人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2011年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

増田寛也さんの講演会

まわりの木々の葉がかなり落ちて、林がどんどん明るくなってきています。
風路のダイニングの前のカラマツ林ももう8割位は葉が落ち、その向こうに鳳凰三山の稜線が見えてくる時期となりました。野鳥観察にもいい季節です。
そういえば先日、お客様とコックが「キツネが庭を走るのを見た」そうです。

きのう16日は午前中はフットパス研修でしたが、夜も勉強会!
北杜市の議員さんたちが主催しています。全員ではなく「明政クラブ」と「市民フォーラム」という2つの会派だそうです。
講演は元岩手県知事で総務大臣も経験されている増田寛也さん。
増田さんによると、自治体から呼ばれることは多いが、このように市議会議員から、というのはかなり珍しいとのこと。
議員と市民がともに学ぶ、というコンセプトみたいです。
確かに普段、議会や議員さんは遠いところにいるという気がしているので、市民の側からも近づく努力をしないとね・・・。

場所はおなじみ?の長坂コミュニティホール。勝手に地味な会のように思い、何人の人が参加するのかな~と思っていましたが、なんと400人もの人が来ていたそうです。
会場内は私たちがやってきた映画の上映会等とはかなり違う雰囲気。
重厚な・・・というか、地元で根を張っている・・・というか、そんな印象の方が多いような気がしました。

増田さんのお話は、さすがでした。
「大震災とこれからの日本」という大きなテーマを1時間という時間ぴったりにまとめて話されました。声もすっきりと聞きやすい。
災害の時の首長の役割、平時の基準ではやっていけない現実がよく伝わりました。
「津波てんでんこ」ということばは新聞等でも読んだことがありました。「非常時は誰かの指示を待つのでなく、自分で考え行動して自分の身を守れ」ということのようです。それが結果として多くの人を救ったというお話も説得力がありました。

二元代表制にも触れ、議会と市長と両方が選挙で選ばれている意味を改めて考えさせられました。

こちらも第1回だそうです。昼も夜もよく勉強したな~???


フットパス研修

フットパス研修_f0019247_18155627.jpg

この北杜市には歩いて楽しい道がそれこそ「山のように」たくさんあります。
それを5キロ程のコースにして、この地にいらした方をご案内できるガイドを養成する、という研修「楽校」の第一回が行われました。

フットパス研修_f0019247_18234415.jpgフットパス研修_f0019247_1824948.jpg
きょうはおとなり「長坂駅」をスタート・ゴールにした6キロの通称「キツネっ火ウォーク」コースです。フットパス研修_f0019247_1828146.jpgフットパス研修_f0019247_1828322.jpg
おなじみの場所なのですが、初めて知ることも多く、実り多い研修となりました。

フットパス研修_f0019247_18245654.jpg

快晴だったので、通りからは甲斐駒や八ヶ岳、「富士山、茅ヶ岳も見え、展望を楽しみながら、歴史や文化も学べます!畦道を歩くのも楽しい。

私たちもこのコースのガイドを仰せつかり、身を引き締めています(^^;)
でも、自分たちが楽しい・面白いと思ったことを伝えていけたらいいのかな、と思います。
一回の説明時間は何分位が適当か?とか、参加された方全員に声が届くためには?等々、実践的な検討も行いました。

長坂、いい町です。

このひとにインタビュー2011冬号

この季節の楽しみ、山形のラフランスが届きました。ほんの少しずつ、ご近所におすそわけしましょう。食べごろが難しい果物ですが、もう食べてもOKのようです。

きょうは「風のたより冬号」の記事「このひとにインタビュー」ためのインタビューを予定しています。
予定していたよりずっと長時間お話を聞かせていただくことができました。初めて聞くお話も多く、共感すること、びっくりすること・・・等々盛りだくさんの内容。・・・字数内に収めるのが難しい!

