人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

<   2011年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

f0019247_022519.jpgきょうで3月も終わり。

声かけ合い運動(?)、きょうは「オムレツならここ!」というファンの多い風音さん。お客様がたくさんきていて、賑わっていました。なんだかうれしい。
風音さんのオムレツ、運ばれてくるとみんな「おお~っ」と言っています。そして写真を撮っています。
もちろんワタシも!・・・芸術品ですね。

コックは鳥肉の味噌カツというのを注文していました。
それもおいしそうでした!

きょうまでお気に入りの雑貨のお店「CABIN(きゃびん)」さんの3周年記念セールだったのです。行かなくちゃ!ここに書かなくちゃ!と思いつつ・・・きょうになってあわてて行ってきました。
ひとつひとつ選び抜かれた服や帽子やバック、かわいい雑貨、センス溢れる食器・・・を眺めているとしばし、いろいろな心配事も忘れそうです。

4月からは、また花情報を報告していきたいです。


by kaze-michi | 2011-03-31 23:58 | 八ケ岳のお店・美術館など | Trackback | Comments(0)

f0019247_0281346.jpg杉山亮さんの被災地に絵本を送ろうという活動は、この日記でも紹介してきました。うちのお気に入りの本を数冊持っていったときに、杉山さんのお宅に積み上げられている段ボール(本の入った)の山にびっくり。
「山脈状態になっている、尾根伝いに歩いている・・・」という話も決して冗談ではない・・・と思いました。

その本を小淵沢の元役場(今の支所)で預かってもらえるとのこと、そこへ本を移動するのを手伝ってもらえないか、という依頼がありました。早速小淵沢ペンション振興会の仲間に連絡したところ、多くの仲間が快く受けてくれました。

f0019247_0283829.jpgきょうの10時50分に風路に集合、11時に杉山さん宅に7台の車で向かいました。本の箱は100以上、7台の車と杉山さんの車全部にしっかり積み込んで、出かけようとしたところ、ちょうどそこに宅急便でさらに15箱届き!・・・それもまた積み込んで役場へ。

大勢の人がいてくれることでどれだけ助かったことか!積み込みも積み下ろしも、少ない人数だったら相当たいへんだっただろうと思います。
私ももちろん運びましたヨ!・・・軽いのだけ・・・
これからまた、赤ちゃん向け・児童向け等、仕分けをして送るのだそうです。その作業もたいへんそうです。

でも宮城県と岩手県に受け入れ先ができ、今度は直接そちらに送れることになったそうです。これから本を送ってくださる場合は杉山さんのホームページに送り先の住所も書いてあるので、そちらをごらんになってください。
受け取った人たちの手間が少しでもはぶけるよう、心がけたいと思います。

●杉山さんのホームページ→杉山亮のなぞなぞ工房

by kaze-michi | 2011-03-30 19:17 | Trackback | Comments(0)

春一番はスミレ

f0019247_23171199.jpg
クロッカスもフキノトウもまだ・・・と思いながら庭を歩いてみたら、きれいに咲いているじゃないですか!

f0019247_23173798.jpg
春の日差しに輝いています。ほんと、花はえらいです。


by kaze-michi | 2011-03-29 23:20 | 八ケ岳 花情報 | Trackback | Comments(0)

花のはなしをしたい

きのうは、常連のナオコさんファミリーが来て下さる!
こんな時ですからキャンセルも多く(←見栄・・・もともとあまり多くない*コック注)無理しないで下さいとは言いましたが・・・ うれしいっ♪
いっぱいおしゃべりもして、楽しかったです。

お昼からはペンション仲間のたんぽぽのりぃさんが来て、5月14・15日のおつきゆきえさん朗読会の相談他。夜はやはりペンション振興会の新聞「風のたより」のスタッフが集まって年度末の会議。

やはり、みんな、いろいろな話をしていてもどこかに福島の原発の不安があるみたいです。「なんとか早く落ち着いてほしいね」・・・本当に。

ドイツでは原発に反対するデモに25万人も参加し、州の選挙でも脱原発を掲げる「緑の党」が大躍進とのニュース。
日本は今全世界から見つめられているのデスネ・・・

東京では桜が開花したとか。
わに塚の桜もあと1週間位で咲きそうという噂も聞きました。
花はえらいなぁ・・・

桃はどうでしょう?
4月10日の「桃の里ウォーク」、ペンション振興会のイベントとしては中止となりましたが、交通事情その他で開催できそうなら、少しコースを考えて風路の行事として歩こうと思っています。


by kaze-michi | 2011-03-28 22:51 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

