人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

<   2011年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

敷島梅の里は今見ごろ

f0019247_23533626.jpg
どうして梅雨(つゆ)は梅に雨なのか?梅は早春に咲くのに・・・と思って調べたら梅の実が生る頃の雨らしい。

f0019247_23552712.jpg
甲斐市にある敷島梅の里は今ちょうど見ごろです。毎年この頃に行われる「敷島梅の里ウォーク」で里にはもう春が来ていることを知らされます。(上の写真はクリックすると少し大きくなります)

f0019247_063145.jpg
雨を覚悟で参加したものの、傘もいらないくらいに小降りになるときもあって、爽やかなウォークを楽しみました。梅は今までで一番いい位にきれいでした♪

f0019247_065451.jpg


f0019247_071872.jpg


f0019247_074564.jpg


f0019247_08342.jpg



by kaze-michi | 2011-02-28 23:44 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(0)

チケット販売人は行く!

f0019247_12235742.jpg
いよいよ「祝の島(ほうりのしま)」北杜市上映会まで、あと2週間となりました。
「自主上映は最後の2週間が勝負!」というのが定説らしい・・・?

自分の気持ちにもエンジンをかけたいと思います。
さ~これから会ったヒトは覚悟をしてくださいね!(じょうだん)
3月13日(日)午後、2時間ほど都合がついたら、ぜひ長坂コミュニティホールまで足を運んでください!(ほんと)

清文堂さんでもチケット取り扱っています。
長坂駅から徒歩5分の本店(本屋さんの本店・・・まぎらわしいですね)・きらら支店、どちらにもあります。
小淵沢は道の駅ビーンズさん。大泉のジャムクラフトとりはたさんでも。
それからもちろん風路でもね!

在宅ホスピス医の内藤いづみ先生も主催者となってくださっていて、15時から監督のはなぶさあやさんとトークを行います。このトークも興味深いので、個人的にもぜひ聴いてみたいです。
 
1000年先にいのちはつづく
祝の島(ほうりのしま)
 ●日時 2011年3月13日(日)
    1回目 13:00~ 2回目16:00~
 ●場所 長坂コミュニティセンター・ホール
 ●料金 前売り 1000円(当日1200円)  
    高校生・70才以上 700円 中学生以下無料
 ●1回目と2回目の間にトークショーがあります。
    15:00~15:50
    監督 はなぶさあや × 在宅ホスピス医 内藤いづみ
 ●チケット取扱い 
    清文堂(本店・きらら支店)・道の駅ビーンズ・ジャムクラフトとりはた
    有機村(甲府)
 

私たちの日々の暮らしともきっと無縁ではないと思われる、今、祝島(いわいしま)で行われていることに、目を向けていたいと思います。
村上春樹さんの「卵と壁」ということばを思い出します。
新聞・テレビはほとんど何も知らせてくれません。ツイッターではかなりの情報が流れているそうですが。


by kaze-michi | 2011-02-27 12:03 | 祝の島 | Trackback | Comments(0)

お久しぶりね!

f0019247_025264.jpg

このところ足跡は見るものの姿はしばらく見ていませんでした。ホンドリスの風ちゃん。久し振りにお気に入りの餌台に陣取って、たっぷり食べていきました。 
f0019247_063288.jpg


by kaze-michi | 2011-02-25 23:58 | リス・鳥・鹿・・など | Trackback | Comments(0)

北横岳は真っ白

f0019247_2357658.jpg

きょうは八ヶ岳歩こう会のスノーシュー、ピラタスロープウェーを使って北横岳まで登る予定です。でも集合場所のスパティオ小淵沢に着いたときにはポツリポツリと雨が・・・

f0019247_061371.jpg
ロープウェー山頂駅に着いて外に出ると、真っ白、そして風強し・・・
ちょっと弱気。リーダーが「坪庭をぐるりと周って、縞枯山荘でお茶して下りましょう」と言ったら、素直に従うのにな~・・・
しかしこちらの決意(願望?)も知らず、記念撮影をして、しっかり歩きだしました。
やっぱり上まで行くらしい。

f0019247_08975.jpg
坪庭を越えて樹林の中に入れば風は無く、樹々についた雪はきれい。自然の創りだす芸術です。
f0019247_083389.jpg