ヴラダン・コチさんのコンサートを開催された山口さんご夫妻です。
これから原稿書きをします。


山祝う?第一回棒道大会

山祝う?第一回棒道大会_f0019247_2251794.jpg
きょうは第一回八ヶ岳高原棒道大会。
もうもう素晴らしい天気です。八ヶ岳も南アルプスもくっきり。
「山笑う」というのは春の季語ですが、きょうは初めての棒道大会を、この地を囲む山々が祝ってくれているような気がするほど美しかったです。
南アルプス甲斐駒ケ岳が見守る中、続々と参加者が集まってきます。

山祝う?第一回棒道大会_f0019247_2271227.jpg山祝う?第一回棒道大会_f0019247_2275616.jpg
清里萌木の村・ホールオブホールズのオルゴール。出発のときとゴールの時に、演奏してくれるそうです。
先導してくれる馬が到着。我が町小淵沢から!

山祝う?第一回棒道大会_f0019247_2213850.jpg山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22132484.jpg
豚汁(100円)・焼き芋(200円)のテントから既にいい匂いがしてきます。
目ざとく見つけて豚汁をいただいている方も・・・。
おとなりのテントにはダンディジュンさん・・・ではなくきょうはピエールジュンさんだとか?バルーンアート、といって風船で自在に動物等を創り出すアーティストです。きょうは八ヶ岳の美術館等の広報を担当?

山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22178100.jpg
爽やかな明るい声のアナウンスが聞こえてきます。・・・五味五感企画を主催している愛ちゃんです。

だんだん盛り上がってきて・・・、いよいよ開会式が始まります。

山祝う?第一回棒道大会_f0019247_2226758.jpg山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22262260.jpg
最年長の方を表彰。お2人とも80才とのこと、とてもそうは見えません。お若いです!
最遠方は神戸の方。
「歩くことで元気をもらおうと思って・・・」と、福島県いわき市で被災された方も来てくださったとか。

歩く前のストレッチ体操。「名曲」(鳥取砂丘?)に合わせた振り付けが楽しく、特に風路の座長(コック)にとってはツボ。前にいつ飛び出していくか・・・と受付界隈ではハラハラしていたそうです!?

20キロコース・10キロコース・6キロコースの順に記念撮影をしていよいよ出発です!
山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22303381.jpg


山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22305359.jpg


山祝う?第一回棒道大会_f0019247_2231109.jpg


山祝う?第一回棒道大会_f0019247_2231258.jpg

三分一湧水公園の見事な紅葉を見ながら、棒道に入っていきます。
山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22391887.jpg
カラマツの黄葉が青空に映えてきれい。
山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22404984.jpg
晩秋の明るいカラマツ林を歩いていると、またお馬さんの一行に出会いました。

山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22415872.jpg山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22421415.jpg
10キロアンカーに見守られ、無事ゴール!受付で完歩証を頂きます。
受付の麗しき「イモ娘」? 焼きイモおいしそうだなぁ・・・

山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22442658.jpg山祝う?第一回棒道大会_f0019247_22444582.jpg
ピエールジュンさんと記念撮影。さらに大会の横断幕をバックに。
参加された方から、最高に充実した日だった・・・と言っていただきました♪


せっかくウォーク

せっかくウォーク_f0019247_13989.jpg
きょうは明日の八ヶ岳高原棒道ウォークの前日ということで「せっかくウォーク」があります。
「八ヶ岳歩こう会」の仲間は午前中から準備していますが、受付開始はお昼すぎなので、私たちもそれまでにはなんとか行けそうです。
最初は三分一湧水館内で、北杜市資料館の学芸員・澤谷さんによる棒道についてのお話。これが簡潔でよくまとまっていて、これから歩く棒道への興味が湧き、とても良かったです。
(なんと澤谷さんは、前日まで韓国にいらしていたそうです。それも浅川巧さんの墓参だそうです!私が愛読している(^^;)韓国映画スタッフブログに書いてありましたが、日本からは映画「道~白磁の人」の監督さん、巧さんを演じた吉沢悠さんも訪れていたのだとか・・・)

