人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

前菜は庭の山菜

ゴールデンウィークが始まりました。すばらしい天気です。
空は八ケ岳ブルーです。土曜日の雨は高い山では雪だったのでしょう。
甲斐駒ヶ岳もアサヨ峰も白さが増しているようです。

さて庭の山菜も元気です。
前菜は庭の山菜_f0019247_1417757.jpg
コゴミです。
葉っぱの姿は好きなのですがどんどん増えます。
天ぷら・お浸しなどに。



前菜は庭の山菜_f0019247_14174450.jpg
タラの芽。
天ぷらが1番!
どんどん上に伸びるので、どこかで切らないと採るのがたいへんになります。


前菜は庭の山菜_f0019247_14181099.jpgウド。
天ぷら・皮はキンピラにもします。

コゴミと山ウドは母がよく胡桃和えにしてくれました。


それではシェフ!よろしくね!
前菜は庭の山菜_f0019247_1428553.jpg

自然は本当にすごい!

かもめ食堂

かもめ食堂_f0019247_05561.jpg3日前?WOWOWで映画「かもめ食堂」をやっているのを発見!
3分ほど見逃してしまいました。映画はファーストシーンから、そして映画館の大きな画面で見たい・・・と欲を言えばいろいろありますが。
それはともかく素敵な映画でした。

フィンランドの空・海・かもめ、散歩する人々。
フィンランドのヘルシンキで1人で食堂を始めたサチエさん。1ヶ月たってもお客は来ない。

「ダレダダレダダレダ」のガッチャマンの歌のエピソードも面白く、
ミドリさん、マサコさんとの出会いとその後のお互いの係わり(間合いのようなもの)がいい。

おにぎり、シナモンロール、コーヒー、トンカツ、生姜焼き・・・のおいしそうなこと!
サチエさんの食べ物を作ることに対するこだわりも好もしい。
かもめ食堂_f0019247_053584.jpgおいしいものはフワッと軽く国境を越える、と書いたけれど、この映画にも通じるものがあるような気がしました。

最後に流れる井上陽水の曲がまた良かったな~! 

群ようこさん・原作、萩上直子さん監督・脚本。
若くも「美人」でもない3人の女性の魅力をあそこまで描くのは男性にはちょっと難しいかも?
それを描いてしまう男性監督がいたら感動しちゃいます。

陽水の曲を口ずさみながら、ブレッチェンを焼く・・・♪

♪さ~くら~のトンネル 抜けて行く~

♪さ~くら~のトンネル 抜けて行く~_f0019247_23403461.jpg
 ♪バスバス走る バスバス速い
   緑のトンネル 抜けて行く~

という歌を昔職場の子どもたちと歌っていましたが、今風路の前や周辺は

 ♪桜のトンネル 抜けて行く~  
という状況です。
♪さ~くら~のトンネル 抜けて行く~_f0019247_23411139.jpg

どの通りを通っても春の色が溢れています。
瑞々しいカラマツの芽吹きも始まっています。

・・・と書いていたら、お昼過ぎ嵐のよう!春雷も鳴りました。
下諏訪を歩いている人たちは大丈夫でしょうか?
  

うまい!タンドール窯で焼くナン 

またまた小淵沢食いしん坊倶楽部会長から、おいしいお店を教えてもらいました。
インド料理のお店、「ナマステ」です。
行ったのは諏訪のお店ですが、蓼科にも本店?(諏訪のお店の人は「ヤマノミセ」と言っていました)があるらしい。

うまい!タンドール窯で焼くナン _f0019247_17244830.jpgさてこのお店ですが・・・
ナンが素晴らしくおいしい!
カレーも種類が多いです。この日はほうれん草とチーズ・ナスとチキン・フィッシュの3種を頼みました。他にタンドリーチキン、オニオンリングフライ。(6人で)
そして各々飲み物。最後にチャイ。
もっと食べてみたいものもありましたが、次の機会に・・・

うまい!タンドール窯で焼くナン _f0019247_17251240.jpgナンは誰かの顔より大きい(^^;)ので一人で1枚はちょっとたいへん。
別のテーブルのカップルが1枚ずつ注文しているのを見て、「大丈夫かな・・・」と余計な心配をしてしまいました。・・・→やっぱり食べきれずお持ち帰りだったそうです。


しかしうまい!
厨房の中のタンドール窯が見えたので、ガラス越しにちょっと覗かせてもらったら(蓋を開けてくれました)、結構大きい。なるほどあの中でナンもチキンも蒸し焼きにするのね・・・

くせになりそうな味です。しばらくしたらきっと「またあのナンが食べたい」と思うと思う・・・
お店の雰囲気もインド!という感じ。
おいしい食べ物は国境をフワリと軽く越えてしまう、と思う・・・

(写真はP・あるびおんさんより)

乗馬倶楽部R・T・C発足!

