人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

マルバノキの紅葉

マルバノキ(ベニマンサク)の紅葉がきれいです。
マルバノキの紅葉_f0019247_0254046.jpg

ウォークの準備

きょうは21日(日)の信玄棒道と馬の里ウォークのための準備をしました。
参加してくださった方が道に迷わないように要所要所に矢印をつけたり、倒木などがないか調べたりします。
3グループに分かれ、私たちはスタート地点のスパティオ小淵沢から馬の道→小深沢遊歩道の上までを担当しました。

初めて歩く人の気持ちになって「ここは矢印があったほうがいいかどうか」と考えるのですが、良く知っている道だと、ついついわかったつもりになってしまいます。
なるべく目につくように、つける位置や高さなども考えます。馬の道を登ってきて、遊歩道の入り口まできたところです。

ウォークの準備_f0019247_044864.jpgウォークの準備_f0019247_051080.jpg










始めは↑の場所につけましたが、歩いてくると木の陰になって目に付きにくいのではないかと、付け直し。遊歩道の看板の上にしました。
この場所はすぐ近くのペンションJ&Jさんが誘導してくれることになっているので、迷うことはないでしょう。

午後からは途中の火のみやぐら近くのトイレの清掃に行ってきました。

ウォークの準備_f0019247_0115727.jpgさあ、当日は気持ちよく歩いていただけますように!

      お昼はこれ!v(^0^)v   →  →  →   
         松茸弁当♪

ツタとツタウルシの道

ツタとツタウルシの道_f0019247_14068.jpg
きょうは、小淵沢周辺のツタとツタウルシの紅葉を見てきました。
風路から下る馬の道沿いのアカマツのうち何本かはは綺麗なオレンジ色をまとっていて、緑の森の中であちらこちら華やかです。
ここは21日の信玄棒道と馬の里ウォークのコースとなっています。

ツタは木に沿ってからみつきます。
ツタウルシは枝を延ばして絡みつくのでより華やかに見えます。
葉の形も違います。ツタウルシはウルシなのでさわらないように気をつけてください!

また私たちがツタとツタウルシの道と名付けている「風のびんせん」(喫茶店)界隈も見頃。リゾナーレや、観音平に登っていく道も鮮やかに色付いていました。

ツタとツタウルシの道_f0019247_174648.jpg
またこぶちさわ道の駅からスパティオ、県営馬術競技場までの道のサクラの紅葉もきれいです。ここもウォークで通ります。

信玄棒道と馬の里ウォークのお誘い

今度の日曜日、21日は北杜市観光協会小淵沢支部主催のウォークがあります。
距離は10キロ。今年の紅葉は少し遅いようですが、アカマツ林の中のツタとツタウルシが鮮やかな赤やオレンジ色になってきました。これからどんどん色づいてくるでしょう。

参加費1000円。この中におにぎり弁当と飲み物、さらにスパティオの温泉入浴券も入っているので、かなりお得!

私たちも途中から参加する予定です。
信玄棒道と馬の里ウォーク ←詳しくはこちらをどうぞ。


また11月1日(木)には小淵沢ペンション振興会・ポレポレクラブ主催の、旧甲州街道ウォークもあります。当日はきっと紅葉が見頃と思います。
こちらもお薦めです!

一緒に歩きませんか!
旧甲州街道ウォーク
下見のときの日記

霧訪山(きりとうやま)は晴れ

霧訪山(きりとうやま)は晴れ_f0019247_2304712.jpg

「きょう霧が出ていたら、歌うぞ! 霧の中の少女」(知っている人はいるのか・・・・) 
と、張り切って出かけた座長。久しぶりの八ケ岳歩こう会の例会、「霧訪山」下見です。

霧訪山(きりとうやま)は晴れ_f0019247_23215865.jpg初めて聞く名前の山で、どこにあるのかも知りませんでした。小淵沢7時24分の電車に乗り、岡谷で乗り換え、辰野をすぎ、小野という駅で降りました。(950円)

霧訪山(きりとうやま)は晴れ_f0019247_23241990.jpg駅から30分程歩くと、登山口です。「登り初めは急登」と書いてありましたが確かに!
「茸山のため登山以外入山禁止」の看板がやたら目立ちました。
マツタケ談義で盛り上がる一行。急な登りもそれでかなり気がまぎれる???

霧訪山(きりとうやま)は晴れ_f0019247_23263221.jpg
苦労してたどり着いた山頂!
青空と展望に感動!やっぱりいいなぁ~~~!

少し雲はあるものの、霧は無し。 歌も出ず・・・? 

 ♪涙は~て~な~し 雪よ~りし~ろ~い
   花よりし~ろ~い 君ゆえかなし~
   あわれ~少女よ~霧の~中の少女~・・・・♪

ゆきえさんの撒いた種が小淵沢で育つ!

