人気ブログランキング |

風路のこぶちさわ日記

<   2006年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

信玄棒道の清掃

信玄棒道の清掃_f0019247_17164756.jpg
きょうも「28日の棒道大会」の20キロコースの下見に行くつもりでしたが、大会を後援している「小淵沢ペンション振興会」で棒道の清掃を行うということで、そちらに参加。

ちょうど20キロコースの半分、5キロコースも10キロコースも通る要の場所が「火の見やぐら」です。そこを起点としてゴミ拾い。

この火の見やぐら周辺は、前は拾っても拾ってもごみが落ちていましたが、最近ぐんと減りました。その原因はどうもこれ↓らしい?!
信玄棒道の清掃_f0019247_16361486.jpg


以前は車がよく停まっていました。周辺にはお弁当箱やカンやペットボトルが散乱していました。この石のせいで車が停まりにくくなったようです。(さすが連休の後はかなりのごみがあったそうですが)

きょうの新聞の投書欄に富士山のごみについて書いている方がいました。
「私の経験では富士登山道に関しては、ごみは大変少なくなったのです」
「富士山のごみは登山道でなくすそ野の林道に入ってくるトラックなどが捨てていくものだと思われます。私は山登りを趣味として楽しんでいますが、どこの山も登山道に関しては近年、ごみはほとんどありません。でも車の入れるところまで下山してくるとごみの散乱が目に付き始めます(後略)」
火の見やぐら周辺のごみが少なくなったことを考えると肯けるような気がします。

信玄棒道の清掃_f0019247_16493466.jpg

大会に参加されるウォーカーをお迎えするいろいろな準備が整いつつあります。
参加したいという問い合わせもチラホラ・・・
コナシ(ズミ)も、ウワミズザクラ(↓の写真。サクラとは思えない形です。試験管を洗うブラシのよう!)もきっと咲き誇ってお出迎えしてくれると思います!
信玄棒道の清掃_f0019247_1641017.jpg

新緑の富士見高原ウォーク

新緑の富士見高原ウォーク_f0019247_1937287.jpg
以前下見に行った富士見高原ウォークの本番です。
雨が少し落ちています。が・・・!

「八ケ岳歩こう会」の例会は雨が降ってもヤリがふっても決行です!
参加は全く自由です。集合時間に集合場所に集まった人が参加者です。
だからと~っても気楽!
お天気を見て「雨だからきょうは止めておこう」 → OK!
「きのう飲みすぎて、きょうは歩く気がしない」 → OK!
「雨だけどカッパを着て雨に濡れる新緑を見に行こう。飲みすぎた頭と体もすっきりするぞ(?)」 → OK、OK!!
「会員じゃないけどこのウォークに参加してみたい」 → 大歓迎!
(会費が会員200円・会員以外500円(保険料含む)です)

担当者(1名~2、3名)は必ず集合場所に行っています。
きょうは自称サブリーダー?なので当然上下カッパの完全武装でいざゆかん!
新緑の富士見高原ウォーク_f0019247_19342124.jpg

信濃境駅からでなく富士見高原ゴルフ練習場脇から登山道に入ると変更(短縮)して良かったです。瑞々しく優しい緑、可憐な山野草、うまそうな(!)山菜、長生きする(?)不動清水の湧き水、愉快なおしゃべり・・・雨にも負けない魅力満載のウォーキングでした!

新緑の富士見高原ウォーク_f0019247_19344563.jpg
お弁当の後は雨があがりました。雨上がりの山里の空気の清々しいこと!
担当のZOOMさん、お疲れ様でした!

2006・4・1  盃流しと不動清水
2006・4・18 足が喜ぶフカフカ道・富士見高原ウォーク下見2回目

棒道ウォーク下見・新デジカメデビュー♪

きのう買ったデジカメを持ってさっそくきょうのウォークへ。
以前書いた「美しい日本の歩きたくなる道500選」信玄棒道と湧水の里ウォーク大会の下見です。
棒道ウォーク下見・新デジカメデビュー♪_f0019247_1821299.jpg

5キロコースと10キロコースの下見を同時にやりました。私たちは5キロコースへ。
さっそく出発の光景を「新米カメラマン」が撮っています。
棒道ウォーク下見・新デジカメデビュー♪_f0019247_1822868.jpg

