人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2006年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

秋の夜は宮沢賢治朗読会へ!

いよいよきょうはたん歩゜歩゜さんと合同のおつきゆきえさん朗読会の当日です。
もう何度目かになりますが、やっぱりワクワクします。

月始めに届く、ゆきえさんの「ふくふく通信」が1日早く届きました。
このなかには私たちのイチオシ!「今月のおいしい」や「この絵本好きです」など素敵な文が毎月載っているのですが、・・・そうそう表紙の文がまた季節の色・風・香りなどをふくふくと伝えてくれていいんですよね~・・・

それで最後のほうに読者や朗読会参加者からのおたよりコーナーがあるのですが、そこに杉山亮さんがご自身のホームページに書かれた朗読会の感想が載っていました。

 ・・・・・
 木の小屋の中に大人が30人。
 読んでくれた話は
 「種山が原」と「紫紺染めについて」。
 「種山が原」はスケールの大きな話。
 また、おつきさんはユーモアのある話は
 落語のように読むから
 「紫紺染めについて」はほんとに爆笑した。

 小淵沢にはおつきさんのファンが多くて
 年に何回も来てくれているとのこと。
 つまり、一度聞いた人はみんなファンになって
 また呼びたがるから。
 ぼくもそう。
 また、行こう。

 宮沢賢治はぼくにとって孤高の山。
 遠くにいつも見えているんだけど、
 しかし、自分が登っている尾根はつながっていない。
 それははっきりしているし、
 また、そういうものだと思っていて
 それでいいんだけれど
 でも、遠くにいつも見えている山。
 その山に一日だけ
 ガイド付で登らせてもらったような、
 とてもいい時間だった。

そして「本当に嬉しかったです!」というゆきえさんのコメント。
杉山さんもすごく柔らかな素敵な感性をもった方だなぁ・・・ますますファンになってしまう!

秋の夜は宮沢賢治朗読会へ!_f0019247_12152659.gif今夜はたん歩゜歩゜さんで 宮沢賢治朗読会です。19:30~
私たちもお客様と行く予定。一緒に賢治さんの世界を楽しみませんか!

棒道掃除+(^^)

きょうはペンション振興会で棒道の清掃をします。
軍手・ゴミバサミを持ち長靴をはいて、風路清掃隊1名出かけていきました。


棒道掃除+(^^)_f0019247_1629723.jpg
うちの週末に来る「従業員」はたびたび棒道にゴミ拾いに行っていますが、以前にも書きましたが、火の見やぐらの空き地に大きな石が並べられてから、ぐんとゴミの量が減ったと言っていました。駐車しづらい雰囲気がそうさせるのでしょうか?謎です。
きょうのゴミの量はどうだったでしょう?


また火のみやぐら近くにトイレがありますが、そこは振興会のペンションが交代で掃除をしています。それほど汚れてはいないのですが、カマドウマという虫が多いのがちょっと・・・という状態。それもこれから寒くなるので減ってくると思います。
10月29日には北杜市観光協会小淵沢支部主催の「信玄の棒道と馬の里ウォーク」もあります。カラマツが黄金色に染まってきて棒道を歩くにはとてもいい季節♪だと思います!(いつもいいんですが!)

棒道掃除+(^^)_f0019247_16181072.jpg
さて、掃除の後はご苦労さん会と振興会の定例会を兼ねて「留羽」さんで昼食です。
留羽さんは以前はペンション仲間。その前は和食の板前さんだったそうです。今は和食のお店として、多くのお客様から贔屓にされています。


うちから徒歩5分なので、私たちもよく利用させていただいています。みんなでビールやお酒を頂きたいときには、と~ってもありがたいんです!千鳥足で帰っても5分♪(@@)~


いよいよ明日とあさってはおつきゆきえさん朗読会。まだ間に合います!
 明日(30日)  19:30~ 宮沢賢治朗読会   P・たん歩゜歩゜さん 36-4343
 あさって(1日) 10:30~ 大人のための絵本の会   風路  36-3826
  料金各回1500円(お茶付)です。 
 
  ゆっくりお茶でも飲むようにお話の時間を楽しみませんか♪
  お待ちしていま~す!

