風路のこぶちさわ日記

<   2010年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ペシャワール会

きょうの新聞の山梨版に憲法ミュージカルのことがでていました。
今回のテーマがペシャワール会のことなのだそうです。
ミュージカルとしてはどうなのかな・・・と思う面もありますが、ちょっと期待もしちゃいます。
市民100人で作るミュージカル、今回で3回目です。
11月にオーディションを行うそうです。
オーディション!・・・またお尻が浮いてしまうヒトがいそうです。

ペシャワール会とその代表の医師・中村哲さんの名前を知ったのは何年前でしょうか?
日本人医師がアフガニスタンで井戸を掘っている、という記事でした。
水がある、ということがどれだけその地域の人々の暮らしを守るか・・・
遠い日本にいても少しは想像できるような気がしました。

そして2年前、ペシャワール会の青年・伊藤和也さんが銃弾に倒れた後、「菜の花畑の笑顔と銃弾」というNHKの番組で、ペシャワール会が井戸だけでなく大きな用水路を現地の人々と一緒に作っている最中だということも知りました。
水が引かれたところから順に砂漠のようだったところが緑に変わっていく様子に驚きました。
そして伊藤さんたちが試行錯誤しながらその土地で作れる作物を研究、お茶・サツマイモなどの生育を成功させている様子にも。
こういうことこそ、平和憲法を持つ日本の役割なのでは、と思ったことを覚えています。

1年前からペシャワール会の会員になりました。と言っても年会費3000円を納めているだけですが。
その会報で知った「アフガンに命の水を」というDVDを購入。
小柄な中村さんが現地の人と一緒に石を運んだり力仕事を黙々とこなしている姿、ついに用水路に水が流れ込む光景に感動します。
見たい人にはお貸しします。
どこかで小さな上映会やろうかな?10人くらい(!?)で・・・。

新聞によると、12月に甲府でペシャワール会の写真展を行う予定だそうです。
忘れないようにチェックしておかなくちゃ。

f0019247_16183853.jpg

[PR]

蕎麦の花

f0019247_18382779.jpg

真っ白なソバの花が満開になったと聞き、見に行ってきました。
小淵沢のすぐとなり、長野県の富士見町の蕎麦畑。南アルプス・甲斐駒ケ岳をバックに。

八ヶ岳山頂は雲の中。
f0019247_18491353.jpg


午後は杉山亮さんのものがたりライブ、1時からの回に。
大人5人ちいさなお子さん1人。
風の吹きぬけるテラスでお茶をいただき、お話の部屋へ。
八ヶ岳が舞台のお話なので、あぁ、あのあたりね・・・と思い浮かべながら、現実と物語の間を行ったり来たりする感覚がなんとも言えず楽しかったです。昔話のパロディも♪
こどもが(大人も)よそのおうちに行って、生でお話を聞く体験なんて今はなかなかできないのではないでしょうか。
ずっと続けてほしい。
(今年もおばけ話を聞きに行けなかったので来年こそ!)


[PR]

ものがたりライブあと2日

小淵沢でも日中は暑い日が続いていましたが、さすがにこのところ夕方は涼しいを通りこして肌寒いくらい。
夜になると窓のそばにいると冷えてしまいます。

8月もあしたとあさってで終わり。
杉山亮さんのものがたりライブ、どちらかに行けるかな?
もし行けたら、そのときに富士見の蕎麦の花を見てこようっと。
八ヶ岳をバックに、真っ白の蕎麦の花がそれはきれいとのこと。


きょうの午後ピンポンのチャイム。なんと見事なかぼちゃとナス!
毎年丹精込めて畑づくりをしているIさんからいただきました。
うれしい♪


[PR]

森カフェ「タテタカコ」ライブ

f0019247_17352233.jpg昨年、名水公園べるがで行われた森カフェ。大盛況だった、といううわさを聞いていました。
今年は第2回目。
素敵なチラシを届けていただきました。
絵を見ているだけでも楽しそう。
あちこちのぞいてみたくなります。