迷いそうな場所・分かれ道を写真に納め、事前準備のときに矢印をつけたり看板を立てたりします。車の通る道を横断するときには安全確認のスタッフが立つ予定です。(車の数はそれほど多くはないのですが、たまにスピードを出す車もあるので)

5キロコースは総勢5名。のんびりと確認しながら歩きました。
このコースの途中はズミの花が多くあり、きっと大会のころは見頃ではないでしょうか?うちの前のズミはほぼ満開ですが、ちょっと上はまだまだツボミです。
棒道ウォーク下見・新デジカメデビュー♪_f0019247_1825038.jpg
新米カメラマンの力作↓ 「マイヅルソウ」と「チゴユリ」
棒道ウォーク下見・新デジカメデビュー♪_f0019247_183960.jpg棒道ウォーク下見・新デジカメデビュー♪_f0019247_1833079.jpg








きょうは美肌モードの威力は示せず?

フィトンチッド?をいっぱいに浴びて5月の緑の中を歩きませんか!

楽しいショッピング♪

きのうは1日中雨で寒かった。
今朝は甲斐駒がくっきり姿を現しました。頂上付近では雪が降ったようです。
午前中、月1回集めにきてくれる資源ごみをコミュニティセンターまで出しに行き、その後甲府へ買い物に。
さすが甲府は暑いくらいでした。窓を開けて走ると風が心地よい。
お昼はペンション仲間のZOOMさんに教えてもらった「有名店」若鮨で。
なんとにぎりが1050円。吸い物つき。
日曜日のお昼は順番待ちの人たちでいっぱいでした。
楽しいショッピング♪_f0019247_23394385.jpg

さて、きょうの買い物の目的は・・・風路(S)の専用デジカメの購入です。
うちの頼もしい強力サポートのZOOMさんが、買い物に付き合ってくれました。
本人の希望は「薄型」・「軽い」・「手ぶれ補正付き」です。(財務省の希望は、「安い」です)

LUMIXの6倍ズーム。これこれ!という感じで気に入ったようです。
今まで風路(K)が使っていたCAMEDIAウルトラズームの半分位の薄さです。
手ブレ補正がついているのはもちろんですが、撮影パターンに「オート」や「お花マーク」、そしてシーンモードという表示があります。シーンモードに合わせると「人物」「スポーツ」「夜景」「花火」・・・・なんと!!「美肌」というのもあるんです!

プリンターも3年たって、色合いや封筒印刷の送りが、スムーズにいかなくなってきたのでこの際買い換えました。通りの向こうのズミ(コナシ)がほぼ満開になってきたのでそれを撮って印刷してみました。きれい!
楽しいショッピング♪_f0019247_2339936.jpg


よしっ!「美肌」モードで撮ってもらって、新しいプリンターで印刷してみよ~っと!
・・・ (それなりに・・・でしょう、きっと(・_*) ) ・・・・・

歩きたくなる道500選・信玄棒道

5月28日(日)に「信玄棒道と湧水の里ウォーク大会」が行われます。
このコースは「美しい日本の歩きたくなる道500選」に選ばれた道です。
八ケ岳南麓からはこの「信玄棒道から三分一湧水」と「清里開拓の道」の2つ。
(他にも素晴らしいコースがたくさんあるんですよ!)

私たちにとって信玄棒道は「MY散歩道」と言いたい位、大好きで大切な道です。
四季折々歩くたびに心豊かな気持ちにさせてくれます。カラマツの芽吹き、新緑、夏の光をさえぎってくれる濃い緑、そして黄金色に輝く黄葉!
そして落ち葉がつくるフカフカの道・・・こんな道を歩いていると、足が喜んでいるのがわかる!(舗装道路に出ると泣いていますね・・・)
この道は山野草の宝庫でもあります。都会にいるときには全く知らなかった小さな花の名前をここでたくさん覚えました。

「散歩が好き」「自然が好き」と言う方はきっと「歩きたくなる道」だと思います。
ぜひこの道の素晴らしさを味わいにきませんか!
5キロ・10キロ・20キロの3コースがあり、体力や時間に合わせて選べます。