ナポレオン&ワイナリーで研修会

9月12日のYPAの研修会がとても良かったので、きょうは実地研修です(^^)♪
甲府の「ミューゼー ド フランス ナポレオン」へ繰り出しました。
大通りからちょっと奥に入ったおしゃれなお店です。

メインを4種類(魚・若鶏・豚肉・牛肉)から選び、スープ・パンがついて1050円(牛肉は1365円)は、目を疑うほど。こんなに安くて大丈夫ですか?
ナポレオン&ワイナリーで研修会_f0019247_20581683.jpg
お皿いっぱいのデザート盛り合わせが515円。タルト2種・プリン・ゴマのアイス・フルーツなど。
ナポレオン&ワイナリーで研修会_f0019247_20582812.jpg


若いお二人の一生懸命さも伝わってきて、応援したくなります。(055・268・5567)

ナポレオン&ワイナリーで研修会_f0019247_20585041.jpgナポレオン&ワイナリーで研修会_f0019247_2059437.jpg

ナポレオン&ワイナリーで研修会_f0019247_20591791.jpg


きょうはそのあと、有志で明野町のミサワワイナリーで自主研修?
南アルプス・茅ヶ岳・八ケ岳・富士山が見渡せるという眺望に恵まれた広大な土地でブドウを育て、「極上のワインづくりに挑」んでいるとのこと。
試飲の後、ブドウ畑を案内していただきました。

ナポレオン&ワイナリーで研修会_f0019247_21113066.jpgナポレオン&ワイナリーで研修会_f0019247_21121810.jpg







(左の写真)広がるブドウ畑を見下ろしているところ。その畑の向こうには南アルプス。この写真の後は八ケ岳。(右の写真)良くない実を鋏で丁寧に取っています。

ミサワワイナリーでは農園見学やテイスティングを含むワイナリーツアーを実施しているそうです。1500円。要予約。
あっレストランもあります。 「彩(AYA)」 営業時間11:30~15:30 (水休)。

このワイナリーツアーを取り入れたウォークもいいかなぁ・・・

深草観音から要害山へ

八ケ岳歩こう会の例会で本番は10月25日。
その日は小淵沢ペンション振興会のポレポレウォークの日でもあります。
というわけできょうの下見(わざわざ入れてくれた)は、雨が降ってもヤリが降っても(!)行こうと思っていました。

雨が降りました・・・(朝は天気だったのに)
甲府に着いたらしっかり雨。バスで武田神社まで行き、そこで雨具に身を固め覚悟を決め、いざ出発。
「武田の杜遊歩道」というのがあって、その道がすごく良かった。
写真は傘を差しながら片手でカメラを操作したので、ほとんど手ブレしていました。(TT)
深草観音への道は途中石がゴロゴロしていて歩きにくいところもありましたが、慎重に歩けば大丈夫。クサリを伝って登っていく崖を下から見上げた時はちょっとビビる・・・
深草観音から要害山へ_f0019247_21361018.jpg

でも登ってみると足場ができていて思ったより、たいへんではなかったです?(登ってしまえば強気!)
午後になると日が差し、木々の葉の雫がキラキラと光って美しい。
日の光が木漏れ日となってサーッと差し込むと映画の一場面のように幻想的な光景でした。
深草観音から要害山へ_f0019247_2135567.jpg

要害山の山頂は広々としていて、なるほど山城の跡という感じ。山頂の標識のそばに武田信玄誕生の地という石碑がありました。
深草観音から要害山へ_f0019247_21354770.jpg

そこから下ると30分ほどで信玄が産湯に浸かったと言われる要害温泉。
露天風呂から見る甲府の市街とその向こうの山々は青く光っていました。

おまけ。帰りの電車まで時間があったので、約3名は生○ールを頂いてしまいました。
満足、まんぞく・・・!(@@)~♪

秋のゆきえさん八ケ岳フィナーレ?