森という字に注目!
木と水と土ですよ。


●2010年9月12日(日)
●白州・尾白の森「名水公園べるが」森のイベント広場
●10:00~森カフェオープン
  16:00~タテタカコライブ(開場1時間前)
  チケット 前売り2500円(当日3000円) 中高生1000円 小学生以下無料

森のマーケットでは素敵なお店がいっぱい、しあわせ広場では参加型のイベントが盛りだくさん、ということです。名水公園の入場料200円。(5歳以下無料)

ぜひ行ってみたい♪


[PR]

山よ+星のかけらを拾って来ました

f0019247_17384095.jpgシンガーソングライター橋本良春さん。
「山と渓谷」8月号の記事に載っていることを、この日記でも紹介しました。

6月6日八ヶ岳の開山祭の前日に各山小屋で前夜祭が行われたとのこと。
オーレン小屋の「オーレン祭」の目玉イベント「歌声の夕べ」に出演したのが、橋本良春さん。
自ら作詞作曲したオーレン小屋のテーマ曲をみんなで大合唱・・・という記事でした。

その橋本さんご夫妻がふらりとやってきてくださいました。
今回はギターは無し。立山に登った帰りだそうです。
その代り、ご自身のCDを持参。表題がCDのタイトルです。
オーレン小屋のテーマ曲ももちろん入っています♪
「山の宿、オーレン小屋よ」
「憩い、オーレン小屋」

12曲ほとんどを作詞作曲されています。(3曲は作曲のみ)

こんなふうに自分の宿の歌を作って歌ってもらったら相当うれしいだろうな。
前夜祭というのにも1度行ってみたいような・・・賑やかで楽しそうです。


[PR]

IRIS-アイリス

2日ほど前からコックがぎっくり腰気味だとのこと。「寝ている姿勢から起きる」と「かかがむ」というのが辛いようです。
一度立ってしまえばなんとか料理はできるので、おととい・きのうはがんばってもらい、きょうはお休みなので小淵沢駅近くの春日整骨院に行って治療してもらいました。腫れているのでしばらく様子を見ましょう、ということです。
きょうは八ヶ岳歩こう会のウォーキングがありましたが、大事をとって欠席。
家でのんびりしてもらいました。

お昼は本当に久しぶりに包包(ぱおぱお)さんへ。
今週の気まぐれランチの冷やしジャージャー麺と冷やし中華を注文。2人とも黙々と一気に食べてしまいました。
しばらく外に出ていないので、カメラを持つのも忘れ、写真はありません。

夜9時からは毎回楽しみな「IRIS-アイリス」。
なにしろ秋田のロケ地まで行って、イ・ビョンホン特別メニューも食べてきたのですから、気合いも入ろうというものです。毎回緊迫した展開で目が離せません。来週が最終回とのこと、一体どうなって終わるのか、早く知りたいような、まだまだ終わってほしくないような・・・

そうそうアルファブログの今週のお題は「もしも江戸時代の北杜市に私がいたら」です。これは難しい・・・
甲州街道をてくてく歩いていました・・・とでも書こうか、と思っていたら、月曜日のひぐちさん、火曜日のくまぱぱさん、お二人とも力作を発表されています。
う~んとうなりながら、そうだ甲州街道を歩いているときに知った犬目宿の兵助さんの一揆と、小淵沢の国界近くの山口番所に書かれていた一揆のことが思い浮かびました。同じ年(天保7年・1836年)だった、ということが印象に残っていたのです。それでなんとか・・・ 
あ~たいへんだった。
きょうのはともかく、月曜日・火曜日の記事をぜひのぞいてみてくださいね。

北杜市アルファブログ 6人が交代で書いています。


[PR]

