人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2011年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

篭の塔・水の塔

f0019247_10572088.jpg

「風のたより」夏号はもうとっくにできあがっています。
それと同時に送る予定の風路の通信「風の通り路」は全然・・・・
というわけで、取材に言ってきました。
車で3時間弱、高峰高原までGO!

お気に入りの宿「高峰温泉」のホームページによれば、篭の塔山~水の塔山は3時間半ほどのハイキングコースとなっています。
これぐらいなら、なんとか行けるかなと。

しかし!
ハイキングではありません。登山でした。
篭の塔も水の塔も頂上近くは岩場・がれ場でワタシの苦手とするコース。しっかりと5点支持(!)で登り下りしました。(両手・両足・お尻の5点・・・)
(得意なのは平坦でふかふかの道・・・ ^^;)

f0019247_111230.jpg

東篭の塔から水の塔に向かう道は片側が崩落しているヤセ尾根!
実際そこを歩いている時、後から来る女性2人が、「思ったほどではないわね」・・・と話していましたが、高所恐怖症気味のワタシは、右側を見ないようにして歩きました。
「気味」じゃなく本当の恐怖症の人はちょっとキビシイかも?

それでも、なんとか無事に下りてこられれば、ビールのおいしさは格別なのは言うまでもありません。あの露天風呂も最高です!(ビールは家に帰るまで我慢しましたけど)

今の時期、イワカガミの群落が素晴らしかったです。ツツジも!マイヅルソウ、ゴゼンタチバナ等たくさんの可憐な花々にも励まされました。
しかし・・・


またまたやってしまいました。
取材のときには特にデジカメが必需品。時間も記録されるので、コースタイムを記録しないでもすむのです。カメラはしっかり用意したのに、メディア無し!バッテリー切れ!メディアはバックの中から128メガの予備が見つかりましたが、バッテリーは赤が点滅して5枚撮ったらおしまい。インスタントカメラを何年ぶりかで買ってしまいました。花もたくさん撮りたかったのに・・・・ガックリ・・・

雲上の露天風呂

f0019247_2223691.jpg

今までに行った山の露天風呂ベスト3は、高天原温泉・本沢温泉・そしてここ!
他にもきっといい温泉はたくさんあると思いますが・・・


キャンドルナイト報告

f0019247_1810374.jpgきのうの100万人のキャンドルナイトは、盛りだくさんの内容でした。
司会進行役なので、前日から落ち着かない気持ち・・・

3月11日の大震災と福島の原発事故の後、はじめてのキャンドルナイト。

そもそも・・・原発を作り続けてまで電気をふんだんに使った「快適」な生活を追い求めていいのか?という疑問をずうっと感じていました。
5年位前、100万人のキャンドルナイトの「1年に2回、夜の2時間電気のプラグを抜いて、地球のこと、環境のこと、考えてみませんか」という呼びかけを知り、そして小淵沢のペンション仲間と、このイベントを始めました。

今もなお、収束には程遠い福島の原発。
事故が起こっていなくても安全に止めるには気の遠くなる年月がかかるらしい・・・それに使用済みの核燃料を安全に処理する方法は「無い」らしい・・・

ここ北杜市にも小さなお子さんを持つご家族が福島から避難してきているとのこと、それを支えようと行動を起こし始めた人たちもいます。

ひとりでできることは小さくても、少しずつでも輪が広がっていけば、何か変わるかもしれない。
今よ~く考えて意思表示をしていかないと・・・と思います。

それできのうの報告です。f0019247_18163230.jpg
このイベントも小淵沢ペンション振興会の仲間が協力して続けています。
なんと今回は料理自慢のペンション(シェムニさん・あるびおんさん・月下草舎さん)が協力してディナーも提供するのです。厨房で盛り付けされたプレートを見ると、「ワタシも食べたい!」と言いたくなります。このプレートの他にシフォンケーキとアイスのデザートが付きます。

ディナーが終わって、いよいよプログラム開始!f0019247_18184148.jpgf0019247_1819776.jpg
民謡は、小淵沢のおいしいレストラン「郭公(かっこう)」のみっちゃんの助っ人を頼んだのが、大成功!?泣き落としで頼んで良かったね・・・
オカリナ演奏はハーモニーが素晴らしい!もちろんアンコールの声。

f0019247_18194837.jpgf0019247_18211829.jpg
フラダンスは、涼しげな衣装も軽やかに、ハワイの風が吹き抜けるよう。
落語は初めてで高座を用意しました。出囃子も!着物姿も艶やかな花伝亭弘奴さん。
f0019247_18203992.jpgf0019247_1822425.jpg
アフリカの太鼓、圧巻でした。大地の鼓動という感じ。
なんと一緒に踊りを教えていただいて、会場中が賑やな踊りの場に。

休憩の後、恒例歌声喫茶を楽しみ、幕となりました。
参加してくださったみなさん、ありがとうございました!また冬至のときにお会いしましょう♪



今回の参加費は「東日本大震災 こども未来基金」に寄付させていただきます。 

きょうの夜はキャンドルナイト

f0019247_1222828.jpg

100万人のキャンドルナイトIN八ヶ岳2011 
本日7時30分より、月下草舎さんで行います。
歌やオカリナ演奏、落語等の後はみんなで「歌声喫茶」で楽しみましょう!