乗馬倶楽部R・T・C発足!_f0019247_14374792.jpg3月に馬場3回&外乗を成し遂げたペンションの乗馬初体験仲間は、これで終わるのはもったいない、と細々と続けることを満場一致?で決定。(写真は3月の外乗のときのもの)

そのときには参加できなかった人も含め、なんと18名で新クラブ発足の運びとなりました。

クラブの名前も決め、ロゴはどうしよう、とか、まずはファッションから(^^;)と、ブーツやズボンやヘルメットは?・・・などと気合は十分???

名前は・・・
R&Tクラブ=R・T・Cです。RはRabbit、TはTurtleから。
どんなに遅くてもゆっくりゆっくり進みましょう。また早く進んでもそこに安住することなくやはり精進しましょう、というような意味かな? ねっ!発案者のRさん!

そして倶楽部発足以来きょうが2回目の乗馬の日という訳です。
ララミー牧場のスタッフのみなさん、トムくんよろしくお願いします!
2週間間があいたので、また気持ちは初心者です。毎回そうなのかなぁ・・・

しかし!きょうは、お尻で馬のリズムを感じたんです。
そうかこういうふうに揺れているんだ、と。
今までは自分のことだけで必死だったということか?少しは慣れてきたのかな?


★乗馬体験をしたみたい方に朗報です!
 ● 1泊2食 馬場2回付き
 ● 2泊4食(3食も可) 馬場3回+外乗付き
お得な乗馬パックあります!詳細はお問い合わせください。
1回だけやってみたい、というのももちろんOKです!

日本の青空

きょうは甲府の市民会館で、映画「日本の青空」の上映会がありました。
午後2時からと7時からの2回です。500人入る立派なホールに300人ほど。
平日の午後のせいか、年配の方が多かったように見えました。

日本の青空_f0019247_0593393.jpg日本の青空_f0019247_1076.jpg







戦争が終わって、自分たちの手で新しい時代の憲法を作ろうと、個人やグループが次々草案を作っていた、というその時代の熱気が伝わってくるような映画でした。
そのなかの一つ「憲法研究会」の作った草案が今の日本国憲法の基礎となったのだそうです。その中心となったのが、憲法学者の鈴木安蔵さんです。
鈴木安蔵さんを演じた高橋和也さん、良かったです!(やっぱり声もいい!)

マガジン九条というホームページに高橋和也さんのインタビューが載っています。
 その中から・・・・・
編集部 この映画に出られて、鈴木安蔵の役を演じられたことで、そういった思いに何か変化はあったのでしょうか。

高橋  まず、憲法というのはこの国に生きるすべての人の立脚点なんだな、と強く感じました。僕たちが民主主義だとか何だとか、今当たり前のように口にしていることは、実はこの憲法ができるまでなかったも同然だったわけで。いわば憲法は、戦後この国の民主主義をつくる、そのための礎になってくれた先人たちの、血がにじむような努力のたまものであり財産なんですよね。

・・・(後略)

今当たり前のように・・・ということでは、女性が参政権を持ったのもこの憲法ができてから、ということにもちょっと驚きます。遠い昔ではない、というよりつい最近じゃないですか!選挙に行けなかった時代を知っている方が身近にもいるということですね。
ベアテさんのおかげなのかな?(ベアテさんが女性の人権について強く訴える場面あり)

映画の中にも、「女が選挙に行くことができたら、戦争なんかできるはずはない」「自分の子どもを戦争に行かせたいと思う母親はいないから」というようなセリフがありました。

日本の青空_f0019247_10399.jpg
監督の大澤豊さんは、監督第1回作品の「ガキ大将行進曲」という映画を山梨で撮ったとのこと。その時の子役の方がきょうの映画を見に来て、監督に花束を贈呈。うれしいサプライズだったようです。



今後の地域上映会のお知らせ
5月 8日(火) 山梨市勤労者福祉センター午後1:30~
5月25日(金) 山梨市市民会館ホール  午後2:00~、7:00~
お問い合わせ 0553-23-3937

もし都合のつく方はぜひ!

●ベアテ・シロタ・ゴードンさんについて、こういう記述がありました。
5才の時、山田耕筰の招きで東京音楽学校(現・東京芸大)に赴任した父とともに来日。15才まで乃木坂で過ごし、日本の女性が無権利状態に置かれていることをつぶさに見て育つ。
1945(昭和20)年、GHQ民政局のスタッフとして再来日。22才の若さで日本国憲法の人権条項作成に携わる。その草案は、第14条「法の下の平等」、第24条「両性の平等の原則」などに生かされている。


「ベアテの贈りもの」という映画にもなっているそうです。

明野千本桜公園

今、小淵沢の風路周辺(標高1050m)付近の桜が満開です。

きょうは明野の千本桜公園に下見に行ってきました。
茅ヶ岳には深田久弥記念公園のある登り口から登ったことがありますが、今の時期はこの桜のコースから登るのが楽しいのではないか、と思っていました。
インターネットで調べると、このコースは急登が続き登りはもちろん下りもきつい・・・という情報があり、ちょっと弱気。
でも一応千本桜公園までは行ってみることにしました。

地図では場所がわかりにくく、広域農道沿いのお店に聞いて細い道を行きましたが、ダートのデコボコ道。(新しい乗用車ではいやだろうな・・・RV車や軽トラだったらいいけど?)