お話を聞くのに本当にいい季節になってきました。
怒涛のひと月7回八ケ岳公演の最後の6・7回はいよいよたん歩゜歩゜さんと風路です。

 ●9月30日(土) 19:30~ ペンションたん歩゜歩゜さんにて
  宮沢賢治朗読会 
 ●10月1日(日) 10:30~ ペンション風路にて
  大人のための絵本の会
料金各回1500円(お茶付)です。
 
たん歩゜歩゜さんのほうは、予約をお願いします。0551-36-4343
風路のほうは、当日でもOKです!(多分) できれば→0551-36-3826

汲めどもつきぬ豊かで、深くて、楽しい賢治の世界、絵本の世界、
大笑いしながら、じ~んとしてしまう、・・・そんなおつきゆきえワールドへぜひお越しを!
お待ちしています。

 
秋のゆきえさん八ケ岳フィナーレ?_f0019247_1675599.gif
              

信玄棒道を歩いて配達

できあがった小淵沢ペンション振興会の新聞「風のたより」を届けに、杉山亮さん宅へ行ってきました。
郵便で送るのは風路の通信「風の通り路」ができてから2つ一緒に送るので少々?遅れます。ご容赦・・・(これが問題!できるだけ早く作らなくちゃ)

棒道を通って行くことにしました。ちょっとの上り坂で息が上がってしまいます。情けない・・・
信玄棒道を歩いて配達_f0019247_1939496.jpg
しかし新聞を届ける仕事?で棒道を歩いていけるとは、なんと贅沢!
最短の道を行くと20分程度ですがちょっとまわり道になるため40分くらいかかりました。
杉山邸の気持ちの良いテラスでコーヒーをごちそうになり、ちょっとおしゃべり。
(後で考えてみるとトンカツとギョーザの話!で終始したような・・・汗)

信玄棒道を歩いて配達_f0019247_19393322.jpg信玄棒道を歩いて配達_f0019247_1940871.jpg
信玄棒道を歩いて配達_f0019247_2040591.jpg

棒道で出会った花々。他にもハギやアザミなど。ヤマザクラの葉は少し色づいていました。
ヨメナ・フウロ・ヤクシソウ?・アキノキリンソウ・ツリガネニンジン・ユウガギクかな?

信玄棒道を歩いて配達_f0019247_19403313.jpg信玄棒道を歩いて配達_f0019247_1941816.jpg
信玄棒道を歩いて配達_f0019247_2042201.jpg

花パークでJAZZ

きょうは真っ青な空が広がっています。
ぺんしょん仲間の「わっ」さんが、コンサートの券をわざわざ持参して誘ってくれました。
息子さんの知り合いの方が演奏されるとのこと。
同じくペンション仲間のたん歩゜歩゜さんと一緒に会場の花パーク・フィオーレ小淵沢まで行ってきました。おっ、月下草舎さんも来ています。
花パークでJAZZ_f0019247_21215652.jpg
フィオーレの中にある会場のオープンカフェに入ったのははじめて。
両側が大きなガラス窓になっていて八ケ岳と南アルプスの眺望が素晴らしい!下の写真は窓から見えた八ケ岳です。
花パークでJAZZ_f0019247_21212228.jpg

演奏は「日比野則彦とその仲間たち」
サックスとギターとパーカッションにヴォーカルの女性が3人ジャズを聴かせてくれました。
ジャズというとどうしても夜、地下の薄暗い灯りの中、気だるい雰囲気、というのが似合うような気がしますが・・・
「私は午前2時半の女と言われています」と自己紹介していたヴォーカルの青柳陽子さん。
苦笑していましたネ!・・・
花パークでJAZZ_f0019247_21383527.jpg

ピーカンの青空の下でジャズというのもたまにはいいかな?

