人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2012年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ツルリンドウの実

f0019247_22211820.jpg

この愛らしい赤い実は・・・ツルリンドウと聞いて、どこかで聞いたような・・・と思ったら、


9月に見ていたこの花でした。
f0019247_22252629.jpg
この淡い薄紫色の花がこんなにきれいな赤い実になるんだ・・・。クリスマスのリースにもなりそう。

きょうはコース作りの下見の下見に参加させてもらいました。そのまた下見(の下見?)でも歩いているそうです。どんどんいい道になっているとのこと。本当に・・・

f0019247_2230922.jpg
八ヶ岳。

f0019247_22304111.jpg
石仏。左つたき、右たつ沢との文字が見えます。

f0019247_2231219.jpg
南アルプス。

f0019247_22314180.jpg
落ち葉を踏みしめて・・・

近くにこんないい道があるとは、知らなかったな~。
車で何度か通っている道もありましたが、ただ通り過ぎているだけ。歩くといろいろな発見があって本当に楽しかったです。本番は来年の秋らしい?


きよさと湖のダムを訪ねて

f0019247_19433723.jpg

来年、山梨県は国文祭の年。国体の文化版です。
その応援事業の「北杜フットパスまつり」のきょうは第一回目、「きよさと湖と花の森公園」コース。

フットパスは史跡や文化を訪ねて歩くということも多く、距離も5~8キロ位。だから体力にあまり自信が無いという方でもOK・・・のハズなのですが、きょうは「ちょっと体力が必要だった」ということが後でわかりました!

集合は道の駅南清里。風が冷たい~・・・でも山がきれいっ。

f0019247_19444219.jpgf0019247_19453044.jpg
このコースのガイド役「道守(みちもり)」さんと大門ダムの方の紹介の後、ケーブルカーで一気に花の森公園まで上がります。このケーブルカーで一度上から降りたことがあります。かなりの傾斜で、「真下に落ちるよう・・・」と思いました。登る方がマシでした(高所恐怖症のヒト談)

f0019247_19505066.jpg
ぐんぐん高度を上げていくと八ヶ岳や南アルプスが見えてきて、歓声。「これできょうは帰ってもいい位」という声もありました。

花の森公園をぐるっと歩いて、石尊神社へ。きょうもまだ少し紅葉が残っていましたが、最盛期はそれは見事だそうです。
f0019247_19534869.jpg

佐久往還を歩くと「鏝絵」や、
f0019247_19541711.jpg

立派なお家や、 (ここは「道~白磁の人」の撮影でも使われたとか?)
f0019247_19561831.jpg

丸い石の道祖神等、興味がそそられるものがあちこちに。
そして出ました!通りのお宅で作業中の方に話しかける方々・・・
f0019247_1959289.jpgf0019247_19592172.jpg
こういうのがフットパスの醍醐味!?

さあきょうのハイライト(!)大門ダムです。大門ダムの中(下?)を見学できるとのこと、初めてなので興味津々。
f0019247_2005951.jpgf0019247_2011599.jpg
ヘルメット姿も凛々しく?地底深く降りて行きます・・・かなり降りて行きます。
かなり降りるということは・・・
やっぱり! (心臓破りの)登りが・・・???
無事全員「生還?」してダムカードをいただきました。

フットパスの醍醐味、まだありました!
いいお店との出会い。
f0019247_20322620.jpg
フジハラセイメンさんです。「おいしいよ」という参加者Oさんの推薦に従い、買ってみました。

f0019247_2035545.jpgf0019247_20352315.jpg
きょうのちょっと遅いお昼は、残り物のローストビーフとおいしいほうれん草入りのにぼしラーメン♪ 

おいしかったですっ。(^^)v


「フクシマからの風」上映します

きょうは朝から雨。きのう飯盛山に登って良かったね♪


先日、小さな試写会をやったドキュメンタリー映画「フクシマからの風」。
2ヶ所で上映が決まりました。

●12月2日(日)は高根の図書館2階の視聴覚室。
  1回目 10:00~ 2回目 14:00~
●12月9日(日)は長野県富士見町コミュニティプラザAVホール(図書館2階)
  18:30~
 (こちらは当初16日の予定でしたが選挙のため会場が使用できなくなり、9日に変更となりました)
●入場料は無料です。