当日はカラマツの新緑と共にズミの白い花も迎えてくれると思います♪

歩きたくなる道500選・信玄棒道_f0019247_21132923.jpg
昨年の大会の報告です。

花桃の里とハーバルノート

花桃の里とハーバルノート_f0019247_16273025.jpgポレポレクラブの次年度のウォークコースの候補地を見に行きませんか?とペンション仲間のあるびおんさんが誘ってくれました。
茅野方面の花桃がきれいな場所です。小雨が降っていましたが、花はちょうど見頃。一本の木から傘のように何本も枝垂れ、白と赤とピンクの花が混ざり合い、とても華やかできれいです。雨に濡れた様がまた清々しい。
花桃の里とハーバルノート_f0019247_16241622.jpg
そこから車で移動したので、歩いてどのくらいかかるかわかりませんが、とてもよい散歩コースも教えてもらいました。池に映る満開の桜が美しい。晴れていれば八ケ岳をバックにした素晴らしい景色だと思いますが、霧にけむるような新緑も気持ちよかったです。
花桃の里とハーバルノート_f0019247_16243133.jpg

もう1つ素敵な場所を教えてもらいました。
蓼科の「ハーバルノート・シンプルズ」知る人ぞ知る・・・というよりかなり有名なお店らしい。
一見掘っ立て小屋(失礼!)のような外見からは想像がつかないような、内容豊かなお店でした。玄関先に、自由に飲んでよいハーブティー。
中には、豊富なハーブ・ハーブティー・リサイクルされたガラスの器・草木染の糸やスカーフ等など・・・この中にいると何故か満たされるような気がしました。

花桃の里とハーバルノート_f0019247_16245377.jpg
ランチは北欧料理のお店「ガムラスタン」で。
ニシンのマリネ・豆のスープ・サラダ・自家製パン・メイン(魚か肉)・デザート・コーヒーで1500円はお薦め!2500円?のコースもあります。

そうそうきょうの目的!ウォークのコースとしてはとても魅力的なのですが、一番メインの花桃の見頃が例年ゴールデンウィークの頃なのだそうです。これはちょっと検討せねば・・・?

お江戸日本橋から中山道を歩く

お江戸日本橋から中山道を歩く_f0019247_23372998.jpg
八ケ岳歩こう会の特別企画?に中仙道シリーズがあります。
第1回は昨年秋に行われた妻籠~馬篭ウォーク。このときは行けませんでした。
今回は第2回、始点の日本橋から最初の板橋宿までです。

6:30「小淵沢」発の高速バスに乗って新宿へ。途中の「八ケ岳」や「長坂」から歩こう会の仲間が乗ってきます。なんだか遠足のようにワクワクします。

新宿で待っていてくれた東京在住のIさんの引率で、おのぼりさん一行はなんとか日本橋に到着。今話題になっていますがこの歴史ある橋の上には高速道路が覆いかぶさっています。

交流ウォーク仲間の蓮田市歩こう会のみなさん、湘南藤沢ウォーキング協会のWさんと再会♪
先頭をさっそうと歩くKさんの後を、「越後屋だ」「自転車便というのもあるよ!」・・・などとキョロキョロ歩く一団。ビジネス族とはかなりな違和感!
湯島聖堂・神田明神・東大三四郎池・・・そして巣鴨とげぬき地蔵通り。
お江戸日本橋から中山道を歩く_f0019247_23381959.jpg
お江戸日本橋から中山道を歩く_f0019247_23383986.jpg
お江戸日本橋から中山道を歩く_f0019247_23471398.jpg

塩大福が名物なのは以前頂いたことがあったので知っていましたが、赤いパンツが名物とは初めて知りました!

買ったかどうかはヒ・ミ・ツ・・・(^^;)

ゴール近くの「縁切り榎」を見て、密かに何か心に感じるものがあった人もいたとか??

地下鉄大江戸線で新宿まで戻り、「シティウォークも楽しかったね」と引率のIさんお薦めの但馬屋珈琲店で賑やかに反省会をしたのでした。

でも帰ってくるとやっぱり・・・八ケ岳はいいなぁ・・・なんて優しいんだ土の道!!!

