人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

未来の食卓

長坂コミュニティホールで上映されたドキュメンタリー映画「未来の食卓」を見に行ってきました。

美しい自然に囲まれた南フランスのバルジャック村の村長さんは子どもたちの未来のために「学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする」という前例のない試みに挑戦しました。
オーガニック給食や学校菜園で自分たちが作る野菜を通して自然の味を覚えていくこどもたち。
調理師さんたちも、手間がずっとかかるにもかかわらず、この試みに協力しています。
彼らの仕事は「もはや単なる調理ではなく、教育」というナレーションがありました。調理師さんが子供たちにかけることばを聞いていると本当にそうだ、と思わされます。
映画のところどころに農薬散布による健康被害や土壌の汚染などが語られ、農薬や化学肥料に頼る農業は考えなおしていく必要があるのでは・・・と思わずにはいられません。
普通の(農薬を使用している)農家の人々も一緒に話し合っていく場面もあります。それぞれ本音や疑問を出し合って、議論しているのにも感心。相手の立場や意見も尊重しつつ話し合いが進められているように思いました。

「食」はいのちに直結する・・・と思えば沢内村の挑戦とも共通するものがあります。村長さんの決断という意味でも。
小さな自治体でも、長になる人の理念・決断によって大きな挑戦もできるのだな~と改めて実感しました。

そういえばきょうは山梨県知事選挙でした。


面白くて、やめられない

面白くて、やめられない_f0019247_21103160.jpg「ミッドナイト・ラン!」

物語は佳境に入っています。あと残り4分の一位になって、読み終わるのがもったいないと思いつつ、読み進まずにはいられず・・・
ひとくせもふたくせもある登場人物の輪郭がはっきりしてきて、全く共通点の無かった5人がそれぞれ気持ちを通わせていく過程がすっと入ってきます。
1人でかかえるしかなかった「弱み」をいやおうもなくさらけだすしかなくて、それだからこそ開き直りの強さが生まれ・・・

これ映画化したら面白いだろうな。
監督は三池崇史さん?

配役を・・・この人ならピッタリとか、もっと合う人がいそう・・・とかあれこれ考えてみるのも面白い。

仕事も一段落したので、サッカーまで時間もあるし、また読もうっと。


「未来の食卓」、長坂で

先日チラシを頂きました。
以前この映画の紹介記事を読んで興味を持ったので、見る機会があれば・・・と思っていました。
こうして、近くでいろいろな映画を上映してくれるようになったらうれしいです。

きょうの新聞に映画館激減という記事がありました。
徳島県には県に1つしか映画館がない、以前は徳島「市」に13軒あったのに・・・
40万人が住む神奈川県藤沢市にただ1軒残っていた「フジサワ中央」が作夏閉館した・・・
等々の内容を読んで、あ~やっぱりそうなのか・・・と思いました。

でも個人的には「今映画が熱い」「暗い話ばかりじゃない」という気もしています。
「いのちの作法」「葦牙-あしかび-」のプロデューサーであり、今初監督作品の「希望のシグナル」撮影中の都鳥兄弟、「祝の島(ほうりのしま)」の監督のはなぶさあやさん等々・・・若い世代のキラキラする感性にも未来を感じるし、昨年訪ねた「庄内映画村」を育てた社長のUさんや地域の人々の思いもすごく素敵だったし・・・

志ある映画を見つけて育て(?)、映画館自体も地域の人々に育てられるような小さな町の映画館、・・・そんな映画館が作れたら・・・夢のまた夢をときどきふっと見ています。

あっと、未来の食卓です。
 ●日時 1月30日(日) 13:30~
 ●場所 長坂コミュニティステーション・ホール
 ●チケット 無料!
 ●託児あり 申込が必要です(090-8303-3380ミヤガワさん) 1人500円


入笠山スノーシューのお誘い

入笠山スノーシューのお誘い_f0019247_092336.jpg

2月13日(日)に小淵沢ペンション振興会・ポレポレクラブのスノーシューイベントがあります。場所は入笠湿原~大沢山の予定です。(雪の状態等で変更もあるかもしれません)
こちらはペンションに宿泊してくださるお客様限定のイベントとなっています。
参加費は宿泊費+2600円(ゴンドラ代・昼食・保険料含む)です。
担当はペンションたん歩歩さん。わたしたちもスタッフとして参加します。

また16日(水)には八ヶ岳歩こう会のスノーシューイベントがあります。こちらは入笠山に登る予定です。
下見は2月2日を予定していますが、下見の下見に行ってみることにしました。
きのううっすらと積もった雪が上ではどんな感じなのかも気になります。
そう言えば入笠山は今シーズン初めて!(・・・というか、清里に行っただけですね)