富士見町のコミュニティプラザのホールは行ったことがないのですが、ここは前から注目していました。
北杜市には400~500人入るホールはいくつかありますが、100人位の小ホールがあったらいいのにな~と思っていました。
そして映画を上映するとき、フラットな会場だと人と人が重なって見づらいことがあります。特に字幕が下に出る映画は、頭をあちこちに動かさないと見えなくて、残念に思うことが何度かありました。

富士見町のホールは60人定員。
そしてなんと椅子席が映画館のように、段々になっているのです!
これ、とってもうらやましい。

とは言っても高根でもできるだけ見やすいよう考えますので、12月2日と9日、ぜひ足を運んでくださいね!
試写会したときの記事はこちらです。




12月9日は「はじめのいっぽパレード」もあります。午後1時長坂駅集合。2時半くらいから長坂駅近くの「町なか公園」で豚汁等温かいものも出るとか♪ こちらもぜひ!

今もなお16万人もの人が避難生活を続けている、と聞けばささやかでも自分がやれることを続けていかなくては、と思います。
選挙も大事!と思います。

  

同窓会

きょうは高校時代の友人達が集まってくれました。
毎年恒例の同窓会です。

〇十年の歳月もひとっとび、と言う感じで話はつきません・・・
きょうは飯盛山に登ってきたそうです。
天気は最高で山々も良く見えたとのこと。ただ足元はかなりぬかるんでいたそうです。
雨だけでなく霜柱などの影響もあるかもしれません。

ディナー後は「強引に誘うヒト」がいて、みんなでカラオケに繰り出します。
なんと小淵沢の夜のスポット(?)七福神のカラオケボックスは満室・・・ 
というわけでこちらも常連(?)のスナック「紬」へ!
ここの設備は最新式で、音響もいいので気持ち良く歌える・・・とうれしそうなS氏。
マイクハナサーズの「ブルーシャトウを君だけに」で〆た後、帰宅。
月がきれいです。

帰ってきてまたウィスキーを呑みながら三次会。
ダイニングから聞こえてくる賑やかな笑い声を聞いていると、洗い物をしていてもなんだかうれしくて、カラオケで歌った歌をつい口ずさんだりしちゃいます。


「八ヶ岳スケートセンター」

きのうのお客様は、八ヶ岳に移住をご希望。候補地を見て廻っているそうです。
なかなか決められなくて・・・とおっしゃっていました。

「冬の山々が好き」とのこと。
そうですよね!
寒さは苦手でも、冬の山々の美しさを見ればここに住みたくなる・・・その気持ちよ~くわかります。
そのうちにきっと「ここだ!」と思う出会いがある・・・と思います。




先日の風のたより編集会議で「八ヶ岳スケートセンター」の話題が出ました。
アウトレットのとなりにある屋外スケートリンクです。
小淵沢の小学生や中学生は(希望者?)ここでスケートを学ぶのだそうです。
もちろん一般にも開放されていて貸靴も揃っています。
一周400mの周遊コース。屋外なので風を切って滑ると、とても気持ちがいいという声も聞きます。初心者には椅子型のソリもあるとか。
スケートができる施設があるということをよく知らない人もいるようなので、「風のたより」で取り上げる予定です。

ところが!
きょうの新聞の山梨版に、県版の「事業仕分け」により「存続の危機」との記事が載っていました。年間利用者18000人が目標だそうですが昨年は12000人程。赤字という訳です。
こういう施設は費用対効果だけで切り捨てるのはちょっと違うような気がしますが、ともかく多くの方に知ってもらって楽しさを味わっていただきたいと思います。

私たちもまず取材に行ってみようかな?
もう何年ぶりだろう・・・  滑れるかな~? まずソリを借りようかな~?