マイルール

少し前に書いた鎌田實さんのブログに、以前「マイルール」という話が載っていました。
自分で何かルールを決めるのです。例としてプロ野球ソフトバンク(?)の和田投手のルールが書いてありました。

和田投手は現在も多くの子どもたちが、ワクチンさえあれば予防可能な感染症によって5歳まで生きられないという事実を知り、「プロ野球選手になったら、自分にも出来ることをやろう」と考えたそうです。

そして、和田投手は、1球投げるごとにワクチン10本、勝利投手になったら20本、完投勝利で30本、完封勝利で40本というルールを決めたのだそうです。

今、江川紹子さんのツイッターで知りました。「NBAの選手20人が、日本を支援するため、得点1点につき1000ドルずつ寄付をすることを決めた」とのことです。
1000ドルって10万円?3ポイントだったら30万円!・・・はずれたほうがいいとか思わないのかな・・・とつい思っちゃいました。
NBAの花形選手は何億も収入があるんだから、そんなことは思わないよ、とコックにあきれられました(^^:)・・・

小者のワタシですが、「風路のマイルール」決めました。
お客様お1人泊まってくださったら、10周年記念のときに発行したフーロ紙幣、それを倣って1フーロ分(300円)を義援金とします。
それから私たちの大好きなウォークに行けたら、その楽しさの分、「参加費200円と同額」をやはり義援金としたいと思います。

とりあえず、3月11日から1年間、もしかしたらもう少し長くなるかもしれませんが・・・


by kaze-michi | 2011-03-27 13:10 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(4)

この前書いたKさん(こんちゃん)は無事南相馬市まで行き、支援物資を届けられたそうです。
そして、なんと本業の歌声まで届けてきたそうです。県立相馬高校に避難されている500名くらい方の前で「出前・歌声喫茶」を開催されたとのこと。再度行くときには歌声の装備も充実させるつもりだそうです。

また杉山亮さんの日記で知った「絵本を送る活動」も、着々と多くの絵本が届いているそうです。仙台に拠点ができてそこに直接送ることもできるようになりそうだとのこと。詳しくは杉山さんの日記をごらんください。

もちろん食べ物や飲み物、暖房等がまず欠かせないと思いますが、歌や本や花・・・そういうものが辛い気持ちをときほぐしてくれることもあるのでは・・・と願わずにはいられません。


by kaze-michi | 2011-03-26 17:32 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(2)

今は誰かを責めることなく、一人一人ができることを・・・
と言う意見はあちこちで見かけます。

でも今だからこそ、「どうしてこうなったのか」(天災という部分は別として)ということは、一人一人が考えていかなくては、と思います。そしてどういう国にしていきたいのかも。

今、頼りにして良く見ているのが、諏訪中央病院の元院長の鎌田實さんのブログ。原発事故について毎日何度も更新。南相馬市に医療支援にも行かれ、その様子も載っています。
鎌田さんはチェルノブイリの医療支援にずうっとかかわってきていて、放射線の恐ろしさも知った上で書かれているので信頼できる・・・と思っています。

その鎌田さんが、反省として書かれていました。

ぼくは、反省している。
20年間、チェルノブイリ原発事故で健康被害に遭った人たちとかかわり、原発の恐ろしさをよく知っているのにもかかわらず、原発を止めろとは言えなかった。
原発を止めろなんて言ったら、経済が悪くなると勝手に思い込み、経済が悪くなったら、若者の雇用はもっとシビアになり、この国はめちゃくちゃになると思い込んで、原発に真っ向から反対できなかった。
自己批判しないといけない。

(原発事故46)

そして今
原発推進派の政界、官界、学者のなあなあの人脈のなかで原発行政を行うのではなく、原発反対派の人も交え、民主主義のオープンな形で議論していく必要がある。
(同上)

と。

私たち一市民もできうる限り、いろいろ調べて原発以外のエネルギーで暮らしていける方法を考えたいです。
今週のアルファブログのテーマは「災害」。
A国ソーリのスピーチ」という題で、こんなスピーチをしてくれたらな~という夢を書きました。