ツリーハウス

オオムラサキセンターの中にあるツリーハウスは以前TVチャンピオンという番組の中で造られたものです。
今、テレビでコーヒーのCMの舞台となっている、とのこと。
土日は開放されていて上まで登ることができます。

ということで・・・行ってきました。と言っても今日ではなく、ちょっと前。
ツリーハウス_f0019247_2251460.jpg


ツリーハウス_f0019247_22525672.jpgツリーハウス_f0019247_22531178.jpg登ってみるとかなり高い!
高所恐怖症の人はちょっと足がすくむかもしれません。
のんびりコーヒー飲む気にならないなぁ・・・


でも立派な木でその木の姿をうまく使っています。
足元より下に木の大きな枝が見事に伸びているのが見下ろせて森の中、ジャングルのような雰囲気が味わえます。

やっぱり、早く降りよう・・・
高所恐怖症でない人はもちろん、高いところが苦手な人も登る時のてすりなどうまくつけられているので、思ったよりはスムーズに登れる、と思います!?

山ウドの花

ちょっと遠出をしてきました。天気も良く、山々の形もいつも見慣れた形とは違って、新鮮。
と言って見慣れている山の形が新鮮でないってことは全く無いです。

きょう帰ってくるとき八ケ岳がうっすらと見えてくると、惚れ惚れ・・・
きれいだなぁ・・・あそこの麓で暮らしているんだよな・・・

ただいま~!
山ウドの花_f0019247_1719280.jpg

庭のウドの花。まん丸でかわいい。ウコギ科だそうです。
おつきゆきえさんがよく読んでくれる絵本のようにスウィングしそうです。
山ウドの花_f0019247_171919100.jpg

 がらがらがらがら とばた たん たばた たん・・・・

あたらしい憲法のはなし

あたらしい憲法のはなし_f0019247_8313545.jpg童話屋から出版されている本です。値段は300円。
1947年の中学1年生の社会科の教科書だったそうです。
当時文部省から発行されました。
「・・・ぼくたちに高い志があれば、地球は悠久のいのちの星として、青く輝きつづけるだろう」と表紙に書いてあります。



そのなかの1部「戦争放棄」
 みなさんの中には、今度の戦争に、おとうさんやにいさんを送りだされた人も多いでしょう。
 ごぶじにおかえりになったでしょうか。それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。
 また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。
 いまやっと戦争はおわりました。
 二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。
 こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。
 ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。
 戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。
 だから、こんどの戦争をしかけた国には、大きな責任があるといわなければなりません。
 このまえの世界戦争のあとでも、もう戦争は二度とやるまいと、
 多くの国々ではいろいろ考えましたが、またこんな大戦争をおこしてしまったのは、
 まことに残念なことではありませんか。
 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、
 二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、
 いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。
 これを戦力の放棄といいます。
 「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
  もう一つは、よその国と争いごとがおこったとき、けっして戦争によって、相手をまかして、
 じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。
 おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。
 なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、
 じぶんの国をほろぼすようなはめになるからです。
 また、戦争とまでゆかずとも、国の力で、相手をおどすようなことは、
 いっさいしないことにきめたのです。
 これを戦争の放棄というのです。
 そうしてよその国となかよくして、世界中の国が、よい友だちになってくれるようにすれば、
 日本の国は、さかえてゆけるのです。
  みなさん、あのおそろしい戦争が、二度と起こらないように、
 また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう。

憲法九条ができたのは奇跡のようだと、爆笑問題の太田光さんが「憲法九条を世界遺産に」という本で言っているそうです。
こんな憲法を持っている国に生きていること、けっこううれしい。

私たちがしなくてはいけないことは、これを変えることではなく育てることではないのかな~・・・