北横岳ヒュッテまで来ました。この後、なんとか登頂。一番上の集合写真を撮って、早々に下り、北横ヒュッテでランチタイム。暖かいカップラーメンがごちそうです。
途中の斜面では快適な尻滑り♪

f0019247_0123324.jpg

by kaze-michi | 2011-02-24 23:58 | スノーシュー | Trackback | Comments(2)

春を呼ぶ「たより」

f0019247_18541784.jpg「風のたより春号」の版作りの作業日です。
春号を作るときは、ウォークのポレポレ通信も一緒に作るのでたいへんです。
でも、長年やっているので、だんだん作業も早くなってきました。
きのうまでに、ほとんどの原稿は集まってきていたので、プリントアウトしておいたものをまず最初にみんなで読み合わせをして、誤字・脱字が無いか、より良い表現が無いか・・・等々話し合います。
f0019247_18544318.jpgそれから、切り貼りをして、記事に合う写真やイラストを探したり、描いたりしていきます。見出しの文字はたんぽぽのりぃさん。筆ペンで味があるので、もう印刷した文字には変えられません。

不定期連載の「この人にインタビュー」はレストラン郭公(かっこう)のみっちゃん。生まれも育ちも小淵っ子なんですね!
長坂の別荘地にある、リードオルガン美術館も取り上げています。
f0019247_1918911.jpg
「かっこう」は3月半ばまで、リードオルガン美術館は3月いっぱい冬眠中。でももう春は間近・・・と春号の記事を見ながら実感。 
表題のたよりにかっこをつけたのは「ぶたより」と読みそうなヒトがいたため・・・



きょうは水曜日で北杜市アルファブログの担当でした。
テーマは「知ってる?北杜市のいいコト」です。3月13日の「祝の島(ほうりのしま)」上映会について書きました。→こちらです。

by kaze-michi | 2011-02-23 18:59 | 仕事やあれこれ | Trackback | Comments(0)

以前、「申告な季節なう」と書きましたが、きょうその季節は終わりました♪(深刻な季節は終わっていないと思うけど・・・)
オーバーは終わるとか過ぎ去るという意味ですよね?
「LOVE IS OVER」という歌もあるし。
帰ったら乾杯しなくちゃ・・・!?068.gif068.gif
長坂商工会から帰る途中、夕陽を浴びた八ヶ岳がことのほかきれいでした。

さて、次は「風のたより春号」の原稿書き、そして「祝の島」の広報とチケット販売に精を出します!

祝島、厳しい状況にあるみたいです。島の人々は高齢の方も多いので、気がかりです。映画を見てすっかり自分の知り合いがたくさんいるような気分になってしまっているので。でもテレビや新聞は全く知らせてくれません。


by kaze-michi | 2011-02-22 23:40 | 仕事やあれこれ | Trackback | Comments(0)

フォーハーツカフェ

f0019247_0275242.jpgフットパスリンクの第1回目の顔見世会で甲府のフォーハーツカフェというお店に行きました。間口は小さいようですが、奥行があり、雰囲気の良いお店でした。県内産のワインの品揃えも豊富。
日替わりランチのカレーとサンドイッチを注文。どちらも素材を活かしたやさしい味でした。
甲府駅から歩いて10分程のところにこんなお店があるとは知りませんでした。(「顔見世興行じゃ衣装を持っていかなくちゃな」と言っていたのは・・・?)

f0019247_0281235.jpgフォーハーツとは・・・4つのハートという意味のようです。

このお店に、山中湖の「シアター・ホトリ」のチラシが置いてありました。なんと「祝の島(ほうりのしま)」を5日連続で上映するのだそうです。最後の日は北杜市での上映と同じ3月13日(日)です。
様々なゲストも来るようです。
監督のはなぶさあやさんは、ここで土曜日にトークをして、次の日曜日に長坂コミュニティホールに来てくださるんですね。

長坂での上映のときには、1回目と2回目の間に監督と内藤いづみさんの対談です。
内藤さんは在宅ホスピス医。一度諏訪中央病院で鎌田實さんと永六輔さんと3人の対談を聞いたことがあります。すごく面白かったです・・・が、どんな話だったかな~?