アカデミー賞受賞映画「英国王のスピーチ」の題を意識しました・・・(^^;)
この作品は見ていません、いつか見たいと思っています。


by kaze-michi | 2011-03-24 12:36 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

f0019247_1364983.jpg久しぶりに歩きました。距離は6キロですが。
「八ヶ岳歩こう会」の仲間に会ったのも久し振りのような気がします。

今年の11月に八ヶ岳・棒道大会を行う計画があるので、その話し合いをして、その後有志で歩きました。
棒道を歩いていると本当に心が落ち着きます。

帰ってきてテレビを見ると3号機から黒煙が出ていました。
3号機はプルサーマル発電をしているので、特に心配です。

野菜や生乳の他、水道水まで放射性物質が検出されたとのこと、
以前甲府の「こぴの庭」のイベントで見たドキュメンタリー映画「アレクセイと泉」を思い出しました。
チェルノブイリの原発事故で汚染された村が舞台です。
退去命令が出て多くの人が村を去ったのにもかかわらず、村のお年寄りたちは離れようとしません。そこに一人の若者アレクセイが残り、力仕事を引き受けます。
村のいたるところが汚染されているのですが、泉の水からは全く放射能物質が検出されないのです。「100年前の水だからさ・・・」100年大地で濾過されてあふれ出ていているから・・・なのだそうです。
「文明」の脆さに翻弄されながらも、助け合ってつましく生きる人々が印象的でした。
ロシアの雪原を吹きぬける風のきりりとした冷たさを感じるような美しい画面も心に残っています。

本橋成一さんが監督で、撮影は一之瀬正史さん。
一之瀬さんは、「いのちの作法」「葦牙-あしかび-」も撮っています。
そして「アレクセイと泉」のスタッフだったのがはなぶさあやさん。

八ヶ岳の水も長い年月をかけて湧いてきたので、きっと大丈夫・・・

by kaze-michi | 2011-03-23 23:58 | いのちの作法・葦牙 | Trackback | Comments(2)

夜のパートナー

f0019247_1595994.jpg最初の停電の時から、夜の恋人(?)となっています。
旧式の石油ストーブの上にヤカンを乗せてお湯をわかし、これに入れ、ふとんに入る少し前に背中(←これ重要)のあたりに置いておく。
ふとんにもぐりこめば、ふふふ・・・と笑みがわいてしまいます。「愛いヤツ」という感じです。
少しずつ腰から足の方へずらしていけば全体が温まる。
一晩中温かいです。
さらに、朝は洗面器に注げばちょうどいい感じの温かさ(ちょっと熱いくらい)で洗顔もできます。

お客様の分もそろえようか、と検討中。
でも今は売れ切れかもしれませんね・・・?

きょうの停電は午後3時20分~7時の予定。


by kaze-michi | 2011-03-22 15:18 | Trackback | Comments(2)

ボランティア

テレビで「南相馬市に放射能を恐れて物資が入ってこない」と悲痛な叫びをあげている市長さんの声を聞きました。きょうはいわき市の方も。
この地域は地震と津波でも被害が大きいのに、さらに原発による災害で2重3重に苦しんでいるのですね・・・

きのう、知り合いの「熱血漢」Kさんが南相馬に行くことにした、と聞いてびっくり。
ボランティアについて聞くのは否定的な話がほとんどです。
阪神大震災の時の教訓として初期の(?)ボランティアは足手まとい、要請があってからでなければ絶対に行ってはいけない・・・と。

でも、あるボランティア団体の方の日記を見ると、阪神の時とは違う、あまりにも広範囲、あまりにも多くの場所に避難されている人がいるので、人は一人でも多い方がいい、と書いてあるのもありました。
片付けだけでも、物資を届けるだけでも、避難所にいる方にことばをかける・話を聞くだけでも、・・・と。

だから、じっとしていられない、どうしても行きたいという思いを持つ人を止めることはできません。Kさんは南相馬市の市の職員の方と連絡を取り、「きてほしい」と言われたそうです。1番切実なものはやはりガソリンだそうです。せっかく届いている物資を配ることができないのだそうです。

必要なものを積み込み本日出発とのこと。
私たちは小旅行をするつもりで貯めていたお金と毛布3枚を託しました。

無事に帰ってきて、報告聞かせてくださいね。


by kaze-michi | 2011-03-21 14:57 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(2)