人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2008年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今年中に!

f0019247_23451718.jpgきょうは今年最後の日。
なんとか今日中に投函・・・したいです。
今年も2種類作りました。手前の写真のモデルは以前「大地の風」のお楽しみ会に参加させてもらったとき、ジャンケンゲームで勝ち残り、賞品として我が家にやってきた「うし」くんです。

今年もあと少し・・・良いお年を!

2008年の八ケ岳イベント大賞♪

恒例の?今年の「良かったな~イベント」です。行くことができたものだけ。手前味噌多し。

甲州街道完全踏破ウォーク(10回) 八ケ岳歩こう会
八ケ岳歩こう会の例会はどれも楽しいですが、これは日本ウォーキング協会が毎月発行する新聞「レッツウォーク」にも載せてもらい(と言っても3行程の予定だけですが)、会員以外のウォーカーが多勢参加して下さっていることもあって、一大プロジェクト?となっています。来年も続きます。来年は1月12日(月)甲府から。

100万人のキャンドルナイIN八ケ岳(6月・12月) 小淵沢ペンション振興会
ペンション振興会として、環境のことを考えるイベントが開催できた、というのはすごいことなのでは!・・・とただ感謝感激。

●第1回おもちゃ箱フォーラム&第2回ものがたりフェスティバル(6月・11月)
小淵沢在住の児童書作家杉山亮さんが仕掛け人となっている、子供も大人も楽しめるイベント。
ヴラダン・コチさんのチェロコンサート
 コチさんファミリーを日本に呼ぼうという企画応援しています。
 諏訪中央病院の蒲田實さんとイラクの医療支援のためのCDを作るという企画も。

八ケ岳北杜国際音楽祭(8月) 10日間に渡って行われました。最後のクロージングコンサートを聴きにいくことができました。

江戸糸あやつり人形公演(9月23日)  遊絲舎
すばらしい公演でした。

やつねっとクリスマスとれいん(12月6日) やつねっと
楽しさ、てんこもり!

●おつきゆきえさん朗読会(5月・10月・12月) P・たん歩゜歩゜&P・風路
来年ももう5月9日・10日に決まっています。あと12月12日・13日。秋にも1回。

韮崎でのイベント
●骨髄バンクチャリティコンサート

甲府でのイベント
ロラマシン物語 市民100人による憲法9条ミュージカル。
●「アレクセイと泉」の映画鑑賞会とおいしいごはん。 こぴの庭

もっとあったかも・・・

いのちの作法~沢内「生命行政」を継ぐ者たち~

f0019247_2242404.jpg今年の1月1日、元日の朝日新聞山梨版に、この「いのちの作法」という映画の紹介が載っていました。監督は山梨出身の小池征人さん。
その記事を読んで、これはぜひ見てみたい!と思いました・・・が、それからいろいろ日常生活に追われ、ほとんど忘れてかけていました。
つい最近この映画が東中野で12月28日まで上映中ということを知り、東京に出かける機会に見に行くことにしました。

f0019247_22433460.jpgポレポレ東中野という映画館は以前六ヶ所村ラプソディーを見に行ったところです。そのときは映画館は地下ということを知らず、1階のトークイベントをしばらく聞いていた(監督さんのトークがあるはずだったので)というボケをやらかしました(^^;)。
というわけで、場所はバッチリわかっています。

きょうが最終回ということもあるのか、100人くらいの座席は満席。帰るとき見たら予備の椅子まで出ていました。ちょっと早めに行って良かったです。

映画の内容ですが・・・
遠い昔から寒村だった旧沢内村の人たちは豪雪・貧困・多病多死で苦しんでいた。しかし昭和30年代に村長となった深沢晟雄が立ち上がり、人命格差をなくし全ての村民が平等で豊かな生活を享受できるため「生命行政」を実践した・・・
”すこやかに生まれ、すこやかに育ち、すこやかに老いる”という目標を掲げ、住民が一体となって、乳児・老人医療費無料化などの取り組みを行った。
(パンフレットより。一部略)

この理念を受け継ぐ人々が映画の中に何人も登場します。そしていのちを大切にする、ということがただ身体的な意味だけでないことがわかります。老人施設が町の賑やかなところに作られている、という出だしからも。
「いいなぁ」と思うことばが、いくつもありました。思わず胸が熱くなる場面も。

これは、自分のまわりの人、大切な人、みんなに見てもらいたい!
八ケ岳での自主上映会・・・新年の夢です。

今年の1月4日の日記→いのちの作法
いのちの作法公式サイトです。→http://nishiwaga-film.main.jp/

ビッグイシュー

f0019247_12491720.jpgきのうは身内が泊まってくれました。
「おみやげ」と渡してくれたのが、以前大阪で1度、新宿で1度買ったことのある雑誌「ビッグイシュー(THE BIG ISSUE)」でした。これはホームレスの方が自ら売っていて、一部売ると300円のうち160円が自分の収入になり、それが生活を立て直す資金になるそうです。
表紙を見て「おっ、ローリングストーンズじゃないか!」と懐かしげなコック。f0019247_12494351.jpgミック・ジャガーのインタビュー記事も載っています。後でゆっくり読みましょう。