2月の10日位まで。無休だそうです。大会とか、コンディションで休止もあるのでまず確かめてからの方が安心です。詳しくはこちらをどうぞ。


秋の終わりのイベントいろいろ

この3連休はいろいろなイベントが盛りだくさん。

きょうは白州町の鳥原平・「新そばまつり」があったそうです。「おいしい」「楽しい」と評判なので機会があれば行ってみたいです。
北杜市界隈はおいしいお蕎麦屋さんがたくさんあり、そのお蕎麦屋さんが一緒に「新そばまつり」を開催しています。こちらは10月末から2ヶ月位行っていて、その期間に行くと何かうれしいおもてなしがあるとのこと、そう言えば以前「三分一湧水館」でお蕎麦を食べたら、そば寒天(あずきが中に入っていてさっぱりとした甘さ)がサービスされたことがありました。
きのうの編集会議でも話題になり、来年の秋号で取り上げましょうということになりました。(覚えていられるかな?)

あしたは長坂コミュニティホールで「上方落語会」午後2時からと6時から。

あさっては「小淵沢ものがたりフェスティバル」!小淵沢生涯学習センターでものがたり三昧、お薦めです♪
同じくあさって、おおえまさのり新刊出版記念イベント「未来への舟」。これもとっても魅力的。内容もですが、会場が津金の明治校舎!津金のリンゴのおやつも出るそうです♪入場料1500円、本付2500円。午後2時から。


風のたより冬号(62号)編集会議

きょうはペンション振興会の新聞「風のたより冬号」の編集会議。
きょうはオブザーバーが参加してくださっています。「まちづくり小淵沢」(まちこぶ)の長坂さんです。
小淵沢駅前のショップ「まちこぶ」は5周年とのこと。小淵沢駅を利用する旅行者はもちろん、町の人々にとっても大切にしたいお店に育っていると思います。
また「まちこぶ瓦版」というのも発行していて、身近な話題が満載です。
お互いに紹介し合ったり協力し合ったりして、小淵沢(八ヶ岳南麓)を盛り上げていけたらいいな、と思います。

自然色シートの普及活動もされているそうです。
よくブルーシートというのがありますが、それを茶色にすると、自然の中に置いても違和感が無いとか・・・実際に見たことはありませんが、想像すると確かに・・・
早速、仲間のペンションさんが購入することにしたので、今度見せてもらおうと思います。


「風のたより」の内容は、各ペンションがそれぞれ「冬の一押し」を書くことに。
どんなことが出てくるか楽しみです。

うちは、スノーシューかな・・・?
スノーシューと言えば!⇒マナスル山荘さん(のキナコ餅!)かな。
マナスル山荘さんのホームページができています。四季の写真も美しい。ぜひ見に行ってみてください。


夕方採れたてほうれん草をいただきました。これが素晴らしくおいしい!
まずはお浸しで。かたいように感じましたがゆでたらやわらかく、しかし歯ごたえはあり、甘みがあり・・・最高です!


「小淵沢ものがたりフェスティバル2012」もうすぐ!

f0019247_165241.jpg杉山亮さんが小淵沢に移住されてから毎年開催してきた「ものがたりフェスティバル」。
今年も3連休の最後の日に小淵沢生涯学習センターの全館を使って行われます。

何度か行っていますが、ゲストも多彩でこどももおとなも楽しめる時間です。
今年も午前中は「ものがたりシャワー」。いろいろなジャンルのお話がきけるそうです。
それから名探偵クイズがあったり、午後からはステキなゲストのお話やけん玉パフォーマンスも。(コンビの名前は「ず~だまんけ」というそうです!)
恒例(?)動物競馬もあるのかな?

