風路のこぶちさわ日記

<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

大門沢スノーシュー

f0019247_0293230.jpg

きょうも快晴。
お昼位に出かけました ・・・下見に。

このコースを歩くのは2年ぶりだったので、道を踏み外しそうでした!
それにこんなに雪が深かったのも久しぶりです。

f0019247_0295743.jpg
この写真は膝までもぐっていますが
腰まではまって、なかなか抜け出せなかったことが2回。
スノーシュー履いてて、そうなのですから、ツボ足だったら歩けないと思います。
尻滑りをしようとすると、お尻から潜る~・・・!

f0019247_0302656.jpg
悪戦苦闘、四苦八苦しながらも、なんとかゴールへ!
下見に行って良かったです。
途中、うさぎが走っているのを見ましたが、速くて写真は無理でした。

f0019247_0304676.jpg
ここからは甲斐駒の右に仙丈岳が見えます。北岳も大きい。


[PR]

ギネス、飲みに行かなくちゃ!

f0019247_10432852.jpg私たちも大好きで、お客様や友人に紹介すると、と~っても喜んでくれるお店。
大泉の「アイリッシュパブ」!

特にギネスがたまりません・・・(^^)
(「黒麦酒の会」というグループ?も風路周辺にあります)
もちろん、パスタやピザやフィッシュ&チップス、サラダ等々お料理もおいしい。

毎年2月は、1ヶ月間お休みです。
それで1月最後の日はいつも大賑わいとのこと、1日ずらして行くことにしました。
・・・しかし・・・   みんな考えることは同じ?


f0019247_10451229.jpgずら~と並ぶ車の列!
停めるとこ無い・・・と言う位。 なんとか停めて中に入ると、すごい混みよう!
知り合いにも会って声をかけていただきました。

もちろん注文はギネス!
寒いからハーフにしようかな?と言っていたことはすっかり忘れ、一番大きいヤツ。
運転手はジンジャーエールと食べる方専門?

3月になったら、また仲間を誘っていきましょう・・・
今年も「八ヶ岳歩こう会」で「途中はパブだ!」ウォークを企画する予定(多分6月に)。


写真は撮っていないので、以前明るい時に行ったときのもの。
[PR]

「星の旅人たち」見たら・・・

f0019247_23565118.jpg

このところ寒さはキビシイですが、山々は本当にきれいです。
上の写真は八ヶ岳。
夕陽を浴びて桃色に輝いている真ん中のゴツゴツした山は権現岳。
この景色を見ているだけで、ここに住んでいる幸せを感じます。


それでも、行ってみたいところもたくさんあって困ります・・・
と言うわけで・・・買っちゃいました ↓ 
「星の旅人たち」見たら、きっと誰でも行きたくなると思います(多分?)
読んでいるだけでも楽しい。

f0019247_014393.jpg



きょうは歯医者さん。ちょっと遠いけれど以前から通っています。
その待ち時間にずっと読んでいました。
夜はやつねっとの会議。メルマガの2月号や、5月の高原サイクリングについて。


[PR]

久しぶりに諏訪のDANLOへ

今年もシンコクな季節がやってきました!
朝からせっせと、レシートの整理をして、「弥生会計」に打ち込んでいきます。まだしばらくかかりそう・・・もう少し小まめに整理をしておけばよかった、と毎年思うのですが・・・
夜に楽しみが待っているので、がんばります!


f0019247_23415596.jpg夜は本当に久しぶりに諏訪のダンロ(DANLO)へ。
クリスマスディナーお誘いの葉書には、メニューに熊肉の料理があり、塩山のフルーツ畑を荒らしていたため?すごくおいしい、とのこと。興味はあってもちょっと・・・と思っていましたが、本日のメニューにも載っていて、それならば、と初挑戦。臭みもなく意外に?おいしい。

f0019247_23421598.jpg


前菜はパテやテリーヌや自家製のハム等の盛り合わせをお願いしました。パンとワインにも良く会います。これにサラダとピクルスが別のお皿で。(写真無し)

f0019247_23423889.jpg




もちろん野菜料理・お魚料理・パスタ・デザートまで、どの料理もおいしくいただきました。
ダンロの料理は、行くたびに進化しています!
パスタやお魚料理等も写真無しです。すぐ食べちゃったので。

どの料理もワインととっても良く合いますと何度も言っちゃいます(^^)v・・・運転手さんに感謝!!


[PR]

「モンサントの不自然な食べもの」見ました

長坂コミュニティホールで上映された「モンサントの不自然な食べもの」を見に行ってきました。運転手が民謡会の新年会に行ってしまったので(浅草でゲットしたグッズを持って)、雪道をソロソロ運転していきました。
やはり関心が高いのか、多くの方がいらしていました。
知り合いにもたくさん会いました。
最初に「北杜市に遺伝子組み換え作物をつくらない会」の方からのお話。

数年前にモンサント社を取り上げたドキュメンタリー番組を見たことがあるので、ある程度この会社のおそろしさは知っているつもりでしたが・・・、すさまじかったです。
風でとんでくる種子を防ぐすべはないので、小さな農家などひとたまりもない、という感じ。良心的な学者も解雇。圧力はもちろん政治家からも。お金の力はすごいです。
原発事故後の日本で次々明らかになっていく事態(〇〇ムラと言われる)とも同じようだと思いました。
原発と同様、食に関しても未来に大きなツケを残してしまいそうです。

日本は今この遺伝子組み換えに関してはどんな状況なんだろう?
一旦許可されてしまえば、もう日本の農業は目を覆うばかりの惨状になりそう。
TPPとセットだったらなおさら。

この映画や、マイケルムーア監督の「シッコ」という映画を見ると、TPPのオソロシサが見に沁みます。
知らせないことで成り立っている理不尽なことには、まず知ることから、と思います。
映画上映してくれてありがとう、と言いたいです。


新年会から帰ってきたコック、大受けだった、と満足そう・・・ホントかな?
[PR]

デラックス股旅?

