ブログトップ

風路のこぶちさわ日記

<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

毎年2回開催している植物観察会。
渡嘉敷裕先生が講師としてきてくださいます。

今回5月30日・31日に予定されていましたが、急遽先生のご都合が悪くなり、自習(互習?)となりました。30日は遊歩道周辺。きょうは清里美し森周辺。

遊歩道に今咲いている白いかわいい花、サワフタギだそうです。
f0019247_2301987.jpg


きょうの美しの森は雨が降ったり、陽が差したり、と変化に富んだ天気。雷も鳴りました!
新緑の森の中にミツバツツジが彩りを添えています。ヤマツツジはまだやっと少し開花したばかり。ズミも上の方はまだほとんどつぼみでした。
雨に濡れた若い緑が日差しにキラキラ光って本当にきれい!

f0019247_225384.jpgf0019247_22534319.jpg









1番弟子?・2番弟子?・不肖の弟子たちが新人の方に講義???
しかしなんだか植物の名前が全部語尾上げになっているような・・・「カマツカ?」「ヤマハンノキ?」「コマユミ?」「ニシキギ?」 「花が咲いていればわかるんだけどね~・・・」  

先生がいらっしゃったら、聞けば何でも答えてくださるのですが・・・
「やはり先生は偉大だ・・・」とのことばに、全員大きく頷く。

植物図鑑も持っていったのですが、探すのがたいへんなんです。
先生のニックネームは・・・→→→ 「歩く植物図鑑」です!
by kaze-michi | 2007-05-31 22:53 | 八ケ岳 花情報 | Trackback | Comments(0)

f0019247_0251294.jpg100万人キャンドルナイトとは夏至と冬至の日の夜8時から10時まで電気を消して、ろうそくの灯りで過ごしましょう、という世界各地で行われているイベントです。昨年の冬至の日に初めて知って、ぜひやってみたいと思いました。

今年(2007年)の夏至から始めます!

(ホームページのほうに、キャンドルナイトのページを作りました。→こちらです。)

最近2回ほど夜30分位電気を消して、キャンドルの灯りで過ごしてみました。(リハーサル!?) その瞬間は目が慣れず、手元もよく見えなくて「ダウンライトだけでも点けようか」 と思ったりしましたが、少しずつ慣れてくると気持ちがなんとなく落ち着き、小さな灯りが愛おしく感じる!そんな体験でした。
 夜ってこういう暗さだったんだね・・・
 ちょっと不思議な気持ちもしたり・・・
 ちょっとなつかしい気持ちもしたり・・・
電気を消してスローな夜をというキャッチフレーズの通り、なんだか時間がゆっくり流れるような気がしました。これからも冬至・夏至に限らず時々やってみようかなと思います。


八ケ岳(山梨県)でこのイベントに賛同している施設は
 萌木の村ブルーパブレストランロック(清里)
 ペンションペアハット(長坂) → キャンドルナイトのページはこちら 
 ●
ペンションZOOM(小淵沢) → キャンドルナイトのページ
 ペンションあるびおん(小淵沢) → キャンドルナイトのページ
 ペンションケイト(小淵沢) → ケイトさんのブログの記事は下のトラックバックに。
 ペンションフィールド(小淵沢)  → キャンドルナイトのページ
 ●ゲストインシェムニ(小淵沢) → シェムニさんのブログの記事も下のトラックバックに。
 ●ペンションたん歩゜歩゜(小淵沢)
 ペンションウォーミングアップ(小淵沢)
 ペンションボタンダウン(小淵沢)
 ●ペンションわっ(小淵沢)
 ●ペンションうぉっちんぐ(小淵沢)
 ●ペンション月下草舎(小淵沢)
 ●ペンションカントリーママ(小淵沢)
 ●カフェ・ピアニッシモ(長坂)
 ●
ペンション風路(小淵沢)
 