詳しくはホームページをごらんください。

秋の一日、親子はもちろん、1人でも2人でも愉快に過ごせること請け合いです。

「小淵沢ものがたりフェスティバル2012」
 ●11月25日(日) 10時~15時30分  
 ●入場料 大人800円(大学生以下500円)

きょう、用事があって杉山さん宅に行ったら、なんとバス停ができていました。
その「行き先」がすごい!
しかし、どんなバスがくるんだろう・・・ねこバスか



 

「月あかりの下で」

f0019247_21150100.jpgきょう高根の図書館2階でドキュメンタリー映画「月あかりの下で」を上映すると教えていただき、ちょうど高根に用事もあったので行ってきました。夜間定時制高校の4年間を撮ったもの。
だいぶ前に見た「こんばんは」という映画もとても良かったので、かなり期待。
(「こんばんは」は年齢も国籍も様々な人々が一緒に学ぶ夜間中学が舞台でした)

期待以上でした。

最初に40人の新入生を見た時、「これは先生はたいへんだ・・・」というのが第一印象。
そのうちの37人?が不登校だったとのこと。
それでも熱血先生の指導により、次第に心が融けていく生徒たち・・・とドラマのようにはいきません。
先生も途中かなりかっこ悪いところもさらしてしまう。
それでもそれでも、やっぱり若者は変わる・変われる、それを信じられる映画でした。
この学校が廃止されると聞いて、役所にかけ合いに来た卒業生のことばにはつい胸が熱くなりました。
こういう学校こそなくしちゃいけない、と思わずにはいられません。

12月23日(日)に甲府の県立文学館で上映されます。
 1回目13:30~ 2回目18:30~
 参加費1000円

お薦めです!

高根の図書館からの帰り。 八ヶ岳がきょうも美しい。
f0019247_21224116.jpg


11月22日に韮崎のニコリでも上映されるそうです?

西沢渓谷トレッキング

f0019247_2228744.jpg

西沢渓谷の例会は以前もありましたが、参加できなかったので、今回初めてです♪。
きのうのBSの番組で「西沢渓谷」のことを放映しているのを偶然見たこともあり、とても楽しみでした。
話によると、アップダウンも多く、危険なところもあるとのこと、しっかりと本格登山靴、LEKIのダブルストックで準備万端!?

f0019247_22352857.jpg
紅葉はもう盛りを過ぎていましたが、葉を落とした木立の向こうに次々現れるいくつもの滝が目を楽しませてくれます。その碧く澄んだ水の色は引きこまれそうな気がするほど神秘的で美しい。頭上にも足元にも注意しながら歩くので、あまり見とれていられず、写真を撮る余裕もほとんどありません。(歩きながら撮った写真はブレまくりでした・・・)

f0019247_22345137.jpg
往きはハイキングというよりはしっかりトレッキング・山登りという感じ。
帰りはトロッコ道。こちらは気持ちの良いハイキングでした。

すごくいいところ!企画してくださったリーダ―&サブリーダー、車を出してくださったみなさんに感謝!また新緑やシャクナゲの季節にも来て見たいです。(←とさりげなくリクエスト・・・)


出発から途中のあれこれ。
f0019247_18375953.jpgf0019247_1838151.jpg
リーダーがコースの説明をして、そのままストレッチもして。

f0019247_18384220.jpgf0019247_18391141.jpg
この看板はきのうのBSの番組で見ました。厳しいところもあると知ってもらいたいと、手作りされたとのこと。そこからいよいよスタートです。

f0019247_18393086.jpgf0019247_1840546.jpg
このキツネの親子も番組に出演していました。標識はしっかりついています。

f0019247_18404297.jpgf0019247_184189.jpg
すご~く揺れる吊り橋。一列で歩きます。岩がゴロゴロ。上にも岩や木が倒れかかるよう。岩につまづいて転びそうになったヒト曰く「頭上注意と書いてあったから上を見ていたら、足元に岩があった」とのこと。上も下も気をつけないとネ・・・

f0019247_18413798.jpgf0019247_1842664.jpg
川のほとりで小休止。ゆるやかな登りもあれば急登もあり。階段もクサリ場もあり。

f0019247_1842242.jpgf0019247_1843158.jpg
五段の滝を見ながら最後の階段を登ると頂上です。やった~!
帰り道の途中に丸太を積んだトロッコが展示されていました。「ブレーキはどれだろう?」「運転士はどこに?」リーダーが説明しています。

f0019247_1843201.jpgf0019247_18433681.jpg
帰り道の途中の展望台。鶏冠山(?)に陽が当たってきれい。もうすぐゴールです。