ヒメリンゴの花

    2日前ツボミだったコリンゴの花が咲きました。
    ピンクのツボミもきれい。
ヒメリンゴの花_f0019247_2332568.jpg


    花は真っ白。
ヒメリンゴの花_f0019247_23325364.jpg

伊藤ルイさんの言葉

きのうのミュージカルの余韻が残っているせいか?以前知人に教えてもらった伊藤ルイさんというかたの文章を思い出し、さがしてみました。

「鳥の囀り」という題です。1983年に書かれたものだそうです。

  ・・・・・ここから・・・・・

 人はその発生の時機に一千万年後の、現在の人間のありようを予感して、
 自然を美しいと観る心をわが身に具えつけて発生したのではあるまいか。
 (略)
 高校生に聞かれたことがある。「戦争はなぜ悪いか」と。
 戦争の悪は、戦争という恐ろしい状況が終わったあとも、
 永くながく人間の心に荒廃の後遺症を残す。
 人を殺すこと、自然を破壊することへの恐れをなくしてしまう。
 そしてその線上に新しい戦争が用意される。
 いま、人類の歩いている道は、全地球滅亡への道かもしれない。
 
 花を見よう。樹々の梢を見よう。川の流れを見よう。
 人と人との相交わすほほえみを見よう。
 せせらぎに耳を傾け、鳥の囀りを聴こう。
 私たち人類が自然の美しさ、愛らしさ、激しさにこころを寄せることができるのは、
 全地球滅亡の危機を、自然を愛する優しい人間の心だけが防ぎ得ると
 「ひと」発生の時機にそれを叡智として獲得したからではなかったのか。
 今後一千万年、二千万年の後までも人間が、花を愛し、鳥の囀りを愛する
 人として生き続け得る歴史を、あらためていまこそ築き上げよう。 

わっしょい!!憲法9条ミュージカル「少年がいて」、見てきました♪

わっしょい!!憲法9条ミュージカル「少年がいて」、見てきました♪_f0019247_19454788.jpgきょうは「八ケ岳歩こう会仲間」のKさん夫妻が出演するミュージカルの公演の日。
会場は甲府の山梨県民文化ホールです。初めて行ったのですが、立派な会場でなんと2000人入ることができるそうです。
私たちがこのミュージカルのことを知ったのは、「こぶちさわ九条の会」が発足するという新聞のチラシを見て福祉活動センターに出かけていったときです。
わっしょい!!憲法9条ミュージカル「少年がいて」、見てきました♪_f0019247_19465920.jpg講演のあとに代表の方が「ぜひ2000人の観客で会場をいっぱいにしたい!」と熱く呼びかけていましたが、今時憲法のことを日常会話で話すことなどほとんどなく、2000人は厳しいんじゃないかな~と思っていました。
その後Kさん夫妻も出演すると聞き、「ぜひ応援に行かねば!」とまたしても「枯れ木も山の賑わい」と駆けつけました。
ところが!会場はほとんどいっぱい!ロビーにも人が溢れていて活気に満ちた雰囲気です。なんと!以前の職場の同僚にも会いました!なつかしい!

わっしょい!!憲法9条ミュージカル「少年がいて」、見てきました♪_f0019247_19473918.jpg出演者はKさん夫妻も含め、昨年11月にオーディションで集まった5歳から79歳までの県民、小学生から会社員、主婦など総勢約100名!全員素人でダンスなど初めてという方ばかりだそうです。
最初の頃、「なんでこんなに下手くそなのに、みんなこんなに明るいんだ。」と思った、という監督の言葉がパンフレットに載っていました。

わっしょい!!憲法9条ミュージカル「少年がいて」、見てきました♪_f0019247_19484582.jpg風路(S)も演劇や歌は大好きだけどリズム感や音感ははっきり言って良い、とはとても言えない(><;)のでこの言葉はいたく気に入ったようでした。
しかし、きょうの本番は5ヶ月練習しただけの素人とは思えないエネルギッシュなダンス。軽やかでみんな楽しそうです。


その中に太平洋戦争の悲惨な現実、広島、長崎の原爆投下と惨い現実が表現され、平和への願いが叫ばれました。下から2枚目の写真は、公演が始まる前、実行委員長の弁護士さんのお話です。後のグラフは世紀ごとの戦死者の数です。20世紀になって、その前から何倍も増えたそうです。
右端に立っている方は手話通訳の方です。公演の間中、2人で交代で通訳をされていました。
衣装や舞台装置、照明も素晴らしかった。最後は出演者全員が客席に下りて観客と一緒になって手拍子で盛り上がりました。
Kさんも重要な役を演じていました。軽やかにダンスも踊っていました。ぜひ今度歩こう会の懇親会で披露してくださいね!

きょうの一番の感想はミュージカルは見るより出演したい!(風路マツケン一座の座長)だったようです!