人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2008年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

キャンドルナイト反省会

f0019247_1754678.jpgきょうは真面目な反省会。
もちろん美味しい反省会でもあります!
会場はバウハウスさんを貸切にしてもらい、おいしいパスタとサラダと飲み物を頂きながら、話し合いをしました。
参加者は13人。

第1回目だったので、反省点はいろいろ出ましたが、小淵沢ペンション振興会としてこういう環境のことを考えるイベントができたのはすごいことなんじゃないか、とまずは自画自賛?
f0019247_1765427.jpg
しかし、司会がまず始めにこのイベントの趣旨をもっとはっきり伝えた方が良かったと指摘されました。確かに。それから廃油でキャンドルを作ったこともエコという趣旨に沿っているのだからきちんと伝えておいたほうが良かったと思います。誰でしょう?司会は・・・(^^;)

また構成や、選曲(=若者やお子さんが歌える歌が少なかった(^^;)という点)も。
次回の冬至(これはもうみなさんやりましょう、という前向きの気持ちを持っていて下さってうれしかったです)には、パワーアップしたイベントを行うことができると思います。(多分・・・いやきっと!)
キャンドル点火やクリスマスソングで始まるとか・・・・?

次のペンション振興会の定例会議ではかって最終決定します。
一応きょう決めた候補は12月20日の土曜日。

細々とでも続けて、そして八ヶ岳南麓に輪が広がっていったらいいな~と思います。
まずは自分の生活からできることを細々と。(これがなかなか難しい・・・)

f0019247_1772058.jpgf0019247_1774144.jpg←シーフードのバジルソース
→ズッキーニとしらすのたらこソース
塩加減・ゆで加減が絶妙です。

バウハウスさんのパスタは、しょっちゅう食べても飽きない味。
いつも3種類のパスタがあり、どれもおいしいです。サラダと飲み物セットで1200円
11:30~15:30 水・木休み  0551-20-5253 

写真はZOOMさん・あるびおんさんから頂きました。

雨もまた良し?井戸尻遺跡ウォーク

f0019247_20445680.jpg
きのうから天気予報を何度見たかわかりません。
降水率80パーセントは見るたびに90、そしてついに100へとうなぎのぼり!
こりゃもう雨を覚悟するしかない、と腹をくくり?ました。

一応、「中くらいの雨のときはコース短縮」、「大雨のときは井戸尻遺跡公園散策&資料館見学」としてあります。ほとんどキャンセルも無く、集合場所のスパティオ小淵沢には、23名の方が集まってくださいました。みなさん意気軒昂!(じゃなく諦めムード?)
あんまり長く歩かないでね・・・と訴えるような眼差しの方多数?

f0019247_20461057.jpg
というわけで?きょうはぜひご案内したかった湧水と、井戸尻遺跡公園を、それぞれ30分くらい散策。その後ペンションたん歩゜歩゜さんのダイニングをお借りしてかっこうの「みっちゃん弁当」をみんなでいただきました。

6月の梅雨の時期なので、仕方ないかなぁ・・・

でも雨に濡れた木々や睡蓮菖蒲の花は活き活きとしているように見えました・・・!
f0019247_2048586.jpgf0019247_20482614.jpg

f0019247_20495767.jpg

f0019247_20503726.jpgf0019247_20511652.jpg

参加して下さった方から、「いいところですね~」「またぜひ歩いてみたい」という声も聞かれました。そう言っていただくと、それだけでうれしいです!

キャンドルナイトの報告

ペンション振興会で行ったイベントの日からもう1週間。速い!

f0019247_1658077.jpg100万人のキャンドルナイト公式ページでは7月7日まで行うようです。
うちでも少し照明を落とすようにしましょう。
使っていない電気・待機電力もこまめに消すよう、心がけたいと思います。(できるだけ・・・)

参加されたペンションさんが報告されています。

f0019247_1735472.jpgあるびおんさん
ZOOMさん
フィールドさん
シェムニさん
わっさん (6月22日のところ)
風路

杉山亮さんのホームページの日記から (6月21日のところ)

八ヶ岳では以前から清里萌木の村ロックも取り組んでいます。今回も大沢聡さんのオカリナ演奏があったそうです。

八ヶ岳でキャンドルナイト、続けていけたらいいな~と思っています。
いつか一緒に参加してくださいね。
もちろん違う場所で同じ時間にキャンドルを灯すのも素敵です。

ピンクのシャラ(沙羅)

f0019247_00151.jpg
毎年楽しみにしているピンクのシャラが咲きました。
でも上の方に5、6個。遠かったので、ズームにしたらピントが合いません・・・
一昨年は数え切れないくらいたくさん咲きました。去年はやはり数個。
1年おきではなく、数年に一度たくさん咲くのかな?
f0019247_02593.jpg
ツボミは濃い桃色でつき方がかわいらしい。
白いシャラと全然違うのが面白い。
あした白いシャラのツボミの写真を撮ってみます。
f0019247_1771539.jpg