いのちの山河

f0019247_0575477.jpg私たちが記録映画「いのちの作法-沢内生命行政を継ぐものたち-」を自主上映してから、1年以上がたちました。
岩手県旧沢内村の村長・深沢晟雄(まさお)さんの「いのちに格差があってはならない」という理念を受け継ぐ現代の沢内村(現西和賀町)の人々を丁寧に追ったドキュメンタリー作品でした。
その深沢村長さんの生涯を描いた映画が「いのちの山河-日本の青空Ⅱ」です。

資金不足のため映画制作が一時中断、寄付を募っていると聞き、私たちの上映会がたくさんの方にチケットを買っていただいたおかげで余剰金が出たので、一部をこの映画制作に寄付しました。
映画が無事に完成し、昨年12月に甲府で上映会があると聞き早速見に行ってきました。
劇映画ではあるけれど、実話の持つ力は大きい。深沢村長の熱意がだんだんまわりの人々を動かしていくところ、志半ばで病に倒れた無念さと村の人々の悲嘆・・・まさしく「いのちの作法」のルーツでした。
(寄付をした多くの団体名が映し出されるエンディングロール中に、「『いのちの作法』北杜上映実行委員会」の名前をしっかり見つけました)

今回この日記を書いたのは、今度茅野市でこの映画の上映会があると聞いたからです。
こういう映画は特に地方にいるとなかなか見る機会がありません。
ペンション仲間でもあり、「いのちの作法」「葦牙-あしかび-」共に実行委員会仲間でもある「あるびおん」さんの知り合いの方がかかわっていらっしゃるとのこと、ぜひ応援したいと思いました。

日にちは9月25日。土曜日です。ちょうどあと1ヶ月後ですね。
ご都合のつくかたはぜひ!

●2010年9月25日(土) 上映時間2時間
●AM10:00  PM2:00  PM6:00 以上3回上映 (開場は30分前)
●茅野市民館コンサートホール
●前売り券 1200円(当日1500円)、70歳以上1000円 中高生500円
●映画『いのちの山河』実行委員会 (連絡先 片木 090-6540-7396)

あるびおんさんにも前売りチケットがあるそうです。


[PR]

ミズヒキ

f0019247_2133538.jpg

f0019247_214373.jpg

知らないうちに庭にたくさんのミズヒキが。オミナエシとともに秋の風情です。

きょうは杉山亮さんのものがたりライブに行かれたお客様、夜のおばけ話に行かれたお客様と、杉山デーです。コックは例によって(?)、のっぺらぼうのお面を持ってお客さまのお迎えに・・・


[PR]

第2回涼風祭

この夏、清里の森音楽堂で毎週土・日に行われている涼風祭のイベントはどれもそそられるものばかり。

14日の和風ジャズ「風カヲル時」も聴いてみたかったし、15日のNHK交響楽団メンバーによるクインテットも魅力的!・・・どちらも大盛況だったそうです。そりぁそうでしょう・・・

あしたは萱森直子の越後ごぜ唄と津軽三味線・・・聴いてみたいっ! けど無理っ
あさっては芝居と音楽「怪談八雲噺」丸川敬之(劇団・花組芝居) ピアノ保坂脩平
28日は木津川計の一人語り劇場「無法松の一生
29日はフェスタ・デ・フラメンカ「スペイン音楽祭

と、豪華ラインナップ!
料金や時間等、詳しくは清里の森音楽堂のホームページをどうぞ。


[PR]

ひまわり

f0019247_16332338.jpg

明野のハイジの村とひまわり畑を見てきたお客様。
「良かったです!ひまわりソフトもおいしかった♪」とのこと。
ひまわりソフト!・・・今度試食してみたいと思います・・・いつ行けるかな~

こちらは夕方雨が降ったのですが、全く雨に会わなかったそうで良かったです。局地的な雨だったんですね。

鳥の餌台からこぼれた種が芽を出して・・・ヒマワリの花が1輪咲きました。


[PR]