入笠山スノーシューのお誘い_f0019247_0113253.jpg

トイレが新しくできていたり、鹿除けのネットが張ってあるところが増えたり・・・とやはり下見にきて良かったです。山頂の雪は風でとばされていますが、途中は十分の雪。新雪でラッセルのところもありました。

あっ諏訪湖もきれいに見えましたよ。かなり凍っているようですが・・・? 「御神渡り」はまだ?
入笠山スノーシューのお誘い_f0019247_0161733.jpg


もちろんマナスル山荘の山菜そばきなこ餅野沢菜の下「味」(?)もしたことは言うまでもありません!
入笠山スノーシューのお誘い_f0019247_0184169.jpg入笠山スノーシューのお誘い_f0019247_019137.jpg

入笠山スノーシューのお誘い_f0019247_0191897.jpg

この3点セットを頂いて、冬のスノーシューシーズンが始まる!・・・という感じ♪

祝の島(ほうりのしま)、長坂で

北杜市アルファブログの今週のテーマは「あったかい」
もう別の記事をアップしてしまいましたが、実はこの「祝の島」について書こうか、迷っていました。
この映画の感想はなんといっても島の人たちから感じる「温かさ」。

1人暮らしのお年寄りたちが数人、毎晩のように夕食後集まってこたつにあたりながらよもやま話をする場面、特に大晦日の夜の光景・・・よくカメラがこの光景を撮ったな~と感心。
島でただ1人の小学1年生の入学式に島の人々が総出でお祝に学校へやってくるシーン・・・
心に残る場面がたくさんありました。

この映画はぜひ北杜市で上映したいな~と密かに温めていました。
「コタツだんらんツアー」という「映画の出前」のような試みもしているというので、問い合わせてみたところ、20人くらい集まればOKとのこと、それならなんとかなるかな・・・と1歩踏み出そうかと思っていました。

そうしたら・・・なんと! 

3月13日(日)長坂コミュニティホールで上映会が決まったとのこと! 
うれしいっ♪
「いのちの作法」の上映でもお世話になった「シネ山梨」さんと「山梨ホスピス協会」さんが主催されるそうです。

できる限り協力させていただきたいです! あちこちで口コミ宣伝します♪ 


シンコクな季節なう

今年もやってきました。申告な季節・・・と毎回同じオヤジギャク。
新しめに「なう」なんてつけてみました。
(そう言えばツイッター、全然活かして使っていないな~
今度誰かに教えてもらおう・・・)

毎年、少しずつこまめにやっていこうと思いつつ、やはり税務署から書類がドサッときて、商工会から指導日の通知がきて、お尻に火がつく・・・というパターン。
でもだんだんこのパターンでもなんとかなるか、という妙な「自信」もついてきて・・・?

シンコクな季節なう_f0019247_0245363.jpgさて、パソコンの中のソフト弥生会計を始めるのに、強力サポートのZOOM(健一)さんに来ていただきました。こちらも毎年お世話になります。1年たつとすっかり忘れてしまうので・・・。
パッパッと設定していただいたあとは、こぶち包包(パオパオ)で一緒にランチ。
今週のきまぐれランチはワンタン麺とチャーシューワンタン麺。
たいへんおいしくいただきました。(写真はZOOMさんより)

さあ、バリバリ申告な仕事をするぞ!・・・するつもり・・・?
楽しいお誘いしないでね・・・うそ! してね♪)


ミッドナイト・ラン!

ミッドナイト・ラン!_f0019247_18211318.jpg八王子まで出かけました。
南口が様変わりしていてびっくり。
ちょっと時間があったので、新しいくまざわ書店に入って、売り場をウロウロしていて見つけました。
帯に書かれた文にそそられます。

ネット心中を計画した5人の男女が、山中で実行間際、ヤクザに追われる少女を助けてしまう。だが山を下りると、無数のパトカーに包囲され-なぜか指名手配?どうせ死ぬつもりだったんだ。今さら怖いものなどあるものか。

電車の行き帰りが一番ゆっくり本が読めます。途中甲府で降ろされたものの、本を読んでいれば待っている時間もあっという間。・・・あわや小淵沢行きの電車に乗り損なうところでした。
マズイ!途中で止められなくなりそう!