これが白いシャラのツボミ。→
ツボミの下に茎?が伸びています。

清里開拓の道・安池興男さんの功績

f0019247_21143149.jpg
きょうは日本の歩きたくなる道500選に選ばれた清里開拓の道を歩いてきました。
今日の清里の礎を作ったと言われるお2人、ポールラッシュ博士と安池興男(おきお)さんにゆかりの深い場所をめぐるコースです。
ポールラッシュ博士については知っている方も多いですが、安池興男さんについてはほとんど知られていないのではないかと思います。

f0019247_20353541.jpgまずは清里清泉寮の前に建つポールラッシュ博士の胸像の前で、博士について説明する八ヶ岳歩こう会事務局長。この奥にポールラッシュ記念館があります。

f0019247_20362681.jpg


記念館をたずねてから広々とした牧場を抜け、巡礼の道を通ると聖アンデレ教会。さらに歩くと小海線の線路。その脇にこの碑があります。
ここまでが前半「ポ-ルラッシュ博士」。



f0019247_2037023.jpgそこから線路を渡ると今度は「安池興男」さんにかかわる道となります。東京の水がめ小河内ダムを作るために故郷を追われ、清里の地に移り住んだ人々の筆舌に尽くしがたい苦難の時代に寄り添って尽力された安池さん。彼の功績をたたえ、この地の公民館は興男さんの字をとって民館となっています。
f0019247_20372326.jpg

そこから、清里萌木の村方向に歩いていくと、開拓者たちが自分たちの力で建てた分教場跡があります。
安池興男さんについて詳しくはこちらのページをどうぞ。
(ちょっと文字が小さくて読み辛いかもしれません)



f0019247_21245358.jpgコースの途中でこのような標識を発見。ちょっとうれしかった。きっと地元の方たちが500選に選ばれたことと、安池さんを知って欲しいということで建てられたのではないか、と思います。
自然も素晴らしいですが、このような開拓の歴史も知って歩けばさらに味わい深いウォーキングになるのではないでしょうか。f0019247_21293691.jpg

井戸尻遺跡ウォークのお誘い

f0019247_23355034.jpg今度の日曜日6月29日は小淵沢ペンション振興会の井戸尻遺跡ウォークです。
今月初めに下見に行って最終的なコースを決定しました。下見の報告はこちらです。

f0019247_23361526.jpg

きょうは車でスイレンの様子などを見てきました。久しぶりの青空が気持ち良いです。南アルプスの高い山は雲に隠れていますが、近くの山は濃い緑の夏山になっています。

f0019247_23363411.jpg
アヤメはもうそろそろ終わり、スイレンがたくさん咲いていました。ヒツジグサと同じと書いてあるものも多いのですが、ここは分けて表示してあります。ヒツジグサは小さかったです。
f0019247_2337427.jpg


この水田に植えられているのは古代米。2色にはっきりと分かれています。右側は赤米でしょうか?



f0019247_23375986.jpgf0019247_23381353.jpg大賀ハスで知られる古代ハスはたくさんのつぼみがついていて、あと1週間くらい?で咲きそうです。

今のところ天気予報はくもり。ここの気持ちの良い芝生の上でお弁当を食べられるといいのですが。お弁当は近くのレストラン「かっこう」のみっちゃんに頼んでいます。
丁寧に作られたみっちゃん弁当は、いつも好評で今度も楽しみです。

6月29日(日)井戸尻遺跡ウォーク 
  参加費 宿泊される方は1200円(お弁当代・保険料含む) 
  10時スパティオ集合・解散は3時頃の予定です。
  お問い合わせ・お申し込みは風路及び振興会の各ペンションへ(要予約です) 
  
  5000年前の人々の暮らしに思いを馳せながら、小淵沢のお隣・富士見界隈をのんびり歩きませんか♪ 

洗いざらしのコットン「KAYA」

f0019247_21195834.jpgホテル・リゾナーレから甲斐大泉方向に走るレインボーライン通りにある「KAYA]。
よく通るのですが、気がつかなかったなぁ・・・
ネパールで作ったという、綿の服がたくさん。
それぞれ少しずつデザインが違い、どれも手触りが良く着やすそうでおしゃれ。 
アクセサリーやスカーフも色合いがとてもいいです。
手作りという陳列棚や木製のハンガーも「おっ、ちょっと違うぞ」という感じ。

f0019247_21203036.jpg小淵沢にいらしたらアウトレットもいいですが、このお店にもぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
この日は黒い服を一着とアクセサリーを一つ買いました。裾のタックがちょっといいです。生成りの服とスカーフも買いたかったのですが・・・。
実はこのお店は児童書作家の杉山亮さんに教えていただきました。
このお店のオーナーご夫妻はネパールに住んでいらしたこともあるそうです。
お店の半分は陶芸作品が並んでいます。こちらも素敵です。
お隣は「ペルル」というレストランです。

写真を撮らせていただくのを忘れてしまったので、今度再度取材に行ってきます・・・(という口実でスカーフを・・・・?)

