風路のこぶちさわ日記

<   2012年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「もうひとつの棒道」ウォーク・下見

f0019247_15541544.jpg
今年の11月10日(土)・11日(日)に行われる第2回八ヶ岳・棒道ウォーク。
本番は11日ですが、「せっかく」遠くから参加してくださった方のために10日は「せっかくウォーク」というのがあるのです。
コースは3つ。
1.「歌声&ウォーク」  4キロ
2.「白磁の人」      7キロ
3.「もうひとつの棒道」 8キロ です。

その3番目のコースを下見しました。三分一湧水から小淵沢へ向かう道は、良く知られている道ですが、きょうのコースはその反対側に残された石仏を確認しながら歩きました。まだまだ暑い夏の日差しでしたが、真っ青な空と入道雲の下、時折吹く風がコスモスを揺らしていました。
11月の本番は晩秋の頃。きょうとはまた違う景色が広がっていると思います。

f0019247_15543943.jpg

まずやってきたのは三分一湧水。豊かな湧水の流れが3方向に分かれています。昔、水をめぐって争いが絶えなかったためだそうです。

f0019247_1555641.jpgf0019247_15553436.jpg

正面には富士山が見える・・・ハズですが、きょうは雲の中。
f0019247_15561718.jpg

「これは〇番観音」・・・と確認中。
f0019247_160872.jpg


f0019247_1611869.jpgf0019247_1615027.jpg
休憩中。フローズン・パイナップルや冷えたミニトマト・おいしいチョコレート・塩飴等々が回ってきます♪
信玄公御座石で休憩している方も。

f0019247_1644649.jpg土俵を見つけると、何かせずにはいられないヒト。
「ボルト山」(?)。
太刀持ちを買って出てくれるノリのいい「歩こう会」仲間。

以前何度か歩いたコース・・・と思っていましたが、初めての道や、「〇〇はここにあったのか!」という発見もあり、楽しかったです。


また違う季節に歩くのが楽しみです♪

「歌声コース」も「白磁の人コース」もお薦めです。ぜひ11月に歩きにいらしてください。
f0019247_16133099.jpg



[PR]

「Canta! Timor」 新星劇場で

原村でやっていた「星空の映画祭」には行くことができませんでしたが、協力していた茅野の新星劇場のホームページを見たら、映画祭を企画したメンバーによる「星空劇場」第1回が開かれるとのこと。これは新星劇場が会場のようです。

それが、なんと!
「Canta! Timor(カンタ!ティモール)」なのです。

9月6日(木)に3回上映されるらしい。
10:00~ 13:00~ 19:00~
各回終了後、監督の広田奈津子さんのトークもあるとのこと、
う~ん・・・これはもう1回見に行かねば・・・行きたいな~


[PR]

薮内正幸美術館

筋肉痛です。(きのうのきょうなので「若い」ようです?)

きょうは杉山亮さんの夏のものがたりライブにいらしたお客様。
その前に白州の薮内正幸美術館にも行ってきたそうです。
薮内美術館もいいですよね♪

サントリー白州蒸留所と薮内美術館を一緒に楽しまれる方も多いです。すぐ近くなので。
小淵沢駅からはサントリーのシャトルバスが出ているとか。(8月31日までは毎日、9月から11月は土日祝)
電車の方、サントリーで試飲を楽しみたい方は要チェックです。

杉山さんのものがたりライブも31日まで。


[PR]

山中湖一周ウォーク

f0019247_23261341.jpg
八ヶ岳歩こう会の例会です。
夏のシーズンが終わって、しばらくぶりに歩くときはいつもすぐに息があがってしまって、情けないありさま。
この一周ウォークも途中から平尾山・大平山ハイキングコースを歩くとのこと、かなりハードではないかと躊躇していました。