せっかくウォーク_f0019247_14425.jpg
お話を聞いた後、3つのコースに分かれて出発。
三分一湧水公園内の紅葉が見事です。
「小荒間番所跡」・「石仏」も説明を聞いた後なので、みなさん資料と見比べながら興味深そうに、見学していらっしゃいました。
せっかくウォーク_f0019247_143554.jpg
林の中の紅葉も最後のきらめき。落ち葉を踏みしめながらのんびりと歩き、林を抜けて小海線を渡ったところで振り返ってときに見えた八ヶ岳の姿にも多くの参加者がカメラを向けていました。
せっかくウォーク_f0019247_133421.jpg

あしたはいよいよ本番です。
当日参加も大丈夫と思います。お天気も良さそう・・・
ぜひ一緒に歩きましょう!


中村哲さんの講演会13日

きょうは予報通り、朝から雨。
「八ヶ岳歩こう会」の会員は雨の中、あさってに迫った棒道ウォークのため、矢印を貼りにいっています。曲がり角等、間違えやすいところに貼るのです。
私たちは仕事で欠席。あしたのせっかくウォークとあさっての本番は参加できると思います・・・多分?


11月13日(日)は南アルプス市で中村哲さんの講演会もあります。
中村さんはお医者さんですが、アフガニスタンの旱魃がひどいことから、「飢えとかわきは薬では治せない」と28年も前から現地で水路を切り開く作業をしています。
DVD「アフガンに命の水を」を見ると、その水路に水が流れ、砂漠のようだった土地が緑に変わっていくのがはっきりとわかります。
これこそが国際貢献だと、思わずにはいられません。

山梨では初めてとのこと。ぜひ行きたかったですが・・・
もしも聞きにいく方がいらっしゃったら、報告を聞かせてくださいね。
桃源文化会館で13時から。11時半からは「アフガンに命の水を」を上映するそうです。

このDVDうちにもあり、貸してほしいと言われたので、探さないと・・・確かあったはず・・・

風のたより冬号の編集会議

きょうは小淵沢ペンション振興会の季刊新聞「風のたより」の編集会議です。
紹介したいことはいろいろありますが、なんといっても「冬の山々の美しさは格別」という訳で、撮影のビューポイントを2、3ヶ所取り上げることになりました。
最近はデジカメをお持ちの方も多いし、携帯のカメラもずいぶんよくなっているとのこと、冠雪した山々、特に朝陽や夕陽に染まる山々を見たら、きっとカメラを向けたくなるのではないかと思います。

若手で(!)八反歩堰を知らないという編集委員がいたので、会議が終わってからさっそく車で取材。少しだけ歩いてみました。「知らなかった、いいところですね~!」とのこと、その感動を素直に書いていただくことに・・・
ヨロシクね!

スノーシューや蔵開きも取り上げます。発行は12月始めの予定です。


編集会議でなんとTPPの話題が出ました。
今回紹介する予定のビューポイント、どこも山々の前に田園風景が広がっています。
今話題のTPPで、日本の農業はどうなるんだろう、と不安になります。

今、輸入されているお米には700パーセントもの関税がかかっているのだとか。
日本のお米の7分の一の値段のカリフォルニア米とかが入ってくるようになったら、外食産業はもちろんそれを使うでしょう。家計に余裕のない家もきっとそうするしかないのでは?
うちは津南のお米を守りたいですが・・・
作る人が意欲をなくしてしまうのではないか、とそれも心配です。

農業、特に主食は国の礎だと思うし、瑞穂の国のこの豊かな風景は守っていきこそすれ、壊しちゃいけないと思うけどなぁ・・・


荒倉山

荒倉山_f0019247_23125355.jpg
きょうは荒倉山へ。
ここはもう10年以上前に登り口を探してウロウロしたのですが、そのときは結局わからず。
その後やはり「歩こう会」で企画されたときには都合が合わずに欠席。

