人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

仙丈ヶ岳のご来光

仙丈ヶ岳のご来光_f0019247_23102064.jpg

まだ太陽は登ってきていません。雲がどんどん赤くなって、日の光が雲に反射している感じです。

仙丈ヶ岳のご来光_f0019247_2311089.jpg
空が明るくなり、雲がバラ色に染まり太陽が昇ってきました・・・
泣きたくなるくらい美しいです。

仙丈ヶ岳のご来光_f0019247_23142732.jpg
小屋に戻って朝ごはんを食べてから、下ります。正面に甲斐駒ヶ岳、その向こうに八ヶ岳。

3000mの頂へ!

3000mの頂へ!_f0019247_2252391.jpg

風路では年に4回「風の通り路」という通信を発行しています。

今回の取材はずうっと憧れていた山へ。その日の朝まで行けるかな・・・とちょっと不安。5時起床・6時出発!天気はGOOD!

3000mの頂へ!_f0019247_2261340.jpg
北沢峠から登り出し。樹林が切れると、富士山と北岳が横にくっきり。振り返れば甲斐駒とその向こうに八ヶ岳。

きょうは小屋泊まりの予定なので、コースタイム4時間のところ6時間位かけてゆっくりゆっくり登りました。あまりにも天気が良く、振り返っては「わぉ~!」左右を見ては「きれい!」と歓声を上げながら・・・

3000mの頂へ!_f0019247_22112423.jpg
やっとたどりついた小仙丈ヶ岳でランチタイム。どこを見ても素晴らしい!

山頂はあした登る予定で、きょうは仙丈小屋までなんとかたどり着きました。まずは生ビール!

夕焼けが美しい・・・
3000mの頂へ!_f0019247_22133151.jpg

北アルプスの稜線もくっきり。
3000mの頂へ!_f0019247_22135782.jpg

あしたの朝、めざします。仙丈ヶ岳の山頂へ!

棒道大会とつながるネット

八ヶ岳歩こう会の毎月1回行われる会議の日。

議題は盛りだくさんです。
ビッグイベントは11月12日(土)・13日(日)に行われる信玄棒道大会。
歩こう会の単独イベントではなく、多くの団体が係わる大きな大会になりそうです。
道はいいし、季節もいい!
もしかしたら、カラマツの黄金色の葉が降るような中を歩けるかもしれません♪

もうひとつ。
歩こう会では震災後、会費200円のところ+100円を義援金として集めています。
そのお金をどこに寄付するかということが話し合われました。
そこで、「4月3日のひろば」の「福島から北杜へ つながるバスツアー」の話と「つながる基金」のことを話したところ、北杜市でがんばっている人たちに使ってもらおう、ということになったのです♪
ほかにもいくつかのグループ名があがりました。
詳細はこれからですが、身近なところでいろいろな人たちの思いが繋がっていくようで、すごくうれしかった。


松島

松島_f0019247_20122386.jpg

このところ何年か、9月初めに仙台近郊へ「従業員慰安旅行(?)」に行っています。(従業員は2名又は3名)
もちろん「大人の休日倶楽部」の切符を使って!
15000円のチケットであずさも新幹線も乗れるのでとってもお得。
少し時間があったので以前行った松島を訪ねてみることにしました。
仙石線で松島海岸まで。石巻まで行く路線ですが途中はバスで代行運転しているとのこと。まだ全線開通じゃないのですね。
松島_f0019247_2012541.jpg
聞いてはいましたが、松島は多くの島が自然の防波堤になってくれて、他の海沿いの地域よりはずっと被害が少なかったようです。
もちろん津波と地震の痕跡はあちこちに見られましたが、建物はほとんど残っていて、ニュースで見た壊滅と言われている地域とは全く違っています。

松島_f0019247_2014291.jpg以前入った「おさかな市場」が営業していたらそこで昼食にしようと探しました。しっかり営業していたので良かったです。注文したのは「特上寿司」と「ちらし寿司」と・・・生○ール。
松島_f0019247_20142928.jpg



観光客は多いとは言えないけど、それなりに入っていて少しほっとしました。


でも2階から階段を下りる途中には震災後の写真が展示してあり、それを見るとやはり松島でさえ波や泥は容赦なく押し寄せていたことがわかり、ここまでになるのにどれほどたいへんだっただろう・・・としばし写真に見入ってしまいました。
松島_f0019247_20145361.jpg

まだまだ長い時間が必要だと思いますが、町中に貼ってあった「前進 松島」「がんばっぺ東北」「まげねえぞ」のことばに心からエール。

松島_f0019247_20224021.jpg

9月のおつきゆきえさん朗読会

今年は恒例秋のゆきえさん朗読会は9月に行います。
9月18日(日)の夜がたんぽぽさんで宮沢賢治朗読会。
19日(月)←祭日です。 午前が風路で大人のための絵本の会です。

あと2週間です。
ぜひ聴きにきてくださいね!

おつきゆきえさん朗読会
●9月18日(日) 午後7時30分~  宮沢賢治朗読会
          ペンションたんぽぽさんにて
●9月19日(月) 午前10時30分~ 大人のための絵本の会
          ペンション風路にて
 ・料金各回1500円(お茶付)です。

チェロの音色に包まれる

チェロの音色に包まれる_f0019247_16165459.jpg

きのうは、「ヴラダン・コチ&有吉英奈 東日本大震災 復興支援 チャリティコンサート」でした。
風路には、昨年の8月10日のプラハ・チェロファミリーのコンサートに来て下さった方、私たちよりもっと前からコチさんの演奏を聴き続けてきた方、初めて聴きに来て下さった方・・・が集合♪

5時半に予約をして旬菜旬魚「台所」さんで台所御膳をいただき、会場のアルソアへ。1階のロビーでしばし歓談。だんだん雰囲気が盛り上がってきます。

聴衆は150人位でしょうか。知り合いにも何人も会えてうれしい。

チェロの音色に包まれる_f0019247_16162260.jpg
最初の曲はバッハの無伴奏チェロ組曲。2曲目から有吉英奈さんのピアノが入ります。
休憩をはさんで、日本の曲。
一曲目は「茶摘み」でした。
ふと福島の飯館村で農業をやっていた若いお父さんの悔し涙を思い、ホロリとしてしまいました。
コチさんは兵役を拒否して投獄された経験を持ちます。
コチさんの演奏を聞いていると、「音楽家には銃ではなく楽器を」と思わずにはいられない・・・と書いたことを思いだしました。同時に無言館を訪ねたときに「画家には絵筆を!」と思ったことも。
そして・・・誇りを持って代々田や畑を耕してきた人々から農地を奪うことになったこの国の今を・・・。

最後はカザルスの「鳥の歌」。
生の演奏の素晴らしさを堪能しました。それもすぐ目の前で!
チェロの音色に包まれる_f0019247_16171612.jpg

帰ってから風路のダイニングでワインとフランスパンとチーズで二次会を開いたことは言うまでもありません♪