人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2009年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

マルタのやさしい刺繍

f0019247_10153237.jpgチラシを見ているだけで、温かい気持ちになれるような映画。
チラシに書かれたコピーがすてきです。

 遅咲きの乙女たちが贈る
     最高にチャーミングなハートフルストーリー



「遅咲き」ですよ!「元」とか「昔の」とかじゃないんです。どれくらい遅咲きか、というと・・・
チラシによれば、「80歳のマルタの若かりし頃の夢は・・・」とありますから、主人公のマルタはなんと80歳なんですね。いいじゃない!

そして
 夢見るパワーとは、あきらめないココロ

これは見に行くしかない!と思いますが、これも上映は土曜日なのでちょっとキビシイかな・・・?
行けそうな方はぜひ!

●日にち 11月14日(土)
●時間  14:00~ 16:00~ 18:00~ (30分前より開場)
●場所  長坂コミュニティホール
●前売り券 一般1000円  高校生・70歳以上800円 中学生以下無料
  当日券は上記値段にプラス200円    チケット取り置き可(当日渡し)
●チケット取扱い場所  ジャムクラフトとりはた(大泉町) 
蔵屋グリーンズ(小淵沢町) 清文堂書店(長坂本店&きららシティ支店)
●お問い合わせ とりはた0551-38‐0949
●主催 シネ山梨


くまぱぱのランチのニョッキグラタン

f0019247_22515798.jpg寒い時期限定ということです
アツアツのグラタンはミートソースとホワイトソースがかかっていて、イタリアの代表的な料理の一つ、ラザニア風。ニョッキもアツアツで少しやわらかめにんなっていて、ワタシの好みです。


f0019247_22521838.jpg量的にも見た目は多くないですが、食べてみればボリュームたっぷり。パンが2枚ついているのもうれしいです。サラダとコーヒーまたは紅茶がついて1000円!
これからの時期にはとってもおすすめです!

●くまぱぱのランチの公式サイトはこちらです。
  水・木休 ランチのみ

山日のすくすことアルファブログ

きのうの夜、「八ヶ岳歩こう会」仲間のりっちゃんから、
今日の山梨日々新聞12面の杉山亮さんの すくすこ2009 と言う記事に風路さんと仲間達の映画の事が書かれています。嬉しいです。とメールをいただきました。こちらのほうこそ教えていただいてうれしかったです。

うちは山日をとっていないので、もしとっていらっしゃったらぜひご覧になってくださいね。(そしてできたらあとで見せてください!)

もうひとつ、3年前?に始まった「北杜市の6人のブロガーが毎日交代で一つのテーマについて書く」という画期的なブログHokuto In Our Timeにお誘いを受け、「えっワタシでいいんですか?」と思いつつ、なかなかNOと言えない 性格のため?引き受けることに・・・誘って下さった○○ぱぱさん、あとで他の方からブーイングを受けても知りませんよ~!
こちらもきのうが晴れのデビュー♪
なんと初回のテーマが「裁判員制度」です!う~んと唸りながら、普段新聞やテレビを見てギモンに思っていることを書いてみました。インターネットで検索してちょっと調べてみたりもしました。

でも自分が書くことについてはともかく、ちょっと期待もしています。
「いのちの作法」もそうでしたが、やっぱり「自分の住む地域を少しでも良くしていきたい、元気にしていきたい、それには一人一人が何ができるか考えていかないと・・・」という思いはきっと共通するものがあると思うからです。


●山日のすくすこく2009のWEB版を見つけました。こちら→ものがたり共有 この指とまれ!
 11月15日(日)のものがたりフェスティバルにもぜひ!
●きのう書いたアルファブログはこちら→Hokuto In Our Time

羅漢寺山は素敵なハイキングコース

f0019247_0412027.jpg
八ヶ岳歩こう会の例会で羅漢寺山へ。素晴らしい好天に恵まれ最高のハイキングでした。
・・・が、カメラを忘れてしまいました。ガックリ・・・
↑は携帯のカメラで撮ったもの。
天気が良い日だとカメラの画面が真っ暗で何がどのように写るかわかりませんでした。でも青空だけはきれいに撮れたと思います。弥三郎岳に登り、パノラマ台で昼食後、白砂山に登ったところです。
ZOOMママさんがたくさん写真を撮っていたので、後でそれをお借りします。

冬の兵士 

f0019247_23575452.jpgダイニングから見えるカラマツの林がいよいよ黄色く色づいてきました。華やかな秋のフィナーレ、金色の針のようなカラマツの葉が降ってくるのは、あと2週間ほどでしょうか?

