人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2012年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

福島からあなたへ

f0019247_1805821.jpg「武藤類子さんを囲む会」で購入した類子さんの本「福島からあなたへ」。

八ヶ岳ブルーのような紺碧のカバーがかかったシンプルな白い本。
表紙をめくれば(ここの色が大事とはおつきゆきえさんが繰り返し言っています)大地の土の色。

そして9月19日のスピーチが詩のように書かれています。その文字からは類子さんの声が聞こえてくるようです。

森住卓さんの写真も集会の雰囲気、福島の空気を伝えています。
ぜひ購入して読んでいただきたいですが、一節だけ・・・。
ここを読むたびに、胸がいっぱいになります。


  みなさん、福島はとても美しいところです。

  東に紺碧の太平洋を望む浜通り、

  桃・梨・りんごとくだものの宝庫、中通り、

  猪苗代湖と磐梯山のまわりには
  黄金色の稲穂が垂れる会津平野、

  そのむこうを深い山々がふちどっています。

  山は青く、水は清らかな私たちのふるさとです。



スピーチの後には、類子さんが福島で丁寧に紡いできた四季折々の暮らしや、チェルノブイリ原発事故の後、なんとか原発を止めたいと活動してきた様子が、やわらかな文でつづられています。

蔵開きウォーク下見

f0019247_2313720.jpg
毎年恒例、山梨銘醸の酒蔵開放(七賢蔵開き)が今年も2月11日(土)~19日(日)の9日間、行われます。
新酒も含めた試飲はもちろん、この時にしか買えない「蔵出し」というお酒を買うのも楽しみ、無料で振る舞われる甘酒もおいしい。
f0019247_23174873.jpgf0019247_23183151.jpg
最近は特設テント内で、おでんや豚の角煮などお料理を注文できるようになり、暖かいところで落ち着いて食事ができるのもうれしい。
同時に地元のクラフト作家の作品の展示があり、毎年素適な作品が並びます。

「八ヶ岳歩こう会」ではこの期間に「七賢蔵開きウォーク」という例会を行っています。今年は2月16日(木)。担当は何故か私たちです!?

f0019247_23193577.jpgf0019247_23201060.jpg
という訳で、きょうは下見です。
このところ、長坂駅から行くのが恒例でしたが、今回は日野春駅集合・解散としました。
駅の正面には白く冠雪した甲斐駒ケ岳。

f0019247_23232914.jpgf0019247_23235092.jpg
担当なのに、知らない道をいろいろ教えていただいて、全体としてすごくいいコースになりました♪ 「歩こうル会」の方も「ル」無しの方もぜひ参加してくださいね。

甘党の方にはお向かいの金精軒のお菓子もお勧めです。
f0019247_23272842.jpgf0019247_23275092.jpg
きょうの下見でも、このように↑全員がおみやげを買っていましたヨ。あっおみやげでなく、その場でいちご大福?をおいしそうに食べている方もいましたネ・・・

下見の楽しみ?
f0019247_23295293.jpgf0019247_23301295.jpg
七賢の直営店「だい眠」でお昼をいただきました。
なんと一瞬テレビ出演!! 

 

七賢蔵開きウォーク
 ・日にち 2月16日(木)
 ・コース 日野春駅 ~ 七賢・山梨銘醸(昼食・試飲・見学等) ~ 日野春駅
 ・集 合 JR日野春駅改札口前 9時30分
 ・解 散 JR日野春駅 15時30分(予定)
 ・距 離 約15キロ
 ・参加費 会員 300円(義援金100円を含む) 一般500円
 ・その他 試飲される方は700円。車は厳禁です。タクシーかアッシーを頼んでください。

初「和蔵珈琲店」

f0019247_013492.jpgきのう、「武藤類子さんを囲む会」のあと、「どこかでお茶していきましょう」と風草屋茶房に行ったところ、臨時休業。
それで初めて行きました「和蔵珈琲店」。知らなかったな~。
古民家風の和風モダンというのでしょうか、とても感じの良いお店でした。器も素適です。

珈琲も飲んでみたかったけど、あんみつやみたらしだんごなど、そそられるメニューばかり。

f0019247_015769.jpg迷った末にフルーツみつ豆と緑茶のセットにしました。
こだわりの?寒天が美味。
サンドイッチなどもメニューにあったので、今度はお昼に来てみようかな?

八ヶ岳南麓、大井ヶ森の田舎カフェ
「和蔵珈琲店」
月・火・水 定休(11月~3月)
0551-32-2005

武藤類子さんを囲む会

f0019247_052716.jpgきょうは「武藤類子さんを囲む会」がいずみ活性化施設でありました。
土曜日なのでペンション仲間のRさんを誘うのはどうかな~と躊躇していたら、なんとRさんからお誘いが!
と言う訳(?)で、小淵沢・風路からは総勢4人で出かけました。

もちろん早目に行って、近くの藤乃家さんでお蕎麦を食べる作戦です(^^)
おいしいお蕎麦に天ぷらに、モツ煮もいただき「ご馳走様!」

f0019247_055849.jpgさて30分前に会場につくと、もう既にかなりの人が来ています。

類子さんは、9月19日のスピーチで想像する通り、しなやかで穏やかで温かい感じの方でした。
チェルノブイリ事故の後、原発を無くすための活動をいろいろやってきたとのことですが、アイデアに溢れ、ユーモアに溢れ、ついクスッと笑ってしまうお話もたくさんありました。

女たちで活動することも多いとのこと。
女たちは無駄な話が延々と続き、なかなか本題が決まらないのだけれど、実はその無駄と思われることの中からアイデアが湧いてきたりする・・・というようなお話のときには、多くの女性の参加者が頷いていました!?