KAYA 0551-32-2320 10:00~18:00 水曜休み

キャンドルナイトは歌声と共に

f0019247_2158320.jpgきのうは初のペンション振興会としての100万人のキャンドルナイトIN八ヶ岳のイベントでした。
準備段階から多くのペンションさんが協力してくださったので、いいイベントになるのではないかと密かに期待していました。
風路のお客様は「あずさ」が遅れたとのこと、あせって到着されました。夕食が終わるやいなや会場の月下草舎さんに駆けつけました。
ペンションの仲間で廃油から作ったキャンドルが灯されています。

f0019247_2218091.jpg雨の中、車の誘導をしてくれるのはフィールドさん、泉園さん。受付の係は、あるびおんさん、ZOOMさん。
飲み物の注文をとったり、運んだりするのに、たんぽぽさん、シェムニさんたちも大忙し。
写真撮影班はZOOMの健一さんとあるびおんの進さんにお願いしました。

f0019247_22155444.jpg風路のコックが司会をやることになっているので、到着がギリギリになってみなさんをやきもきさせたようです。
雨にもかかわらず予想以上に大勢の方が来てくださっていました。

f0019247_21585145.jpg最初に司会が緊張して挨拶。杉山亮さんを紹介します。
杉山さんのお話は八ヶ岳が舞台になっていて、本当にあったかのように話されるのですが、途中からあらら・・・、と眉にツバをつけて聴くようになってきます。(^^;)

f0019247_21591914.jpgミニコンサートは、ギター弾き語り。二曲は奥様との合唱になっています。奥様の高音の声が胸に沁みます。

f0019247_2202119.jpg休憩の後は歌声喫茶です。みんなで作った歌集が活躍。お客様からのリクエストもあり、前に出て歌って下さる方もあり、・・・あっという間に時間は過ぎていきました。
なつかしのメロディばかりではなく、若者やお子さんも歌える歌も加えなくちゃね・・・次回は。

帰ってきてから、参加してくださったお客様と二次会。ワインとチーズでもう一度盛り上がりました。

みんな楽しんでくれたかなぁ(自分だけが楽しんだんじゃないだろうか?マイク握って離さなかったからなぁ・・・)・・・司会が心配そうにつぶやいています。

いよいよ今夜!キャンドルナイト

f0019247_9104857.jpg庭のエゴの木の花が満開です。下から見ると星の形をしています。きょうはくもりで夜空の星は見えないかもしれませんが、花の星は輝いています。

出演者の山はげさんより℡あり。準備OKだそうです。
杉山さんのものがたりも楽しみ。
夜8時(7時半開場)、月下草舎さんでお待ちしています。
歌声喫茶は9時半頃から。「この位の時間からなら行けそう」という方、OKです♪
チャージ500円(中学生以下無料)お問い合わせは0551-36-4801または36-3826へ。

●100万人のキャンドルナイト公式ページより、呼びかけ文を転載します。
 
 私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
 2008年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
 みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

 ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
 しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
 ある人は省エネを、ある人は平和を、
 ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
 プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
 それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
 文明のもっと大きな可能性を発見する
 プロセスであると私たちは考えます。
 一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
 ただ2時間、でんきを消すことで、
 ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
 地球上にひろげていきませんか。

 2008年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
 でんきを消して、スローな夜を。
 100万人のキャンドルナイト。

センス・オブ・ワンダー ~レイチェルカーソンに捧ぐ~ 

f0019247_1345335.jpg明日に迫った、100万人のキャンドルナイトのイベントの会場を快く引き受けてくれた、ペンション仲間の月下草舎さんでは、もう何年も前から環境を考える趣旨のセンス・オブ・ワンダーというイベントを毎年開催しています。
今年もキャンドルナイトのイベントの次の日22日(日)の夜7時から行われます。

裏話をこっそりしちゃいますが、キャンドルナイトのイベントの会場をお願いしたとき、日にちが続いていること確認せず引き受けてしまい、後でこりゃたいへん・・・と思ったそうです。
でも「なんとかしましょう」と言っていただいて一安心。
確かに違うイベントが2夜続くのはたいへんだろうな、とお察しします。

でも考えてみると、どちらも「地球のことを考える」という趣旨は共通するものがあるのですね。センス・オブ・ワンダーのイベントにも大勢の方に来ていただきたいな、と思います。


●センス・オブ・ワンダー ~レイチェル・カーソンに捧ぐ~ 
 環境問題の原点とも言える「沈黙の春」著者レイチェル・カーソンへのオマージュとしての
 恒例コンサートです。
 今回はR・カーソンが環境問題に取り組んだドキュメントフイルムを上映します。
 二部は八ヶ岳山麓に移り住んだ熱い暑い魂をもった中年ロックンローラーの
 ご機嫌なLIVEを!!

  6月22日(日)19:00~(開場18:30~)
  会場 ペンション月下草舎
  チャージ 2000円
  出演 デンプシーロール、クレーン・タートル
 
このコンサートは北の杜こぶちさわ音楽祭2008に参加しています。
 (月下草舎さんのホームページより)

このコンサートの収益は「レイチェル・カーソン日本協会」へ寄付されるそうです。