「約束の地」で「大藪春彦賞」と「日本冒険小説大賞」の2つの賞を受賞した、北杜市白州町在住の樋口明雄さんの作品です。


七賢蔵開きウォークのお誘い

七賢蔵開きウォークのお誘い_f0019247_2247481.jpg来月、2月11日(金)から20日まで、毎年日本酒党が楽しみにしている七賢蔵開き(山梨銘醸の酒造開放)が行われます。
「八ヶ岳歩こう会」でも蔵開きウォークをやることに!
担当は・・・なぜか(もちろん?)風路。
先日一応のコース確認に行ってきました。ちょっと考えていたコースがあったのですが、距離が思った以上に長くて断念。大きな目的はお祭りのような会場の雰囲気を味わうこと(「試飲」含む!)ですから、あまり到着に時間がかかってはブーイングの嵐!?となる可能性大・・・という訳で、それほど大回りはせず、ひたすら目的地を目指すことにしました。
確か昨年はテント内でとろろ飯やおでん・豚汁等が安く売られていたと思います。
それから北杜市在住のアート作家さんたちの展示会も開かれていて、壁掛け式の花器とキャンドル立てを購入しました。
なので、ここでたっぷりと時間をとろうと思います。
そうそうここの甘酒がGOOD♪ それから吟醸アイスも。
このときしか買えない「蔵出し」というお酒を買うのも楽しみ。

楽しみが盛り沢山の蔵開きです。
歩こう会のウォークは14日(月)、歩くのがお好きな方はぜひ一緒に歩きましょう!

その他の日にいらっしゃる場合、車で送迎できる日もありますからお問い合わせください。

新宿から直通のバスも運行するみたいですヨ!


藤乃家さんへ

藤乃家さんへ_f0019247_2219228.jpg友人のFさんが週4日ほどお仕事をしている、と聞いて励ましに(冷やかしに?)に行ってきました。
八ヶ岳界隈にはおいしいお蕎麦屋さんがたくさんありますが、私たちの一押しのお蕎麦屋さんがその職場だと聞いては行かないわけにはいきません。
おいしいお蕎麦を食べ、友達の顔も見られる♪・・・という訳。

藤乃家さんへ_f0019247_22195069.jpgさすが人気のお蕎麦屋さん、平日にもかかわらず、座るところがないほどたくさんのお客様。Fさんもクルクル働いていて、言葉をかけるのもためらわれるくらいです。
間もなく小上がりに案内していただきました。
待っている間にもどんどんお客様が入ってきます。
さすが「鳥もつ」を注文する方が多い!
確かB級グルメグランプリに輝いた元祖甲府「鳥もつ」ですから。

藤乃家さんへ_f0019247_22203043.jpg 私たちはいつもの「もり」と「大もり」と「天ぷら盛り合わせ」。
お蕎麦も天ぷらもおいしかったです。
あと2人いたら鳥モツも頼んだのですが。
(○ールもね!)

紺のかすりに赤い襟の制服、かわいらしいかったですヨ! ←今度「もり」を良くしてもらおうという魂胆・・・ではありません?
また仲間を誘って行きますね♪


♪月が見事な夜です

きょうの明け方、4時か5時頃、あまりに窓の外が明るいので内窓を開けてみたら、月が眩しいくらいにこうこうと輝いていました。
思わず「月がみごとな夜です~風はどこへも行きます~
     はじけたよ~な気分で~揺れていればそこが八ヶ岳~
」と口ずさむワタシ・・・
井上陽水の歌は「星」で「上海」ですが。

こんな夜に真白な雪原でスノーシューをしたり、ナイトハイクをしたら素敵です。
八ヶ岳のアウトドアガイドふじけんさんの主催するムーンライトスノーシューに参加したことがあります。
夜とは思えない明るさに、心底びっくり!そのときの不思議な感覚は今でもはっきりと覚えています。本当に「宮沢賢治さんの世界」でした。寒さも思ったほど感じないのです。澄み切った空気と一体となっているというか・・・
ぜひ1度体験してみてください。人生観変わってしまうかもしれません。

きのうご紹介したなかさんもそうですが、ふじけんさん、ウインドスター八ヶ岳の佐藤さん・・・と、この八ヶ岳界隈には頼もしいガイドが揃っています。それぞれとっておきのコースを案内してくれます。熱々のランチもメニューがいろいろあって評判だそうですよ♪

●ふじけんさんの「ひといき荘
●なかさんの「Naka Outdoors ~中の外遊び~
●佐藤さんの「ウインドスター八ヶ岳

夜の10時過ぎ、ベランダに出てみたらやはり月の光が冴え渡っています。ほぼ満月?