フォーハーツカフェはいろいろな出会いの場でもあるみたいです。
甲府に出かけたときにはまた寄ってみよう。

f0019247_0311275.jpgf0019247_0313153.jpg


by kaze-michi | 2011-02-21 23:32 | 祝の島 | Trackback | Comments(0)

f0019247_21201630.jpg毎年この時期に「民謡を楽しむ集い」が行われます。北杜市の各町にある民謡会に参加している人たちが日ごろ鍛えた自慢のノドを披露するのです。
日頃あまり鍛えているとは思えないような風路のコックも一応会に所属している、ということで出演するのだそうです。なんとみんなと一緒に歌う他にソロでも歌うんです!
そういえば、このところ♪~まつしま~ああの~・・・と声を張り上げていましたっけ。

f0019247_21203818.jpg大丈夫かな~?
しかし小淵沢の民謡会はひいき目かもしれませんが、すごく上手な人が多いような気がします。(除く1名?)
昨年の冬至のキャンドルナイトのときにも歌っていただき、好評でした。

小淵沢の女性陣はオレンジ色の着物で、華やか。風路の近くのレストラン「かっこう」のみっちゃんは、なんと三味線の出番もあり、魅せました!

いつの間にこんなに上手になったの?


by kaze-michi | 2011-02-20 21:28 | 応援しています! | Trackback | Comments(0)

今月の「FROM EAST」(塩尻・東座)は「オーケストラ!」
舞台はロシア、解雇され今は掃除の仕事をしている元天才指揮者と言われた主人公が、昔の仲間を集め、偽のビザを作り、本物の楽団に成りすまして、パリで演奏する・・・という話。
要所要所で演奏される音楽も素敵だし、最後のクライマックスのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の高揚感。
演奏が始まる前、まるで自分もその場にいるようにドキドキ。
そして演奏していく中で解き明かされる、ソリストの美しい女性とと団員たちの過去。
もう涙・・・演奏が終わったときは立ちあがって拍手したい気分!

パンフレット買いたかったのですが、売り切れでした。


これからの「FROM EAST」のラインナップは・・・
●3月   冬の小鳥  (3月19日~1週間?)    
●4・5月 クレアモントホテル(4月30日~5月13日)
クレアモントホテルは今岩波ホールでやっていますね。もう終わるのかな?なかなか東京まで見にいくのは難しいので、本当にうれしい。

ロンドンのプチホテル、クレアモントに長期滞在することになった主人公の老婦人と、彼女が散歩の途中で知り合った作家志望の美青年との心の交流を丁寧に描いた秀作。

この青年役のルパート・フレンドはフロムイースト一押しの美形俳優と書いてあります!


by kaze-michi | 2011-02-18 21:00 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

山梨県にフットパス

イギリスにフットパスという歩くための小径が縦横に張り巡らされているらしい・・・特に湖水地方はそのメッカらしい・・・そんなことを聞いたのは、ペンションを始める頃だったでしょうか。(歩くのが好きな私たちはその湖水地方に「研修」に行くのが長年の夢だったりします)

この八ヶ岳南麓に移住してからは、この素晴らしい環境こそフットパスの宝庫じゃないか!と思ったものでした。ヒマさえあればいろいろな道を探索して歩いていました。この細い土の道を行くとどこに出るんだろう?とわくわくしながら・・・
(最近何故か忙しくなって新しい道を発掘する時間が減ってきていますが・・・)

それは風路の通信「風の通り路」の記事になったり、「八ヶ岳歩こう会」のコースに活かされたり、小淵沢ペンション振興会のウォークイベントになったり・・・と、今も私たちのライフワークの一つとなっています。

そしてつい最近、山梨県全体で「フットパスリンク」というのを作りませんか、というお誘いがありました。
聞けば、勝沼で、甲府で、塩山で、身延で・・・と、あちこちで歩くコース(フットパス)を作っている(作ろうとしている?)方たちがいらっしゃるとのこと、それを県全体に広げていけたら・・・、と壮大な夢のようなお話です。

中心になって呼びかけて下さったのはこの方たち
このホームページ「つなぐNPO」を見ると、すごく面白そう。
ガイドブックもなんと200冊(!)できているとか・・・
あ、でも小淵沢はまだ1冊ですね・・・まだまだいくつもコースできます!

まだ、発足したばかりです(きょう?)。これからどんな風に育っていくのか、と~っても楽しみです♪


by kaze-michi | 2011-02-17 23:59 | フットパス | Trackback | Comments(0)