今回満を持して・・・という訳です。
写真で見ると、舗装道路も多いようだ・・・との話?で、ウォーキングシューズで行ったのですが、しっかり登山道だったので、これは登山靴の方が良かったな~と反省。ダブルストックも持っていた方が良かったと思いました。

荒倉山_f0019247_2314569.jpg荒倉山_f0019247_23143122.jpg
集合は午頭島公園脇の駐車場。Mさんが手を振ってお見送り。「行ってきま~す!」

荒倉山_f0019247_23185061.jpg荒倉山_f0019247_2319207.jpg
徳島堰沿いの道を歩くと、平川峠・荒倉山の標識があります。

荒倉山_f0019247_23202229.jpg荒倉山_f0019247_232046100.jpg
登山道を少し行くと、集落に出ました。小さな筒状の石が置いてあり、力石と書いてありましたが、ワタシでも持ち上げられました。10キロくらいかな?

荒倉山_f0019247_2322926.jpg荒倉山_f0019247_23223212.jpg
カカシの標識から本格的な登山道となります。紅・黄葉もきれい。しばらくあるいて休憩。

荒倉山_f0019247_23243577.jpg荒倉山_f0019247_23245495.jpg
熊よけのドラム缶を叩いています。「樹林が切れてきたからもうすぐ頂上」と誰かがうれしいことを言っていましたが、林道に出ただけでした・・・

荒倉山_f0019247_23265185.jpg荒倉山_f0019247_23271386.jpg
時々、八ヶ岳がその姿を現してくれます。美しいです。顔出し看板を見るとそこから顔を出さずにはいられないヒト。あれれ主役の座を奪われています。

荒倉山_f0019247_23303879.jpg
再度登山道に入ります。あと40分の標識がありました。頂上間近で八ヶ岳がきれいに見えるところで記念撮影。

荒倉山_f0019247_23321859.jpg
頂上は1番上の写真のように、一部を除いて樹林の中。
帰りは林道を回って、下りました。落ち葉を踏みしめ、紅葉を楽しみながらの山歩き、やっぱりいいなぁ・・・


カイノキ

カイノキ_f0019247_22385535.jpg
漢字では「楷の木」です。中国の孔子廟に植栽されているところから学問の聖木とされているそうです。
「偶数羽状複葉」というのが特徴、と教えていただきました。
カイノキ_f0019247_22412921.jpg
羽状複葉の植物のほとんどは先端にも小葉がある奇数羽状複葉だそうです。偶数は珍しいのだとか。

カイノキ_f0019247_22393228.jpg
紅葉も美しいとのこと。紅葉が始まったと聞き、見に行ってみました。一部かなり赤くなっていますが、まだ黄色や茶色がかったオレンジ、緑のところもあります。
もう少ししたらまた行ってみようと思います。

小淵沢にある八ヶ岳薬用植物園内にあります。


11月13日は棒道ウォーク

きょうは毎月第一月曜日に行われる、「八ヶ岳歩こう会」の会議。

いろいろなことが話し合われましたが、大きな議題の1つが今週末に行われる第一回八ヶ岳高原・棒道ウォークについて。
初めて知ったのですが、体育の国体があると同様に、文化の国文祭というのが、毎年持ち回りで行われているそうです。そして再来年山梨県が主催県なのだそうです。(「へ~」という感じ)

歩くということも文化ととらえ、この大会も国文祭の一環として行われるようです。
それで、13日の棒道大会の前日のせっかくウォークは文化的な催しとして歌声ウォーク・えほん村ウォーク・歴史ウォークを行うことになっています。
それぞれ「リードオルガン美術館を訪ねて、オルガンに合わせて歌を歌う」「えほん村の館長さんにむかし話を聞かせてもらう」「棒道の歴史を学びつつ歩く」という予定。歩く距離は5キロ前後、どれも面白そうです。

今、棒道のカラマツの黄葉は真っ盛り。13日は黄金色のシャワーを浴びながら歩けるのではないかと思います。