です。
まだ増えるかもしれません。個人ではすでにやっていた方もいらっしゃるんですね・・・

f0019247_0215979.gifそれぞれがどのような夜を過ごすのか、八ケ岳がどのくらい本来の夜の暗さをとりもどし、星や月の輝きを増すことができるのか、楽しみです♪

昨年12月の冬至の時の日記です。2006年12月22日
by kaze-michi | 2007-05-29 23:57 | キャンドルナイト | Trackback(3) | Comments(3)

智恵子の紙絵展

高村光太郎の詩「レモン哀歌」や「樹下の二人」などに出会ったのは確か高校生の頃。
○十年の月日がたって、八ケ岳でまた会えるとは・・・!

甲斐大泉にある会員制のホテル「八ケ岳美術館ソサエティ」の中にギャラリーがあります。
そこで「甦る智恵子の紙絵展」を開催しています。

入院中の智恵子に光太郎が千代紙を持っていくと、始めは折り紙の作品を作っていた智恵子が、いつからかはさみで切り絵を作りだしたのだそうです。

その作品は最終的には1000点を越える数だったそうです。戦争中も光太郎は自分の作品は戦火で燃えるのもかまわず智恵子の紙絵を守ったのだとか・・・
心に響く作品群です。

光太郎の詩や光太郎が智恵子の紙絵について書いていることばを読んでいたら、ふっと胸が熱くなりました。

宿泊客でなくても、自由に入ることができるそうです。確か無料だったと思います・・・
八ケ岳美術館ソサエティ 0551-38-4891


美術館ソサエティから
 甦る智恵子の紙絵展” ~智恵子から光太郎への恋文~
「智恵子抄」であまりにも有名な詩人で彫刻家の高村光太郎夫人である智恵子の作品は、一般公開が難しい状態にあります。今回は、それらの作品を最新のデジタル処理技術で甦らせた復刻版の展覧会です。
ぜひ、この機会にご高覧いただきたくご案内致します。


9月2日まで(かなり長いです。もう一度行けるかな)
ご案内できる日もありますので、ご予約の時にお問い合わせください。
by kaze-michi | 2007-05-29 00:20 | 八ケ岳のお店・美術館など | Trackback | Comments(4)

緑がまぶしい

きのうの朗読会に参加して宿泊されたOさんはきょうの朝、抜けるような青空を見て、(清里大橋方面と迷った末)入笠山に行くことにしたそうです。
360度の展望が楽しめるのではないでしょうか!

f0019247_053671.jpg
きょうは来月の「八ケ岳歩こう会」の総会に向けての会議。
帰り道は緑のトンネル。

f0019247_07238.jpg



途中田んぼの中のセキレイを見ました。
車で通りすぎてはもったいない!
5月の光の中をのんびり歩いて帰ってきました。
by kaze-michi | 2007-05-28 22:59 | 八ケ岳の自然 | Trackback | Comments(0)

あ~楽しかった♪

来ていただいたみなさま、ありがとうございました。
ゆきえさんの朗読会を通して出会いがあり、それが広がって行くのがまた素敵です。

始まる前は気持ちがふわふわして足が地についていないような・・・
お客様が、見かねて掃除・会場設営・受付などどんどん取り仕切ってくれる!?
お~なんと頼もしい!

「始めのことば」担当となったコック氏は手帳に何やら書き記し、かっこよく決めようとしているらしい。→→→結果は・・・決める前に巻きが入り、決めきれず・・・・ガックシ肩を落とす。

ゆきえさんの登場。
今回はどんな絵本を読んでくれるのか、わくわくしながらゆきえさんのカバンから取り出される絵本を待つ。
そして会場がゆきえワールドに包まれ、爆笑・爆笑・・・・
ねこの「しっぽ」の健気な姿にジーン・・・
いとうひろしさんの本は前に読んでくれた本もとても良かった。きょうのも!
スズキコージさんはやっぱり、すご~く変!(これ誉め言葉!)