なんと売っていたのは八王子駅前だそうです。
新宿・渋谷・池袋のような都心の大きな駅前でしか売っていないと思っていました。
ということはホームレスの方が増えているということかもしれません・・・

きのうは本当に寒い1日でした。毎日のように耳にする「派遣切り」ということば。
路上で夜を過ごさなくてはいけない境遇の人が、増えているのではないでしょうか?

年末年始は行政も長期にお休み。せっぱつまっている人が相談に行けなくなるということで、いろいろなところで、電話相談を受け付けたり、炊き出しをしたりするそうです。

あるびおんさんのブログで山梨交通やお菓子のシャトレーゼが雇用支援をがんばっている、という記事を見てちょっとうれしかった。

今年最後の乗馬&反省会

今年最後の乗馬です。
相棒はメジロカイザーくん。軽速足と速足の練習です。途中で斜めに進んだり、曲がったりする練習も入るようになりました。ちょっと手綱をどちらかに引けば、馬のほうがちゃんとわかって行ってくれます。速すぎて、後との間が開いてしまうことがあり、何回か手綱を引いてブレーキをかけるように言われましたが、まだまだ馬まかせだし、後も見る余裕がありません。
でも、軽速足がリズム良くできると、そのときはすごく気持ちがいいです。
終わったあと、手綱を引いて厩舎まで連れて行ってもよいと言ってもらえるようになりました。
まだまだ「おそるおそる」、という感じで肩に力が入っているのがわかります。
馬具をはずすのも一回教えて頂いたのですが、まだまだです。

f0019247_2293151.jpgさて、その後はペンション振興会の新聞「風のたより」の編集委員とポレポレクラブの合同の「反省&忘年会」です。場所は風路から歩いて5分の和食レストラン留羽(る~)さんです。
お昼だったせいか?ほとんどアルコールも出ず、真面目な反省会に終始・・・あっいつものことでした???

f0019247_2295616.jpg

実は「やっぱりビールが飲みたい!」と叫んだヒトが約1名いました。強引にもう1人仲間に引きずりこんでいました(^^;) 申し訳ありません!Fさん m(_ _)m

●四季料理 留羽(るう) 0551-36-4321 
詳しくはこちらをどうぞ。

ドイツからのシュトーレン

f0019247_2115432.jpgクリスマスイブにぴったりのプレゼント。
シュトーレン? ストーレンと読むのかな?
ドイツからはるばる運ばれてきました。
どうもありがとうございます♪
ずっしりと重い。薄く切っていただきます!
紅茶が合いそうですね。
杉山亮さんのドイツ旅行のお話も楽しいです♪

f0019247_21174484.jpg
風路の通信「風の通り路52号」と小淵沢ペンション振興会の新聞「風のたより」、あとは切手を貼るだけ。

あしたにはポストに入れられそう?です・・・

せみ?

f0019247_2341820.jpg

甲州街道第14回目の下見に担当のZOOMさんと行ってきました。
なんとZOOMさんは今回で、9回目の下見だそうです!
(車を一部使ったり、部分的に歩いたのも入れて、だそうですが・・・それにしてもすごい!あと1回はするみたいですから「10回の下見」はギネスもの?かも・・・)
このコース随一の見どころ、と言っていいと思います。甲州街道全体を通しても一里塚に植えられている木のなかで最大の古木です。神戸(ごうど)の一里塚です。
NHKの「てくてく街道旅」でもてっしー(勅使河原郁恵さん)が木に抱きついて「大きい!」と叫んでいました。

f0019247_927109.jpg

DANLOのクリスマスメニュー

少し前に諏訪のイタリアンDANLO(ダンロ)からクリスマスディナーお知らせの葉書を頂きました。そのメニューを見ると、「研修」に行かずにはいられません!
という訳で・・・行ってきました。一つ一つのメニューが、丁寧にバランスよく作られていて、とてもおいしかった! フラッシュを焚いていないのでブレていますが・・・

f0019247_2331281.jpgf0019247_2331282.jpg←カブのブラマンジェとウニ
→軽くスモークした鴨とフォアグラのフラン


f0019247_23315518.jpgf0019247_233217100.jpg←「海の恵み」サフランの香り
→ラビオリ。中に入っているのは鹿肉。トリュフが散らしてあります。


f0019247_23324038.jpgf0019247_23325912.jpg←オマール海老の中を覗くのも楽しい。ホタテと下にクスクス。
→白州の肥育猪の赤ワイン煮込み。鍋以外で猪を頂くのは初めて。臭みもなく意外なおいしさ!