が、思い切って参加しました。
ハードでした! (ワタシだけ?)
が、なんとか最後、膝の痛みを感じつつもヨロヨロとゴールすることができました。

帰りに寄った「紅富士の湯」が最高でした♪

f0019247_23281779.jpgf0019247_23284689.jpg
スパティオ小淵沢から貸切バスで行きます。途中甲府でも大勢乗車。その後は一路山中湖畔へ。湖畔の駐車場でリーダーの挨拶、そしてストレッチ。天気も最高です。日焼けしそうだなぁ・・・

f0019247_23313280.jpgf0019247_23315442.jpg
湖畔の道を1時間半ほど歩いて、いよいよ山道に。

f0019247_23325655.jpgf0019247_23332090.jpg
道が崩れています。慎重に行かないと滑落しそう?登りも下りも丸太の階段になっているところが多かったです。丸太と丸太の間の土が流されていて歩きづらい・・・

f0019247_2336781.jpgf0019247_23363384.jpg
フウロや、ナデシコなど色鮮やかな花々が咲いていましたが、写真を撮る余裕なし・・・1枚フシグロセンノウを。これもゆっくり近づいて撮れず、歩きながらシャッターを押しただけ。「石割山との分岐まで行ったら平尾山はもうすぐ」との言葉を何度確認したことか・・・やっとその分岐です。
本当だ!正面のひらけた所が山頂です。
f0019247_23411837.jpg
ここで待ちに待ったランチタイム。富士山がごちそうです。雲がきれて頂上がちょっとだけ見えたときを狙って集合写真を。(1番上の写真)

f0019247_23432236.jpgf0019247_23434122.jpg
このところの定番?山ボーイと山ガールとのツーショット&スリーショットをお願いしました。

f0019247_23451742.jpgお弁当の後も難行苦行は続く・・・丸太の階段を何段も下り(もったいない!)また登ります・・・
平尾山の頂上から大平山の頂上までロープウェーとかあったらいいのに・・・などと心の中でつぶやいていたら・・・

空を飛んでいます!うらやましい!
f0019247_2349922.jpg
しばらく見とれていました。
f0019247_2349388.jpg
こちらは地道に1歩1歩進んでいくしかありません・・・。それでもそれを続けていけば・・・ついに大平山山頂に到着!
f0019247_2351405.jpg
富士山の山頂が姿を現してもみなさん日陰になる東屋で休憩。集合写真無し。
また階段を下って登って最後の長池山へ。

f0019247_23573779.jpgf0019247_23575634.jpg
湖畔の道に出て30分ほど歩いてゴールへ。先に着いていたみなさんはコンビニで〇ールを堪能していました!近くの「紅富士の湯」もすご~く良かったです。

久しぶりのロングウォークでキビしかったですが、富士山と山中湖の眺望が素晴らしく充実の1日でした。あしたは筋肉痛かな?


[PR]

小深沢川遊歩道

f0019247_2240491.jpg
きのうお泊りのお客様は朝早くゴルフにお出かけ。
それからなんと鹿児島からいらっしゃったお客様。
風路の「遠方から来て下さったお客様ベストテン」に入りそうです。
山登りの話をしていたら、「屋久島もいいですよ」と言われたとコック。

そりゃあ、いいでしょう!

夕方久しぶりに近くの小深沢川遊歩道を散歩。ここは風路の前の通りから始まってぐるっと一周して30分~40分くらいなので、お客様が朝食前等によく散歩されています。

あしたは山中湖周遊ウォークに参加予定です。
歩けるかしら・・・


[PR]

庭の秋

f0019247_2230198.jpg

日中の日差しはまだ夏のものですが、朝夕の涼しいこと・・・と何日も前から書いているような気がします。庭のミズヒキが目立つようになってきました。

f0019247_22313784.jpg
道路近くのタカノハススキとキキョウのコーナーも秋を感じさせてくれます。


[PR]

この夏2回目の・・・

きょうは親しい友人が家族と一緒に来てくれました。
なんとリクエストがあり、金色の着物でひと踊り。すごく受けた(?)ので、当人まんざらでもなさそう。

そういえばこの夏2回目です。
1曲フルに踊る(=歩く)とかなりいい運動。ダイエットにいいというか、腹ごなしにいいというか、酔いが回るというか・・・、酔っていなければこんなことやれないよ・・・というカタもいらっしゃいましたが。


[PR]

「FROM EAST」のこれからがすごい!

きょうはB&B(1泊朝食付)でお泊りのお客様。コックはあしたの朝食の下準備。小淵沢界隈にはおいしいレストランが増えたので、B&Bで利用されるお客様も増えました。


きょうの午後、塩尻東座「FROM EAST」からのチラシが届きました。
そのラインナップがすごいです。
 9月「サラの鍵」
10月「別離」
11月「ミッドナイト・イン・パリ」
12月「キリマンジャロの雪」
 1月「星の旅人たち」
f0019247_054961.jpg


そして、そして・・・なんと!
f0019247_06851.jpg
10月のほぼ1ヶ月、「道~白磁の人」を上映してくれるではありませんか!