こぶちさわ9条の会から映画のチラシを送っていただきました。
立ち上げのとき、知り合いの方が呼びかけ人になっているのを知って、私たちも「枯れ木も山のにぎわい」と出かけていったら、会場の小淵沢生涯学習センターのホールは溢れんばかり。大勢の参加者にびっくりしたことを思い出しました。9の形のパンを売っていたことも覚えています。(「食べ物のことだけか」と横からツッコミが・・・)
渡辺治さんの講演も良かったです・・・が、どんな内容だった?と聞かれるとちょと困る・・・(^^;)

それからは歌声喫茶9条、とかピースウォークなどを開催していたそうですが、なかなか参加することができませんでした。今回はドキュメンタリー映画「冬の兵士」を上映するそうです。

「冬の兵士」とは冬の厳しい時代に戦う兵士という意味で、ベトナム帰還兵たちが戦争終結を訴えて 1971年に開いた集会の名前だそうです。彼らの勇気ある告発が戦争を終結させる世論を喚起したとのこと。 

2008年3月にはイラク帰還兵たちがイラク戦争の終結を訴え同じ名前の集会を開いたそうです。
 およそ50人のイラク・アフガン帰還米兵が、戦争の実態を証言した記録。同じ署名で本も出版されているそうです。このDVDはジャーナリスト・田保寿一さんが、撮影・編集・監督された貴重な映像記録です。「良心の告発」というのがサブタイトルです。(青い字はチラシより)

 ●10月29日(木)19時より スペース篠尾 
 ●参加費 200円 

蓼科高原映画祭

最近知った長野県・塩尻の映画館「東座」(FROM EAST)。
そこで頂いてきた第12回小津安二郎記念「蓼科高原映画祭」のチラシ。
開催日は今週末。10月31日(土)・11月1日(日)
会場は茅野市民館・新星劇場・ベレック・無芸荘

この内容がすごいのです。
中井貴恵さんとジャズピアニスト松本峰明さんの「音語り・晩春」。これは「晩春」を朗読に仕立て直したものだそうです。
映画上映は、小津監督初のカラー作品「彼岸花
今話題の「おくりびと」。 なんと、本木雅弘さんが来るらしいです!
剣岳・点の記」「トウキョウソナタ」「旭山動物園物語」「60歳のラブレター」などなど・・・
レバノン映画の「キャラメル」というのにもちょっと惹かれます。

f0019247_2155687.jpgそして風路の宴会部長(=座長)がいたく気にしているのがこれ。
その夜の妻」!ちょっと意味深な題ですが、小津安二郎監督の無声映画なのだそうです。
女性活動弁士「澤登翠」さん、と書いてあるので、「ちょうどその時、ベベンベンベン・・・」という感じで弁じるのでしょうか?これは見てみたいと大乗り気。
茅野の新星劇場ならうちから車で40分ほど。

こんな催しを10年以上やっていたんですね。近くなのにちっとも知りませんでした。
そうそうこんなこともやるみたいです。
★「パーティ」   ゲスト・監督と語り合おう
★「監督居酒屋」 映画の話を来場監督と飲んで語ろう


公式サイトはこちらです。→蓼科高原映画祭

ゆきえさんの朗読「良かったね~」

きのうの夜はペンションたんぽぽさんで宮沢賢治朗読会。
たんぽぽさんのダイニングは暖炉に薪がくべられ、ほんわかとしたいい雰囲気。今夜も大勢の方がゆきえさんの朗読を楽しみに集まってきています。

ゆきえさんが歌うように朗読を始めると、たんぽぽのダイニングに風が吹き、そこは原っぱに。風に揺れる草原を、牛を追いながら歩いている少年を見ているような気がしてきます。
ゆきえさんの酔っ払いも本当に笑えます。一滴も飲めないなんでうそでしょう?といいたくなります。懇談会も楽しく、いい秋の夜を過ごして風路に帰ったあとは、コーヒータイム。

きょうはいよいよ風路で大人のためのゆきえさんの絵本の会。
「八ヶ岳歩こう会」はウォーキングの例会があるし、いつもきてくださる方からキャンセルが相次いで、ちょっと心配でしたが、おかげさまで今回も座布団席が出る盛況でした。来てくださったみなさんに感謝です。
いとうひろしさんの本も豚の「ムスメ」ちゃんも良かったですね~。
じわ~んと胸がいっぱいになって、今回もいい時間を過ごしたな~と、「ほんたうのたべもの」をいただいた気分。御馳走様!

次回は12月12日(土)・13日(日)風路14周年アニバーサリー朗読会です。
なんと来年春の朗読会の日にちも決まりました!
ゆきえさんのスケジュールが混んできて、土日は早く押さえないと、空きがなくなってしまうそうです。
2010年5月8日(土)・9日(日)。連休のあとです。

f0019247_19241363.jpgf0019247_19243045.jpg

f0019247_1021512.jpg

ゆきえさんを駅までお送りするときに小淵沢のツタとツタウルシの紅葉をごらんいただきました。(写真は2日前に撮ったもの)
たんぽぽの粟田さんも鉢巻道路の紅葉をご案内しようと思っていたそうですがそちらは残念ながら時間切れ!