東京のビジネスホテルに泊まって、きょうは浅草へ。
友人(Eさん)とお昼を一緒に食べる約束です。・・・場所は「神谷バー」!
開店前には行列だったそうです。
2階レストランは、開店して間もなく満席になりました。
電気ブランではなく、生ビールの小ジョッキとランチ。
昔の洋食屋さん、といった味で、値段もリーズナブルです。

その後は、コックにとっては重要な買い物。

そしてその後は、初めてのゆりかもめに乗って国際展示場へ。
ずぇ~ったい縁のなさそうな「国際宝飾展」へ!!!
友人(Cさん)が出店していると招待状を送ってくれたのです。
招待状あるのに入口で「審査」。身分証明書を提示して入れてもらいました・・・

すごい額の宝石もたくさん展示されていましたが(多分・・・、あまりよく見ていない)、友人のお店はとっても財布に優しいお値段のものばかり。けっこう人だかりがしていたので、激励してちょっぴり買い物をして早々に帰ってきました。



コックの買い物は・・・

f0019247_12264046.jpgf0019247_12265726.jpg



DX股旅・・・・

[PR]

阿佐ヶ谷のル・テロワール

きょうは久しぶりに東京へ。
外は吹雪!
駐車場に車を置いて、駅まで歩くときには止んでくれたので、良かったです。
でもチョー寒い!

東京は阿佐ヶ谷駅そばのル・テロワールという開店したばかりの小さなフランス料理のレストランでランチ。ランチもグラスワインもおいしくいただきました。カメラを持っていかなかったので、次回忘れないようにします。

阿佐ヶ谷駅もずいぶん変わっていてびっくり。


[PR]

今シーズン初スノーシュー♪

f0019247_18371873.jpg
きのうの夜からの雪は朝見ると10㎝ほど。朝陽に輝いています。
こんな日はスノーシュー!
・・・に行きたいところですが、きょうはコックが出演する人形劇の本番。

f0019247_18375378.jpg
某保育園にいそいそと出かけていきました。

しかし・・・今シーズンはまだ1回もスノーシューに行っていません。
そう言えば先シーズンの初スノーシューは八甲田でした!

午後ちょっとだけ行ってきました! ・・・近くへ。
f0019247_18382317.jpgf0019247_18393479.jpg
足慣らしという感じ。

f0019247_18395591.jpgf0019247_18401471.jpg
こんなのやこんなのを見たり・・・リスかな?キツネかな?

f0019247_18411255.jpgf0019247_18413056.jpg
高いところ(?)に登ってみたり。 久しぶりにお会いした石仏・・・後の木々がすっかり葉を落としているとずいぶん感じが違います。

f0019247_1844950.jpg
途中の八ヶ岳も南アルプスも美しい。

[PR]

「いわさきちひろ~27歳の旅立ち」

雪の予報を聞いて、また延期か?と一瞬思いましたが、何とか試写会を開催することができました。
いわさきちひろさんの絵は子供や花をやわらかなタッチで描いていて、周りにもファンがけっこういます(特に女性?)。東京や安曇野のちひろ美術館へ行ったという友人もいます。私は以前ちひろカレンダーを買ったことがある位ですが。

この映画は、ゆかりの人たちの証言を聞きながら、多くの絵とともにその波乱に満ちた生涯をたどる、という構成になっています。ナレーションをアナウンサーの加賀美幸子さんがやっているせいもあるのか、NHKのドキュメンタリー番組のよう・・・と感想を述べた方もいました。

1918年生まれ。
若い頃から絵を描いて生きていきたい、という強い意思を持っていたそうです。
そんな彼女でさえ、親の決めた結婚を拒否することができず、その結婚に失敗した後は、親の薦めで満州に渡り・・・と自分の意思と離れた不本意な人生を余儀なくされていたのでした。

しかし戦後、27歳になって全てを失ったときに絵を描いて生きて行く決意をして疎開先から上京・・・運命の人・松本善明さんとの出会い・・・絵を芸術品として扱ってもらうために出版社と交渉、その結果仕事が極端に減るもあきらめず・・・女性として絵描きとして、道を切り開いてきた人生だったと知りました。
享年55歳、若過ぎる!

ベトナム戦争の時、戦禍の中の子供たちのことを、弱った体で描き続けたそうです。あのやわらかなタッチでありながら、子供を守ろうとする母親のまなざしにちひろさんの強さを見た気がしました。



今、原発事故後のこの国を、もしもちひろさんが見ていたらどんな絵を描いただろう・・・とは、多くの人が共有する思いだったのではないでしょうか。


監督が海南友子さん。他の作品で見てみたいもの、いくつかあります。
[PR]

映画&人形劇

きょうの朝もうっすらと雪が積もっていました。以前降った雪もまだかなり残っています。
そのうちに雨になり、午後からは日も差してきました。

あしたの夜は、風路シアターがあります。
1度雪のため延期したので、また雪で再延期かと思いましたが、なんとかなりそうです(多分)

あさっては、人形劇公演。
今までの公演では、(人形劇なのに)コックは「ランプの精」役として生身で出演していました。
が、今回の公演は人形を担当することになったそうです。

きのうの練習で監督さんから注意されたとのこと。
なんて注意されたの?と聞くと・・・

人形より前に出ないように・・・・\(@@)/



そりゃあ黒子が人形より前に出たら注意されるハズ・・・
[PR]