毎度毎度、集中して聴いた後の心地よい疲れと充実感。そして幸せな感覚・・・

リス(の風ちゃん)もアカゲラも、まるで朗読を聴きにきたかのように交互に顔を覗かせていました。
by kaze-michi | 2007-05-27 23:35 | おつきゆきえ・賢治・絵本 | Trackback | Comments(4)

いよいよきょうとあしたです!おつきゆきえさん朗読会。
ぜひぜひ聴きにいらしてください。

今、本当に大切なのはこういうことなんじゃないか・・・ゆきえさんが朗読してくれる賢治さんと絵本を聞いていると、いつもそんな気持ちになります。

ゆきえさんは「気持ちがいい」、ということを大事に、とおっしゃいます。
「本当に気持ちが良い(快)のはこういうこと」 それがわかれば不快もわかる、と。

「心も体も喜ぶ!」そういう気持ちになれる!・・・と思います。

ことばではうまく説明できませんので・・・
ともかくも一聴を!

 本日26日(土) 19:30~ P・たん歩゜歩゜さんにて 宮沢賢治朗読会
 明日27日(日) 10:30~ P・風路にて    大人のための絵本の会

料金各回1500円(お茶付)
by kaze-michi | 2007-05-26 00:26 | おつきゆきえ・賢治・絵本 | Trackback | Comments(0)

雨の山菜ウォーク♪

f0019247_22231017.jpg最近わらびのおいしさに目覚めたコック。
きょうはわらび摘みがメインということで、雨にも負けず参加です。
観音平まで登ってから山菜の多い場所に下りて来るのがきょうの本来のコースだそうです。しかし本降りの雨に「山菜だけ摘んで、早めに終わるでいいよね・・・」と弱気。

集合場所の風林火山館に到着するなり、「きょうは山菜を摘んでお昼を食べ、解散にしましょう」と、リーダーのケンさん。お~!気が合いますね!

f0019247_22233176.jpgさあ、これからがわらびのたくさんあるところだそうです。水分など補給してわらび摘みにいざ出陣!はじめはなかなか見つけられなかったのですが、だんだん慣れてくると目がわらび目(?)になってくるのか、あっここにも、あそこにも!f0019247_22254738.jpg



山菜取り40年!のキャリアを持つケンさんにみんなついていきます。 
(正しくは50年!でした) 

やったぞ!自然の恵みに感謝!
f0019247_22305185.jpg

さあ解散・・・ではなく、収穫に感謝してみんなで昼食です。
f0019247_2393673.jpgf0019247_2251732.jpg
場所を提供してくれたTOMATOさんが、タラの芽やオオバラやホップなど収穫物を揚げて天ぷらにしてくれました。

f0019247_9113179.jpg
楽しい宴会昼食も終わりに近づいてくると、さっと立ち上がる男性3名。厨房に入ってキビキビと洗い物を始めます。その自然なこと。
きちっとした仕事ぶり!ス・テ・キ♪
(スリーディッシュウォッシャーズという命名はいかがでしょう?もっとかっこいいのがあるかな?)

f0019247_22574491.jpgうちに帰ってからすぐにわらびのあく抜き。
これは本当においしい。
あしたの前菜にもお出ししましょう。
日本酒にも、ビールにも合います♪
もちろんごはんのおかずにも (^^)v

 ダイニングレストランTOMATOさんのホームページ
by kaze-michi | 2007-05-25 23:12 | 八ケ岳歩こう会 | Trackback | Comments(4)

「9鞍」と数えるのですね。

f0019247_18174799.jpg7回目(7鞍)のときに、お尻でリズムを感じた、ような気がしました。
前回(8鞍)は、馬のリズムに身を任せる、という感じをちょっと味わったような気がしました。

きょうのパートナーは小梅ちゃんです。
いつもはトムくんが相方ですが、一回だけ(4回目)小梅ちゃんに乗ったことがありました。
その日は風が強く、普段でも元気の良い小梅ちゃんは強い風が吹くたびにさらにピョンピョン飛び跳ねる感じでした。そして乗っている最中からお腹周りの筋肉が痛くなったのです。わりあいおとなしい?トム君のときには感じたことがなかった痛さでした。

f0019247_1818887.jpgそして今回・・・
前回感じた馬のリズムに身を任せる、ということを思い出して乗っていたら、お腹周りの筋肉痛は無し!そういえばピョンピョン跳ねても、お尻の痛さも最初の時ほどは感じません(お尻の肉が厚くなっただけ?)