「釜山港」引っ越し

小淵沢駅から徒歩15分位のところにある韓国家庭料理のお店「釜山港」。風路からは車で5分。私たちの大好きなお店です。特にチヂミ・石焼ビビンバ・参鶏湯(サムゲタン)・カムジャタン・・・どれもとってもおいしい。カムジャタンはここで初めて食べた鍋料理。骨付きの肉と大きなジャガイモと野菜が入っています。このジャガイモがおいしくて病みつきになりました。最後にごはんを入れておじやのようにして食べるのもお気に入り。ただし、問題は1人や2人で行ってもいろいろ種類は頼めない、ということです。できれば(少なくとも)4~5人以上で行けば、いろいろな料理が楽しめてGOOD!

その釜山港が、なんと「小淵沢のお店をたたんで引越す」といううわさを聞いてあわてて駆けつけました。うわさは本当でした!小淵沢のお店は10月29日(木)までで、その後141号線沿いのお店に移るとのこと。
(小淵沢のお店に行く場合は急いでくださいね。一応電話で確認してから行かれた方がいいかもしれません。→ 0551-36-4345)
新しいお店の場所はお蕎麦で有名な「森ぴか」さんのお隣だそうです。
開店日はまだ正式には決まっていませんが11月10日くらいになる予定とのことでした。
ランチも始めるそうなので、開店したらぜひ行ってみたいと思います。
新しいお店の電話番号も聞いてきました。→ 0551-47-3397

コックが場所を確認して、うちからの時間を計ってみたらちょうど15分だったそうです。かなり遠くなったかな、と思いましたが、このくらいなら大丈夫そうです。開店祝に一緒に行きませんか~!(送迎付き先着5名様!?)

風の通り路・取材

f0019247_850153.jpg
ペンションの新聞「風のたより秋号」はとっくにできているのに、風路の通信「風の通り路」はいっこうに完成する気配なし・・・忙しくて?取材に行けないためです。

どこか近場で手軽な登山を・・・と考えて、そうだ大弛峠から金峰山が2時間位で登れると聞いたような・・・金峰山を一つ候補にしようかな・・・と密かに計画していました。
そして先日、お気に入りの中華のお店「包包ぱおぱお)」さんで、「大弛峠から短時間で登れる山・・・」と話していたら、「まさか国師じゃないでしょうね」とぱおぱおのえっちゃんが笑っています。えっちゃんは自他共に認める山女。
「えっ国師も短時間で登れるの?」「1時間よ!」(へ~そうなんだ・・・1時間か・・・)

という訳で・・・行ってきました。「国師岳」!(^^;)
歩く時間は短いですが、そうは言っても2600m近い高山。装備はきちんとしなくちゃいけません。寒さ対策・非常食もしっかりと。
大弛峠までの道は初めてです。かなりボコボコのダート道と聞いていたので、セルボでは無理と判断してデリカを出動させて大正解。乗用車ではきっとおなかを擦ってしまうと思います。大弛峠の向こう側・塩山方面からは完全舗装となっているので向こう側から乗用車で来てこちら側へ下りようとする方は「しまった!」と思われるのではないでしょうか?それくらい激しく差があります。歩くときには舗装道路は苦手ですが、きょうは、「ひぇ~!どこまで続くこの凸凹道!!!」と激しく揺れる度に叫びたい気分。
でも途中の紅・黄葉は見事!

峠の駐車スペースは平日にもかかわらずいっぱいです。50台近くは停まっていたでしょう。道路脇にも何台も。これが土日ならどうなるのか、と心配になるくらいです。

f0019247_0502469.jpg軟弱なワタシ(たち?)

f0019247_0505367.jpg





「ここでいいことにするか」
と(ちょっと隠して)ズルするところでした・・・

塩の道・2回目

f0019247_0115555.jpg
塩の道シリーズのきょうは2回目。
北アルプスの峰々をずうっと眺めながら歩くコースです。
f0019247_0565068.jpg

前回のゴール「穂高駅」が集合場所です。小淵沢から約2時間。
f0019247_0574544.jpgf0019247_0581890.jpg
穂高駅から穂高神社まで移動してストレッチ。安曇追分駅でここから歩く参加者と合流しました。
f0019247_10840.jpg
途中休憩した神社の前で北アルプスの山々を見ながら山座同定する参加者。登った山が見えるとうれしいですね。途中からは白馬三山が正面に見えてきて、私たちも登ったときのことを思い出しました。夏だったのでお花畑がきれいでした。風路(ふうろ)の名前もこのときの印象がきっかけだったかもしれません。

ウォークは信濃大町まで。国宝の神社の御神木が見事でした。次回は飯森まで歩く予定です。