2日間、気持ちの良い時間を過ごすことができました。
聴きにきてくださったみなさま、ありがとうございました。
これが仕事としてできるなんて、ほんと、しあわせ!

風路でもゆきえさんの朗読会を開きたいな~と思ったとき、私たちにとってそれは夢でした。それがあれよあれよと言う間に実現したのが4年前。そのときのお泊りのお客様はなんとお1人!夕食も朝食も4人(ゆきえさん、お客様、私たち)で一緒に食べました。
朗読会自体にはご近所さんや八ケ岳歩こう会の仲間が来てくれて、けっこう賑わったのですが。
最近は多くの方(と言っても小さい宿なので、10人に満たないくらいですが)が泊りがけで、ゆきえさんの朗読を楽しみに来てくださるようになり感慨深いです。
そして、初めて会うお客様同志が、ゆきえさん(と賢治と絵本)を介して、親しくなられていく・・・その様子を見ているとうれしいと同時に不思議な気もします。

きのうの夜はお客様と一緒にたん歩゜歩゜さんへ。
宮沢賢治朗読会です。

「賢治の原点ではないかと思う」とゆきえさんが言われる作品や、4年前にえほん村で聞いたコックのお気に入りの作品。
賢治さんは本当にどれだけ様々な世界を持っているのか!
お話の後の懇談会がまた傑作で大笑いの連続。
風路に戻ってからも、みんなでゆきえワールドの余韻を楽しみました。

さてきょうはいよいよ風路での大人のための絵本の会。
またまた大笑い、そしてジ~ン・・・

余韻に浸る間もなく(?)、終わりのことば(byコック)。

「小淵沢周辺(北杜市)は今がんばっていると思う(「六ヶ所村ラプソディー」や「日本の青空」の上映・国際音楽祭・風の輪学校・杉山亮さんのものがたりフェスティバル・・・)、その中でこの小さな朗読会も確かに育っている、と思います。」

(巻きを入れられながらも)なんとか決めた!かな?

六ヶ所村ラプソディーを見に長坂へ

六ヶ所村ラプソディーを見に長坂へ_f0019247_094990.jpgたんぽぽの粟田さんとりぃさんと4人で見に行ってきました。
長坂コミュニティホールは大賑わい。
ホールの中では環境を考える本やカードや農作物や・・・いろいろなものが展示してありました。「六ヶ所デパート」だそう。
終わってからゆっくり買おうと思っていたら、ごったがえしていて、なかなか品物のそばへ寄るのもたいへん。
それでも「立ち止まって六ヶ所のこと考えてみませんか」とメッセージの書かれたカードとチューリップのカード、それから「ドキュメンタリーの力」という本を買ってきました。
それから廃油で作ったキャンドルもしっかりゲット。

六ヶ所村ラプソディーを見に長坂へ_f0019247_010575.jpg
今まで「日本の青空」とか、自主上映にいらっしゃるかたはけっこう年配の方が多いような気がしていましたが、きょうは若い方が多いと感じました。
赤ちゃんや幼児を連れたお母さん、お父さんも。考えずにはいられないですよね・・・
子供たちの未来がかかっているのですから。


実は私たちは2回目なのですが、核燃再処理工場というものがどんなものか本当に知らなかったな~と改めて思いました。
今わかるのは、六ヶ所村だけの問題ではないみたいだぞ、ということ。
そして、この巨大な工場のことをみんながよく知らないまま本格稼動させてしまったら、もしかしたら取り返しのつかないことになるかもしれない・・・という不安。

六ヶ所村ラプソディーを見に長坂へ_f0019247_0113418.jpg映画の後、監督の鎌仲ひとみさんと、上映スタッフの女性とのトーク。何故この映画を撮ろうと思ったかという話などが語られました。
それから 今、岐路にたっているんじゃないかというようなこと。今の便利さ、快適さ、繁栄をどこまでも追い求めていくか、54基ある原発を一つ一つ減らせるよう、生活を見直し、自然エネルギーを利用し・・・そういう生活にしていくか。

六ヶ所村ラプソディーを見に長坂へ_f0019247_0121817.jpgUA(ウーアー)さんの、ミニコンサートも良かったです。
子供たち10人位?が後で笛とリズム楽器で共演。客席の私たちも後半「ララララー」と一緒に歌って楽しかった。
六ヶ所村ラプソディーを見に長坂へ_f0019247_0124042.jpg



しかしこんなに盛況だとはびっくり!
配られたパンフレットにはスタッフの方たちの(?)思いやできることをカルタにしたものが載っていてなかなかGOODアイデア!
またそこに載っていた、鎌仲監督も使っているというジュースバック(JUICE BAG)もすぐれもの。バックに太陽光発電がついていて、携帯やバッテリーの充電ができるらしい。晴れている日だけかな?
六ヶ所村ラプソディーを見に長坂へ_f0019247_016265.jpg
 
●六ヶ所村ラプソディーIN八ケ岳のホームページはこちらです

帰りは、新しくできた甘味どころ風雅であんみつを食べて帰りました。


そして明日はいよいよおつきゆきえさん朗読会です!ちゃっかり、そのチラシも知り合いを見つけては(知り合いでなくても)、配ってきました。 聴きにきてね!

