人気ブログランキング |

ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

<   2010年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

きょうは7月11日「八ヶ岳高原里山ウォーク大会」の30キロコース下見。参加できませんでしたがいい天気で良かったです。30キロ傘差して歩くのはちょっとたいへんです。

夜は前回大好評だったハートランドさんでの歌声喫茶。きょうはその2回目です。前回の大盛況ぶりが思い出されます。
今回は早めに行こうっと。

ちょうど家を出るときに激しい雨・・・
到着するころに少し雨足が弱まりました。
2時間の歌声喫茶に、夕食とケーキとコーヒーor紅茶が付いています。それでなんと1500円!
途中で金野ひろこさんの声楽ワンポイント指導が入ったり、さりげなく参加者の紹介が入ったり、今回も和気あいあいの楽しいひとときでした。終わったあとはすっきり。ほんと健康に良さそうです。


by kaze-michi | 2010-06-30 13:34 | お薦めイベント | Trackback | Comments(3)

8月10日のコンサートの情報が少しずつ広がって、いろいろな方から問い合わせがあります。うちでもこのために郵便振替の口座を作りました。

鎌田實先生が「空気は読まない」という著書にコチさんとの交流を書かれたことで知ったという方も多いようです。
鎌田先生のブログでも取り上げてくださったので、また反響があるかもしれません。
8月5日の東京杉並公会堂は1000人入るホールだそうですが、八ヶ岳のアルソア森羅は300人来て下さればきっといっぱい。八ヶ岳の自然の中で聴く、魂に響くチェロの音色、ファミリーでのコンサート、一期一会の機会だと思います。
東京近辺の方は8月5日杉並公会堂にもぜひどうぞ!

 ・日時  8月10日(火)
 ・場所  小淵沢アルソア森羅ホール
 ・料金  3000円

日刊鎌田實 なげださない 平和への祈りコンサート


by kaze-michi | 2010-06-29 11:31 | ヴラダン・コチさん | Trackback | Comments(0)

夏は来ぬ

f0019247_2231128.jpg

これがうの花です。卯の花と書き、ウツギのことだそうです。においはほどんど無いような・・・
f0019247_2235158.jpg


by kaze-michi | 2010-06-28 22:10 | 八ケ岳 花情報 | Trackback | Comments(0)

わだつみ平和文庫

f0019247_1781510.jpgいつだったか「わだつみの声よ永遠に」というUTY(テレビ山梨)制作のドキュメンタリー番組を、たまたまつけたテレビで見て、思わず釘付けになりました。
「きけ、わだつみの声」という本を編集して世に出した中村克郎さんの集めた蔵書を多くの人に読んでもらおうと、病に倒れた克郎さんに変わって娘さんたちが私設図書館作りを決意、その苦闘を描いた番組です。
f0019247_17102529.jpgその番組を見て、いつか塩山にあるという「わだつみ平和文庫」に行ってみたいものだと思っていました。
ところが、最近その文庫が消防法の関係で、一般に公開することはできなくなったとの記事を見てびっくり。
今は日曜日の午後、または予約をした場合だけ開けてくださるらしい。電話してみたら、ボランティアの方がいらして行っても大丈夫とのこと、「もしかしたらもう機会はないかも」と出かけることにしました。塩山駅からは徒歩5分ほど。

f0019247_17194583.jpg克郎さんのお兄さんの徳郎さんが戦場に行く前、最後の面会のときに託したことばが克郎さんのそれからの本を集める原動力になっています。
徳郎さんの最後の手紙が廊下に展示されています。その文章をじっくりと読ませていただきました。
25歳だったそうです。

f0019247_17221341.jpg
戦争と平和関係の本の他に、児童書・文芸書・芸術関係の本も多数。全部で10万冊もあり、展示してあるのはその3分の1ほどだそうです。

この本もありました。   ↓ちょっとうれしかった。f0019247_17233377.jpg

今、蔵書を預かってくれる先を探しているそうです。
本当は今の建物を耐震構造に変えられればいいらしいのですが、それには5000万円ものお金がかかるそうです。惜しい!なんとかできないものかな~


by kaze-michi | 2010-06-27 23:36 | 平和・社会のこと | Trackback | Comments(0)

祝(ほうり)の島

f0019247_2254279.jpg瀬戸内海の人口500人の小さな島。祝島(いわいしま)。
この島の対岸4キロのところに上関(かみのせき)原発が作られる計画があり、それになんと28年もの間反対しているそうです。