明野千本桜公園_f0019247_21335060.jpg
途中で車を停め、歩くことにしましたが、やはりこの道でいいのか、と不安。
それでも途中の道は若い緑のグラデーションが素晴らしくきれい。桜もところどころに残っていて淡い緑の中に色を添えています。
しばらくいくと、林道があり、千本桜の標識が。

そこから、またしばらく歩きます。それらしい場所がなく、途中で「引き返そうか」「もう少し行ってみよう」「30分と書いてあったけど・・・」そんな会話をしていたら・・・
ありました!看板が!
明野千本桜公園_f0019247_21332427.jpg

もう桜はほとんど終わっていました。もし満開のときならきっと見事だろうと思います。
明野千本桜公園_f0019247_21353152.jpg
ちょっと元気のない木が多いような気がしましたが。ここまで登ってきて手入れするのもたいへんですね。

公園の端まで行くと、茅ヶ岳登山道の標識がありました。
次回はここから登ってみることにしましょう?

明野千本桜公園_f0019247_21375580.jpg
向こうに見えるのが茅ヶ岳でしょうか?
公園の中には展望台があり、晴れていればきっと明野の町や、南アルプスの山々が見えたことと思います。

それも次回の楽しみに。

今回は往復1時間半のウォーキングでした。

旬の山菜天ぷら、美味し♪

旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_16585638.jpg
山菜の季節には「山はげ」の天ぷらが食べたくなります。

お客様から「ぜひ一度行ってみたい」という熱烈リクエストがあったのをこれ幸いと、愛知県の山奥の天ぷら屋「山はげ」さんにご案内しました。(きのうです)
途中は桜や花桃がきれい、優しい新緑も目に沁みるようです。
雨もパラつきましたが、2時間半かけて到着してみると、みなさん「いいところですね~」と感嘆。まずは小川の流れる庭を散策、なかなか家に入ろうとしません。
「始めますよ~」の声にあわてて玄関へ。

わらび、筍、茶碗蒸し、わさびのお浸し、鳥の手羽先のねぎソース?・・・などの前菜もおいしい。メインの天ぷらは旬の山菜のオンパレード+海老やサヨリ。

旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_16593888.jpg旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_1703047.jpg







旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_1775940.jpg

そばで揚げたてを頂くので、油っぽくなく、カラッ、サクッという感じ。いくらでも食べられます。
さつまいもをじっくり低温で揚げたのもおいしかった。

旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_1742239.jpg旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_1744547.jpg
サヨリがまたおいしく「きょうからサヨリストになった!」などとつぶやいている方も・・・(--;)


旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_1751361.jpg

やんちゃ酒もGOOD♪
おなかいっぱいご馳走を頂いた後は、恒例?ギターの弾き語りと、歌声喫茶?
旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_178422.jpg

旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_1754316.jpg旬の山菜天ぷら、美味し♪_f0019247_176067.jpg
はなちゃんもじっと聴き入る「我が大地の歌」八ケ岳バージョン?・・・



山はげ  1日1組8名まで、お昼のみ。4000円(税込み4200円)のコース。
        0565-65-1739

小淵沢からは2時間半かかりますが、名古屋方面からは40分ほどだそうです。
瑞浪インターから40分。名古屋方面の方は地の利です!

ユスラウメ&ボケの花咲く

ユスラウメ&ボケの花咲く_f0019247_23395381.jpg
「八ケ岳歩こう会」仲間のTさんから昨年頂いたもの。もともとうちにあったユスラウメより早く開花しました。


ユスラウメ&ボケの花咲く_f0019247_23401776.jpg



ユスラウメ&ボケの花咲く_f0019247_23403634.jpgボケは白にピンクと赤の2つ。


ユスラウメもボケも実は果実酒にするとおいしいので楽しみです♪

杉山亮さんの絵本ライブ

杉山亮さんの絵本ライブ_f0019247_22212121.jpg去年の夏、40日間連続ものがたりライブを行った杉山亮さんが、この春にも絵本ライブを開催されるそうです。
去年の夏、2回聴きに行きました。風の吹きぬけるテラスで、杉山さんご夫妻や参加者のみなさんと歓談するのも楽しく、お話もわくわくしたり、あれれとずっこけたり、とても愉快でした♪

 4月29日(日)~5月7日(月) 杉山さんちの書斎にて
   1回目 午前11時~
   2回目 午後12時半~
   3回目 午後2時~
  参加費 1回500円 3歳以下無料

  問い合わせ 0551-36-5566  杉山さんのホームページはこちらです。

杉山亮さんの絵本ライブ_f0019247_22214975.jpg
杉山さんの迷路ポスターは傑作です。赤ずきんちゃんや、ジャックと豆の木など多数。絵葉書も楽しい。風路にプレゼントしてくださった宝島の地図の中には風路も入っているんです。
廊下に貼ってあるので、ぜひ風路がどこにあるのか探してくださいね!



去年の夏、ものがたりライブを聴きに行ったときの日記→ 8月23日 8月31日