「3.11から今まで福島で見たこと」を話されたときには、もう何と言ったらいいか・・・
でもその中で前を向いて、自分たちのできることをやって行こうとする姿勢に、私たちも何かできることを考え、繋がっていきたいと思わずにはいられませんでした。

お話を聞きにいって本当に良かったと思います。

(9月19日のスピーチも映像で流されました。何度聞いても目がしらが熱くなります)

そういえばきょうの朝もまた地震がありましたね・・・


渡辺謙さんのスピーチ

スイスで行われている世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」で、俳優の渡辺謙さんが語ったスピーチの全文を東京新聞が掲載しています。
WEB版はこちらです。

その後半部分を紹介します。

(前略)
 国は栄えて行くべきだ、経済や文明は発展していくべきだ、人は進化して行くべきだ。私たちはそうして前へ前へ進み、上を見上げて来ました。しかし度を超えた成長は無理を呼びます。日本には「足るを知る」という言葉があります。自分に必要な物を知っていると言う意味です。人間が一人生きて行く為の物質はそんなに多くないはずです。こんなに電気に頼らなくても人間は生きて行けるはずです。「原子力」という、人間が最後までコントロールできない物質に頼って生きて行く恐怖を味わった今、再生エネルギーに大きく舵を取らなければ、子供たちに未来を手渡すことはかなわないと感じています。

 私たちはもっとシンプルでつつましい、新しい「幸福」というものを創造する力があると信じています。がれきの荒野を見た私たちだからこそ、今までと違う「新しい日本」を作りたいと切に願っているのです。今あるものを捨て、今までやって来たことを変えるのは大きな痛みと勇気が必要です。しかし、今やらなければ未来は見えて来ません。心から笑いながら、支え合いながら生きて行く日本を、皆さまにお見せできるよう努力しようと思っています。そしてこの「絆」を世界の皆さまともつないで行きたいと思っています。



密かに「同志」と呼ばせていただきたい!?


八甲田より寒いっ?

f0019247_23564340.jpg

きょうは「歩こう会」の北八つスノーシューです。
2日位前から、風邪気味で体調が悪かったのですが、スノーシューに行きたい一心で、なんとか気合いで(?)直しました・・・

ところが!きょうの北八つロープウェー山頂駅の温度はマイナス17℃。この前の八甲田がマイナス10℃でしたから、それよりグンと低い。寒いハズです。

う~病み上がりの身にこたえる・・・ブルブル。写真もあまり撮れませんでした。

f0019247_015176.jpg

ホントは途中で帰りたくなったけど(内緒)、なんとか最後までがんばりました。
雪や氷で覆われた樹々はきれいでした。ふわふわの雪の上を歩くのも楽しかった。

f0019247_03489.jpg

帰ってくれば、もう次のスノーシューが楽しみ。
2月5日(日)のポレポレスノーシュー、2月22日(水)の八ヶ岳歩こう会スノーシューが待っています!

雪かきしました

f0019247_19125470.jpg

せっせと雪かきをした玄関前です。

きのうお泊りのお客様は、「八ヶ岳遊びより」のスノーシュープログラムに参加。
新雪でふわふわの雪を楽しめるのではないでしょうか?

付いていきたい位ですが、別の「重要な任務」があるコック。

それは民謡会の新年会。いそいそと出かけました。巡業グッズ入りの段ボール箱を持って。


積もりました!

朝、起きたら外は真っ白。
20㎝は積もっています。庭の餌台にはシジュウカラやカワラヒワがひっきりなしにやってきます。
ヒヨドリとキジバトも・・・

早速雪かきです。今シーズン初めて。
道路際は除雪車が押しのけた雪で硬くなってしまうので、それだけでも早くどかさないと、壁になってしまいます。

スノーシューにはうれしい雪です♪

市場食堂

f0019247_23375560.jpg帰りのお昼は来た時に寄った市場食堂。
その時は急いでいたので、丼を頼みました。

今度は上にぎりを注文。
なんとサービスで貝を4カンも。ラッキー♪
ゆっくり味わって・・・

ボタンエビもウニもイクラもおいしかったです。

食べ終わって市場の中を探索・・・う~近かったら、あれもこれも買いたいっと唸るコック。
海の幸はもちろん、リンゴもたくさん。
そういえば宿の朝食に出たリンゴジュースもおいしかった。

f0019247_23382430.jpg


小淵沢に着いてみれば、小淵沢も雪。明日は積もりそうです。


大岳と地獄沼

f0019247_20315829.jpg
きょうはもう帰る日。宿のバスが青森駅まで送ってくれます。
それまで「散歩できるところはありますか?」とフロントの方に尋ねたら、「雪で埋まっているので、除雪した道路を歩くしかないですね」とのこと。
仕方なく?道路を少し歩いてみたら、なんと美しい。

f0019247_20304728.jpg
10分ほど歩くと、道路脇の雪の壁を登っている人がいたので、私たちも行ってみました。
そこが、地獄沼でした。

f0019247_2032134.jpg
カメラを構えている人の話では、雪の季節には、なかなかこんな青空をバックに沼の写真は撮れないそうです。氷らないのかな?と思ったら、爆裂火口湖で、熱いところは90℃もあるのだそうです。確かに良く見ると中心からは湯気が出ていました。左奥のひときわ白い山が大岳です(と思います)。