その祝島の人々の暮らしを撮った映画「祝の島」を見てきました。ポレポレ東中野という映画館です。「いのちの作法」もここで見ました。

f0019247_225511.jpg監督は纐纈(はなぶさ)あやさん。若く(36歳?)てチャーミングな女性です。祝島の人々の暮らしに惚れ込んでいるのだということが伝わってきます。
すごくいい場面がたくさんありました。毎週月曜日に行われるというデモの風景がまた島の日常生活に溶け込んで不思議な魅力があります。年齢が上がってくるに従って、コースは短くなり、雨や風の日はお休みするようになったそうですがそれでも1000回以上。週に1度のおしゃべりの場でもあるらしい。
島でただ一人の小学1年生の入学式に、島中の人々?が出席してお祝いするシーンも印象に残っています。

「いのちの作法」「葦牙」のプロデューサー都鳥くんたちもそうですが、若いキラキラした感性がまぶしいようです。
まさかまた「ジシュジョーエイ」とか言うんじゃないだろうね・・・と横から心配そうな視線。
まさか! 
    ・・・ギクッ・・・?
by kaze-michi | 2010-06-26 23:55 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

3時起き

きょうは早朝3時に起きました。
もちろんサッカー観戦です。

最初の頃、なんなんだこのブ~ンという虫が飛ぶような変な音は、テレビの音声の調子が悪いのか?・・・と思いました。しかし慣れるものですね~。ブブゼラおみやげに欲しい!・・・?

本田選手のフリーキックで目が覚め、2人ウェーブ。(←これけっこう疲れます)

by kaze-michi | 2010-06-25 22:42 | 応援しています! | Trackback | Comments(0)

f0019247_2392486.jpg

北杜市高根町は浅川兄弟が生まれ育った地です。
今年の3月の「釜山港へ帰れウォーク」のコースを考えているとき、集合場所を高根やまびこホールの駐車場に決めたところ、同じ敷地内に浅川兄弟資料館があるのを知りました。韓国家庭料理のお店「釜山港」と、韓国と縁の深い「浅川兄弟資料館」、両方を訪ねることにすれば「韓国文化に触れるウォーク」となるのでは?と我ながら「Goodアイデア」と思ったのでした。(ちょっと無理があるかも?)

その時以来、少しずつ浅川兄弟に関する本(「朝鮮の土となった日本人」)を読んだり、浅川兄弟講座に参加したり(1回だけですが)しました。

f0019247_2353988.jpg そして、資料館の近くに生誕の地や、墓所などゆかりの地があることを知り、ぜひそれらを回るウォークコースを作りたいと思っていました。
今「歩こう会」で次々に素晴らしいコースを発掘しているOさんに相談したところ、快く「じゃあ探してみるよ」とのこと。(丸投げ!)

f0019247_23112480.jpg「いいコースができたよ」との報告を受けて、本日一緒に歩いてきました。
ほんとうにいいコースでした!感謝!
距離は13~4キロ位。
緑の苗が育つ田んぼの向こうには八ヶ岳・南アルプス・富士山・金峰などの展望が素晴らしく、浅川兄弟もこの景色を見ながら育ったのだろうな~と思いを馳せながら歩きました。
もう少し短いコースや、兄弟が通った高根西小学校をまわるコースなど、きょうのコースを土台にして、いくつか作れたらと思います。

f0019247_23115523.jpgf0019247_23122022.jpg
下見の楽しみ「engawa cafe」も良かったです。
ピザもトマトつけ麺もおいしく、看板娘のハナちゃんもかわいかった。

 
by kaze-michi | 2010-06-24 22:18 | 浅川伯教・巧兄弟 | Trackback(1) | Comments(4)

6月23日は何の日?と聞かれても、ほんの数年前までは答えられなかったと思います。「沖縄慰霊の日」なんですね。
鳩山さんのおかげ(?)で基地のことも少しは考え、それなりに覚悟もした(!?)のに新聞やテレビでも全然取り上げられなくなったのはどーして?
     ・・・・・・   ★   ・・・・・・・   ★   ・・・・・・   ★   ・・・・・・ 

f0019247_18583666.jpg

7月11日(日)は「八ヶ岳歩こう会」が主催する「第9回八ヶ岳高原里山ウォーク大会」です。全国から400人前後参加してくださいます。
コースは6キロ・12キロ・20キロ・30キロの4コース。どのコースも何度歩いてもいい道です。

f0019247_1922534.jpg きょうは雨の中、20キロコースの下見をしてきました。集合場所のオオムラサキセンターに行っても誰もいないのでびっくり。新しく借りることにした駐車場の下見を兼ねて集まっているとのことで、そちらへ移動。

f0019247_1931569.jpg雨は本降りです。みんなしっかりと雨具を着て傘。登りにかかると汗ばんできます。きょうの参加者は健脚揃い、遅れないようにとがんばって歩くので写真もなかなか撮れません。
やっとグリーンヒル八ヶ岳に到着すると、なんとうれしい差し入れが!

f0019247_194324.jpgf0019247_1945790.jpg夏のウォークには一番のごちそうです!
これで後半も、なんとかがんばって歩けそう?