小さな町の小さな映画館

北海道にある人口15000人の町・浦河町。そこに90年続く映画館があります。その名は「大黒座」。客席数48。
この「大黒座」とそれを支えてきた人々を撮ったドキュメンタリー映画です。
常に多くの人で賑わっていた映画の全盛期も遠い昔。
存亡の危機もあったみたいですが、今は三上さんご夫妻とお母さんの三人で切り盛りしてなんとか映画館を続けています。
この3人はもちろん、大黒座を支える町の人たちが素敵です。
町の中に映画館がある幸せ・・・それを確かに感じられる映画でした。
いつか行ってみたい・・・けど、遠い・・・

ポレポレ東中野でやっています。
DVD買ってしまいました・・・ささやかな上映会をやろうかな?


シャラ(沙羅)の花が咲きました。

f0019247_1948862.jpg

昨年、一昨年は探さないと咲いているのを見逃すくらいしか咲きませんでした。今年はすごいです。
庭には真っ白なシャラもありますが、これはほのかにピンクがかっています。

la table de cafe zo

f0019247_22422110.jpg諏訪や茅野には大好きなおいしいお店が何軒かあります。
そのうちの1軒、Cafe ZO(カフェゾー)さんが、引越しをされて残念に思っていましたが、この4月に以前とは別の場所で再オープン。
早速行った食いしん坊仲間の洋子さんの報告を聞いたら、もう腰が浮いてしまって・・・
という訳で、行ってきました「研修」に!?

建物は古民家風。和のテイストでとっても素敵です。

f0019247_2343515.jpgf0019247_2243331.jpg
玄関入ってまたびっくり。磨きあげられた廊下が続き・・・その先がレストランとなっています。
お庭も素敵な日本庭園で緑いっぱい。
お2人の息の合った、心地よい空間です。


もちろんランチも予想通り・・・いや予想以上においしくて・・・

f0019247_22461979.jpgf0019247_22464497.jpg
前菜・主菜が2種類から選べます。自家製のパンもデザートもおいしかったです。

f0019247_22472238.jpgf0019247_22475283.jpg
ペンションあるびおんの進さんが運転してくれたので、私たち2人はワインもいただいちゃいました!
う~ん・・・料理にぴったり♪

ここはお薦め・・・ちょっと場所がわかりづらいかも?


アレクセイと泉

「アレクセイと泉」のDVDを見ませんかと、と誘っていただきました。
以前、甲府の「こぴの庭」のイベントで見たのは何年前だったでしょうか?
雪原をわたる冷たい風を感じさせるような美しい場面が印象的でした。

その美しい画面を撮影した一之瀬正史さんが、「いのちの作法」「葦牙(あしかび)」を撮影され、3月に上映した「祝の島(ほうりのしま)」の監督「はなぶさあや」さんが、このアレクセイと泉のスタッフだった・・・いろいろなところで繋がっているんだな~と感慨深いです。

でもきっとどの映画も共通点があるんですね。
「いのち」という・・・

村の泉の水を汲み、じゃがいもを育て、家畜や犬や猫とつましく暮らすお年寄りたち。
村に残るただ一人の若者アレクセイが力仕事を引き受けています。
前回はどうしても「外国の話」でしたが、今回は福島の「飯舘村」の人々のことを重ねてみていました。
飯館村は「日本で最も美しい村」連合の一つ。
ていねいな暮らしという意味の「までいライフ」をかかげて、自然との調和をめざして村づくりをしてきたとのこと。

この映画の舞台の村は原発から180キロ離れていたそうです。
絵本のように美しい村です。


宇梶静江さんの古布絵展

今週いっぱいです。ぜひお薦め!

私たちも何人もの方から薦められていました。
まだ日にちはあると思っていましたが、いよいよ今度の日曜日まで。
きょうの午後、やっと行くことができました。

フィリア美術館で。

詳しくはぜひ↓こちらをごらんください。

http://www.philia-museum.jp/kikaku/2011/ukaji_shizue.html

「自然と調和した豊かな文化」・・・一番大切なことを知っている人たち、という気がしました。


100万人のキャンドルナイト2011

小淵沢ペンション振興会では冬至と夏至の近辺の日に100万人のキャンドルナイトの趣旨に賛同して、イベントを行ってきました。
私たちがこのイベントを開催する理由のひとつが「地球の将来を脅かしてまで電気を使い放題使っていいのだろうか」、という思いでした。
今このような状況で、よりいっそう将来のエネルギーについて考えていく必要を感じています。
この夜のちょっと暗い2時間がそんなことを考えるきっかけになってくれたら本当にうれしいです。
料理自慢のペンションが協力して作るディナーもよろしければぜひ味わってみてください!

100万人のキャンドルナイトIN八ヶ岳2011
  場所  ペンション月下草舎
  日にち 6月26日(日)
  時間  午後7時30分から
  参加費 500円(義援金)
  プログラム ・はじめのことば
        ・オカリナ演奏・落語・民謡・フラダンス他
        (休憩・ドリンクタイム)
        ・みんなで歌いましょう♪
   ★6時半からディナーをご用意いたします。(要予約2000円)

お申込み・お問い合わせは風路または振興会の各ペンションへどうぞ。