f0019247_23332196.jpgデザートです!右はイチゴのズッパ・・・?なんとかという名前。忘れてしまいました。
左はマロンが入ったチョコレートムースの上にジェラート。

魚料理の前にお口直しのシャーベットもありました。
ちょっと早い素敵なクリスマスでした。♪

クリスマス特別メニューは7500円、12月25日まで。普段は3800円でおまかせコース。アラカルトもあります。

イタリア田舎料理DANLO(ダンロ)、超お薦めのお店です。0266-53-0021
日曜日休 夜のみ。(値段、営業時間など詳細は直接お問い合わせください)

キャンドルナイト・Xmasパーティ大盛況♪

f0019247_17364868.jpgきのうの夜、100万人のキャンドルナイト・XmasパーティIN八ケ岳が開催されました。
5時半にお客様と一緒に会場のペンション月下草舎さんに行くと、もう料理班・受付担当はすでに、準備にとりかかっていました。
厨房では、スタッフの食事が準備され、交代で慌しくかきこみます。
その間にも続々とお客様が到着。写真班も準備風景を激写。

3軒のペンションオーナーシェフが力を合わせたメニューは見事です。スモークサーモンが乗ったサラダとメイン皿にはスープ・海の幸のグラタン・牛頬肉の赤ワイン煮込み・パン。運んでいくと「わーっ」と歓声があがります。飲み物の注文をフロアー係が受けます。厨房は大忙し!!!
f0019247_1737156.jpgその後のデザートでも「わ~っ、かわいいっ!」との声があちこちから聞こえてきます。シュークリームがサンタさんになっています♪
「マッチ売りの少女」の一人語りをしてくださる、えほん村の館長松村さん(通称マジョさん)。出番が終わったあとに「グラスワイン」をご所望だったのですが、「ワインをやめて、あのデザートに変えてほしい!」とのこと。
しかし、予約の数しか用意していなかったため、マジョさんの希望は叶えられませんでした・・・申し訳ありません!

コーヒータイムに移って、お皿もほぼ片付いた頃、いよいよ始まりです。
会場はキャンドルの灯りと、朗読者用の一つの電気だけとなりました。
まずは、司会の挨拶。夏至に行われた第1回から、グレードアップ(!)して料理をお出しするようになったこと、協賛してくださる久保酒店・MGコーヒー、そしてえほん村など地域に輪が広がってきていること、それからキャンドルナイトの趣旨などを話しました。
この会が日頃当たり前だと思っている快適な生活をちょっと見直すきっかけになってくれたらうれしい・・・というようなことを話しました。

最初はえほん村のマジョさんの「クリスマスのおくりもの」そして「マッチ売りの少女」の朗読。

f0019247_17375691.jpgf0019247_17381626.jpg
横尾さんご夫妻のミニミニコンサート。15分の休憩の後はクリスマスソングをみんなで歌います。飛び入りでオカリナ演奏。素敵でした。
f0019247_1739812.jpgf0019247_17393258.jpg
そして歌声喫茶。会場からのリクエストを皆で歌います。若い方たちの歌声もいい!
(若者が歌える歌?を増やしておいて良かったです!)
2人組の「狩人」ならぬ「落人?」のあずさ2号も(次の人が歌いやすいという)役割を果たし、終わり近くに低音の魅力、たん歩゜歩゜の粟田さんのムード歌謡があり、最後はさよならをするためにで締め。(小淵沢某ペンション四季の歌で締めれば良かったのに・・・という極少数の声有り)

外に出れば満天の星。片付けも手分けしてかなり終わっていました。あとは月下草舎さん、残っているペンションさんにお願いして、会場をあとにしました。
みなさん楽しい興奮状態で、風路に帰ってからもワインとビールで余韻を夜遅くまで楽しみました。
参加して下さった方たちと小淵沢ペンション振興会の仲間たちに068.gif068.gif乾杯!

★あしたはキャンドルナイト★

f0019247_22565937.jpg


八ケ岳に夕陽があたって、桃色に輝いていました。

いよいよあした、ペンション振興会のキャンドルナイト・クリスマスパーティです。
わたしたちもお客様と一緒に月下草舎さんに6時前に行き、クリスマスディナーをいただきます。(スタッフは交代でAコース?)メニューは先日の打ち合わせの時に聞いていますが、どんな味なのかは、想像するだけです。

夕方、ピンポンと玄関のチャイム。
月下草舎の笹沼さんがあしたのために作ったスモークサーモンを味見用に?持ってきてくれたのでした。
さっそく薄くスライスして夕食にいただきました。

  う、う、うまいっ!

「う~、白ワインが合いそうだ~」と叫ぶヒトあり。

食事をして下さったお客様はきっと満足していただけると思います。