1ヶ月ぶりの乗馬、一歩後退・・・

1ヶ月ぶりの乗馬、一歩後退・・・_f0019247_23413912.jpgきょうは9月上旬から1ヶ月ぶりの乗馬、その前は7月から2ヶ月間が空いていました。そのときは、それまでの運動不足のせいか、体の節々が最初の頃のように痛くなり、リズムも今ひとつ。
1回は都合でお休みしたので、また1ヶ月間があいてしまったというわけです。

なんと・・・また左手でホーン(鞍についている突起)にしがみつく状態・・・夏前に戻ってしまいました(泣)
きょうの相手はメジロカイザーくん。初めてです。(競走馬だったのかな?この名前は)
虫が気になるらしく、何度か急に体を振るので、あっと思ってホーンをつかんでしまう。
速足・軽速足のリズムも慣れたトムくんとは違って、なんだか馬上でバランスがとれず(とれないような気がして)ついついホーンにしがみついてしまいました。

う~ん、やっぱり、月に1回じゃね~・・・・
また月に2回のペースになれば、少しは思い出してくるのかな~・・・
ちょっと凹(へこむ)。

でもそうはいってもやっぱり楽しい・・・細々とがんばりましょう。
そうそうペンションたんぽぽのりぃさんはブーツを買っていました。かっこいい!
かっこから決めたい私たちもやっぱり、ヘルメット・ブーツ・乗馬ズボンは揃えたい!???

色づく小淵沢

色づく小淵沢_f0019247_0583391.jpg
通信送付の仕事の合い間に、庭や近くを散歩。
ずいぶん、木々の葉が色づいてきました。
上はマルバノキ(ベニマンサク)、下はシャラです。
色づく小淵沢_f0019247_059401.jpg
アカマツにからみつく、ツタやツタウルシも場所によってはずいぶん赤くなってきました。


お昼は近くのカッコウへ。
みっちゃんランチと温かいうどんをいただきました。みっちゃんランチは、たくさんの小さなおかずがのっていて楽しい。ほうれん草の胡麻和えや、オカラなんかも少しずつ。(写真を撮るのを忘れた・・・)
色づく小淵沢_f0019247_154697.jpg
元気パンも購入、持って帰るつもりだったのに、帰るときには半分は無くなっていました?

色づく小淵沢_f0019247_181993.jpg

つうしん47号完成&方方亭

きょう商工会で「風の通り路47号」の印刷をしてきました。
縞枯山と茶臼山です。香港珍道中記も前号に引き続き掲載。
№2「マカオ観光とカジノ!」です。
それからお勧め記事は渡嘉敷裕さんの歩く植物図鑑「№14ヤマボウシ」。
うちの通信の格調をぐんと高めてくれる唯一のコラムという評判です。
なんとか1、2週間のうちにお送りできるようがんばります!
もしも読んでみたいと思われた方はメール等で連絡ください。残部があれば送ります。
あっ本当は風路のホームページにも通信のコーナーがあるのですが、このところ更新をさぼっています・・・(汗!) こっちもがんばろう・・・
つうしん47号完成&方方亭_f0019247_22592640.jpg

さてきょうの夜は、同期のペンション甲斐大泉のセドナさんから、新しいお店に食事に行きませんかとお誘いを受けています。もちろん、食べることに関しては「NO!と言わ(え)ない風路」です!? 喜んで♪

どんなお店かな?わくわく・・・

  
 ・・・・・・   ・・・・・・・   ・・・・・・・   ・・・・・・・   ・・・・・・・・   ・・・・・・・・
え~!
こんなところにお店があるの?・・・というような場所でした。泉ラインからダートの道を登っていった先にあります。1日1組予約制です。
今日は和風でしたが、希望も聞いてくれるようです。
鯛の刺身風・カニと豆腐の玉子とじ・煮物・アマダイの粕漬け・豚肉のロースト・栗ごはん・お吸い物・漬物、デザートはブリュレ、そして紅茶で2500円。
どれもすっきりとした味付けで、素材の良さを活かしていると思いました。
そして器もひとつひとつ素敵、もしかして自作?
お店の名前は方方亭(0551-20-5580)です。