い合わせください。

うちの庭のシデコブシがそろそろ開花しそうです。(ヒヨドリ注意!)
近所ではダンコウバイが咲き始めました。

by kaze-michi | 2013-03-24 12:27 | 八ケ岳 花情報 | Trackback | Comments(0)

祈りのチェリスト「ヴラダン・コチ」さんが今年も八ヶ岳にやってきます♪

2011年の大震災の年の9月には東北各地でチャリティコンサートを開催。
出発前の8月31日に八ヶ岳で行われたコンサートも素晴らしかったです。

東北でのコンサートの報告を後で聞かせて頂きました。
小さな教会や仮設住宅などでも演奏されたそうです。
福島では今まで押さえていた様々な感情が溢れだすように「涙・涙」の演奏会だったとか・・・

今回は若手の女性チェリスト「ヤナ・ヴェヴェルコヴァー」さん(言いにくい ^^;)とのデュオリサイタルです。


 東日本大震災復興支援 チャリティコンサート
  プラハ・チェンバー・チェロ デュオリサイタル
     祈り 希望 光

 ●日時 2013年5月6日(月) 16:00(15:30開場)
 ●場所 アルソア本社3階 スペース「森羅」
 ●チケット 3000円(全席自由)
 ●主催 ヴラダン・コチ チャリティコンサート実行委員会
 ●協力 アルソア本社
 ●お問い合わせ 0551-36-3826(P・風路) 0551-36-4166(P・あるびおん)

楽しみです♪

by kaze-michi | 2013-03-23 19:23 | ヴラダン・コチさん | Trackback | Comments(0)

塩尻のアルセーバ

アルセーバの名前の由来は・・・塩尻市の洗馬(せば)という地区にあるから、だそうです!(ほんと?)
五一ワイン、井筒ワインの近くです。
パスタとサラダとエスプレッソがAランチ、それにドルチェがつくのがBランチ。その他お肉・お魚のコースもありました。

f0019247_22461363.jpgf0019247_22463427.jpg

サラダは4人分が大皿に。パスタは4種類から選べます。
器もおしゃれ。     トイレの鍵も!?

f0019247_22465656.jpgf0019247_22471419.jpg
ドルチェは頼んだ人数分、違う種類が・・・
ジャンケンで決めました。イチゴのシャーベットとプリン、ヨーグルトの??、ガトーショコラとアイス。それぞれちょっとずつ味見をさせてもらったことは言うまでもありません!?


帰ってすぐに4月始めに行われるペンション振興会の総会の相談。

 
by kaze-michi | 2013-03-21 23:16 | 八ケ岳の食&食事処 | Trackback | Comments(0)

f0019247_14361455.jpgきのうサプライズのBirthday Cakeが届いたYさん。
きょうは早朝出発です。
行き先は戸隠!
「八ヶ岳遊びより」の戸隠周遊スノートレックに参加されるのです。
うらやまし~♪ 大自然の中で思いっきり楽しんでくださいね。
そういえば戸隠はパワースポットとしても有名なんですよね?

f0019247_14365095.jpgきょうは風路の通信「風の通り路69号」の作成中。今号で取り上げたのはもちろん「お坊山」!

山旅さんが執筆している山と渓谷社の「新・分県ガイド14山梨県の山」の記述を読むと、棚洞山を経て下る道は山慣れた人向き、と書いてありました!確かに!!!

来週始め位には印刷したいです・・・が?


by kaze-michi | 2013-03-20 14:43 | 仕事やあれこれ | Trackback | Comments(2)