[PR]

納涼ウォーク・小淵沢

f0019247_1784614.jpg
きょうは「八ヶ岳歩こう会」の納涼ウォーク。午前中、我が小淵沢の素晴らしいウォーキングコースを歩いて、お昼から駅前の「たいが」さんで納涼会をやる・・・という企画です。
「歩こう会」仲間のZOOMママさんが送迎をしてくれるとのうれしい申し出。遠慮なくお願いしま~す!

集合は小淵沢駅前。中央線の上り・下り、小海線の到着時間も考慮し、集合時間は9時15分です。なんと遠くは茨城県から4時間もかけて参加して下さいました。

きょうも真夏の空が広がっています。

f0019247_17104869.jpgf0019247_17111345.jpg
きょうのリーダーは「歩こう会」の頼もしい女性メンバー2人。歩き始めてすぐにこんな緑いっぱいの道に入ります。

f0019247_1711466.jpg
重要文化財「平田家住宅」。ここで普段ボランティアガイドをしている三井さんが、ウォークに参加していたので説明を聞くことができました。
柱1本も大切に使ってきた、という説明に「なるほど」と頷く一行。

f0019247_17173126.jpgこれは道ですか?
と言いたくなるような薮をかき分けて進みます。
そこにサプライズが用意されていました。

f0019247_17185788.jpg
ヒメミヤマウズラ。
風路の近くでも以前1輪だけ咲いているのを見かけて、植物の先生に名前を教えていただきました。
でも次の年からはもう見かけなくなったので、絶えてしまったのかな~と残念に思っていました。
ここで会えるとは・・・

f0019247_1723435.jpgf0019247_17233882.jpg
昔の消防車。火は消えるのかな?と心配になるくらい可愛いデス。運転席には勇ましい消防士?
三峰の丘にやってきたふみちゃんズ。

f0019247_17261450.jpg
八反歩堰を歩けば、稲の穂がしっかりと成長していて、なんだか安心。この景色、いつまでも続いてほしいと願わずにはいられません。

f0019247_17291277.jpg
「八反歩富士」(?)登頂を果たす2人をカメラに収め、気持ちははや納涼会へ・・・

f0019247_17293187.jpgf0019247_1729448.jpg

「たいが」さんの前で解散し、一路会場へ!あちこちで「乾杯!」の声。汗をかいて歩いてきた甲斐があったというものです068.gif

[PR]

「清里開拓の父」ポール・ラッシュさん

f0019247_2214446.jpg

夏の忙しさもひと段落。きょうは北杜フットパス楽校で清里を歩きます。
久しぶりに家から出たので、新鮮な気持ち。高原道路から見る八ヶ岳が美しく、思わず車の中からパチリ。
清里開拓の父と言われるポール・ラッシュさんゆかりの道を歩きます。

f0019247_2221549.jpgf0019247_2224257.jpg
集合は清里清泉寮向かいの自然ふれあいセンターです。
朝の空気は「秋」でしたが、日中はまだしっかり「夏」。真っ白な入道雲に日差しが眩しい。木陰で挨拶をして、向かいの清泉寮に行きます。ポール・ラッシュさんの胸像があり、そこで説明しているのですが、肝心の胸像が写っていません・・・

f0019247_225432.jpg

しかし、この天気!この景色!

f0019247_2262754.jpgf0019247_2273396.jpg
日差しは強くても、木立の中の道に入れば涼しくて快適。道を抜ければジャージーハット。ここの「シューアイスがおいしい」と聞いては、食べてみなくてはなりません!
いろいろ見学をしながら清里駅まで行き、巡礼の道を辿り、途中でお昼を食べ、コースの最後はポールラッシュ記念センターへ。

f0019247_22141957.jpgf0019247_2218671.jpg
館長さんの説明で、ポールさんがとても身近に感じられました。富士山が大好きだったとのこと、寝室の窓から富士山を眺めることができるような作りになっていました。


途中の桜の葉はもう赤く色づいていました。やっぱり秋はもうすぐそこまで来ているようです。
f0019247_22222496.jpg



[PR]