30分、並足・速足・軽速足を繰り返したあとは汗・汗・・・!
確かに「歩いたり走ったりするのは馬です」が、ほんと、いい運動です。

f0019247_18182986.jpg初心者は右手に手綱、左手で鞍の突起を持っています。左手の力が抜けるようになると両手で手綱を持つことができます。
ほぼ同じ時期に始めた何人かは、両手で手綱を持てるようになっています。
そして両手で手綱を持っている人は、みんなすごく余裕があって上手に見えます!?
←写真はたん歩゜歩゜のRさん。

この差は大きい!目指せ、両手で手綱!


 ララミー牧場さんのホームページ
 お得な乗馬パックあります!(^^)v
by kaze-michi | 2007-05-24 23:53 | 馬の町・小淵沢 | Trackback(1) | Comments(0)

衛星放送で毎朝8時から15分放映している「街道てくてく旅」は今、甲州街道を勅使河原郁恵さんが歩いています。
先週の勝沼あたりから見始めたのですが、だんだん見覚えのあるところが多くなり、毎朝楽しみです。今週月曜日(21日)は台ケ原宿からの中継でした。
台ケ原とは、七賢で有名な山梨銘醸という蔵元と和菓子の金精軒があるところです。
我が八ケ岳歩こう会にも情報が入り、何人かの会員は月曜日の朝8時に七賢前に集合。と言うわけで、その日の放送をしっかりと見ていました・・・・が、画面後方に何人かが映ってはいるものの、誰とは特定できず。

f0019247_1710767.jpg
後からの情報では、サインをしてもらったり、写真を撮らせてもらったりしたとか?
「実物の郁恵さんはテレビよりずっと可愛らしい」と聞き、会えなくてちょっと残念そうな座長でした。
写真は歩こう会のIさんより拝借。(いいよね?)


きょうは上諏訪から放映していました。造り酒屋の立ち並ぶあの辺りもよ~く知っています!真澄・舞姫・横笛・本金・麗人の5つの蔵元が自慢のお酒を勅使河原さんに試飲してもらっていました。郁恵さん飲みっぷりがいいです!そして本当においしそう♪

いよいよ明日は最終日、下諏訪からです。見なくちゃ!(放映は明日ですが本当はきょう歩いているんですね)
by kaze-michi | 2007-05-24 11:00 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)

f0019247_17183346.jpg以前書いた新井英一さんのライブの日。甲府のアウトドアショップ「エルク」が会場です。
普段は山用品がたくさん並んでいるお店は広いライブ会場となっていました。

とりあえず、場所を確保して後のCD販売コーナーやドリンクコーナーを偵察。

f0019247_17185085.jpgワインやコーヒー・麦茶のサービスがありました。(しっかりワインをゲットしたことは言うまでもありません!運転手はこーひー)
開始時間近くになると椅子はほぼ満席となりました。150人位?もっとかな?
会場の照明が暗くなって、新井英一さんとギターの高橋望さんの登場です。

最初の第一声から新井さんの世界に引き込まれます。
つばめ・シャングリラ(高橋さんのギターにも圧倒されます)・そしてやっぱり最後は清河への道。

「何度もCDで聞いていたけど、やっぱりライブは違うなぁ・・・」
「ますます48番まで生で聞いてみたくなった」
次の日、運転手は購入したCDをさっそく聴いています。


 エルクのホームページ
by kaze-michi | 2007-05-22 23:55 | 本・音楽・映画・劇・テレビ | Trackback | Comments(0)