みんなで集合写真を撮ってまた出発。
f0019247_19102650.jpg

途中、ヒサコズガーデンのバラを見学。雨も上がり山々が姿を現してきました。f0019247_1974680.jpgf0019247_1992010.jpg

当日はブルーベリーの摘み取りもできます。(1000円)
この八ヶ岳南麓のブルーベリーは粒が大きく甘くて、いくつでも食べられそう。
ぜひ自分で摘み取ったブルーベリーのおいしさを味わってください。
7月11日、会員みんなでお待ちしています!


by kaze-michi | 2010-06-23 23:24 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(0)

f0019247_7273671.jpg小淵沢ペンション振興会で行う第5回目のキャンドルナイト。
初めての平日開催で、何人来て下さるだろう・・・と心配でしたが、今回もみんななんだかずうっと前からの知り合いのように和気あいあい、f0019247_7281933.jpg「アットホームな」という言葉通りのイベントになった・・・のではないかと思います。
初めてこんな大勢の前でピアノを弾きますとおっしゃる、65歳からピアノを習い始めたという方のシャンソン弾き語りは、会場中が身内のようにハラハラと見守り、無事弾き終わった後は「ほっ」という溜息の後、大拍手!
f0019247_20404294.jpg私も思わず一曲だけ弾けるように習おうかと思ってしまいました。
(韓国ドラマ「私の名前はキムサムスン」で主人公が「好きにならずにいられない」を習うシーンを思い出しました)
フルート演奏も良かったです。アンコールは尾崎豊の 「I Love You」!
謎のビジョ3人組による「赤い蝋燭と人魚」。悲しいお話ですが、画面が美しく、見入りました。

レイチェルカーソンのビデオは、人体や環境に影響があるDDTが、一人の勇気ある女性のきちんとした資料を元にした告発と、それを受け止める政治家がいたからこそ解決に向かったというドキュメンタリー。
DDTについては解決しても、今もなお多くの農薬や化学物質や放射能汚染や・・・が、危険を知らされることなく使用されているのではないかと、考えさせられました。

f0019247_2227237.jpgf0019247_22275679.jpg
受付のみなさん。にこやかに迎えてくれます。 歌声喫茶は人気です♪

いろいろ盛り沢山なプログラムも最後は恒例「歌声喫茶」
伴奏者も素晴らしく、楽しく盛り上がったことは言うまでもありません!

f0019247_2232940.jpg帰ってから二次会。
シェムニさん作の燻製をつまみに。

う、う、うまい! 
ササミもチーズも。
ビールがすすんで困る・・・


by kaze-michi | 2010-06-22 23:48 | キャンドルナイト | Trackback | Comments(0)

f0019247_16583083.jpg
きょうは八ヶ岳歩こう会の塩の道5回目。スパティオ小淵沢から貸切バスで出発。大人の遠足です♪
きょうのコースも素晴らしい。担当者は3回も下見で歩いてくれています。
f0019247_16595454.jpgf0019247_1723518.jpg
要所要所にこのような標識がしっかりと建っています。↑こんな宿場の印も。

f0019247_1741970.jpg
いくつも峠を越えます。道幅もせまいところも何ヶ所もあり、重い荷物を運ぶのは人も牛もたいへんだっただろうと想像。
f0019247_1761872.jpg
ロープが張ってあり、一人ずつ慎重に渡ります。おっ、下で「なかさん」が見ていてくれています。さすが!
昼食時には、大粒の雨が降ってきて、食べるのもそこそこに(しっかり食べて飲んだ人もいますが!)記念撮影をして(1番上の写真)出発!

f0019247_1785967.jpgf0019247_1793211.jpg
道の駅「小谷」で12キロ組は温泉に入って待ちます。本隊?はまだあと9キロ歩きます。見送り組の元気な表情と、まだあと9キロ組のうなだれた表情!?(ここで温泉と生○ールにも惹かれるな~・・・?)
それからもいくつかのアップダウンを繰り返し、途中石仏群なども見て・・・

ビショ軍団(ビジョではなく?ビショビショの)
f0019247_17122573.jpg

いつも頼もしい「歩こう会」男性陣。
f0019247_17253582.jpg

これが本当の塩の道なの?というようなところを越え、いざ新潟県へ!トキの看板が迎えてくれました。
f0019247_17193748.jpgf0019247_17195664.jpg

次回はついに最終回。難所と言われる大網峠を越え日本海に向かってGO!


by kaze-michi | 2010-06-21 23:15 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(0)